2021/9/18

受賞コメントなど  テレビ番組

先日、このblogに「愛の不時着」のメイキング動画を載せた。

それ以来YouTubeがやたらと「愛の不時着」の動画をお勧めしてくる。大体1年以上前のもの。その頃、いかに人気だったか、ブームだったかわかる。

その中に、今年のニュースで、「放送大賞を受賞した」というのがあった。

その折の受賞コメントが素敵だった。なのでご紹介。



この中の
***
生きていれば、巨大な風に飲まれ危うく不時着する日があります。

とても辛くて涙が出て再び起き上がれそうにない気持になることがあります。

しかし、忘れないで欲しいのです。

風に乗って行ったドロシーがオズの魔法使いに出逢い、砂漠に不時着した飛行士が小さな王子様に出逢ったように、数々の「縁」と「幸運」の美しい物語は思いもよらぬ「不運」と「不幸」「不時着」から始まるという事実を、です。

皆さんが失敗して失敗して倒れたその場所で「良い縁」と「美しい物語」が始まることを願います。

***
これは監督さん?脚本家さん?それともプロデューサーだろうか、私にはわからない。素晴らしいスピーチだと思う。オズと星の王子さまが出てきただけで、唸ってしまう。

翻訳してくださったkazubinさん、ありがとうございました。

また、大ファンの方から教えてもらったこと。
「間違った列車に乗っても時には目的地に着く」というキーワード。

セリがインドの言葉として言うのだがこれはインド映画の「ランチボックス」から引いたものだそうだ。脚本家は映画もよく見てる。

日本のNetflix第一作は「全裸監督」。地上波でないから普段やらないことをやろうと考えたのが「エロ」かい。全裸監督こと村西とおるはレイシストだ。しかもモデルとなった女優の意思は完全無視だ。

本当に情けない。人権意識がない。志が低い。品がない。

そして、別の表彰式。


続きを読む
0

2021/9/13

蟄居生活では  テレビ番組

7月中旬以来電車に乗っていない。自転車にも乗っていないのではないかな。

ひどいときは1週間に1日しか外出しないこともあった(猛暑の時)。

とにかくずっとstay homeなのだ。

行きたいところに行けない。旅行にもコンサートにも映画にも行けない。美味しいものを食べに行くこともできない。

会いたい人たちにも会えない。

段々気分が沈んでくる。

家にいるとテレビ(といっても録画がほとんど)、ネット配信を見ることになる。

昔は警察物やミステリーを見たけれど、今はあまり見たくない。

以前はクリミナルマインドなんて猟奇殺人物やFBIの殺人場面とか法医学の解剖とか、平気で見てた。暗い北欧サスペンス、英国ドラマのブロードチャーチ、シェットランド、凍える死体、など陰鬱なミステリーも見ていた。第一容疑者も結構暗かったな。

ゲーム・オブ・スローンズも今は見られないだろうな。

もう暗くて重いのは嫌なのよ。

だから、喜劇やラブコメっぽいものがいい。

だってひどい時は「釣りバカ」なんかを見てしまう。日本の昔の海岸風景が出るかな、とか言いながら。で、あの俳優も亡くなったね、この俳優さんも亡くなったねという感想になる。

古い映画だと女性の扱い方がひどくて興ざめすることもある。

で、映画だと韓国映画の「エクストリームジョブ」なんかはよかった。

そういえばネット配信でミュージカル「スポンジボブ」も見たのだった。

「スポンジボブ」はEテレでアニメを放送していたが、ほとんど何の知識もなく見た。

詳しくは辻佐保子さんのこちらの連続Tweetをご覧ください。



YouTubeより



子ども向けのミュージカルだと思うが、プロが本気になって作った作品というのが最初の感想だった。

高速ラップ、タップダンス、ゴスペル、ソウル、ダンスの数々、ブロードウェイトップ俳優たちのパフォーマンスは見事だった。

アニメを具象化した登場人物、ロウテクだけどよくできてた。クラゲは傘を利用したような造形、炎は赤い布で人が操る。アナログ的なのが子どもたちにもわかりやすい。

客席からキャストが登場して観客を巻き込む。

エンディングはシャボン玉と色とりどりのテープの乱舞。



楽しかった。

それとラブコメ「愛の不時着」も蟄居生活の精神状態にはよかった。脇のストーリーはどうでもよくて主役二人が美しいというか麗しいので見ているのが楽しかった。

Youtubeを見てたら、メイキングがあった。これ、面白かった。



船で北朝鮮から脱出しようとして監視船に見つかり、恋人のふりをして逃れる場面。これ、視聴者もくすくす笑ったと思うけれど、演じた二人もモニターで演技の確認しながら大爆笑。

ロケ中、悪役のチョ大佐とリ・ジョンヒョクが和気あいあいと楽しそうなのも意外。

別のメイキングでは、カメオ出演のチェジウが笑いをこらえるのが必死でこらえきれず爆笑。

ロケ中笑いが絶えないのは見ててこちらも楽しくなる。

というわけで、コロナ禍のstay homeには笑いが大切なのであった。
0

2021/8/26

ネット配信ドラマを見た  テレビ番組

相変わらず家ごもりなので、テレビドラマを見る。

少し前は遅ればせながら「愛の不時着」を見た。ラブコメは気楽で良い。

海外ドラマというと英国のまず「シャーロック」、「ブロードチャーチ」、「刑事モース」「ルイス警部」「刑事フォイル」など様々な刑事もの、「ダウントンアビー」、ポアロ、ミスマープル、第一容疑者シリーズ、米国の「ゲーム・オブ・スローンズ」、「グッドワイフ」「クッドファイト」「クリミナルマインド」「FBI」、娘たちが見ていた「glee」とか、ま、いろいろ見ていたわけだ。

で、今週は「ヴィンチェンツォ」という韓国ドラマを見た。

これは、何ジャンル?ピカレスク?法廷もの?企業悪+権力悪を暴く社会派?

90分ドラマが20話。疲れる。

しかも、エグい。人が簡単に殺されてしまう。殺してしまう。爆発するし、血が流れるし。
(ゲームオブスローズに比べたら全然平気)

韓国ドラマはヨーロッパが好き?「不時着」はスイス、今回はイタリア。

主人公は国際養子に出されて長じてイタリアマフィアの弁護士となったという人物。この奇想天外さだけで笑える。

もう一人の主役・ヒロインは大手法律事務所のバリバリ弁護士。父親は人権派弁護士。父が殺されたことから父の遺思を継ぐことになる。

【悪徳企業+大手法律事務所+司法】 VS 【人権派弁護士+悪徳企業の被害者+マフィア弁護士】

マフィア弁護士が韓国に来た理由が、犯罪組織が韓国に隠した「金」を運び出すため、という、これまたビックリ設定。

悪徳企業によって取り壊されそうな(再開発)ビルの地下に「お宝」がある。【ビルの居住者】と【マフィア弁護士+父を継ぐ弁護士】が手を組んで悪徳企業と闘う。
  
(何か、こんな風なドラマあったな、悪を法の外で始末する→「あ、必殺仕事人」なんて思った)

主役は肌が異常にきれいでスルッとしてる。悪役もそう。これ修正が入っているんですかね。

ヒロインはほとんどパンツスタイル。カッコいい。「不時着」のユン・セリは南に戻ってから超ミニを履くことが多かった

オペラ劇場、美術館、病院、裁判所など公共的建築物が実に立派だった。企業のビルや大手事務所、ホテル、セレブの家の豪華。レストランも洒落てる。韓国の豊かさを感じさせる。

もちろん庶民的な店や通りも出てくるけど。

出てくる女性たち、みんな強い。悪徳女性弁護士もこのヒロイン弁護士も実に戦闘的、挑発的。気が強い。主役の母位かな、おとなしかったのは。

そして主役のヴィンチェンツォ役ソン・ジュンキか最初は童顔で、やけにツルッとした顔、細身で、これがマフィアの弁護士?って感じだったのだけど、

回が進むにつれて凄みが増して来た。

ま、ホンスク役をアイドル(と聞いてる)テギョンが演じて、よくこの役を引き受けたなという感じ。

弟役も最初の演技から終盤に向けて表情がどんどん変わって来て、巧い俳優さんだなと思った。

で、「不時着」の時も思ったけど、脇役の人材の豊富さ。個性豊かで、演技が達者。

そして、身体能力の高さもびっくり。中年?も身体のキレがいい。

アクション場面は見ごたえがあった。それは「不時着」も同じ。

次は何を見ようかなぁ。でも海外ドラマは字幕だから手仕事ができない。

これは困る。次は吹き替えにしようかな。

0

2021/8/9

遂に見てしまった  テレビ番組

昨日の閉会式はしょぼかったらしい。郡上踊りをやってるよ、とLINEが来たので、どんな風にやってるのかな?と思って、NHKを見てみた。

すると東京音頭で盆踊りをやっていた。

しかしまぁ、コロナ禍で密を避けたせいなのか?人数も少なくてショボい。まるで町内会の盆踊りなのだ。恥ずかしくなってやめた。

実は、その時ちょうど「愛の不時着」を見ていたのだ。

「愛の不時着」はハマるよ、と言われていたので避けていた。一話が長い上に16話もある。そんなに時間を取られるのは困ると思っていた。

が、Netflixの最初の画面に番組一覧が出る。

「愛の不時着」があった。台風で雨だし、オリンピック関連番組は見たくない、なので、一日中「愛の不時着ーを見てた。

ま、皆さんがハマるのはわかる。

何しろ、主役二人が麗しい。

ヒロインがピンチの時は必ずヒョンビンが現れる。

この脚本家は女性ですよね?

脇役陣が多彩で豊富。皆、演技が達者で、個性的だ。

奇想天外な発想、多層的なストーリー、ロケやセットも大掛かりだ。

この辺が韓国映画・ドラマの力だろうなぁ。アカデミー賞を取ってしまうくらいだもの。

そうそう、その「パラサイト」、パラサイトしてしまう家族の母親役(つまりソン・ガンホの妻)の俳優もこのドラマで重要な役で出てますね。

王道のラブロマンス➕家族の葛藤➕腐敗した幹部&完全悪役➕水戸黄門的な親の存在➕コメディタッチの周辺人物

なので、面白いに決まってる。

ヒロインのソン・イェジンは「私の頭の中の消しゴム」や「春の雪」などで悲劇的ヒロイン、涙のヒロインの印象がある(あくまで私の印象)。

でも、ラブコメも素敵ですね。表情もくるくる変わる。走るのも早い。

そうか、最後の方は「涙」のヒロインになるね。

ファッションもインテリアもゴージャスだし、食べ物も美味しそう。

ファッションといえば、ヒョンビンのスーツを取っ替え引っ替えする場面は、視聴者サービス❤️でしたね。

前日見たエプスタインのドキュメンタリーは胸糞悪くなる作品だし、五輪馬鹿騒ぎはストレス溜まる。

そんな中、この作品は人の善意に溢れてるし、勧善懲悪だし、景色も美しいし、また繰り返すけど主役二人が麗しい!ので、心が浄化されました。楽しかった。
0

2021/4/12

無料期間  テレビ番組

シネフィルWOWOWの60日間お試しに申し込んでみた。

何故なら「刑事モース〜オックスフォード事件簿〜」シーズン1〜5が見られるから。

以前、ヨナス・カウフマンのドュメンタリーが見たくて、Amazonプライムに再入会したのだが、この時もやはり「刑事モース」を見ることができて、シーズン1〜2計第9話まで見た。

今回は更にシーズン3から5まで見ることができる。

嬉しい。

シーズン1から見直して分かったことは、見逃している回があったのと、見た順番がバラバラで、実はよく理解していなかったということ。つまり、モースはNHK BSで見たりWOWOWで見たり、再放送があったり、全くバラバラだったのだ。

例えばモースの婚約解消の話、シーズン1からもう出ていた。私はシーズン4まで知らなかった。この回に出てきた婚約者の母親が気位の高い、嫌な人だった。

モースが湖の辺りで生活していたのも何も気づかず見てた。これ、シーズン3の第一話で、シーズン2との繋がりで見ないとわけがわからないはず。ていうかそもそも私はシーズン2の最終話見てなかった。だから、わかるはずもない。

シーズン2の最終話、最初から数えると第9回かな、の悪い警察官役、どこかで見たことがあるとずっと思っていたけど、「モーリス」の人だよね?

起きる事件は毎回毎回違うけれど、長い年月で、モースや同僚、その家族も成長したり、関係性が変化したりも描かれている。

モースが赴任してきた時、最初から優秀さに気づいたのは、サースディだけだった。同僚も、のちに赴任してきたブライト警視正も、変人のモースを評価していなかった。

普通の仲良しファミリーだったサーズデイ一家の苦難も予想外だった。屈託のない若いジョアンが人生に迷う姿も痛々しかったり。

女性警官トゥルーラブも最初からいたような気がしていたが、シーズン3からだった。彼女、「ライラの冒険」のあの主役の可愛らしい少女だ。その後どうしてるかと思っていたら「モース」に出てた。活躍していて良かった。

モースが女性に優しすぎて(弱すぎて)、失敗するのは一貫してる。

このシリーズ、ギャングと警察の睨み合いはずっとあるが、それ以外の単発の事件では、結構若い女性が犯人だったりする。何故?モースが女性に弱いから?

この「刑事モース」は長く続いたドラマ「主任警部モース」のモース若かりし日を描くものだ。「主任警部モース」のスピンオフドラマとして「ルイス警部」があった。

「主任警部モース」の相棒だったルイスを主人公とした、やはりオックスフォードを舞台にした刑事ドラマで、AXNミステリーでよく見てた。モースに似た人物として若手刑事「ハサウェイ」がいた。このドラマは監察医が女性、上司が女性で、いずれも公正公平有能な人物で、ごく自然に存在してることが、現代らしかった。

「刑事モース」は1960〜70年代なので、女性はまだ指導的立場にはいない。

自立や自由を求める女性は出てくるけど、まだまだ厳しい時代だ。

「刑事モース」は一つの事件だけでなくて、いくつかの事件が並行して起きたりしている。だから1回見ただけではよくわからなくて、2回は見る。それでも、今また見てて(3回目か4回目だけど)「あー、そうだったのか」とようやけ理解したりしている。

そもそもカタカナの人名が覚えられない、顔の区別がつかない(特に若い男性)のが、理解できない原因かもしれない。

モースはオペラが好き、特にワーグナーが好き。なのて、オペラの曲が流れる。モースを見始めた頃はオペラの知識があまりなかったけど、今は前よりは少しわかるので、それも楽しみだ。

こういうドラマを見てると、日本の刑事物は物足りない。

さて、無料期間中に出来るだけ「刑事モース」を見ることとしよう。

他にも面白いドラマがあるかなぁ。





0

2021/4/10

残念なこと  テレビ番組

今日読んだこのtweet、私もそう思う。



芸人ばかり出てくるワイドショーやバラエティはウンザリ。だから、テレビを見る時間が減った。

「Twitterの英語を学ぶ英語番組」に爆笑問題の大田が出てくるのには呆れた。語学番組に芸能人が出てるのは別にいい。でも偉そうなアンタが出てくる必要はない。しかも全然面白くない。

NHKも民放のバラエテイと変わらなくなったよね。

今、昔と変わらないのは「日曜美術館」と「クラッシック音楽館」くらいかな。

これは絶対変わらないで欲しい。

今回、春の番組改編で、終了して番組の中でなんと言っても「ららら♪クラシック」の終了ほど悲しいことはなかった。

以前、「ららら」が音楽家加羽沢美濃、作家石田衣良コンビの時もつまらなかった。その後アナウンサー(牛田さん、石橋さん)と俳優高橋克典になって、グンと良くなった。

毎週楽しみだった。取り上げるテーマも刺激的だったし、専門家の解説もいつも楽しみだった。「ドン・カルロ」と「フィデリオ」ではヨナス様の歌が聴けた。

宮川彬良さんのビートルズ、サンサーンス、モーツァルトの解説は面白かった。
 
「ららら♪クラシック」に変わって始まったクラシックなんとやらは元アイドルとピアニスト清塚信也が司会で、人気の芸能人がゲストだ。第二回を見たけど、内容は薄いし、小うるさいだけだった。

NHKはクラシックを若い人にも聴いてもらいたい、裾野を広げようということで、こういうキャスティングにしたのだろう。これで若い人は関心を持ってくれるのだろうか?

清塚さんが司会ということは、ピアノ演奏は全部清塚さんだよね。他のピアニストは出演しなくなる。

清塚さんの演奏に私はすごーく不満なのだー!! 上手くないよね。

それが何より不満で、悲しい。ひどいよ。

解説も清塚さんがするということは、今までたくさん出演していた音楽研究者、作曲家などの専門家が出なくなるってことだと思う。

(清塚さんの名誉のために言っておくと、彼が「ららら」でモーツァルトの解説した回は、とても良かった)
  
クラシックの番組では「音楽探偵アマデウス」という番組があった。BS NHKで放送だったが、ずいぶんクラシックについて教えてもらった。

(BS NHKでの番組では「絵の中にはいってみたら」もユニークな視点での名画解説で刺激を受けた。製作者達のセンスの良さ、知識の深さにいろんなことを教えられた)

NHKの番組も芸人が出演が増えて、知識人や専門家が出なくなってる。

朝から「花丸・大吉」とかいい加減して欲しい。彼らのコメント平凡でつまらない。笑わすつもりで言ってることが笑えない。

テレビはそもそも教養を得る場所ではないだろうという意見があるのはわかるけど、それでも以前の方がずっとまともだったよ。

政界、官僚だけでなくて、日本の知的レベルが下がる一方だ。

0

2021/3/9

スカパー  テレビ番組

日韓W杯全試合中継するというので、スカパー!を契約したのは2002年か2001年か?

ともかく20年近く見て来たことになる。

その前はケーブルテレビ局を契約していた。でもW杯全試合放送はスカパー!だけだったのだ。
(ケーブルの受像機は鶴見駅そばの会社まで返却に行った)

サッカーはずっとスカパー!て見ていた。Jリーグも海外サッカーもスカパー!だった。

その後AXNミステリーを契約した。それとクラシカジャパン。

3.11の後は日本の報道は当てにならないのでCNNなどを契約して見てたこともある。

それが、まずJリーグがDAZN独占になってしまった。次にクラシカジャパンが放送中止になってしまった。

AXNミステリーはコロンボや、ポアロ、マープル、その他再再放送ばかりで面白くなくなった。で、やめた。

なので、見るチャンネルがなくなったのよね。唯一残しておいたのがディズニーキッズチャンネル。孫たちのために。

このチャンネルにある「リトル・アインシュタイン」は良番組だった。その他の子ども向けも楽しかった。
 
「リトル・アインシュタイン」のエピソードはかなり録画してある。新たなエピソードもあまりない。

また、孫たちも最近はYouTubeで「昆虫もの」を見るのが好きになっている。だからディズニーキッズチャンネルも不要となった。

で、スカパー!を解約することにしました。もうアンテナを立てなくてもテレビ受像機にBSスカパー!もあるし、CSも組み込まれている。

今度近所の電気屋さんが来た時にアンテナとチューナーを外してもらおう。

長らくアンテナとチューナー、お世話になりました。

サッカーは今年WOWOWでチャンピオンズリーグを放送する。

JリーグはDAZNだ。

しかーし! DAZNの調子が悪いのであ〜る。

開幕の川崎戦も、ホーム緒戦広島戦も、ブツブツ切れて、最初の画面に戻ってしまい、ほとんど見られなかった。ウチのWiFi状況が良くないのかもしれない。

試合終了後の見逃し配信だと見られたりする。でもLIVEでは見られない。

これがずっと続くようならDAZNの契約も見直さないといけない。

ただ、Jリーグのテレビ中継はすごく減っている。DAZNを解約するとサッカーを見ることができなくなってしまう。ましてスタジアムに行けない現在は、サッカー中継はとても大切なのだ。

もう少し様子を見ようか。

なんかねぇ、東北新社の贈収賄もBS CS番組編成にも関係しているようで、あんまり気分良くないのよね。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ