2005/7/25

ヴェルディ対レアル  サッカー(代表)

レアルは全然動けなかった。長旅の疲れもあるし、何よりこの暑さ。ベッカムは北京での試合を休んで、東京の試合に備えてくれたのに(日テレ情報)、こんな蒸し暑さでは気の毒だった。端整なマスクが段々くたびれた顔になって、目の下にクマができた。

それにしてもロナウドは湯浅健二さん曰く「前線のふた」そのものだった。

一番よかったのはフィーゴじゃないかな。フィーゴが入ってようやくリズムが生まれた。でも遅すぎ。ヴェルディががっちり守ったら、点を入れるのは難しい。ヴェルディは足元はうまいからね。

今泥沼のヴェルディがレアルと試合したら、10点くらい取られるのではないかと思ったけれど、ヴェルディ頑張ったね。レアルのようなサッカーはヴェルディにとってやりやすかったのかもしれない。走らないサッカーだから。

レアルはこんな試合をして、水曜日にまた試合をして・・・。スペインに戻って悪影響が出ないかしら。空席もかなりあったし、営業的にもぱっとしないみたいだ。

去年のバレンシアが新潟にコテンパンだったことも思い出してしまった。日本の夏は厳しいのう。

0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ