2013/4/28

甲府戦ブツブツ  サッカー(マリノス)

まぁねぇ、試合全体から見れば、引き分けは順当なんだけど、何もロスタイムの最後の最後で追いつかれることはなかろうに。

ともかく、ファビオを交代で入れようとした時から「なんで?」と思ってた。しかも最初の交代が89分!

おっさんばかりで、豪雨の水曜日に試合があって、疲れてないわけない。だったら、早め早めに交代していけばいいのに。俊輔でさえ、後半はミスが増えていた。ベンチに選手がいないとは言わせないよ。

ありえない。普通の勝負師だったら、こんな交代ありえないでしょ。
(追記:樋口さんはこういうの、何回か繰り返している。またかと余計腹立たしかった)

あの時間帯に3バック、いや5バックになったら気持ちが守りに入る、守備体形を替えたらマークにずれができる。素人でもそう考える。

中盤でもっと跳ね返して、前線でボールキープすればいいのに、この交代は意味不明だった。

前半は甲府のペース。ご自慢の中盤のボール奪取ができず、あれよあれよボールを運ばれた(パス或いはドリブルで)。どうしたの?

それでも後半は修正するだろうと思った。確かに後半の前半はボールへのプレッシャーが増し、修正できたんだなと思った。惜しいシュートも冨澤、マルキ、端戸とあった。「あの時決めてれば」はその通り。

でも決められなかったのだから、1点を確実に守るべきだ。そういうサッカーが、マリノスの真骨頂のはずなのに、できなかった。その原因は交代時間、交代策にあると思う。

樋口さんの限界かなぁ。樋口さんに勇気を持ってほしいと思っている、脱皮してほしい。

交代策はともかく、マリノスのサッカーが研究されているかも。セットプレーが少なかった。オフサイドをやたら取られた。

俊輔は褒めてたけど、端戸には不満がある。確かにチャンスに絡んでたし、何度もボールを奪っていた。でも、ツボを押さえてないというか、走ってほしいところ、いてほしいところにいなかったり、何か足りない。そして、ゴール前の落ち着きがない。外したシュートもさることながら、変なクロスやパスはやめて勝負してほしいよ。
(追記:端戸が1対1を外した時、ゴール裏から「端戸、端戸」とコールして励ましてほしかった。歌をそのまま続けていたのは残念)

中盤のプレッシャーも弱かったけど、前線も迫力がなかったなあ。

次は好調の鹿島だから、ちゃんと立て直して、試合に臨んでほしい。戦術面はきちんと総括して対策をたててください。メンタル的には引きずらないで切り替えてほしいと思う。「おっさん」達も疲労回復に努めてね。

☆俊輔のフリーキックは素晴らしかった。相変わらず、ため息の出るようなボールキープ、パス。見られるのは幸せだ。

そうそう神奈川フィルの演奏はとてもよかった。歌おうとしたが、キーが高くて苦しかった。下げると声がでない(歌うのが間違い…ですね)。神奈川フィルにカンパした。

(そのうち、採算が合わないものは文楽に限らず、圧迫されて衰退かも。文化の貧しい国には粗雑な精神しか育たないのに)

あ〜あ。子ども達もたくさん来ていたのにね、勝利すれば、みんなハッピーで帰れたのに残念。2週続きで週末スポーツニュースはしごはなし。

(追記;勇蔵ファンのふーにゃさんが
http://blog.livedoor.jp/who_nya/archives/2013-04.html#20130429
「まだグダグダ考えている」というのは、全く同じです。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ