市長リコール  政治

市長リコールについて、このtweetを貼っておきます。

0

2020/2/17

カジノ説明会  政治

2月14日カジノ説明会@港北公会堂に行ってきた。

かなりダメージを受けた。

横浜市はカジノ計画を引っ込める気は全くないということがよくわかった。

市民説明会もアリバイ的にやっているだけ、市民の声を聞く気はない。

資料も、とっくにフェイクと指摘されているのもイケシャアシャアと出してくる。経済効果も、元データは非公開といういい加減なもので、横浜市も自分たちはデータを持ってないといっていものを平然と出す。

単なるプレゼン、嘘まみれ。経済効果もギャンブル依存症対策も治安対策も実にズサン。あるのはどんな汚い手でもカジノを作るぞーという脅しだけ。利権まみれ利権のみ。

林文子市長はバラ色横浜計画を吹聴したけれど砂上の楼閣。文子さんは夢見る夢子さん&権力・金亡者。

あんな奴らが横浜を牛耳っているのだ。

私は絶望しかないですわ。

カジノのある街には住みたくない。

私が歩けなくなったら、この家には住めないので、横浜以外に転居しなくてはならないが、もう検討を始めよう。

本当にね、心底、横浜が嫌になった。

「横浜を脱出したい」と知人に言ったら、知人は「私は日本を脱出したい」

そうだよね。日本どこも安倍もどきばかりだものね。ほんと腐敗列島。
0

2020/1/8

自衛隊中東派遣反対  政治

戦争反対!

自衛隊の中東派兵やめろ!

本日。


そして12日(日)は新宿占拠
⇒ http://occupyshinjuku.qcweb.jp/



20日(月)は




0

2020/1/7

理不尽だなぁと思う  政治

昨年、一番悲しかったのはペシャワール会の中村哲医師が銃撃されて亡くなったことだ。

あの日、スマホを開けた途端、夫が息を飲んで「えっ中村医師が死亡だって」「銃撃されたって」と言った。私は最初意味が分からなかった。段々頭の中が整理され、その後のニュースを知って、悲しみと怒りが湧いてきた。

夫はずっとペシャワール会にカンパしていた。

「暴力でなく、大地に水を」と身を粉にして働いてきた方だ。「レ・ミゼラブル」のエンディングに流れる「民衆の歌」は銃を鍬に変えと言う歌詞がある。それを実践していらしたのだ。

ガンジーもキング牧師も、非暴力の指導者は暴力によって亡くなった。理不尽だと思う。

月並みな言葉だが、中村医師の意志、実践を今後も受け継いでいくしかないと思う。

昨年は木内みどりさんも亡くなった。反原発や平和集会、そして「れいわ」の街宣でお見かけしていた。

twitterのTL、木内さんのアカウントに突然「亡くなった」という文字が現れた。最初は冗談か成りすましか、誤っての投稿かと思った。その後TLに次々「驚き」という友人知人の投稿があり、事実と知った。あんなにお元気だったのに。信じられない。

「れいわ」の品川街宣では「木村英子」さんのスピーチと、演台前に集まった障碍者の方々を見て涙ぐんでいらした。

女優で現政権にはっきりと反対する人は決して多くない。勇気ある気骨ある方だったと思う。まだ60代。惜しい。

何故、世の不合理に立ち向かおうとした人々が亡くなっていくのか。中曽根なんか100歳越えの長寿を全うしたのに。

そして、三宅雪子さんの「自殺?」が伝えられた。「えっ」と思いつつ、どこか「やはり」と思う気持ちも少しあり、とにかく可哀想でならなかった。もう一度議員になって活躍の場が与えられればよかったのに。

三宅雪子さんは最初「小澤チルドレン」「フジテレビ記者」「石田博英氏の孫」という派手な面しか知らなかったが、マスコミで伝えられることとは違って弟さんが障碍者であることから福祉問題に取り組まれていること、思想的にはリベラルだとわかり、twitterをフォローした。

しかし、途中から、支持者か親族からか攻撃を受けているらしくtwitterを読むのが辛くなり、フォローをはずした。

その後、時々リツィートで回ってくるものを読んでいたが、「ネトウヨの弁護士に対する懲戒請求=弁護士の提訴」問題について発言されていた。女性議員へ激励もしていた。

頑張ってらっしゃるなと思っていたところの訃報だった。

ネットで10名くらいのアカウントから執拗に絡まれていたとのことだ。そのクズどもは亡くなった後も悪罵を止めない。

女性政治家に対する嫌がらせは非常に深刻で、人を死に追いやってしまう。

八王子市議だった佐藤あずささんはあんなに才能ある方だったのに政治家を引退してしまった。リベラルじじいたちのマウンティングや嫌がらせ、ストーカー行為が原因だったという。

村上さと子北九州市議も身の危険を感じる嫌がらせを受けている。共産党の池内しおり前衆院議員も



政治家に限らず、伊藤詩織さん、「#Ku too」の石川優実さんへの嫌がらせもひどい。モノ言う女性には誹謗中傷の嵐だ。

でも前衆院議員の井戸まさえさんのtweet


そして


そう、もうこういうミソジニーに基づく脅迫、嫌がらせは止めさせよう。この「もの言う女性たちへの攻撃」の深刻さは政治の場でも、つまり男性たちもまともに受け止めて、ちゃんと正して行こう。

日本は世界最底辺の女性差別国だけれども、フラワーデモの広がりや「田島陽子再評価」、言論の場での目の覚めるような評論も眼にする。私自身が気づかなかった女性差別の構造に気づかされたりする。

話がどんどんずれたけれど、今年はこんな理不尽なことがないように、少しでも女性差別がなくなるように行動していきたい。

0

2019/11/20

官邸前抗議  政治

18日夜、官邸前抗議があるというので行ってきた。

総がかり行動実行委員会からの呼びかけ「安倍首相による政治の私物化を許さない!安倍政権の退陣を要求する官邸前緊急行動」だ。

この日は暖かったので助かった。
クリックすると元のサイズで表示します

警備がいつも厳しすぎだよ。警官も多過ぎ。

行った時は、立憲の杉尾議員がスピーチしていた。「桜を見る会」事件の火付け役共産党の田村議員のハキハキしたスピーチもあった。柚木議員の挨拶もあった。
香山リカさんの優しい話し方のスピーチ、文化庁前抗議の時言葉を交わした大木さんのスピーチもあった。

コールは総がかりらしく、一つ一つが長め。いつものように菱山南帆子さんのリードだ。

コールが分からなくて、ついていけないのもあった。

しかしさー、改憲、権力の私物化、公文書改竄廃棄、辺野古基地建設、自衛隊中東派遣、原発再稼働、日米FTA、次から次へ問題が多すぎてコールしきれない。

災害被災者対策、大学入試業者癒着・迷走、北方領土問題、韓国敵視、汚職、年金、労働政策、入管、性差別まだあるよねぇ。何にも良いことない。

600人参加とのこと。会社帰りの若い人もまずまずいた。

「いつも「『あべやめろ!』ばかりだから、コールがいろいろあって楽しかった」という感想も見た。私は逆に「安倍内閣総辞職!」より、最後は怒涛の「あべやめろ」コールをしたかった。

官邸前、国会前が、韓国のように毎日10万人のキャンドルデモで埋まるようにならないといけないよなぁ。なので、抗議に行ける時は行くようにしないと。。

帰りの電車内、隣の男性が変な咳をしてて、どうももらったらしく、翌日から鼻風邪だ。体力がないなあ、もう。
0

2019/10/19

カジノ誘致反対10月  政治

10月のカジノ誘致反対行動。

10月6日港北公会堂で、立憲民主党の大野トモイさん、市民連絡会主催の「カジノを止める、あなたと止める」講演会があった。

クリックすると元のサイズで表示します

講演はことぶき共同診療所の越智祥太医師、静岡大学の鳥畑与一教授。

越智先生の話は2回目。

鳥畑先生のお話は初めてだった。このお二人、30分ずつだった。もっと話を聞きたかった。

質疑応答ももっと時間が取れたらよかったと思う。その点8月28日の講演会は十分な質疑応答ができたので、充実していた。

でも、初めて「カジノ」の問題点を知った方も多かったらしく、「へぇ」という声が各所から聞こえた。だから、意義は会ったと思う。

先日は、大倉山駅でリコール受任者募集の街宣があった。





リコールのチラシをもらってきた。そして激励してきた。若い人たちの行動力とアイディアに尊敬の念を持った。
0

2019/10/11

文化庁への抗議署名  政治

あいちトリエンナーレ2019への補助金が不交付になった。「表現の不自由展 その後」再開が発表された直後、補助金不交付を決めた。まさに嫌がらせ、検閲、憲法で保障された表現の自由を踏みにじるものだ。

電子署名が始まっている。ぜひ署名してください
↓ ↓ ↓

http://chng.it/rdpWbZfxZF

その趣意書です。
*******
文化庁が、「あいちトリエンナーレ2019」に対する補助金不交付を決定しました。私たちはこれに強く抗議し、方針の撤回を文化庁に要求します。

いったん採択された補助金を、違法性などが検証されない状態で国が取り下げるということは、 異例中の異例です。文化庁はこれを「内容に関するものではない」とコメントしていますが、多くの国民がこれを国家による検閲だと解釈しています。

文化庁は、不交付の理由として

1)審査段階で具体的な計画がなかったこと

2)電凸や脅迫が続いた時点で報告がなかったこと

3)展覧会中止によって事業の継続が見込まれにくなったこと

をあげていますが、そもそもいったん適正な審査を経て採択された事業に対し、事業実施中に交付を取り消すことは、国が該当事業のみを恣意的に調査したことを意味します。

また今回、予定どおりの実施が困難になった「表現の不自由展・その後」の支出は約420万円にすぎず、約7800万円の補助金全額の不交付を根拠づけるには全く不十分です。 報告の有無についても、通常の助成金の過程では、申請者と文化庁双方からの報告や聞き取りが前提となります。今回も、文化庁は騒動時に愛知県に問い合わせをしていますし、さらには報道が過熱したことからも、騒動については周知の事実であったと考えます。

その騒動から展覧会が中止になり、事業の継続が見込まれなくなった、との理由もあまりに一方的ではないでしょうか?展示中止を迫った中には市長などの公人も含み、そして過熱したのはテロ予告や恐喝を含む電凸などです。 作品の取り下げを公人が迫り、それによって公金のあり方が左右されるなど、この一連の流れは、明白な検閲として非難されるべきものです。

また、脅迫を含む電凸をすれば一部の展示が中止され、文化庁が動き助成金を取りやめるなどということが前例化してしまえば、日本はテロと戦う気がないと全世界に発信するばかりか、文化庁が脅迫に手を貸すというメッセージにもなりかねません。

文化は、テロや脅迫とは逆の立場から、多様な人々の存在や意見をアピールするものです。そのような文化の原理原則自体と相容れない、文化庁による今回の暴力的な決定は、文化的最低限度の生活を全国民に保障する、憲法と民主主義への脅威にもなりかねません。

今回の決定は今後、公立の美術館や劇場、公的資金を導入した芸術祭や舞台芸術・映画・音楽等の創作活動、さらには教育・研究を含むすべての文化活動に、多大な悪影響を及ぼすでしょう。国際的には日本は文化的先進国から失墜し、国際社会から非難される立場にもなり兼ねません。これまで先人たちが作りあげてきた日本の文化政策、公的助成制度の根幹を揺るがす暴挙です。

民主主義の原則に則った芸術文化助成を、私たちの手に取り戻しましょう。文化庁は即刻の撤回を。 皆様のご賛同をよろしくお願いいたします。

*************

あいちトリエンナーレに実際に行ってみて、既に展示中止にはなっていたが、大して広くない会場だった。このささやかな展示すら、政治家が介入し、電凸、ガソリンを撒くとの脅迫が行われた。韓国と女性へのレイシズム、歴史修正主義。


これら極右からの抗議を、私は「狂気」だと思った。

カルトが国を乗っ取ってしまった。今これを許したら、もう日本は真っ暗闇だよ。

26日午後4時過ぎにSNSで文化庁前抗議が呼びかけられたら、2時間で150人が集まったという。今日は行けなかったが、抗議デモがあったら絶対に行く。こんなの絶対に許したらいけない。

9.27追記:

電子署名が呼びかけられて12時間くらいで、署名が5万人を超えた。こんなハイペースはいまだかつてないことだ。もっともっと集まってほしい。

そして、安倍政権と言うのはbuuさんが指摘する通りだと思う。






0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ