2017/8/14

久しぶり観戦vs鳥栖戦  サッカー(マリノス)

なんと2か月ぶりのマリノス試合観戦。三ツ沢だけれども、天候も体調もまずまずなので行くことにする。盆休みで帰って来た娘も一緒だし。

三ツ沢に着くと今年初の「カナカナ」とヒグラシの声。もう盛夏は過ぎたのかな?天気もいまいちだが、ねっとりと蒸し暑い。(後半は雨雲が近づき、涼しい風も吹いた)。

試合経過は公式⇒
http://www.f-marinos.com/match/report/2017-08-13

クリックすると元のサイズで表示します
コレオ。メインスタンドからの美しい写真はネットに幾つもアップされているが、私たちはこれがせいいっぱい。

クリックすると元のサイズで表示します
山中選手。目の前の疾走していく姿はかっこよかった。三ツ沢ならではの大迫力。

山中選手の物怖じしないプレーぶりはいいなぁと思った。

その山中からのシュートをウーゴが押し込んで先制点。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
今日もゴールはなかったが、頑張っていた10番・斎藤学選手

1−0で前半終了。ハーフタイムには控えの選手の練習。ケガ明けとはいえ、栗原勇蔵はこんなところにいてはいけないと思うよ。先発回帰して、マリノスの守備陣を引っ張っていってほしい。
クリックすると元のサイズで表示します
安定の守備陣。中澤選手の凄み。

とはいえ、後半は鳥栖に攻め込まれてばかり。
こっちのピッチで(ホーム側)試合してよぉと何度も言った。角度の関係で見えない鳥栖のCKも多かった。

周囲も熱くなって、叱咤激励のヤジが飛ぶ。

飯倉が飛び出して、ゴール前ががら空きになった場面。DF陣がワァーっとゴールを固めた時はヒヤッとしたと同時に選手たち「かっこいいー」と思った。もちろん失点しなかったから言えるのだけれど。

鳥栖も最後の詰めが甘いから、救われた。

マリノスはほぼカウンター狙い。マルちゃんはいつも頑張ってる。学に渡したボールは決めてほしかったなぁ。

それとかなり接触プレーが多くて笛を吹かれてた。最後の方、倒れた松原を鳥栖・豊田が無理やり持ち上げて立たそうとしたのはひどかったな。観客席から大ブーイング。

1−0の残り10分は心臓に悪い。ドキドキ。試合終了の時はフゥっとため息が出た。

クリックすると元のサイズで表示します
試合後の円陣。チームの結束を固めると同時にチームの結束の強さを物語ると評判がいいのだが、「あっさり、ドライ」のプロらしいのが好きなので、高校生の部活っぽい、こういうあざとさは、私は嫌い。

(これは個人の好悪の問題なので、批判は受け付けない)。

早く挨拶に来てくれないと、バスに乗るのに困るのよー。日産スタジアムではベンチは遠くて見えないしさ。

クリックすると元のサイズで表示します
選手もトリパラを回したかったのね。

このトリパラを始めたサポーターの方、感無量だろうね。確か2003年トヨタカップ、ボカのサポーターのパラソルに刺激を受けて始めたんだよね?

クリックすると元のサイズで表示します
中澤さんだけタイミングが早い。

この挨拶を見届けて、席を立った。

マリノスは3連勝で3位になった。首位とは勝ち点3差。首位も射程内だ。首位に立てればいいなぁ。そして、学選手が「ケチャップドバドバ」ゴール量産して、トップひた走ってほしい。

(でも、そこでこけるのがマリノス、都会チームらしさなんだけど)

バスを待っている時、同じくバス待ち観戦組の人たちが「勝ち点40取れば降格はないよ」「降格候補と言われたのにねぇ」と言ってた。

と、そこで何かを思い出したらしく「磐田も6位じゃん」。

磐田は、俊輔のFKから2点取ってガンバに0−2で勝利。

今日も、試合を見ながら、「あー!そこにパスか!」とか「わぉ何、あのサイドチェンジ」とか、今はなき俊輔の幻影を探していたよ。

まだまだ、喪失感は埋められない。

この後のマリノスのスケジュールを確認したら、同窓会やら、何やらが重なって見られない試合がある。もし、優勝に絡むなら、マリノスを優先すべきかもしれない。

マリノスの優勝を夢見ている。頼むよマリノス。
1



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ