2022/1/18

引きこもりなので  テレビ番組

オミクロン株感染爆発。近所のお店でも感染者が出ている。なので、ウォーキングのついでに買い物、とはいかず、まとめ買いをしてあとは家でおとなしくしている。

何をしてるかというと、手芸をしながら録画か、Netflixなど配信、YouTubeを見てる。

日本のドラマはほとんど見ないけど、Netflixに「大豆田とわ子と三人の元夫」があったので、見ることにした。知人がよかったと言っていたからだ。

第一回目はテンポもよく、とわ子の紹介の仕方もユニーク。松たか子のコメディエンヌぶりも心地よく、引き込まれた。すっとぼけた感じが良い。

とわ子は建築会社の社長で、結婚離婚3回と自由な生き方をしている。娘との関係もドライ。友人かごめとのシスターフッドもとても良い。

部下の女性たち、母親の知人の関係も公平に温かく描いている。

オフィスもマンションも、レストランもおしゃれだ。とわ子のファッションも素敵。

韓国ドラマばかり見ているが、日本のドラマの方が洗練されてるかも、と思った。

でもそれは前半まで。

三人の元夫それぞれに想いを寄せる女性たちが出てくる。彼女たちの女子トークで、あれ?と思った。

こんなことに女性たちが言うか?と違和感ありまくり。その辺からこのドラマへの感じ方が変わってきた。

最終回。結局、とわ子は三人の男たちの「菩薩」なんだな、都合の良い存在なんだな、と思った。男の脚本家のドラマで古いのは昔と変わらず。

女性の描き方は今風だけど、男女関係は男の都合で描かれてる。

大体さ、家に来るな、入るな、出て行け、と言われているのに、無視するのおかしくない?

不法侵入だし、不退去だし、やたらつきまとってストーカーだよ。

それを結局は全部受け入れるとわ子さんは「菩薩」です。または「母親」か。

配役。

「有名女優」役が出てくるが、この俳優さん、女優オーラがないし演技下手だ。なぜキャスティングされたか、わからない。「逆に」、女優のオーラがなくて演技が下手だからわざとキャスティングされたのか?

この方、「火口の2人」で高い評価を得た人だと思う。過激な役をやれば評価されるのかなとまで思ってしまった。

そして2番目の夫。芸人さんなのかな、こういう役柄だからキャスティングされたと思うけど、だからあのケチ臭さとガサツさと一方で劣等感を持つ人物に合ってる、と。そして演技は良かったという評価らしい。

でも、「とわ子」がこの人物になぜ惹かれたか、説得力ないよ。もっと多面的な複雑な魅力があるならまだしも、人物が醸し出すものがない。キモイ。

松さん、松田龍平、岡田将生は演技達者でしたね。

そしてオダギリジョー、市川実日子さんは存在感抜群だった。って、この二人「カムカムエヴリバディ」の二人じゃんか。

映画は「シャン・チー」、「エターナルズ」を見た。

シャンチーは次どうなるの?どうなるのかな?と思いつつ最後まで観てしまったが、私向きじゃなかった。

カンフーアクションは見ものなんだけど。

カンフー映画「少林寺シリーズ」好きなので、カンフーアクションはうっとりと見た。

龍に乗るところはどこかで見たような?「あ、『果てしない物語』」と思った。

全体として子供向け冒険活劇という感じ。ファンタジーはやはり苦手。

「エターナルズ」は面白かった。重厚な作品だと思った。

画面が暗くてよくわからないところもあったし、カタカナ語で混乱したり、時代がわからなくなったりした。

しかし、エターナルズの一人一人がきちんとその内面や葛藤まで描かれていたので、見応えがあった。

主人公セルシ役ジェンマ・チェンはBBC「シャーロック」の第二話「死を呼ぶ暗号」に出ていた方なんですってね。シャーロックから映画界の主役を張る人たちが出てるの、すごく嬉しい。

イカリス役やセルシの男友達役はゲームオブスローンズの主要キャストだった人、

ドルイグ役はどこかで見たような・・・と思っていたら「チェルノブイリ」の新米兵士、「ダンケルク」でも印象的だった俳優さん。マーベル映画で主役の一人をやる程出世したんだな。

アンジェリーナ・ジョリー、アクションは自分でこなしてるの?相変わらず若々しくて魅力的だ。

シェン・チーもエターナルズも映画館に見に行くつもりだった。それがこんなに早く配信されるなら、もう映画館に行く必要はないのではなかろうか。

映画館の予約方法も忘れてしまいそう。

生活スタイルがすっかり変わってしまった。
0

2022/1/8

録画を見た  テレビ番組

正月放送のWOWOW「刑事モース」31〜33話を見た。

モースは前シリーズのヴェネツィアでの事件の痛手が癒えていない。

酒浸りの生活で、事件現場にも遅刻する。

捜査能力や推理力は相変わらず素晴らしいが、生活はめちゃめちゃで周囲ともぎくしゃくしている。

モールの周囲の人間たちが事情を理解して、見守ってはいるが、それにも限界がある。

33話でようやくモースは自分と向き合うことを決める。

今回は最初の頃に比べると時代が下がって、北アイルランド紛争が背景にある。あの頃のイギリスはどうだったのかなと考えたり、日本や自分のことを振り返ってみたりした。

今回サースデイ警部の娘ジョアンが復帰。前シリーズは地方都市に行っているという設定で出演がなかった。出産のためお休みと聞いた。

今回戻ってくれてうれしい。変わらず美しくて、しかも信念をもって仕事をしているので嬉しかった。ストロング巡査部長はすごく痩せてびっくりした。前のふっくらの方がよかったな。

「刑事モース」は一度見ただけではよくわからず、見返すことが多い。

私が更に耄碌したため、人名(カタカナ)が覚えられない。顔の区別がつかない。

人名と顔がわからないのでは話の進行がわからないではないか。

一度ざっと見て、二度目は巻き戻したり(VHSテープ時代の用語)して確認しつつ見るしかない。

これが韓国ドラマだと名前はごちゃごちゃになることがあるが顔の区別がつかないことはないのよねぇ。東アジア人の顔は見慣れているからなのだろう。

刑事モースは33話でもともとの「主任警部モース」の33話に並んだという。

この続編も作られるだろうか。サースデイ警部の息子サムの行方もまだわからないし、続編はあるよね?
0

2021/12/30

今年見たドラマ  テレビ番組

stay homeだったので、ネット配信の番組をたくさん見た。

韓国ドラマは「愛の不時着」「ヴィンチェンツオ」「梨泰院クラス(途中まで)」「海街チャチャチャ」「椿の花咲く頃」を見た。

ネットドラマは1話が90分くらいあり、16〜20話がザラ。ずっと見てしまうことになる。

で、今日amazon primeに「私の名前はキム・サムスン」があるのを見つけて見始めてしまった。言うまでもなくヒョンビンをスターにした作品。

2005年頃娘たちが「面白い」と言って熱心に見ていた。とにかく主人公サムスンがユニーク。

許せないことにはストレートに怒る。率直で嘘がない。粗雑なようで人情に厚い。教養もあってそれが自然と滲み出る。菓子職人としての腕は一流だ。

サムスンだけでなく、姉も面白い人。ヒョンビンの役は今から見るとDV男だな。

そしてモラハラ、セクハラ、パワハラ、満載。歳だの、太ってるだの、言い過ぎ。すぐ暴力になる。こういうのが許されないと思うということは、10数年でハラスメントNO!が浸透してきたのだなと思う。

Twitterで話題になっていたので、Netflixで「ドントルックアップ」を見た。彗星衝突の話。ディカプリオ主演なのは知っていたけど、豪華俳優出演でびっくりした。メリル・ストリープ、ケイト・ブランシェット、マーク・ライランス等、怪演。。このいうメンバーの中でジェニファー・ローレンス、ティモシー・シャラメくんが麗しかった。内容は超上級市民たちの身勝手さを皮肉ってるんですかね。

ブラックユーモアだけど、現実を思うと笑えなかった。

blogの中でもネット配信で見たドラマや映画、ドキュメンタリーについては、その時々blogに書いた。

書いてないものはミュージカル「シンデレラ」、アニメ「ビーボ」、中国アニメ「羅小黒戦記」を見た。

羅小黒戦記はアニメの色や造形が美しかったし、これから中国アニメは注目すべきと思った。

そんなところかな。

0

2021/12/22

またテレビドラマを  テレビ番組

家にいる時は海外ドラマを見る。

今回見たのは
韓国ドラマ「椿の花咲く頃)、英国サスペンス「THE BAY2 〜虚構の家族〜」

「椿・・」は韓国の何かの賞を取ったというから、見ることにした。

恋愛➕連続殺人というユニークな物語。

それに、街の人たちの人情➕母もの が加わる。

シングルマザーでスナックを経営、肩身狭く生きてきたヒロインが誇りを取り戻していく物語と言っていい。

ヒロインは町一番の美人というが、確かに華奢な感じで親しみやすい感じではあるが、バイトのヒャンミの方が「美人枠」だと思うなぁ。

なんと言っても、息子ピルグの可愛さと健気さに泣ける。

ヒロインの相手は熱血警察官。今時珍しいタイプで、ま、こういう人がいたらいいなとは思う。でも連続殺人の犯人は証拠もたくさん残してるのになかなか逮捕できないのは無能なんじゃ?

一番良かったなと思ったのは、ヒロインが金持ちをセクハラで訴えると言った時に、金持ちの妻が「私は腕利きの弁護士なの!」と偉そうに言うので「あんたなんか簡単にひねりつぶせるわよ」と言うのかと思いきや、名刺を渡して「あなたの弁護士になります」と言った場面。

ヒロインの母親のエピソードは余分に思えた。

それと、やたらと登場人物が声を張り上げて喋るのがうるさかった。韓国の人たちは日常でもあんな喋り方をするの?

そうそう、不時着に出ていた脇役の人たちがこのドラマにも出てて、親しみを覚えた。

いろいろな要素をうまくまとめて、よくできたドラマだと思った。

そうそう、Twitterで「街の上で」という映画がとてもよいと、読んだので、ネトフリで検索して見てみた。

下北沢の若者たちを等身大に描いたらしいんだけど、ボソボソ喋ってて何を言っているか私には聞き取れない。

しかも痴話喧嘩みたいなのが続いて、いやになって見るのをやめてしまった。しかも若いのに男が威張ってるし。秀作と言われても私向きではなかった。

それに比べると、うるさいけど韓国ドラマの人たちは元気があったな。それに正義感バリバリだから、そういうのと見てると安心だ。やはり正義、公平さ、隣人愛のドラマの方がいい。

関係ないとは思うが、元気な韓国エンタメ界と沈没国家のしょぼさと思ってしまった。

英国サスペンスはマネーロンダリングや、マフィアの薬物などが出てくる。

題名の「虚構の家族」は被害者家族のことだろうが、捜査する警察側も家族が崩壊してる。

今はそういう時代なのだろうが、見ててあんまり気分は良くない。同僚間の友情、連帯感は良かったけれども。

このドラマは主人公の子どもたちがまともだったので、救いになった。

英国・北欧サスペンスは辛いものが多い。今まで見た中ではデンマークのエネルギー問題を扱った刑事ドラマが一番良かったかな。力作だった。

さて、年末年始は評判の「イカゲーム」でも見ようかなぁ。

韓国映画も数本録画したけど、まだほとんど見ていない。ドラマに凝ると時間がいくらあっても足りない。

そうねぇ、韓国長編ドラマ、いくつか見たが今のところ「愛の不時着」を超えるものはないな。

今日の日本テレビの番組で黒柳徹子さんが「韓国ドラマは音楽の入るタイミングと曲が良い」と言っていた。それとヒョンビンを「とてもいい」と言ってた。黒柳さんは韓国好きなんですね。
0

2021/12/7

登山番組  テレビ番組

テレビ番組でよく見るのは登山番組だ。

「百名山」「グレートトラバース」「百低山」、その他特集番組も見る。

11月23日のNHK「錦秋の剱岳 幻の滝を撮る」はとても良かった。

登山家・カメラマンの中島建郎氏と石井邦彦氏が幻の滝の撮影に挑戦する。

9月にまず剱岳へ登る。標高が高くなるにつれて山は色づいて行く。

ついでいよいよ劒沢下流の幻の滝を撮影に行く。

ところが谷が深くてGPSが拾えず、ドローンが飛ばない。

劒大滝のすぐそばまで沢登りをする。この時は沢上り名人がガイドをする。

ドローン撮影ができる場所を求めて水温5度の谷川を泳ぎ、300m岩登りをする。撮影できる場所を見つけるのだが、木の根元の狭い場所、そこに男3人がへばりついている。

あんな不安定な場所でドローンを飛ばして、幻の滝を撮影するとは驚きだ。

この滝はA〜Iまであるが谷が深くて人は辿りつけない(I滝はかろうじて見ることができるようだ)。今回はドローンによってD滝の姿を初めてとらえた。

素晴らしい映像だった。

実は私は中島建郎カメラマンのファンなのである。

なので「カラコルム・シスバーレ 銀嶺の空白地帯に挑む」も見た。

これは登山家平出和也氏と組んで、パキスタンカラコルム、シスバーレの北東壁未踏ルート登頂を果たしたドキュメンタリー。

凄まじい登山で、技術、体力、判断力、精神力とも常人ではない。

この登頂を果たしてから連絡が途絶える。

2日後氷河の上に小さな点のような二人の姿が見えた時はちょっと感動した。あんなに壮絶な氷雪ロッククライミングをしたとは思えないごく日常的な表情で降りてきた。

トップクライマーってああなんだな。。

(なお、この登頂で優秀な登山家に送られるピオレドール賞を受賞した。その後、パキスタン・ラカボシ未踏ルート登攀により再びピオレドール賞を受賞)。

この劒沢の撮影は、それらに比べれば、楽なんだろうなぁと思ったが、沢登りもあったし、ヒマラヤとはまた違った難しさがあったようだ。

「錦秋の剱岳」は素晴らしい番組だったのだけど、あの女性アナウンサーは必要なかったと思う。ナレーションは別の人がやっていたし。

大体、女性が「何も知らない役割」を与えられるのがそもそも嫌い。

しかも、このアナウンサー、「チングルマ、あんなに真っ赤になるんだぁ」「こんなに明るくカラフルになるんだぁ」「明日はあの尾根を上るんだぁ」「え、そうなんだぁ」

「だぁ」ばかり言ってて、とても耳障りだった。

この中島・石井コンビ、「グレートヒマラヤトレイル」の撮影もしている。

この放送も見た。番組はイモトアヤコが進行役(声のみ)していた。

そういえば、中島さんは「行ってQ」イモトのマッキンレー、エベレスト登山にもカメラマンとして同行していた。

この「グレートヒマラヤトレイル」は細かく分けて、朝の30分番組「グレートヒマラヤ撮影日誌」で再放送していた。

それも全部録画しているよ。

そのヒマラヤの絶景を見ている二人が、剱岳の紅葉や雪山、渓谷、滝を素晴らしいと感嘆している。

ヒマラヤとは違う美しさがあるのだと思う。

「沢の景観は日本にしかない」と言っていた。→@黒部十字峡

そういえば、「洋上のアルプス」という屋久島の番組も見た。

どの映像も本当に素晴らしくて、「中島建郎」という名前があると、必ず見るようにしている。

ついでにインスタもフォローしてしまった。

登山番組でもミーハーなのであった。

0

2021/10/26

海外ドラマを見た(2)  テレビ番組

4本目は韓国ドラマだ。

「愛の不時着」、「ヴィンセンツォ」と韓国ドラマを見てきて、面白かったので、次は何にしようかな?と考えていた。

Netflixの最初の画面の「韓国ドラマ」に「海街チャチャチャ」があったので、とりあえず1回目を見ることにした。

ヒロインはソウルで働く腕利きの歯科医。タワーマンションに住み、かっこよくジョギングしてる。

が、儲け主義の歯科経営者に反発して歯科クリニックを辞めてしまう。怒った経営者から、ソウル歯科業界から締め出されてしまう。

思い出の海辺にやってきたヒロインはひょんな出来事からこの港に住む「何でも屋・便利屋」の青年に会う。

〜〜ヒロインは小気味良いし、海の風景も気持ち良いので、このドラマを見ようと決めた〜〜

この青年が一方の主役。「便利屋」と言ってもスーパー便利屋、ハイスペック、頭脳明晰、あらゆる資格、技術がある。

で、歯科医の女性とこの便利屋の青年の恋を中心に、海街の人々、番組作りにきたテレビ局員たちの人間模様を描く。

街の人々には、不時着やヴィンセンツォ、梨泰院クラスで見たおなじみの脇役の人たちがいる。

ま、話としては王道の韓国恋愛ドラマだ。

一見その日暮らしの青年が、実は「ソウル大」出身だったとか、いかにも「あるある」。

ヒロインも「歯科医大」出身を自慢するし、韓国は学歴社会よね。

(ドラマ最初の方は、都会の・高学歴高収入の・歯科医の生意気な女性を、地元の男がお節介というより、上から目線でお説教し、マウントを取ってるのがあまり好きじゃなかったな)

青年はエリートの道を捨ててなぜこの故郷にいるのか、大卒後から故郷に戻るまでの謎の数年間があり、それがこのドラマの肝なのだ。

ま、2人の気持ちが少しずつ近づいていく過程は丁寧に描かれている。田舎町の人情や、すれ違っていた夫婦や家族の心が修復していく様、子どもの健気さなど巧みに描かれている。

特におばあさんたちの姿はユーモアもあり、心温まるものだった。韓国映画・ドラマといえば「おばあちゃん」だ。

田舎のお婆さんの服は柄✖️柄、野暮ったいのは日本と共通だな。高速でPA、SAごとにトイレに行く描写には笑った。

ただ都会に住む息子、留学中の孫に電話する一人暮らしのお婆さんの姿は、一人暮らしだった母のことを想いだして心が痛かった

舞台の「海街」は江原道で、日本海側、北朝鮮に接するあたりらしい。ソウルからは車で2時間。

漁港でもあるので、魚介料理が有名なようだ。

出てくる海鮮料理はとても美味しそうだった。韓国ドラマの料理はいつも美味しそうだ。

あと、気が付いたこといくつか。

温泉マーク♨️が韓国でも入浴施設、わかめスープは基本、コーヒーにアメリカーナがよく出てくる、

ヒロインの私服が、ピンクが多い、ふんわり袖(パフスリーブ)が多い、ひらひら襟、要するに可愛い目の服が多い。バッグも素敵。 

一番良いなと思ったのは、歯科衛生士の親友との女同士の友情。これ、本当に好き。

(あ、でもおばあさんたちも友情だし、おばさんたちもそうだ)

4本の海外ドラマのうち、女同士の友情が描かれたのはこれだけかな。

バリバリ働くヒロイン、協力し合う女友達、謎めいてるが実はエリートの青年、お節介だけど優しい隣人、生意気な子ども、健気な子ども、理想のおばあちゃん、典型的韓国恋愛ドラマだった。

やはりドラマとしては「不時着」がいいな。切なくて、「愛」そのもので、心が浄化されるから。前半のセリフが後半で印象的に回収される等、脚本がよく考え抜かれている。主役二人は大物スターだし、見てるだけでも重量感がある。

というところで、ドラマの話はおしまい。ま、楽しみました。
0

2021/10/25

海外ドラマを見た(1)  テレビ番組

買い物と散歩くらいしか出かけないので、家にいる時が長い。そういう時は海外ドラマを見る。

最近見たのは@WOWOW「北欧サスペンス『フォロー・ザ・マネー 詐欺対策班』」他AB英国刑事ドラマ、とCNetflix韓国ドラマ「海街チャチャチャ」

@北欧サスペンスは
***
再生可能エネルギーの大手「エナグリーン」の発電所で事故が発生。警察官が捜査を進めると大企業に隠された巨大な闇が顔を出す。
***

登場人物は中年の刑事、詐欺捜査専門のアジア系刑事、「エナグリーン」法務担当女性、自動車修理工場で働く若者2人

デンマークの風力発電所の事故で亡くなったのはウクライナ人。労働法無視の作業現場だった。刑事は会社の責任を問おうと内部告発を求めるが、告発を知った会社ウクライナ人の働く会社ごと契約解除、告発した労働者は自殺してしまう。

エナグリーンで働く女性弁護士は成果を男性上司に奪われてしまう。正当な評価を求めたい彼女は上司の違法行為を見つけて解雇に追い込む。法務部長に昇進した彼女は会社の違法行為に手を貸していく。

地方から出てきて自動車修理工場で働く若者は、家族のための住居を探すが金が足りない。仲間と自動車盗で金を稼ごうとするが、ひょんなことからエナグリーンの巨額詐欺事件に巻き込まれていく。

重厚なドラマだった。

刑事たち、エナグリーンの幹部たち、法務部長、自動車修理工の若者たちの家族、愛憎や活動も丁寧に描かれる。

刑事たちや記者の正義感や組織の壁、企業幹部の野望や不安と挫折、若者たちのチンピラ感&家族愛や友情も余すことなく描写されていた。

巧妙な金融犯罪という絵にしにくい題材を、わかりやすくかつ許されざる犯罪として描く脚本の力は素晴らしい。

ドラマを見る時、女性がどう描かれているかを必ず見る。

北欧デンマークだから、責任ある立場に女性が普通にいる。環境大臣、刑事たちの上司、同僚、記者、企業の法務部長、物理学者。それはよくある「女性ならでは」とか「これだから女性は」のような描き方はない。

ただ主役の1人法務部長は役職でなく「人間」を描いているから、やはり「女性ならでは」の悩みや壁がある。難病を抱える刑事の妻もそうだ。

ちょっと不満な点。男同士の友情や男女の愛情は描いていたけど、女性同士の友情はなかったな。

この事件の結末は、巨大金融組織、投資ファンドにとっては、利用できなくなった企業や人間は簡単に潰す。

チンピラの若者やその仲間も窃盗、脅迫、傷害などの事件を起こすが、それが可愛く見えるほど、巨大金融組織がプロを雇って行う犯罪は狡猾で残酷だ。

このシリーズは続編があるのだろうか?

もし、あるのなら、ぜひ見たいと思う。

A「英国サスペンス『ペンブルックシャー・マーダー 21年目の真実」も見たのだった。

***
小さな町ペンブルックシャーで1989年、休暇中の夫婦が殺された事件がまだ解決されていないと知って関心を抱き、再捜査を開始。当局は当時、クーパーという男性を第一容疑者にしたが、証拠不十分で起訴していなかった。そんなクーパーは他に窃盗・暴行などの事件で有罪となり、刑務所に収監されている。
ウィルキンスは最新の科学捜査が真相究明に役立つと考え、署内で特捜チームを結成。すると1985年に起きた殺人事件にもクーパーが関与していた可能性が浮上してくる。ウィルキンスとそのチームは、クーパーを追い詰めることができるのか……?
***

このドラマ、見たことをすっかり忘れていた。

そうそう、誰?このカッコいい渋い刑事は?と思ったら、クリス・エヴァンズだったのだ!「美女と野獣」のガストン。

印象に残ったのは
エヴァンスのカッコ良さ、犯人の不気味さ、被DV妻の姿(コントロールされてる)、最後の女性たちの支え合い。

でも、ドラマの内容は調べて思い出しただけで、エヴァンスのカッコ良さしか残ってない。

BNetflixで女性刑事物「女刑事マーチェラ」も見たけど、猟奇殺人で、犯人もサイコパスで、出てくる男は皆クズだし、主人公の女性刑事物もトラウマを抱えて病んでたから、後味の悪いドラマだった。

これも上司が女性だったりするのは、なかなか日本刑事ドラマにはないなと思った。日本の警察は男社会だから描きようがないのだろう。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ