2005/8/7

俊輔デビュー  サッカー(代表)

先ほど、俊輔セルティックデビュー戦を見終わった。

上々のデビューだった。後半39分に退く時観衆はスタンディングオベイションだった。

開始早々のヘディング、FWに通した絶妙のパス数回、あわやのFK、GKの好守に阻まれたループシュート、と実に多彩な攻撃を見せた。次はどんなプレーをするのかとワクワクさせた。

セルティックの早い直線的なサッカーの中で、俊輔は変化をつけ、ポイントを作っていた。大したものだった。
セリエAの執拗な(汚い)ファウルもなく、やりやすいんじゃないかと思った。

以前のピョンピョンはねるように(ガゼルみたい)走っていた俊輔はもうどこにもいない。足が前より早くなった?

う〜ん。すごく楽しみ。

それにしても、今の俊輔のプレーをマリノスの中で見たいなぁと思う。叶わぬことだけど。

0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ