2018/1/12

学くんが!!  サッカー(マリノス)

朝、齋藤学選手が川崎に移籍というニュースを見て、びっくり仰天!

マリノス10番、キャプテン、育成育ち、が移籍だよ。

しかも、川崎だよ。

その上、ゼロ移籍だよ。

ワン、ツー、スリー、パンチ

「覚悟を持って闘う」「10番を背負って10番の価値をもっと高められる選手になりたい」「本当にマリノスが強くなるために自分ができることをやっていきたい」「こんなに団結しているチームは他にない」とか、

何だったんだよ〜 〜 〜

公式の発表も来た。

「一からの挑戦」、て、移籍の理由にもなってない。

学くん、さ、私昨年から、ずっと「一見まとものようで、薄っぺらい」と言ってたー!!言葉が軽〜い、軽すぎるよ〜。

このブログ読んでた方なら分かるでしょ。部活のようなきれい事を言うなとかね、書いてるよ。

自分が抜けるのはマリノスがマイナス、川崎がプラスで2倍も差がつくんだよ。

しかも遺恨ある相手、サポーターの気持ちを傷つけることを考えなかったのか?

川崎の方が年棒や優勝争いやACLとか有利な条件があったのだろうけど、それにしてもね、あの言葉はなんだったんだ。

一方で、マリノスでサッカーをするのは、サポーターの思いや長年の育成の恩義よりも、嫌だったのかなとも思ってしまう。

ひろあき君のtweet(サイトに埋め込みができないので、文章をコピー)

「アイザックってもともとシティにいたわけではなくCFGがリストアップした中から前社長が選んだ。CFGのやり方を日本に向けてやっていける人とは誰も言ってない。
本人にとってはマリノスがどうなろうと自分が評価されて他で仕事もらえればそれでいいんだろ。俺たちはそれでいいのか?」




そして
「真剣にCFGのネットワークをどう活用して、自分たちでどの部分を守っていくか考えないとクラブ無くなる」

本当にねぇ。

私はマリノスの何を応援していいのか分からなくなった。横浜のチームということ以外に、あ、あと中澤選手ね、以外に愛着を見つけられない。

マリノスの、育成育ちで、マリノスの看板だった選手が、見切りをつけてしまう。もう、マリノスの何を見ていいのかわからないよ。

マリノスが、伝統を作ってきた選手たちを失っていく姿は見たくない。

マンチェスターシティが来て、たとえマリノスの経済的苦境を救ったとしても、結果としてマリノスの遺産を食いつぶすのでは、意味がない。モンサントが種子法をなくして日本農業を乗っ取りダメにしていく姿みたいじゃないか。

(もっとも嘉悦さんがこの先陣を切ったんだよなぁ、まだ恨んでる)。

ちょっと前、「成績が下がろうと、J2に落ちようと、歯を食いしばって日本的経営を死守し、衰えた選手すら守ってきた磐田が」という磐田サポの言葉を読んだけど、サッカーは情念(応援は愛情)のスポーツでもあるから、長い目で見ると、その方がクラブが長持ちして成績がよくなったりすることもある。

クラブが何をやっても応援し続けるなんて、白紙委任はありえない。気持ちよく応援したいじゃない。こんなことばかりのマリノスは期待に応えてない。危ないよ。

あぁ、もうサッカーを応援する気力がなくなるよ。中澤さん引退まではマリノス応援と決めていたけど、もうどうしていいかわからない。

逆に、こんな苦境を見たら、逆に応援したくもなったりする。

でも、その見返りは、引退後の俊輔復帰だよ。(←見返りを求めるファン)

妄想で物を言ってるなぁ。

とにかく、まなぶーお前はバカだー!! 川崎はありえないよー
1



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ