2019/8/19

立山黒部アルペンルートA  旅・散歩

室堂は快晴。360度山々がくっきり見えた。薬師岳、浄土山、雄山、大汝山、真砂岳、別山、剱御前、剱岳、大日岳。

クリックすると元のサイズで表示します
みくりが池(火口湖)、雪が残っていた。ほんのちょっと剱岳が見える。

クリックすると元のサイズで表示します
もう少し大きくすると剱岳がわかる。

地獄谷は立ち入り禁止。有毒ガスが噴出しているそうだ。火山なのだ。
クリックすると元のサイズで表示します

みくりが池一周コースに行きたかったが、私の足ではこの上り下り坂道が歩けない。手すりがあれば何とか行けたかもしれないが。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
みくりが池と立山。山崎カールがよく見える。これは夫が撮影。撮影地まで私は行くことができない。

立山の氷河地形、火山地形、確か「ブラタモリ」で解説していたが、私はほとんど忘れた。草原の中にある白い石は落石で黒い石は溶岩だとか。

クリックすると元のサイズで表示します
チングルマ、花が終わった後、と薄紫色のリンドウのような花

室堂の景色は素晴らしかった。3000メートル級の山々をこんなに近くで見られて、青空に青い池、高原、そして爽やかで涼しい風(気温は18度くらい)。幸せだ。こんな風景の中にいられるなんて。

1日中ゆっくりして、夜空も見たかった。いや、もっと若い時に来て、雄山まで登ってみたかった。

時間が来て、集合。立山トンネルのトロリーバスに乗って大観峰へ。外国人も多かった。

大観峰からはロープウエイ。

この時中国人の少年が座席に座ったが、父親から「年青人(ニエンチンレン)なんとか」と言われて夫に席を譲ってくれた。ありがとう。

クリックすると元のサイズで表示します
黒部湖が見える。一番右の小さい三角の山頂のある山が針の木岳。写真にはないが、左の方には鹿島槍、五龍が見えた。

夫は若かりし頃白馬から鹿島槍まで縦走、更に鉢の木岳から先の北アルプスの山へ行く予定が悪天候で断念したのだそうだ。

クリックすると元のサイズで表示します
黒部平から大観峰ロープウエイ駅を見る。ロープウエイのロープと客車が写っている。

黒部ダムの写真はなし。「放水」は怖くて写真を撮れなかった。

陽射しが暑かった。ここは展望台に行くためにはかなり長い階段を上り下りしなくてはならない。若い人たちは躊躇なく登っていた。

私たちはやることもない。ダムから黒部ダム駅へ向かうトンネルは涼しい(寒いくらい)ので、そこでソフトクリームを食べながら時間つぶしをした。

最後の電気バスに乗って扇沢に向かう。以前来た時はトロリーバスだったが電気バスに変わった。電気バスは超満員。お盆休み最後の日曜日だから旅行客が多い。

扇沢から大町。以前黒部ダムに来た時は大町の青木湖でキャンプしたのだった。

立山黒部アルペンルートを通って見て、また行きたいのは室堂だけ。乗り物の乗り換えも今の私にはかなりきつい。立山駅から室堂行のバスが出ているようなので、バスで直行し、室堂でゆっくりしてまた立山駅に戻ってくればいいのではないかな。温泉にはまた入りたい。

大町から小川村などを通って長野へ。途中バスは犀川の脇を走った。犀川の上流は梓川だそうだ。大きなきれいな川だった。途中東電のダムがあった。ダムのあたりの山崖は白かった。あれは何という地質なのだろうか。初めて見た。

長野で新幹線乗車。
クリックすると元のサイズで表示します
はくたか

東京着。東京は暑かった。東京からは東海道新幹線で新横浜へ。これが一番疲れない。

楽しかった。ずっと想っていた立山室堂に行けた。何より天気が素晴らしかった。幸運に恵まれた。

もう山岳地には行けないと思う。上高地にはいけるかしら。もし行けるなら上高地にもう一度行きたい。
1

2019/8/18

立山黒部アルペンルート@  旅・散歩

念願の立山黒部アルペンルートに行ってきた。

東京発(新幹線)⇒黒部宇奈月温泉着(バス)→宇奈月(黒部渓谷トロッコ電車)→鐘釣駅往復→宇奈月(バス)→立山極楽坂(泊)

立山極楽坂→立山(ケーブルカー)→美女平(高原バス)→室堂・・(トンネルトロリーバス)→大観峰(ロープウェイ)→黒部平(ケーブルカー)→黒部湖(電気バス)→扇沢(バス)→長野駅(新幹線)⇒東京着

大町から黒部湖までは行ったことがある。一体何年前だろう。

ずっと室堂、立山には行きたかった。いつでも行ける、いつかいつか、と言っているうちに時が経ってしまった。

何と言っても山だし、ケーブルカーやロープウェイには階段がつきものだ。あと1〜2年のうちに行かないと足の具合もあり、行けなくなってしまう。

で、行くことにした。

アルペンルートを回ろうと思うとツァーが一番手っ取り早い。今回はエースJTBにお世話になった。ゆったりした日程で助かった。ツァー人数も13人とこじんまりしていた。

新幹線「はくたか」に乗るのは初めてだ。でも朝が早かったので、途中で寝てしまって車窓は楽しまなかった。トンネルが多いようだし。

黒部宇奈月温泉駅からはバスで宇奈月駅へ。ここからトロッコ電車で鐘釣駅まで往復する。

黒部渓谷トロッコ電車は暑かった。しかも3列ベンチ。背もたれもないまま片道1時間(計2時間)座っているのは辛かった。

クリックすると元のサイズで表示します
何ダムか忘れた。施設は欧州のお城を意識して建設したとのこと。

クリックすると元のサイズで表示します
鐘釣駅でトロッコ電車を撮影。

宿泊は立山国際ホテル。美人の湯と言うのが売り物、泉質はアルカリが強くて、ぬるぬるする。確かに翌日肌がきれいになったような気がした。

温泉に入った後の生ビールはうまい!!! 部屋に戻るとすぐに眠ってしまった。

翌日は良い天気。ケーブルで美女平まで、そこから高原バスで室堂に向かう。樹林帯から低木の高原へ。途中「称名の滝」がバスの中から見えた。落差日本一とか?

弥陀ヶ原湿原はバスの中から上手に写真が撮れなかった。

ソーメン滝かな
クリックすると元のサイズで表示します

大日岳と湿原
クリックすると元のサイズで表示します

剱岳の頭が見えてきた
クリックすると元のサイズで表示します

段々姿を現す。
クリックすると元のサイズで表示します

こんなにくっきり見える。立山黒部3回目の夫も初めて剱岳を見た。
クリックすると元のサイズで表示します

室堂に着いた。
クリックすると元のサイズで表示します

1

2019/8/3

白樺湖  旅・散歩

今回行ったのは「白樺湖」

テレビでおなじみの「池の平ホテル」には、ファミリー向けの遊園地、体験施設、アミューズメントというのかな、が沢山ある。

自然も豊かだ。

車山まで、リフトで登った。
クリックすると元のサイズで表示します
下に見えるのが白樺湖。

この日、日本全国35度の猛暑日だったらしいが、1900メートルのここは涼しくて天国であった。

暑い間、ここで過ごせたらどんなに良いだろう。

車山のリフトには確か、1992年の夏、乗ったと思う。なんと27年か。孫たちと乗る日が来るなどとは当時は思いもよらなかったなぁ。

そして、次は八島湿原。

クリックすると元のサイズで表示します

ニッコウキスゲが咲いていた。
クリックすると元のサイズで表示します

もっと車山と八島湿原の間(追記:霧ヶ峰高原だったらしい)にもっと沢山ニッコウキスゲが咲いている所もあったが、そこには寄らなかった。

「道の駅 南きよさと」に寄って帰宅。ここは道の駅からケーブルカーで山の上に登れて、野菜やブルーベリーの収穫、押し花教室、ピザ作り、運動広場があり、子ども連れにはとても楽しめる。

野菜はとても新鮮。

道の駅でももちろん、野菜を買える(野菜直売所)。モロッコいんげんが柔らかくて、甘くておいしかった。

道の駅 南きよさと⇒http://www.alps-hs.co.jp/minamikiyosato.html

1

2019/8/2

尖石縄文考古館  旅・散歩

孫たちのお供で旅行に出かけた。

行先と出発時間しか知らなかった。道中の予定も、到着後の予定も何も知らず、車に乗っていた。

まず行ったのが尖石縄文考古館。

なんと、ここ国宝土偶「縄文のビーナス」と「仮面の女神」のあるところじゃないですか!

出土地が長野県、茅野市、ということは何となく覚えていたけれど、孫たちの旅行とは全く結びついてなかった。

写真OKなので、

クリックすると元のサイズで表示します
仮面の女神。出土は2000年とのこと。国宝指定は2014年と新しい。

「縄文のビーナス」はずっと写真を撮っている人がいて、私は上手く撮れなかった。
クリックすると元のサイズで表示します
特に顔部分、何かが映りこんでしまった。下半身のふっくらはわかる。

仮面の女神も縄文のビーナスも妊婦をかたどったものと言われている。豊穣を祈願するものでもあったろう。

「縄文のビーナス」は1986年出土。2009年の東博「国宝 土偶展」で見た。

つまり私が習った縄文時代の歴史では全く登場しなかったということになる。

この時国宝指定は3点(縄文のビーナス、合掌土偶、中空土偶)だった。その後、「仮面の女神」と「縄文の女神」(山形県舟形町出土)が追加された。

(もう10年か。月日の過ぎるのは早い。特に2011年以降)

上の孫が「ドラえもん」映画で土偶が出てくるので、興味をもったらしい。「仮面の女神」は一番の悪役で出て来るとのこと。

この考古館では体験学習ができる。

粘土に縄文をつけたり、ドングリを割ったり、粟をつぶしたり、あるいは黒曜石を磨いたりできる。孫たちはこれが楽しかったようだ。

周囲には史跡公園があり、復元住居もある。もう少しゆっくり見たかったが、時間の都合で割愛。

とても楽しかった。

尖石縄文考古館のHPは⇒https://www.city.chino.lg.jp/site/togariishi/

0

2019/7/2

15,000円の旅(夫の)  旅・散歩

夫が6月下旬、恒例のJR東日本4日間乗り放題1万5千円の旅へ出かけた。

五能線で五所川原泊まり。それから津軽・金木(太宰治関係)へ行ってきた。

こまち⇒リゾートしらかみで五所川原。

リゾートしらかみは人気があって、満席だったそうだ。

五所川原は立佞武多(たちねぶた)で有名だ。
クリックすると元のサイズで表示します
30m近くあるらしい。3体が夏祭りで練り歩く。

翌日は津軽鉄道で太宰の旅。
クリックすると元のサイズで表示します
岩木山

クリックすると元のサイズで表示します
斜陽館

クリックすると元のサイズで表示します
切符。これは嬉しいね。

詳しくは
五能線と金木への旅


次の1万5千円の旅は私も同行したい。
0

2019/5/14

趣味が違いすぎる  旅・散歩

私がワーグナーにどっぷり浸っていた日、

夫は早起きしてJR東日本4日間乗り放題切符日帰りで戸隠へ。

クリックすると元のサイズで表示します
水芭蕉を見に行ったのだ。

クリックすると元のサイズで表示します
戸隠の山

ついでに戸隠蕎麦も食べてる。
クリックすると元のサイズで表示します

夫はアウトドア、私はインドア。

私もね、もう少し足が丈夫なら、水芭蕉は見に行きたかったけれど。

(先日も段差を下りた時、何の前触れもなく、右足膝カックンと崩れ落ちた。左足でどうにか踏みとどまり転ばなかった、その瞬間大腿部の筋を伸ばしたので、翌々日まで痛かった)

ま、もうそれぞれ好きなことをすればいいね。
1

2019/5/10

中華街  旅・散歩

食事会の下見のために、中華街に行った。

連休が終わっても中華街は大賑わい。修学旅行生や遠足の中・高校生が多かった。彼らは基本大きい通りにしかいないが、中高年グループは狭い路地にも入りこんでいる。。路地には隠れた名店があるのかもしれない。

通りは大賑わいだが、店に入ると意外に空いていたりする。

来るたびに中華街は変わっている。ここにあったはずと思ったお店がなかったり、新しいお店ができたりしている。立ち食いの店とタピオカの店も目立つ。

それにしても「占い」の店が増えた。

それと北京ダッグ。前はこんなのはなかった。

クリックすると元のサイズで表示します

鶏肉が食べられない友人は、これを見て、「ギャっ」と言って逃げ出した。

私は「おいしそう 」と思ってしまった。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ