2021/4/12

無料期間  テレビ番組

シネフィルWOWOWの60日間お試しに申し込んでみた。

何故なら「刑事モース〜オックスフォード事件簿〜」シーズン1〜5が見られるから。

以前、ヨナス・カウフマンのドュメンタリーが見たくて、Amazonプライムに再入会したのだが、この時もやはり「刑事モース」を見ることができて、シーズン1〜2計第9話まで見た。

今回は更にシーズン3から5まで見ることができる。

嬉しい。

シーズン1から見直して分かったことは、見逃している回があったのと、見た順番がバラバラで、実はよく理解していなかったということ。つまり、モースはNHK BSで見たりWOWOWで見たり、再放送があったり、全くバラバラだったのだ。

例えばモースの婚約解消の話、シーズン1からもう出ていた。私はシーズン4まで知らなかった。この回に出てきた婚約者の母親が気位の高い、嫌な人だった。

モースが湖の辺りで生活していたのも何も気づかず見てた。これ、シーズン3の第一話で、シーズン2との繋がりで見ないとわけがわからないはず。ていうかそもそも私はシーズン2の最終話見てなかった。だから、わかるはずもない。

シーズン2の最終話、最初から数えると第9回かな、の悪い警察官役、どこかで見たことがあるとずっと思っていたけど、「モーリス」の人だよね?

起きる事件は毎回毎回違うけれど、長い年月で、モースや同僚、その家族も成長したり、関係性が変化したりも描かれている。

モースが赴任してきた時、最初から優秀さに気づいたのは、サースディだけだった。同僚も、のちに赴任してきたブライト警視正も、変人のモースを評価していなかった。

普通の仲良しファミリーだったサーズデイ一家の苦難も予想外だった。屈託のない若いジョアンが人生に迷う姿も痛々しかったり。

女性警官トゥルーラブも最初からいたような気がしていたが、シーズン3からだった。彼女、「ライラの冒険」のあの主役の可愛らしい少女だ。その後どうしてるかと思っていたら「モース」に出てた。活躍していて良かった。

モースが女性に優しすぎて(弱すぎて)、失敗するのは一貫してる。

このシリーズ、ギャングと警察の睨み合いはずっとあるが、それ以外の単発の事件では、結構若い女性が犯人だったりする。何故?モースが女性に弱いから?

この「刑事モース」は長く続いたドラマ「主任警部モース」のモース若かりし日を描くものだ。「主任警部モース」のスピンオフドラマとして「ルイス警部」があった。

「主任警部モース」の相棒だったルイスを主人公とした、やはりオックスフォードを舞台にした刑事ドラマで、AXNミステリーでよく見てた。モースに似た人物として若手刑事「ハサウェイ」がいた。このドラマは監察医が女性、上司が女性で、いずれも公正公平有能な人物で、ごく自然に存在してることが、現代らしかった。

「刑事モース」は1960〜70年代なので、女性はまだ指導的立場にはいない。

自立や自由を求める女性は出てくるけど、まだまだ厳しい時代だ。

「刑事モース」は一つの事件だけでなくて、いくつかの事件が並行して起きたりしている。だから1回見ただけではよくわからなくて、2回は見る。それでも、今また見てて(3回目か4回目だけど)「あー、そうだったのか」とようやけ理解したりしている。

そもそもカタカナの人名が覚えられない、顔の区別がつかない(特に若い男性)のが、理解できない原因かもしれない。

モースはオペラが好き、特にワーグナーが好き。なのて、オペラの曲が流れる。モースを見始めた頃はオペラの知識があまりなかったけど、今は前よりは少しわかるので、それも楽しみだ。

こういうドラマを見てると、日本の刑事物は物足りない。

さて、無料期間中に出来るだけ「刑事モース」を見ることとしよう。

他にも面白いドラマがあるかなぁ。





0

2021/4/10

残念なこと  テレビ番組

今日読んだこのtweet、私もそう思う。



芸人ばかり出てくるワイドショーやバラエティはウンザリ。だから、テレビを見る時間が減った。

「Twitterの英語を学ぶ英語番組」に爆笑問題の大田が出てくるのには呆れた。語学番組に芸能人が出てるのは別にいい。でも偉そうなアンタが出てくる必要はない。しかも全然面白くない。

NHKも民放のバラエテイと変わらなくなったよね。

今、昔と変わらないのは「日曜美術館」と「クラッシック音楽館」くらいかな。

これは絶対変わらないで欲しい。

今回、春の番組改編で、終了して番組の中でなんと言っても「ららら♪クラシック」の終了ほど悲しいことはなかった。

以前、「ららら」が音楽家加羽沢美濃、作家石田衣良コンビの時もつまらなかった。その後アナウンサー(牛田さん、石橋さん)と俳優高橋克典になって、グンと良くなった。

毎週楽しみだった。取り上げるテーマも刺激的だったし、専門家の解説もいつも楽しみだった。「ドン・カルロ」と「フィデリオ」ではヨナス様の歌が聴けた。

宮川彬良さんのビートルズ、サンサーンス、モーツァルトの解説は面白かった。
 
「ららら♪クラシック」に変わって始まったクラシックなんとやらは元アイドルとピアニスト清塚信也が司会で、人気の芸能人がゲストだ。第二回を見たけど、内容は薄いし、小うるさいだけだった。

NHKはクラシックを若い人にも聴いてもらいたい、裾野を広げようということで、こういうキャスティングにしたのだろう。これで若い人は関心を持ってくれるのだろうか?

清塚さんが司会ということは、ピアノ演奏は全部清塚さんだよね。他のピアニストは出演しなくなる。

清塚さんの演奏に私はすごーく不満なのだー!! 上手くないよね。

それが何より不満で、悲しい。ひどいよ。

解説も清塚さんがするということは、今までたくさん出演していた音楽研究者、作曲家などの専門家が出なくなるってことだと思う。

(清塚さんの名誉のために言っておくと、彼が「ららら」でモーツァルトの解説した回は、とても良かった)
  
クラシックの番組では「音楽探偵アマデウス」という番組があった。BS NHKで放送だったが、ずいぶんクラシックについて教えてもらった。

(BS NHKでの番組では「絵の中にはいってみたら」もユニークな視点での名画解説で刺激を受けた。製作者達のセンスの良さ、知識の深さにいろんなことを教えられた)

NHKの番組も芸人が出演が増えて、知識人や専門家が出なくなってる。

朝から「花丸・大吉」とかいい加減して欲しい。彼らのコメント平凡でつまらない。笑わすつもりで言ってることが笑えない。

テレビはそもそも教養を得る場所ではないだろうという意見があるのはわかるけど、それでも以前の方がずっとまともだったよ。

政界、官僚だけでなくて、日本の知的レベルが下がる一方だ。

0

2021/3/9

スカパー  テレビ番組

日韓W杯全試合中継するというので、スカパー!を契約したのは2002年か2001年か?

ともかく20年近く見て来たことになる。

その前はケーブルテレビ局を契約していた。でもW杯全試合放送はスカパー!だけだったのだ。
(ケーブルの受像機は鶴見駅そばの会社まで返却に行った)

サッカーはずっとスカパー!て見ていた。Jリーグも海外サッカーもスカパー!だった。

その後AXNミステリーを契約した。それとクラシカジャパン。

3.11の後は日本の報道は当てにならないのでCNNなどを契約して見てたこともある。

それが、まずJリーグがDAZN独占になってしまった。次にクラシカジャパンが放送中止になってしまった。

AXNミステリーはコロンボや、ポアロ、マープル、その他再再放送ばかりで面白くなくなった。で、やめた。

なので、見るチャンネルがなくなったのよね。唯一残しておいたのがディズニーキッズチャンネル。孫たちのために。

このチャンネルにある「リトル・アインシュタイン」は良番組だった。その他の子ども向けも楽しかった。
 
「リトル・アインシュタイン」のエピソードはかなり録画してある。新たなエピソードもあまりない。

また、孫たちも最近はYouTubeで「昆虫もの」を見るのが好きになっている。だからディズニーキッズチャンネルも不要となった。

で、スカパー!を解約することにしました。もうアンテナを立てなくてもテレビ受像機にBSスカパー!もあるし、CSも組み込まれている。

今度近所の電気屋さんが来た時にアンテナとチューナーを外してもらおう。

長らくアンテナとチューナー、お世話になりました。

サッカーは今年WOWOWでチャンピオンズリーグを放送する。

JリーグはDAZNだ。

しかーし! DAZNの調子が悪いのであ〜る。

開幕の川崎戦も、ホーム緒戦広島戦も、ブツブツ切れて、最初の画面に戻ってしまい、ほとんど見られなかった。ウチのWiFi状況が良くないのかもしれない。

試合終了後の見逃し配信だと見られたりする。でもLIVEでは見られない。

これがずっと続くようならDAZNの契約も見直さないといけない。

ただ、Jリーグのテレビ中継はすごく減っている。DAZNを解約するとサッカーを見ることができなくなってしまう。ましてスタジアムに行けない現在は、サッカー中継はとても大切なのだ。

もう少し様子を見ようか。

なんかねぇ、東北新社の贈収賄もBS CS番組編成にも関係しているようで、あんまり気分良くないのよね。
0

2021/2/10

100de名著の感想・番外  テレビ番組

9日にtwiterを読んでいたら、こんな投稿があった。

これ、私が「100de名著の感想(1)」でも触れたことだ。少年を描く方が自由という話。

野中モモさん。翻訳家・ライター





そうなんですよね。



へぇ、そうなんですね。

フィリッパ・ピアスは「トムパ真夜中の庭で」の作者だとのこと。

twitterは面白い。いろんなことを教えてもらえるから。
0

2021/2/10

100de名著の感想(3)  テレビ番組

なかなか書けなかったが「100分de名著萩尾望都」感想その3

3人目中条氏の推薦は「バルバラ異界」。

この作品は読んでいない。

SFについて、萩尾さんは「自分の想像力を広げようと思えば、SFが一番描きやすい」「現実的な話を書いたこともあるけれど、うまくいきませんでした」と言っている。

でも私は「現実的な話」の「ゴールデンライラック」は好きなのだ。発表された当時、普通の男女の愛だったので、萩尾ファンからは歓迎されなかった。でも人物描写なんかさすがですよ(初出の雑誌から切り抜いて、今でも持っている)。

私は空想力や想像力に乏しいので、SFやファンタジーは苦手だ。前にも書いたが、ル=グウィンの「闇の左手」を読むのにとても苦労した。

なので、このSF作品についての感想はなし。

(ていうか、萩尾望都さんといえばSFなのに読めない私はファンとは言えないな)

「残酷な神が支配する」についての言及もあった。

サディスティックな父親だ登場する。私はこのマンガは辛くて途中で読むのをやめてしまった。

このマンガについて萩尾さんは「『なぜこの父親はこんなことをするのだろう』と思いながら描いていた。このマンガを描き終わって、私はずっと『社会が怖い』『大人が怖い』『男が怖い』と思ってきたが、そういうものがなくなっていることに気がつきました」と語った。

私は不思議な話を聞くなと思った。そういうものなのかなぁ。その構造がよくわからない。

4人目は夢枕獏氏

満を持して「ポーの一族」。

私が「ポーの一族」を初めて読んだのは20代の初めだったと思う。

異様な緊張感に満ちていて、耽美的、儚げで、悲劇的な作品だった。

当時の少女漫画として異色だった。いや、レベルの違う作品だった。

異端者を描いた作品。吸血鬼は闇の存在だが、人間社会を離れては存在できない。その孤独を描いている。

その後、「BL」、「少年愛」、「美少年」とか言われて、なんか違うなと思った。

この番組では「ポーの一族」については作品の説明、宝塚の上演・主演女優の話が多くて、議論そのものから特に刺激を受けたものはなかった。

でも萩尾さんの話は心打つもので、その発言をメモに取ったほどだ。

*****
この主人公は社会で異端であること、嫌われ、否定されているのだけれど、この人は心を持っている。

私は本当に落ちこぼれで、どうしてちゃんとできないの、とずっと親から言われ続けて・・、日本の教育文化背景の中では、やはり、失敗したり、ダメだったりした子には心があると思っていない。

だから、何を言ってもいい、どんな教育をしてもいい、それが許される。バカだとか、ダメだとか、死んじまえとか言っても。

でも言われる子は辛いですよね。

あの、やっぱり心があるんだから。

そういうものとしてエドガーを描きました。

*****

この言葉、ズシンと胸に来ませんか。

ハッとしました。そうか、そうだったのか。
(萩尾さんの心の傷の深さにも→それをあれだけの物語へ昇華してしまう才能に畏怖の念を覚える)

一度終わった「ポーの一族」は最近続編が出て、更にまた新作が予定されているそうだ。

でも、何だろう、私はもういいやって感じなんですね。今、もてはやされて、宝塚の作品にもなって(宝塚調が苦手なのでごめんなさい)。

なんか違うよ、と思ってしまう。

この感想を書いていて、私が萩尾作品を読んだのは大昔で、途中からは作品を全く追ってないことに改めて気が付いた」

ところで、萩尾望都さんには「私の少女マンガ講義」があるそうなので読んでみたいと思う。
0

2021/1/3

正月のテレビ  テレビ番組

お正月といえば
ウィーンフィルの「ニューイヤーコンサート」

放映時間にはゆっくり見ることができないので、録画して後で見た。

無観客コンサート。昨年はカウフマンさんが客席にいたっけ。

拍手やブラボーはない。でも前半の終わりと最後にあらかじめ登録していた人たちがネットを通して拍手した。テレビでは拍手している人々の姿が多画面で流れたが、オーケストラの人たちは見ることができたのだろうか。音は流れたよね。

ラデッキーマーチの客席手拍子はなかった。

いろいろ様変わりのニューイヤーコンサートだった。

ムーティの言葉


NHK「ニューイヤーオペラコンサート」

Twitterの音楽ファンTLは批判的な言葉が並んだ。



確かに。

音程がおかしい(上がりきらない)、崩して歌う、発声が変、声量不足など感じる歌手がいた。

「椿姫」、「見よ恐ろしい火を」「花の歌」、「ある日青空を眺めて」は途中で聴くのが嫌になった。

中村恵里さんの仮面舞踏会、麦屋秀和さんニュルンベルグのマイスタージンガーが良かったかな。

来年は中村恵里さんはもっとトリの方へ、今回不参加の藤村美穂子さんは大トリでお願いします。

で、お口直しにROHの「アンドレア・シェニエ」を見てます(聴いてます)。

箱根駅伝はいつも各区1回くらい、経過を知りたくて見る。アナウンサー絶叫調や御涙頂戴的エピソード挿入が好きじゃない。今回は創価大学がトップになってから気分悪いので見なかった。

で、Twitterで最終区、駒沢が創価を抜きそうだというのでテレビをつけた。駒沢がトップに立つところから優勝するところを見た。

創価の選手たちには悪いけど、創価学会=公明党の悪行を思い出すと応援できないのよ。

天皇杯は見た。
高校サッカーも花園ラグビーもやってる。アメフトも。

そうして見ると高校野球中止は気の毒だった。あの頃は一般人はそう気軽に検査できなかった。

「逃げ恥」は娘が見てた。選択的夫婦別姓や無痛分娩など内容的には攻めていたそうだけど、着地点は現状追認の生温いものだったそうだ。

あ、そうだ、歌舞伎版「風のナウシカ」。6時間の大作を3時間ずつ2日間で放送した。アニメ版と違って、劇画を原作にしてしているので、長いのだ。

私は断片的に見た。

アニメの最後の方、王蟲の怒りをおさめて、ナウシカが「その者青き衣を纏いて金色の野に降り立つべし」の場面。

子ども王蟲の作り物の目が赤から青に変わたり、歌舞伎の早替わりでピンク色衣装から青い衣装に変わったりした。

クシャナ殿下の七之助さんは美しかった。クロトワはアニメの人物の雰囲気そのままだった。

メーヴェは宙乗りだったそうなので見たかったな。

引かれた幕には風の谷の伝説を描いたタペストリーと同じ意匠だった。

2日目、見た戦いの場面は連獅子だった。カッコ良かった。

音楽はナウシカのメロディを歌舞伎の鳴り物で演奏していた。これがとても風情があった。サントラが欲しいと言っている人もいた。

断片的でも面白かったので全編通して見てもいいな。

この超大作の脚本、舞踊、立ち回り、音楽、衣装、大道具小道具、演出、どれだけの労力や資金をかけたのだろう。歌舞伎界の底力に平伏。

そうそう昨年の紅白。もともと私はあまり関心がなくて、いつもクラシック回顧番組を見てる。だけどsuperflyは聴いた。

ジャニーズだのなんとか坂だの、嫌なんだよね。

そうそうWOWOW「刑事モース」も録画して見た。放送されるのを楽しみにしてた。

今回のモースは魅力的な女性に弱いという欠点、人の気持ちより「事実・真実」を重視してまう頑固さ無神経さが以前より増してたな。

このドラマは一つの事件だけでなく同時進行でいくつかの事件が描かれるので、何回か見ないと理解できない。サーズデイ警部との対立もよくわからんかった。

HDDの残りが少なくなったので録画は消去してしまったが、再放送があるからもう一度見よう。

テレビじゃないがラジオ番組高橋源一郎「飛ぶ教室」正月特別版も「らじるらじる」で聞いた。

彼が学生運動で捕まり、勾留延長が言い渡された時に来てくれたガールフレンドって、私の同窓生かな?そう聞いたことがある。「ミス◯高校」と言われた人。

この特別版、ゲストは瀬戸内寂聴さん伊藤比呂美さんヤマザキマリさん、ブレイディみかこさん。

面白い話はいろいろあったが、緊急事態宣言下、stayhome期間中はロイヤルホストのメニューを見ること、生協のカタログを見るのが楽しみだったという話は可笑しかった。

長々書いてしまった。つまりあんまりテレビは見てなかったていうことかな。
0

2020/12/2

よく見るテレビ番組  テレビ番組

最近はテレビを見ることが少なくなった。

それでも、見てることは見てる。

報道関係はTBS「報道特集」、テーマによってはNHK特集、出演者によってはBS TBS「報道特集1930」くらい。

よく見るのは登山番組、日本百名山、日本トレッキング紀行、グレートトラバース、NHK制作のヒマラヤ登山番組(登山家・カメラマン中島健郎さんファン)。

鉄道番組は夫が「鉄っちゃん」なので付き合いで見ることがある。

旅番組は「ブラタモリ」や「こころ旅」、「世界ふれあい街歩き」(再放送を含め)はよく見てるかな。

(芸人や若手タレントの旅番組はつまらないので見ない)

音楽番組は「ららら♪クラシック」「題名のない音楽会」「駅ピアノ・空港ピアノ・街ピアノ」。演目よって「クラシック音楽館」「BSプレミアムシアター」、WOWOWの「METライフビューイング」「ブロードウェイミュージカル」。

ドラマは今、再放送1999年大河ドラマ「太平記」、手作業しながらの「ながら見」で再放送の「科捜研」「相棒」。

最近は海外ドラマは見ないなぁ。

料理番組もたまたまやっていれば見る「グレーテルのかまど」。かつて放送していた「コウケンテツの世界幸せご飯紀行」などは好きだ。

で、今お気に入りは「大和尼寺精進日記」です。これ、今年の3月で番組終了していて、今は再放送です。

住職、副住職、お手伝い、地元の方、女性ばかりケラケラ、ワハハと笑いながら、季節ごとの精進料理を作る。美味しそうです🥰

とにかく朗らかなのか、とてもよい。毎月最終週日曜日が楽しみだ。編集した短い番組もあるが見逃すことが多い。

こうやって見ると再放送が多いな。

それとNHKが多い。しかもEテレ、BSだね。NHKはニュース番組が酷すぎる。バラエティもつまらない。資金力、人材、潜在能力が高いのだから、ちゃんとした番組を制作して欲しいと思うことしきり。
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ