2006/12/31

ベストゲーム&映画ベスト1?  サッカー(マリノス)

大晦日。一年間のサッカーと映画のまとめをします。

今年は30数試合観戦した。数試合、というのはユースやサテライトの試合や途中観戦もあるから。⇒「サッカー観戦記06

☆ベストゲーム1
クラブW杯決勝戦
「SCインテルナシオナル対FCバルセロナ」
 やっぱこれでしょう。レベルの高い好試合だった。

☆ベストゲーム2
全国高校サッカー選手権決勝
「鹿児島実業高校対野洲高校」
 実力伯仲の熱戦。
 「セクシーフットボール」旋風・野洲高校を目撃。

2006年、最初と最後の試合がベストだった。その間の試合は・・・空しい(涙)

★ジーコ見たか!久保松田活躍♪
 ナビスコ準々決勝「横浜F・マリノス対ジュビロ磐田」
 W杯開催中。落選の二人が活躍。嬉しかったよ。ジーコへの鬱憤が晴れた。

▲ワーストゲーム(マリノスのつまらなかった試合は幾つもあり絞りきれない)
ワールドカップ壮行試合
 「日本代表対スコットランド代表」
 とにかく寒い寒い寒い。5月なのに凍えた。真冬でもあんな寒い試合はない。内容も寒くてW杯惨敗を予感させた。

☆ベストゴール
マリノスはゴールが少ない。良いゴールはアウェイのことが多かった。
目の前で見たゴールでは藤本淳吾(清水)

▲ワーストプレー
・プレーじゃないけれど最終節・大分戦 松田退場劇。
・ガンバ戦 GK榎本達の飛び出し。判断力が悪い。あれで負けた。あの試合にせめて引き分けていたら、その後の展開が違っていたかも(というのは甘いか)。

番外(テレビ・ネット観戦)
☆感動
・U17アジア大会・決勝戦対北朝鮮戦 柿谷はすごい。マリノスユース大活躍。
・俊輔 欧州CLマンU戦(ホーム)のFK。セルティックを決勝トーナメントへ導く歴史的ゴール。

大豆一家の映画ベスト
⇒「新横浜界隈」の「映画寸評参照
■父 17本鑑賞 「白バラの祈り」 一番感動した。
   ワーストは「PROMISE」(チェン・カイコー)

◇母 17本鑑賞 今年は社会派をかなり見た。「ホテル・ルワンダ」「グッドナイト&グッドラック」「レント」「ナイロビの蜂」「太陽」「父親達の星条旗」どれも忘れがたい。
でもでも・・私の品性が疑われるかもしれないが、「プロデューサーズ」がおかしくておかしくて気に入ってしまったのだ。
今年眠った映画「天空の草原のナンサ」「百年恋歌」⇒悪い映画という意味ではない。

☆子 ワースト「ゲド戦記」で決まり。ひどかった。
   「ベストはこれ!」という映画がなく決められない。

来年はどんな試合・どんな映画を見られるのかな。楽しみ♪。

今アクセスカウンターを見たら17,000を超えていました。ありがとうございました。また「シンヨコのサイト」で当blogをご紹介くださいました管理人様、ありがとうございました。
今年の「大豆の日々」はこれで終わります。来年もよろしくm(__)m
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ