2004/9/24

マリノス第6節A  サッカー(マリノス)

対ヴィッセル神戸戦、再放送を後半から見た。

栗原のファウル、報復だから1発レッドで仕方ないけど、播戸の暴力も相当ひどい。栗原が手を出さず、顔でも押さえて倒れれば、播戸だけカードをもらったかもしれない。
久保のファウルはテレビでは映っていなかった。アナウンサーも解説者もわからなかった。

審判批判はあまりしたくないけれど、やはりマリノスへのファウルはあんまり取ってもらえなかった。試合後、奥が奥谷さんに抗議していて榎本に止められていた。
榎本は珍しく闘志あふれるプレーをして、仲間を鼓舞していた。

平瀬は何度もチャンスをつぶして、やっぱりマリノスの味方だった。試合後もマリノスの選手ととても友好的に挨拶をしていた。

昨年も波戸、松田、柳、哲也が退場するたび、中澤、那須、奥が必死に走っていて、いつもいつも胸打たれたものだけど、相変わらずこの3人が仲間の不祥事の後始末をするんだね。
でも今年は上野さんもいる。あの乙女チックな髪型(落武者風ともいう)から角刈りにしてグッと男っぽくなった。プレーも鋭くなり、凄みさえ感じさせる。

9人になっても負けなかったのは地力があるのだろうけど、ベストメンバーの試合を一日も早く見たい。

0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ