2020/2/24

マンスプレイニング  生活

マンスプレイニングという言葉がある。男性が女性を見下しながら、偉そうに説明することを意味する。

このtwitterで指摘されたこと



でも、この男性(高橋しょうご)、見事に返り討ちされている。

saebouさん(https://twitter.com/Cristoforou)、北村紗衣武蔵大准教授は英国文学演劇・女性史の専門家で博士号も持っている。「ご存知でしょうか」と話しかけるなんて、マンスプレイニングの典型だ。笑っちゃう。

私は北村紗衣さんのファンだ。向田邦子、米原万里、森まゆみと読んできて、今からは北村紗衣さんかな、と思っている。「砂糖とスパイスと爆発的な何か」はとても面白かったよ!

このtweetで「私は女性史史学賞受賞者ですよ」と言っていることに対して、「こんなふうに自慢するなんて」と批判した人がいたけど、saebou先生、「むしろ、私みんなに自慢したい」と言ったので、「こういう人、私大好き!」と思ってしまいました。

北村先生のブログ⇒「Commentarius Saevus」天使も踏むを怖れるところ
https://saebou.hatenablog.com/

マンスプレイニングに対していつも見事に返り討ちにしている人は他にもいる。

精神科医の「パプリカ」さん
そしてアメリカの弁護士「渡邉葉」さん(椎名誠の長女)

パプリカさんの切返しの例。ビシっと言ってるなぁ。


渡邉葉さん。これはマンスプレイニングでへの返しではないが、映画が同性愛差別だと批判された監督の弁明、への反論。



渡邉さんはちょっと前Twitteで論戦になった時、法律に基づく的確な論(tweet)があったのだが、探せなかった。

まぁとにかく、3人の毅然とした態度、弁舌の鮮やかさにはいつも尊敬の念を持つ。女性の若い世代がこういう風に育っているのだなぁと感慨を持つ。

私たちの世代は全共闘に異議申し立てした田中美津さんの「乱れつつ乱れつつ迫る」みたいな、理屈ではなく自分の違和感を情念を持って語る形だった。

こんなに自信を持って理路整然と意見を語る世代は本当に頼もしい。もちろん、このお三方だけでなく、こういう女性たちは沢山いる。twitterの世界ではクズ男たちの標的になったりするが、負けないで(もちろん負けてないけど)。
0

2020/1/31

PCの設定  生活

PCを購入して、Wifiやマウスの設定をして以来、また放りっぱなし。

windows7のサービスは終了してしまったし、もうどうにかしなくてはならない。

ウィルスソフトを入れて、Microsoft Officeも使えるようにして、何だかそれだけで精一杯。

あとメールソフトをどうにかすれば、とりあえず使えるようになるかな。

最近は安全性を考えてなのか、やたらセキュリティが複雑で多くて、もうついていけない。

たぶん、このPCが最後だろう。あと8年くらい使ったら(そんなに使うかどうかわからない)、もう私には不要だ。

あ〜、面倒くさい。このブログも旧PCというか現PCからアップしている。新しいのも使えないことはないが、やっぱり慣れている方がいい。

さて、いつから新PCで記事を書くことができるでしょうか。

0

2020/1/25

市長リコール街宣  生活

このblogの一番上に市長リコールの記事を置いている。

私もたまに市長リコールの街宣の手伝いに行く。チラシを配るだけだけどね。それ以外でも近所の人に会うとチラシを渡し説明する。受任者になってくれる人もいる。

1人から始めるリコール運動。

https://recall235.com/

受任者は1月24日現在、18,240人になった。

更に1月10日の受任者仕分けにも行った。申込書を区別、町内別に仕分けする。ひたすら手作業だ。重複などもチェックした。この活動に参加する人たちとも知り合いになれた。

そして2月の港北区市民説明会にも申し込んだ。申し込みが多い場合は抽選、当選するといいなあ。はずれても、その日は市長に抗議スタンディングに行くつもりだ。

カジノ誘致について市長の主張はすべて根拠がない。

日帰り客ばかりで、観光客の落とすお金が少ないと言うデータはでたらめだともう明らかになっている。つまり全く別の調査を比べているのだ。

少子高齢化のため、税収が必要だというのは横浜に限った話ではないのに、カジノが必要だというのはカジノ誘致の市だけ。つまりカジノ誘致の口実に過ぎない。

しかも金がないというのに、オペラ劇場に、花博を開催し新交通システムを建設するという。桜木町からみなとみらいへロープウェイを架けるという。利用者が少ないのに「ハマ弁」予算は増額して11億円も割くという。

そして日本一高い市長報酬。もうでたらめもいいところ。

カジノの試算は事業者が出したもの。その根拠となる数字は非公開の契約だから出せないという。数字の根拠はないと横浜市も認めている。

税収1200億円と横浜市は言うが、カジノの利益の横浜市はその15%を得るだけ。つまりカジノ業者は70%を持って行ってしまう。

15%で1200億円と言うことは利益は8000億。これは1000万円負ける人が8万人、100万円負ける人が80万人出るということ。ありえない。

こんな状態では横浜市は健全な都市とはいえない。

結局は利権、利権、利権。

6時間しか討議しなかった委員会での強行採決を仕切ったのは逮捕された秋元議員。他にも事情聴取を受けた議員がいる。50名に上るのではないかとマスコミ報道もある。

そしてカジノ建設で儲けるのは土木、建設、不動産業。つまり道路、五輪、リニアなどの公共事業と全く同じ。税金で事業をして、後は野となれ山となれ。

金だけ、今だけ、自分だけ。

もう、この話を書いているとただただ腹が立ってくる。

住民投票をしようとしている市民団体、政党がいるが、住民投票ではカジノは止められない。

議会では与党が多数。その与党の議員で「カジノ賛成」と言って当選した議員は井上さくらさんが言うように「誰一人として、誰一人として いない」のだ。



それでも、このままでは横浜にカジノができてしまう。

そしてその結果がどうなろうと、誰も責任を取ろうとはしないのだ。原発と同じだ。

だから、頑張ってカジノ阻止、市長リコール運動をする。



0

2020/1/15

PCの移行がなかなかできない  生活

Windows7のサービスが14日で終了した。

パソコンは昨年夏購入してあるのに、設定やらデータ移行が面倒くさくて放りっぱなし。
いよいよちゃんとやらなくてはならない。

今のパソコンはあまり安全でないかもしれないので、ネットを使うのに躊躇する。なので、ブログがなかなか更新できません。
書きたいことはあるのですが・・
0

2020/1/2

おみやげ  生活

岐阜のお土産をもらった。岐阜のお菓子の名店玉井屋本舗の「下剋上」

どうも今年の大河ドラマ「麒麟が来る」にちなんだものらしい。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

岐阜名物「鵜」と「鮎」

普通は鵜が鮎を呑み込むが、下剋上なので鮎が鵜を呑み込んでいる。これ、成型して焼くのはかなり難しいのではないだろうか。すぐに折れてしまいそうだ。技術だねぇ。

味はいわゆる「かわらせんべい」。

普通のと、黒糖、抹茶がある。
0

2020/1/1

あけましておめでとう  生活

あけましておめでとうございます。

穏やかな正月です。

本年もよろしくお願いします。

今日は、昔の正月の事を思い出していた。昨年末、姉に会った時に「私たちの世代で絶えた風習がいろいろあるね」と話した。

餅つきはもうやらない、秩父独特の神棚飾りもしない。神社からお札をもらうこともない。松飾もしない。年始回りもしない。着物も着ない。昔の子どもの遊びもなくなった。今もやるのは凧揚げとカルタくらい?

お年玉だけは今もある!

初詣はもともとあまりやらなかった。まして大みそか深夜に神社に出かける初詣はなかった(これはNHK「行く年来る年」の影響ではないかな)。

小正月の行事もなくなった。

料理も祖母・母と伝わった料理もいろいろなくなった。「鯉こく」はもともと祖母以外食べなかったが、これは母の代でなくなった。粕汁、粕漬け、も作らない。

親から伝わった料理で子どもまで好きなのは秩父風「けんちん汁」かしら。

うちは明治生まれの祖母がいたので、戦前の風習もあった。私が思う「昭和」は戦前の風景だ。それはもう当然ない。

今、テレビなどで皆が言う「昭和」は戦後高度成長期とバブルのことかな。それももう過ぎ去った「懐かしい」ものなのだなぁ。

最近は時代感覚がわからなくなっている。70年近く生きてくると「最近」「今」というのがこの20年位の事になってしまう。

年を取るということはそういうことなのだろう。

そんな少し感覚がおかしくなっている私ですが、今年もよろしくお願いします。


0

2019/12/31

2019年の振り返り  生活

2019年、今年も終わる。

今年も安倍政権を退陣させられなかった。悔しい。毎晩呪ってやる。

さて今年一番の出来事は脚力の衰えが「遺伝性の筋肉の病気」を分かったことだ。非常に珍しくて診断名がつかないとのこと。

発症が遅く、進行も遅い。今すぐどうということもない。同じような症状だった伯母叔父は長寿だった。

でも昨年に比べると明らかに筋肉が衰えた。階段はもう手すりなしでは登れない。歩くのも遅い。身体を支えるにも何かつかまらないとダメな時がある。

2015年安保法制の時は毎週金曜日国会前に行っていたが、もうそんなことはできない。夜、都内に出かけると翌日に疲労が残って一日中グダグダしている。

でも、時々は国会前・官邸前まで抗議に行くしデモにも参加する。参議院選挙では選挙の手伝いもした。カジノ反対活動もしている。

さて、
@今年の映画。全部で9本+ライブビューイング3本(うち1本は旧作。これは都内まで出かけた)。そのうちドキュメンタリーが2本。(「主戦場」と「i新聞記者」)

女性中心の映画が多い。「ビリーブ」「キャプテンマーベル」「金子文子と朴烈」。「新聞記者」「アナ雪」もそうだ。

今年見た中で一番は、映画じゃなくてテレビドラマの「チェルノブイリ」。これは強烈だった。事実がもとなんだよねぇ。世の中にはびこる悪(支配層の傲慢と無知)、一方、科学者の良心、労働者の正義感、献身も心に響いた。

夫は問題作を沢山見ているがケン・ローチの「家族を想う時」を挙げたいそうだ。

A演劇は二兎社「私たちは何も知らない」のみ。
Bコンサート・オペラは ツィメルマン・ピアノコンサート、ワーグナーリーベントコンサート(新日本フィル)、チャイコフスキー3交響曲コンサート(ロシア国立)、以上3つはみなとみらいホール。チョ・ソンジン&ケルン響コンサート=サントリーホール、オペラが「フィレンツェの悲劇/ジャンニ・スキッキ」(新国立)。コンサート形式の「フィデリオ」(オーチャードホール)それ以外ではみなとみらいホールの「試聴ラウンジ」2回。

この中では「フィデリオ」かな。歌手も一流、オケはN響。コーラスの響きは第九のようで感動した。そして、演奏がよかったのか分からないのだが「ワーグナー」は「パルジファル」の音楽が陶酔的で、もう涙が流れっぱなしだった。

C展覧会はあまり行かなかった。あ、愛知トリエンナーレに行った!
忘れていたけれど、1月に山口蓬春記念館、フィリップス・コレクション展(三菱一号館)に行ってた。ハプスブルグ展はまだやっているようなので来年早々行こうかな。

Dサッカーは4試合しか行かなかった。イニエスタが出場しなかった神戸戦、3連敗目の清水戦、優勝への足掛かりになった名古屋戦。優勝を決めた東京戦。

その中では、名古屋に行き、大勝した名古屋戦が一番かな。楽しかった。

E旅行。3回。
孫たちと白樺湖−車山。念願だった立山黒部アルペンルート、マリノスの試合&トリエンナーレの岐阜名古屋のみ。あとはお墓参りで秩父と千葉。

孫たちのこと。
みんな元気に大きくなった。私の事をとても慕ってくれている。

足の事を心配して「大きくなったらばあばのおてつだいしてあげるね」なんて泣かせることを言う。

シンカリオンだの仮面ライダーだの言っていたのに、今はポケモンだ。娘達が小中学生の頃、ポケモンブームだったから1世代をまたいでいる。キンプリなんても孫に教えてもらったな。

とにかくみんな可愛い。家に遊びに来てくれると、「幼子のいる生活はいいなぁ」としみじみ思う。

この先の日本のこと、日本の子育ての厳しさを考えると、とにかく、健やかに大きくなってほしい。幸せになってほしいと願わずにはいられない。

そのためにも安倍政権には一刻も早く退陣してもらわねばならない。法治国家民主国家日本を取り戻す。

0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ