2021/3/11

あれから10年  

東日本大震災から10年だ。

お亡くなりになった全ての方に哀悼の意を表します。

今でもあの日のことを思い出すと胃のあたりが重くなる。

私は母の四十九日法要のためにレッドアロー号に乗って秩父へ向かっていた。所沢の手前で急に電車が止まった。「?」と思う間もなく、揺れ出した、というか、それまで電車に揺られていたのであまり揺れは感じなかった。外を見ると電柱が左右に激しく揺れてるのが見えた。

電車はゆっくり動き出し、所沢駅へ着いた。そこで乗客全員降ろされた。線路を歩いて駅舎に誘導された。その途中余震があった。ホームにいた高校生たちがどよめいた。

それから先のことはこのblogに書いた。

⇨2011年3月11日「地震で初めての漫喫」←この時は津波の惨状を知らなかった。

⇨2011年3月12日「無事帰宅

姉宅からの帰途Twitterで福島原発がメルトダウンかもしれないという情報を見た。ショックだった。家に帰って原子力資料情報室の記者会見をIWJの中継で見た。

そして何日か後、金町浄水場でヨウ素濃度が上がった。首都圏も放射能汚染された。

この辺のことは2011年3〜4月のblogに書いてある。

この大震災をきっかけに、このblogのトップも変えた。漫然と生きていてはいけないと思った。それまでは世の中は、そんなに悪い方にはいかないだろう、為政者や経済界その他日本社会は、なんだかんだ言っても最低限のルールを守って国民のために働いてくれるのだろうと思っていた。

続きを読む
0

2021/3/6

Amazon prime 再登録  

一度解約したAmazon prime をまた契約した。

何故なら
「ヨナス・カウフマン–世界的スターの素顔を観る」というドキュメンタリーを見たかったから

クリックすると元のサイズで表示します

https://www.amazon.co.jp/gp/video/detail/B08WLCD8GC/ref=atv_dp_sign_suc

本当に「素顔」でした。

22歳になったお嬢さんやまだ赤ちゃんの末っ子も出てくる。もちろんパートナーも。
(古い映像でお子さん達がまだ小さかった頃のを見たことがある。大きくなったね)

それとこのエピソードも味わい深い。




湖のそばの邸宅も映る。自然豊かだ。

METのネットコンサートでも見たレッスンルーム?(コンサートルーム?録音スタジオ?)ももちろん映る。

料理をしてる場面もあるので、キッチンも出てくる。ステキなキッチン。そしてテラスで友人達と食事。

歌う場面も多いし、オペラやコンサートの映像もある。子ども時代のプライベートな映像もある。

ただねー、英語字幕なんだよ。最後の方は疲れて、ほとんど読み取れなかった。

もちろん最初の方だって読解力はいいかげんだけど。

字幕を見てると画面を見ない、画面を見てると字幕を追えない。でも、だいたい知ってる話だったかな。

歌もたくさん流れたし、自然豊かな場所にある素晴らしい邸宅が見られたから、それで十分かな。
0

2021/2/19

ドングリ  

いつも散歩する道の端っこ、どんぐりがたくさん落ちていた。

歩道の、車道側にドングリの木がある。

近くの公園では保育園の子どもや、遊びに来る子どもたちが拾ってしまい、ほとんど残らない。見つけるのが大変。

でもこの道は子供達があまり通らないのだろう。

クリックすると元のサイズで表示します

孫たちとドングリを拾うのは楽しかった。ウチには一緒に拾ったドングリがペットボトル(500mℓ)にいっぱい入ったのが捨てずに取ってある。松ぼっくりもある。

最近はコロナ禍なので、あまり遊びに来ない。高齢者なので感染を心配している。

今後、孫たちがもっと大きくなって、塾などに通うようになると、もう祖父母とは遊んでくれないだろう。

いちご狩り、サクランボ狩りや梨もぎ、トウモロコシもぎには行ったけど、もっと遊びたかったな。

磯遊び、ハイキング、キャンプ、釣りなんかも一緒にやりたかった。

でも、まだチャンスはあるかな。とにかく自粛生活を続けます。
0

2020/12/7

コンサート形式の  

12月5日未明からナポリ・サンカルロ劇場コンサート形式「カヴァレリア・ルスティカーナ」のネット配信が始まった。

有料配信だが既に¥120は支払ってありました。



私は6日(つまり昨日)午後になって見始めた。Facebookから入るのだ。

終わった途端思わず「ブラボー!!」と叫んでしまった。一人で見ていたのにね。

そして間髪を置かず2度目の再生。

このコンサート本当に素晴らしいです!!

豪華歌手陣

サントッツァ:エリナ・ガランチャ
トリッドウ :ヨナス・カウフマン
ローラ   :マリア・アグレスタ
アルフィオ :グラウディオ・スグーラ
マンマ・ルチア:エレナ・ツィリオ


ガランチャさんとカウフマンさんは言うまでもない。

ローラ役のアグレスタさんはRHOカウフマンさんオテロでデスデモーナ役だった。あの時に比べると痩せててびっくりした。

アルフィオ役のスグーラさんはどこかで見たことのある歌手だなと思ったら、なんと新国立劇場「トスカ」でスカルピアを歌っていた。

当時の記事(2018年7月9日)から引用
*****7
スカルピア登場。ここ実によかった!スグーラさんは長身ハンサム。威圧感があった。

2幕。スカルピアの見せ場。長身ハンサムなスカルピアはいかにも「色悪」。スカルピアのテーマが鳴り響くと冷酷さも際立つ。ベタベタふやけた中年の気色悪いスカルピアではない。人格に欠落したものを持つ非情なスカルピアだった。
*****

マンマ・ルチア役はROH「アンドレア・シェニエ」で孫息子を兵士として差し出す盲目の老女マデリン役の人だ。カーテンコールで大きな拍手を浴びていた。ベテラン歌手。




短いオペラの中に美しい間奏曲と名曲アリアがある。間奏曲だけでなく、全編通してとても美しいメロディに満ちている。

今4回目を聴き終わったところ。再生できるのは今日いっぱいだから、もっと聴かないと。

ガランチャさんの歌は怒りと不安と悲しみを込めた歌が素晴らしかった。メゾソプラノの声が朗々と劇場中に響く

トリッドゥと言い争う場面の大迫力。哀願から恨みの言葉への感情の高ぶりは見事だ。あの呪いの言葉の強さ。

黒のドレスで胸元と背中が大きく開いている。こういうの寒くないのかなと余計な心配。

カウフマンさんはコロナ禍で歌う機会が減りのどを休められたせいか、絶好調という感じ。声が伸びる伸びる。もう表現のうまさは言うまでもない。

「マンマ、この酒は強いね」は東京公演でも歌ってくれた歌だけど(あの時も圧倒された)、さらにパワーアップだった。こんな歌を聴かされたら、その声と音で打ちのめされて立ち上がれないよ。

はぁ〜すごいわぁ(語彙不足)

着ているスーツはいつもの生地に模様が入っている例のドルチェ&ガッパーナ(うろ覚え)かな。

アグレスタさんはデスデモーナの清らかな無垢な感じと全く違って、勝ち誇った意地悪な女だった。そもそもそんなに出番はないのだけれど、ガランチャさんの向こうを張るならこういう実力者でないとね。金髪カールの魅惑的なちょっと蓮っ葉なところがとても雰囲気を出している。

スグーラさんは声もよいし、背が高くて押し出しが良い。「よくも俺の女に手を出してくれたな」というマフィアのボス感。

こういう男に会ったらトリッドゥはひとたまりもない。死を覚悟する。こういうのカウフマンさんもうまい。

追記:12/8
(いつもオペラについて教えてくださるiltrovatoreさんの説明では「トリッドゥは自分が殺されなければことが収まらないことはわかっている、殺されるために決闘するのだ」そうです。だから「マンマ、あの酒は強いね」の別れの言葉なのか)

ツィリオさんはおいくつだろうか。えっ79歳!!驚いたなぁ。若い者たちを心配しておろおろするマンマそのもの。

よく参考にさせてもらっている侘助さんのtweet。こういう風に聞いている人もいるんだなぁ。音の区別がつくなんて。


(blog書いているうちに第6回目再生突入)

無観客コンサートだが、終演の時は拍手があった。スタッフだろうか。

オーケストラの弦楽器の人たちはマスクをしている。椅子も離して座っている。
コーラスの人たちはかなり間をあけて立っている。マスクをしている人といない人がいる。

終わった後、ガランチャさんはすぐにマスクをかけた。

本当にコロナの時代のコンサートだ。

配信が始まるまでに購入者は3万人を超えたといっていた。このコンサートの再生回数はどれくらい行くだろうか。



同じ気持ちです。でも今日までだ。ブルーレイ出してくれないかなぁ。

それより何より生の声が聴けたらよいのに。ま、私は来日してくれない限り無理ですが。
0

2020/10/24

岐阜はおいしい  

都道府県人気ランキングで茨城が最下位を脱し、栃木が最下位になったと話題だ。

私は岐阜が42位というのが、う〜ん納得はするけど、、でも、みんな岐阜の魅力を知らないからだなと思う。






鮎さんの言う通り。

岐阜は夫の生まれたところであり、親戚も多い。だから時々行くのだ。

何より、料理がおいしいんですよ!もちろん岐阜モーニングも最高!

私のblog調べたら、8回くらい岐阜の食べ物のことが書いてある。

お店は
2014年7月31日「岐阜へ行った」(ワイン食堂ながた、326茶房)

2014年8月12日「アユ料理」(河原町泉屋)

そのほか中華料理の「開化亭」、割烹「今田」

2015年4月26日「岐阜モーニング」
クリックすると元のサイズで表示します
店名は「茶えずり」

2016年5月5日「岐阜モーニング2店」

そのうちの一つ「四丁目珈琲屋」
クリックすると元のサイズで表示します

2017年8月29日「「長良川の夕焼け」 モーニングとかき氷の写真あり

2018年3月18日「岐阜モーニング」

「薬膳カフェみずとき」
クリックすると元のサイズで表示します


2018年3月19日「創作和食を食べた」

お店は「楮」
クリックすると元のサイズで表示します

「飛騨牛のステーキ」写真を載せておこう。厚肉シイタケの上にステーキ。さらにパリパリのレンコン
クリックすると元のサイズで表示します


2019年8月29日「美味しかった」

モーニング(店名はメモしなかった)
クリックすると元のサイズで表示します

お気に入りの和食店「楮」の「冬瓜と鮎の椀」
クリックすると元のサイズで表示します

昔から要衝の地で京都に近く、織田信長の岐阜城が置かれたこともあり、歴史の積み重ねがある。

また繊維の街として栄えた。今はさびれてしまったが日本一の歓楽街と言われた「柳ケ瀬」もある。食も洗練されている。

岐阜に行くまで、岐阜は名古屋圏だから、名古屋のこってり料理(味噌味)と思っていたのだが、まったく違って、イタリアンも中華も和食もカフェもみんなおいしいのだ。

魅力度42位に惑わされず、みんな岐阜に美味しものを食べに行きなよ!コロナが収まったらね。
0

2020/8/30

あれから5年  

5年前の今日、私は国会前にいた。



クリックすると元のサイズで表示します


このページには素晴らしい写真がたくさんある。
http://shimazakirody.com/journal/%e6%b1%ba%e6%88%a6%ef%bc%81%e5%9b%bd%e4%bc%9a%e5%89%8d%e6%8a%97%e8%ad%b0/


そして




動画はこれがいいかな。最初に出てくる高校生たちの比較的そばにいた。




最初に歩道から人ばあふれ出たのは憲政記念館側の後ろの方の門あたりからだった。あっという間に人があふれた。

このあたりね。

クリックすると元のサイズで表示します
プラカードが林立しているあたりにSEALDsがいて、その脇の歩道に「東京給水クルー」の車があって、水や塩飴を配っていた。最初に歩道が決壊したのは給水クルーの車のあたり。

この東京給水クルーの創設者が先日亡くなった日下部雅之さんだった。安倍退陣を見せたかった。

また、あの安倍やめろの巨大弾幕作成や揚げるたのはC.R.A.Cの人たち、ECDさんもいたはずだ。

そして翌日の私のblog

https://blue.ap.teacup.com/applet/daizufengtien/20150901/archive

この国会前に詰めかけた人々の姿がNHKのメインニュースで大きく取り上げられることはなかった。ワイドショーなどでも大々的に取り上げることもなかった。ちらっと映すくらいだった。

取り上げて、この法制反対のキャンペーンを張ったら、安倍政権は倒れていたかもしれない。その後の悪行もできなかったかもしれない。

だからね、メディアはアベ共犯なんだよ。今日の毎日新聞などは手厳しい安倍内閣批判をしたらしいけれど、それももっと前からもっと強く言わなければならなかったんだよ。

毎日新聞はまだましな方だけど、この間のメディアは徹底的な検証と自己批判をしてほしい。

これだけ声をあげてもアベ政権は倒れなかったし、その後も悪法を次々強行採決で通していった。辺野古基地建設を強行、北方領土はウラジミールに進呈してしまったし、武器の爆買いでトランプ(&お仲間企業)に巨額費用を進呈してしまった。そしてモリカケ桜、河井夫婦の選挙買収、秋元カジノ汚職、菅原一秀メロン蟹、和泉大串コネクトルーム醜聞、黒川賭けマージャン、橋本副大臣自見政務官不倫、腐臭がしても倒れなかった。コロナ対策の大馬鹿政策

そして、次の総理は菅と言われてるし、退陣表明後安倍内閣の支持率が上がったというし(なんて国民はちょろいんだ)、このアベ政治がまだ続くのかもしれない。

しかし、今はこの言葉をかみしめたいと思う。



(安保法制制定後、初のアフリカ派兵は結局当地の治安悪化、日報隠ぺい問題もあって、早期撤退となった。この市民の反対運動の成果でもあったと思う。自衛隊員の命を救った)

この場所でマイクを握っていたWAKAKOさんは先日も元気に発言していた。

このCLP号外はアーカイブがあるので、ぜひ見てもらいたい。



彼女のtweetはこちら。リンクされている文章はとても良いです。ぜひ読んでください。


0

2020/8/25

広島タイムラインはひどい  

「ひろしまタイムライン」というNHK広島が行なった企画が今厳しく批判されている。

「1945年にSNSがあったら」「当時の日記をもとにつぶやきます」。

この企画を聞いた時「いや〜な感じ」がした。

「あちこちのすずさん」企画といい、ゆるふわで軽い。何も今の言葉で、SNSでやらんでもいいじゃん。

でも、こんな企画をしないと今の若い人たちは原爆にも関心を持たないのかな、そのためには必要なのかな、と思い直したりした。

でもtwitterで流れてきても読まなかったし、もちろんretweetもしなかった。

同じ危惧を感じていた方がいた。



「そんな生易しいものじゃない」と。



そして、やはり、やらかした。





そして中沢けいさんの指摘







NHKは最初簡単な言い訳で済まそうとしたが、さすがに批判殺到で、やや丁寧な謝罪文を出した。だが、中沢さんが言うように、不十分で、、一番の被害者である在日朝鮮人への謝罪がない。

6月16日、8月20日の日記は創作で、そこに「朝鮮人」差別扇動が埋め込まれている。

C.R.A.C OkayamaさんからNHKへ抗議文が出されている。



NHK前で抗議が行われている。広島、東京、札幌で行われた。



いろいろ読んでいると、この企画はスタッフに「広島の公務員」=実は経産省からの出向、がいた。なーるほど!と思ってしまう。「クールジャパン」と同じ匂い。軽薄そのもの。

むしろ、これ(ヘイト)をやりたかったからじゃないかと邪推してしまう。

NHK内部も、日本の多くがすっかりウヨってしまっているんだなぁ。

本当に深刻な事態だと思う。



0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ