2014/11/6

奈良2 頭塔  旅・散歩

新薬師寺の後、昼食を取って、向かったのは「頭塔」。

これを初めて知ったのは、2010年の「平城京1300年」を記念してNHKBSで毎朝放送していた「45日間奈良一周」だ。

レポーターの若手俳優が、近所の人に鍵を開けてもらって入った。何とも不思議な建造物だった。「奈良のピラミッド」と言われている。方形七段の土の塔だ。一度見に行きたいと思っていた。

こんな感じ。
クリックすると元のサイズで表示します
北面 小さい屋根の下に浮彫の仏像がある。

クリックすると元のサイズで表示します
おおらかな感じの仏像

クリックすると元のサイズで表示します
ぐるりと一周できる。こちらは西面

クリックすると元のサイズで表示します
東南の角から見る。南側は土があって大きな木が生えている。発掘前は小山のように見えたらしい。

792年東大寺の僧が土塔を築いたと古文書の記録にあるそうだ。五重塔と同じように仏舎利を収める仏塔と考えられている。

古墳でもなく、土塔とは奈良はいろいろなものがあるなぁと感じ入った。

更に続く。
1



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ