2018/11/18

原発ゼロ関係集会  原発関係

11月11日「原発ゼロ国会前集会」に行ってきた。

クリックすると元のサイズで表示します
穏やかな天気で集会日和だった。

集まったのは2,500人。政治家の挨拶。

立憲民主党が提出の「原発ゼロ法案」は店晒し。経産委員会では審議する法案がないにも関わらず、審議されないそうだ。ひどすぎる。

作家の山川さんが「われわれはへとへとだけれども、絶対あきらめない」とスピーチした。

そうなんだよね。推進する側は仕事で、給料や報酬があり、資金も潤沢でメデイアも握っている。こちとら、歳は取ってるし、自腹を切って参加している。秘密保護法、安保法制、共謀罪、高プロ法案、それにモリカケ、公文書改ざん、そのたび、抗議に来ているが、いい加減くたびれてくる。

でもあきらめるわけにはいかないのだ。

武藤類子さんのスピーチは相変わらず、言葉が美しくて、その分余計に福島の被害の大きさ、人々の苦しみが身に迫る。

17日には知り合いから教えてもらった講演会。小出裕章氏の話は聞いたことがないので、行くことにした。
クリックすると元のサイズで表示します

主催は「合成洗剤追放神奈川県連絡会」だ。水の安全安心のために活動してきた。

(私は最近「せっけん」を愛用しているので、身近に感じる。洗濯だけでなく、シャンプー・リンスも石鹸に替えた。次は台所洗剤を切り替えようと思っている)

水の安全安心を追及しているならば、「放射能」の話は聞かないといけない。

(手元に資料がないので、記憶だけで書きます)

福島原発事故について、学ぶとあらためてとんでもない事故だと思う。

小出氏は科学者なので、データ(政府や国際機関)や資料に基づいた話をする。

過去一番放射能放出が多かったのは地上核実験の時代。放射能は減っていくが今なお、チェルノブイリや福島よりも多い。

福島原発の航空写真を見ると水素爆発した1号機、3号機が一番放射能を出してしまっているようだが、2号機の爆発による放射能が桁違いに多い。

そして4号機の燃料プールがかろうじて破壊されなかったために首都圏の破滅は免れたが、危機一髪だった。本当に恐ろしい。

4号機ブールの使用済み核燃料をメルトダウンさせないために、自衛隊機や東京消防庁が出動した時の緊迫感を思い出す。あの時コンクリートを流し込む「キリン」が投入されて、安定的に水を入れることができるようになったのだった。

今では、放射能汚染がなかったこと、放射能被害なんかないもののようにされてしまっている。おかしい。

メルトダウンした核燃料がどこにあるかも未だわからない。1〜3号機の内部には人が近づくことができないほどの放射線量なのだ。

人が近づけないので、ロボットが投入されるが、ロボットは放射線に弱い。ICチップが放射線によって、誤作動してしまうそうだ。

胃カメラの応用のカメラで格納容器を撮影した時、格納容器壁、圧力容器下よりも格納容器と圧力容器間の放射線が一番強かったという。8シーベルト即死なのに、53シーベルトだったとか。(今手元に資料がないので、数字や場所は間違えているかもしれないが、ともかく人が近づけるような場所ではない)

これ、本当にどうするんだろう。水没させて放射線の影響を少なくさせて核燃料を取り出そうにも、そもそも核燃料がどこにあるかわからない。格納容器圧力容器に穴が空いていたら水没させられない。

メルトダウンした核燃料を水で冷やし続けているが、汚染水は増え続けている。タンクの置き場所はない。東電は海洋放出を言っているが汚染水に含まれているのはトリチウムだけではない。ストロンチウムもヨウ素も他の有害物質も含まれている。

小出氏の話では、汚染水の中の核種は再度取り除く手段を取るだろうが、最終的にはトリチウム水は放出するだろうとのこと。

小出氏は原発作業員のことも心配していた。今事故現場で働いているのは下請け企業の作業員たち。彼らの健康、そしてここで働けなくなると仕事を失う理不尽さにも触れていた。

会場には福島から避難している人もいた。福島への差別(イジメなど)に憤っていた。そして東電は誰も責任を取っていない。

下請け作業員や、福島に住んでいた人たちへ被害を押しつけている。

聞いているうちに本当に恐ろしくなった。それでも原発を再稼働させようとしいている人たちは理性があるとは思えない。

私たちのほとんどが死んでも、原発事故は終わらない。子孫たちにツケを回していくことになる。

もしまた事故が起こったら、日本は壊滅すると思う。そして、日本は世界中の使用済み核燃料などの捨て場所になってしまう。こんなに「美しい」祖国なのに。

政治家も民衆も、みんな本当に考えようよ、もう原発はいらないよ。電気は足りてるよ。他の発電の手段はある。

そして、五輪だの、武器だの、大規模開発だの、もうやめて、東日本災害や各地の災害、そして福島原発事故の処理にもっとお金を出そうよ。

本当にもうため息しか出ない。何て愚かな政府なのだろうか。

0



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ