2019/10/12

台風襲来  生活

最大級の台風19号が近づいている。

私が生きてきた中で最大の台風だと思う。

私が経験したい一番怖かった台風は1967年の台風。秩父神社の社殿前の大銀杏が折れて社殿を壊した。あの晩は風が強くてよく眠れなかった。近くの老朽化した家屋のトタン屋根が飛んできそうで恐ろしかった。

次に恐ろしかったのは1993年夏。妙高高原でキャンプ中という特殊な状況だったから、もろに自然の脅威にさらされた。幸い直撃ではなかったのと猛スピードで通過したので助かった。

今回は最大級ということもあり、テレビでも様々な情報を提供してくれている。

いつものように植木鉢を家の中に入れた。幾つかの鉢は処分した。物干し竿も入れた。

風が強く当たりそうなガラス窓ガラス戸2枚には段ボールを貼った。サッシの溝には新聞紙を詰めた。

10日の段階で必要なものは買い揃えた。養生テープもたくさんあった。サトウのご飯も買ってきた。
それ以外は普段から災害用の備蓄品は用意してるので特に買い足すものはなかった。

懐中電灯や、手回し充電&ラジオ&ライト、ポケットラジオ、ソーラー充電器も点検した。ちゃんと使えた。早めにシャワーを浴びて、風呂に水を貯めた。ご飯も炊いた。調理できるものは調理した。保冷剤もあるだけ冷凍庫に入れた。災害アドバイザーが、冷蔵庫は「強」にして冷やすと助言していたので、設定を「強」にした。

今はもっぱら台風情報を見ている。横浜市や港北区からの防災情報もスマホに届く。

12日午後2時現在、鶴見川は新横浜遊水池に水を入れ始めている。駐車場や人工芝サッカーコートが水没した最高水位を今回超えるかもしれない。そこが溢れ、堤防を越えて民家の方へ流れてきたら、最悪だ。

どうか遊水池頑張って!!

まだ風はそれほどでもないが、さらに接近して暴風になったら、近くの樹木が倒れないか心配だ。昨年21号、今年15号で近くのプラタナスが合計3本倒れた、、大きな枝が折れたりした。

どうか樹木が倒れませんように。電柱が倒れませんように。ガラス窓ガラス戸が割れませんように。

停電になりませんように。

それにしても、15号の時にこれくらいの情報提供、注意喚起が行われていたら、あんなに屋根が飛ばなかったろう。給水やガソリンスタンドに行列ももっと少なくて済んだのではないが。農家の被害もそうだ。横浜の工業団地ももっと自衛したと思う。

あの頃テレビはもっぱら内閣組閣、嫌韓だった。

10日夜ニュースウォッチは、トップニュースが小泉進次郎のどアップだった。もう千葉からは悲鳴のようなSOSが発せられていたのに。ほとんど無視された。深刻な被害の報道がされ始めたのは11日以後だ。

私は怒りのあまりNHK意見箱に怒りのメールをした。

この件で報道機関の危機感のなさ、後手後手の報道について、謝ったのは私の知る限り、TBS報道特集だけだ。

安倍政権は国民の災害について冷たい。関東の大雪、広島土砂災害、熊本地震(オスプレイのデモンストレーションまで)、昨年の中国四国大水害、今回のp15号災害について、徹底的に無関心だ。天ぷらやゴルフ、飲み会優先だ。

今回の千葉の台風災害には被災地訪問すらしない。安倍は国民の生活には関心がない。最近はそれを隠そうともしない。居直っている。

話がズレてきたけど、自助努力だけでは災害には耐えられない。そのために行政があり、政治が必要なのだ。税金を取られる意味がない。

どうか被害が少なくて済みますように。福島原発に何事もありませんように。


0

2019/9/25

ザリガニ  生活

いつだったか、近所の小学生がザリガニをプラスチック飼育箱に入れて持っていた。

「どこで釣ったの?」と聞くと、近くの公園を教えてくれた。

夫が1度下見をして、孫が遊びに来た時連れて行った。餌はスルメ。

ザリガニは沢山いて、あっという間に10匹くらい釣れたそうだ。

クリックすると元のサイズで表示します

もちろん釣ったザリガニは全部池に戻した。

「ボク、ザリガニをつかんだんだよ」と孫は自慢してた。

夫はアウトドアの人なので、子どもの頃から釣りが好き。中学高校生の頃は渓流釣りによく出かけていた。「六本木の釣り堀」にも通っていたそうだ。

ザリガニなどお手の物。

私は「田舎の街っ子(笑)」なので、ザリガニ釣りはおろか、子どものころはザリガニすら見たことがなかった。

だから、つかんだこともない。

孫が面白い体験できてよかった。もう少し大きくなったら「おじいちゃん」に釣りに連れて行ってもらうといいね。とりあえず観光マス釣り。
0

2019/9/7

友人たちに会った  生活

立て続けに友人たちとの会合があった。と言っても飲み会やランチだ。

夏の暑い時を避けると、この時期になってしまう。

最初のは2002年W杯ボランティアの仲間たち。1年2回冬、夏に飲み会をしている。今年冬の部は雪で、私は欠席だったから皆に合うのは1年ぶりだ。

なでしこW杯の応援にフランスに出かけた方に写真を見せてもらった。この夏3回も韓国に旅行した方に話を聞いた。

五輪のボランティアに応募した方もいる。まったく五輪の心配ごとは尽きないな。

今回聞いた新しいことは会場へのペットボトル持込みについて。基本スポンサーの飲料のみ。駅から会場までのペットボトル自動販売機はすべて封鎖するという話もあるそうだ。

そんなの、人道的に問題だ。この暑さで水やスポーツドリンクを持ち込めないなんておかしい。
今はスポンサーと交渉中だという。スポンサーの飲み物以外ダメというのなら、スポンサーが水を配るべきだ。

また小・中・高学校へチケット配布があるという。だが、バスの送迎は禁止。鉄道利用だが、終了よりも前に会場を後にすること。都は鉄道会社に小中高学校のために増便を要請しているという。無理して小中学生を猛暑の中、観戦させることもないなぁと思う。引率の先生たちも大変だよ。

2つ目の会合は横浜在住の高校同級生。これも1年ぶりくらいかな。

4時間もしゃべったけれど、何をそんなに話したかな?思い出せないくらいたわいない話ばかりだ。でも大笑いして、本当に楽しかった。

スイカが好きなので丸ごとのを買ってきて一人で食べる、とか、夫が洗濯担当になったが、どうにも洗い上がった服が臭い、理由がようやく判明、なんと柔軟剤投入口に洗剤を入れていたという。すすぎが全然できていなかったわけだ。

中国韓国の時代劇ドラマが面白いとか、fireTVスティックは楽しいとか、メリカリで品物を売った話とか。

ま、そんな話。

あ、そうだ、友人の一人は高校時代、皮膚が弱く雑巾は触らないように言われていたとか。それで、40年ぶりくらいの同窓会で「久しぶりね、あなたいつも掃除をさぼっていたわね」と言われた(笑)  

でも、多くの友達は「あなたは掃除ができないから、私たちがあなたの分も掃除するからね、とみんなやさしかったのよ」。そうそう、みんな優しかった。素朴で、公平で、親切だった。

だから、今もこうしてランチしているんだよね。

3つ目はご近所の方と。これも、日常茶飯事の話。でも健康の話題や、旅行の話はとてもためになる。

また、年末にランチしようということになった。

いろんな人たちと話をすると楽しい。それはあくまでフラットな関係だからだ。

マウンティングしたりされたりの関係はとてもウザい。私も「マウンティング」という言葉を聞くまではそんな態度だったかもしれない。それは承認欲求だよね。以来、自分の心の動きに注意している。

とにかく、共感し合う関係がとても大切だ。

友人の皆さん、いつも本当にありがとう。

1

2019/8/10

病院へ  生活

「末梢神経障害」受診のため2か月前に予約した拠点病院へ行った。

時間を予約していったのに、2時間待たされた。あまり待たされるので、受付の人に「予約してもこんなに待たされるのですか?」と聞くと、「そうなんです」だって。

何のための予約なんだろうね。

で、ようやく呼ばれた。これで、高圧的な医師だったら嫌になっちゃうなと思って診察室に入った。

そしたら、実に気さくな先生だった。

紹介状を書いてくれた神経内科クリニックの診断は「末梢神経障害」だったが、この先生の診立ては「筋肉の病気」。

そして、「随分長い間、不便を我慢されていたのですね」と労われてしまった。

「えっ」びっくり。そして、「そうなのか、私は我慢していたのか」。親切な言葉に思わずほろりとしてしまった。

問診(いつからどのような症状がでたか、家族の症状など)、手や足の動きを見てから、検査の指示があった。血液検査とCTだ。

その結果を1週間後、聞きに行った。

すると、医師は、筋肉に詳しい先生にも診てもらおう、とのことで別の医師のもとへ。またいろいろ聞かれて、指先やつま先の力を見た。

で、最初の医師(主治医なのかな)が「さっきの先生の話では一つ病名が浮かんだのだけど、もっと詳しく調べましょう。他の先生を呼びます」。珍しい病気のようだ。

と、医師が3人来た。そして別の診察室へ。主に一人の医師が問診。他の2人は見てるだけ。喉を見る時は医師3人が同じポーズで私の喉を見るので、おかしかった。

その後は私の筋肉の力を見るために、足首、膝下、上腕、肘下、指などを医師と力比べ。

「アキレス腱が伸びないですね」に、「それはストレッチやマッサージで伸びるんじゃないですか?」と言うと「いやいや、そういう問題じゃない」

それが終わって、また主治医に呼ばれた。医師はCTスキャンの写真を見せてくれた。膝付近のCT写真だと、筋肉があるべき部分が白い。先生の話では「筋肉が脂肪に変わってしまっている」

(ネットで調べると骨格筋関連蛋白質の機能異常)。

膝あたりの筋肉も大腿筋も背骨周りの筋肉も痩せている。

ただ、血液検査の「ある値」は正常値なので、つまり、進行がすごく遅いとのこと。

筋肉が衰えてくると、内臓の筋肉も衰える。なので、次の検査は肺機能の検査をすることになった。

もう一つ、「末梢神経障害」の検査もする。これは足に電気を流して調べるらしい。

主治医はまだ病名を言わない。もっと調べないと確定診断にならないのかな。

かかりつけ医は私の症状を「遅発性筋ジストロフィー」ではないかと疑っていた。そうかもしれない。

ちょっと怖い病名だ。

こういう診察を受けると思い当たる節がいろいろある。もともと歩き方は変だった。40歳代から右足を引きずっていた。50歳になると物を抱えて階段を上がることができなくなった。60歳を超えると手すりがないと階段が上がれなくなった。

とはいえ、どこも痛くないし、足や指に力が入らないのは不便ではあるが、どうにか暮らしている。ミーハーのためならどこにも出かけられる。

進行もすごく遅いらしいし、老化・老衰と変わらないのではないかと私は楽観視している。

ただ、寝たきりになるのは嫌だな。

とにかく、まだ検査は続く。

病名が確定すれば、治療方針(筋ジスだと対症療法しかない)も決まるし、リハビリもできるだろう。

ゆっくり筋肉が衰えてきた。筋トレやストレッチの問題ではなかった。どこか、ホッとしている面もある。
0

2019/8/7

PCを買った。  生活

今使っているノートパソコンは2011年に購入。

バッテリーが発火の恐れあり、と言われ、windows7は来年早々にサービスが終わる。

今のPCは電源入れてから立ち上がるまで時間がかかるし、年中フリーズする。今はもっぱらスマホなので、メールを見るのも1週間に1回だったりする。

でも、PCが全くないのも困る。

というわけで、新しい、と言っても最新式ではなく一つ前のモデル、を購入した。

新しいパソコンを買うと、設定をしたり、データを移したり、ウィルスソフトを入れたり、古いPCを処分する作業や手続きもある。

8年前にはそれほど面倒と思わなかったが、今はひたすら面倒くさい。歳を取ったなぁと実感する。

はたして、うまく新しいPCに乗り換えられるだろうか。
0

2019/7/17

収穫  生活

娘が今年から家庭菜園を始めた。

といっても農家が指導してくれるし、必要な道具も苗も肥料も用意してくれるそうだ。

で、収穫
クリックすると元のサイズで表示します
枝豆。

昔、私たちは市民農園でちょっとした野菜を作っていた時、美味しいと思ったのは枝豆、とうもろこし、人参だった。

枝豆は柔らかくて、みずみずしくて、甘い。とうもろこしも同じ。

人参は長持ちするから気づかないけれど、採れたて時間が経ったのは味が全然違う。水分量が違う。

今年は日照不足。ミニトマトはこんな感じ。
クリックすると元のサイズで表示します

この娘は、家庭菜園だけでなく、夫(婿さん)と釣りにも行く。
クリックすると元のサイズで表示します
大漁。

これ全部調理するのだから、我が娘ながらエライと思う。
0

2019/7/9

自転車  生活

電動自転車を購入してから2年だ。

⇒2017年5月11日の記事「電動アシスト自転車

本当に便利。

最近、キュルキュル音がするのと、空気の抜けるのが早いような気がするので、自転車屋さんに行った。

キュルキュルはチェーンの油切れだそうで、油を差してくれた。そして空気も入れてくれた。もちろん電動の空気入れ。

この空気入れるのが、最近は結構きつい。軽いスクワットだものね。なので、とても助かった。

空気が抜けるのが早くなったのは気のせい、みたい。空気がちゃんと入ると、自転車をこぐのが楽だ。

この自転車、自分の分身のようだ。

まさに愛馬ならぬ「愛車」だ。自転車置き場で自分の自転車を見つけると、「よしよし」を車体を撫でたくなる。本当に健気でかわいい。

でもね、いつまで乗れるかな?

自転車屋さんに、「年寄りの自転車はふらふらして危ない、私もあと何年乗れるかな」と言ったら、

「いやいや、最近、お年寄りで自動車の運転止めて電動アシスト自転車買う人が増えてますよ、まだまだですよ。これからもどんどん乗ってください」とのこと。

確かにね、最近老人の暴走事故が問題になっている。悲惨な事故も起きている。自動車免許を返上する方も多い。

そうか、免許返上した方は電動アシスト自転車族になっているのか。自転車なら暴走死亡事故を起こすことはないだろう。

でも、ボケて、信号無視で飛び出したり、フラフラっと道路の真ん中に出てきたり、周囲の迷惑になるようなことをしそうだなぁ。

十分注意して、安全運転で行くようにしよう。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ