2019/10/25

TVドラマ「チェルノブイリ」  テレビ番組

テレビドラマ最高峰、と話題の「チェノブイリ」。日本ではスターチャンネルで放映とのことで見られないかなと思っていた。

ところがたまたまアマゾンプライムをつけたところ、なんと見られるではないか。

で、第1話から第5話まで、見ました。

第1話から、もう怖くて胸が痛くて、見るのが辛かった。どうしても福島第一原発のことが思われた。それとJOC事故で亡くなった作業員のお二人のこと=NHKで被爆治療のドキュメンタリーを見たことがある。

第1話、冒頭の男性の行動、それが解き明かされるのは第5話だ。

平和な日常生活のある日、爆発音とともに原発から黒煙が上がり、青い光がまっすぐ上に放たれる。消防団員が呼び出される。

慌ただしく動き回る原発作業員、恐怖にひきつる顔、無能な幹部、何も知らず現場に行く消防隊員。

twitterで感想を的確にまとめてtweetした方がいる。こういう文章、どうしたらかけるのだろう。引用させてもらいます。





事の重大さが次第に分かって行く。次々襲い掛かる危機。主要人物(核物理学者レガノフ、ソ連閣僚会議副議長シチェルビナ(この二人は実在人物)、核物理学者ホミュック)がこの事故から人々をどう守ればよいのか、覚悟を決めていく。



ここに映る炭鉱夫たちの心意気と勇気。また、水蒸気爆発を防ぐために決死隊としてプールのバルブを開けに行く原発作業員の献身。こういう人たちによって更なる大事故が防がれた。

被曝した作業員、消防夫たちの描写がリアルで恐ろしい。目には見えない放射線によって人の細胞が破壊され、人体が破壊される。遺体は鉛の棺に入れられ、棺が置かれた穴はコンクリートが流し込まれる。残酷、無残で、目を背けたくなる。

第4話は、途中で見るのが怖くなってしまった。


チェルノブイリの事故にはそもそもこの原子炉の欠陥があったのではないか、それを科学者たちが追及する。

第5話。事故の裁判が中心になる。何故事故は起きたのか。



事故の原因について、レガノフ博士の説明は分かりやすかった。





第5話の、余命1年と言われたシチェルビナが、手の上を這う小さな青虫を見て「美しいな」とつぶやく場面は印象的だった。

恐ろしいドラマで、人間の醜さも描いていたが、それを超える無名の人々の勇気、献身、人間の良心を描いていたと思う。

エミー賞リミテッドドラマで10部門受賞した。

脚本も、撮影も、俳優たちも素晴らしい。

みんな英語をしゃべっているのに、髪型、服装、佇まいがソ連人に見える。

官僚はいかにも官僚らしく冷たく、狡猾だ。原子力発電所の幹部や、市、州の幹部、KGB、ソ連幹部だ。功名心に走り、事故後は事実を理解せず、あるいは理解した上で隠蔽する。それは個人の問題ではなかった。第5話ではそのことが語られる。

原発作業員は作業員ではあるがインテリ風味、消防隊員は普通の家庭人で無防備、炭鉱夫は炭塵にまみれた男くささ、兵士は戦争のせいかどこか人生への割り切りがある。炭鉱夫も消防隊員、兵士も仲間意識は強い。

科学者は人としての良心、科学者としての真実への忠誠心と、一方、国への恐れで葛藤する。

脚本・演出と、それに応える俳優陣、どれだけ層が厚いのか、どれだけ才能ある人々なのか。

美術、衣装も見事だった。建物も、人々の服装も、いかにも旧ソ連らしい。重厚だが殺風景な部屋、調度類。
(旧ソ連の建物はよく知らないが、旧東欧「グッバイレーニン」や「善き人のためのソナタ」に出てくる建物、内部によく似ていた)

被曝して日に日に崩れていく肉体の描写、特殊メイクもすごい仕事だと思う。

不気味な音楽や効果音、その音だけで恐怖を感じる。

これ、全日本人に見てもらいたいと思う。私ももう一度、第1回目を見ようと思う。

「原発は人の手には負えない」。声を大にして言いたい。

ソ連崩壊はチェルノブイリがきっかけだったとゴルバチョフは言ったそうだ。(日本は3.11後、アベのショックドクトリンで滅茶苦茶にされている、と思う)。

それにしても、こういうドラマを作るアメリカの底力には改めて尊敬の念を覚える。
0

2019/5/22

amazonプライムで  テレビ番組

アマゾンプライムで無料なので話題の「ゲームオブスローンズ」を見始めた。

しかーし、きっつーい!!

エログロ。

人の区別がつかない。名前を覚えられない。どの王国の誰やら、誰の家来やら、大混乱。

我慢してドラゴンが生まれるところまで見ることにした。

ウキペディアやどなたかが紹介してくれた人物相関図を見ながら、どうにかたどり着いた。もうヘトヘト。

もともと戦争物は苦手だし、画面が暗いのも苦手だ。「ホビット」も第一作で挫折、マーベル物もキャプテンマーベル以外は見てない。

で、やめることにした。

ということを娘に言うと、「これからが面白いのに」だって。

(娘はなにしろロケ地のドーブロブニクにまで行ってしまったのだ)

その上、私のTL上では「ゲームオブスローンズ」の最終シーズンだ、最終回だと大騒ぎ。娘たちもいろいろ語り合っている。

そうかぁ。

やっぱり見ておいた方がよいのかなぁ。

と、迷いつつ、

暇な時はついアマゾンプライムをつけてしまう。そして、また少しずつ見ているのだ。

だって、今見るべきテレビ番組がない。本当につまんないよね。

ニュースもワイドショーも嘘ばかり。ましてバラエティはくだらない。教養番組ですら、ガザガザしてて浅くてお粗末。再放送の刑事ドラマや時代劇、韓流ドラマ、ファンには楽しいかもしれないが、部外者には面白くない。あとは通販番組。

というわけで、いつまで見続けられるかわからないが、今のところ見てる。

なんか、世界のエンタメ界ではもはや「シェイクスピア」のように引用されたり、パロディがつくられているそうだ。伝説のドラマになってしまっているのだ。
0

2019/5/21

BAFTAのこと  テレビ番組

ベネさんがBAFTAのテレビドラマミニシリーズ主演男優賞を獲得した。

14年前に初ノミネートされて以来、8回目のノミネートで、やっと取ったそうだ。



そしてアンドリュースコットさんと。


いい場面だよね〜

17日に日テレ、つまり地上波で、「ドクターストレンジ」の放映があった。このベネさんの吹替えが三上哲さんだった。

彼の声を聞いていると、「シャーロック」を思い出さずにはいられない。

そして、あの時の驚きも。もう何年?

で、やはりさぁ、ベネディクト・カンバーバッチ&マーティン・フリーマン&アンドリュー・スコットって実力揃いだったねぇ。恐るべき演技力だ。

あのドラマのファンになって良かったなぁとしみじみ思う。このblogもどれだけあのドラマについて書いているか、ホント、大好きだよー!



0

2019/5/11

ファイアTVスティック  テレビ番組

連休に娘が来た折り、「ゲームオブスローンズ」を見たいので、と何やら器械をテレビに差し込んでいた。

それを使うと、アマゾンプライムや、Netflix、Huluがテレビで見られるそうだ。

DAZN(ダゾーン)も見られるの?と聞くと見られるという。それでダゾーンに登録した。

そしてさっそく、画面を出してもらった。欧州CLのバルセロナvsリヴァプールの試合を「見逃し試聴」で、メッシのFKを見た。

これはいいねぇ 

その器械は「ファイアTVスティック」と言うものだそうだ。

早速アマゾンに注文した。

そして今日、取りつけてみた。全部自分で設定した。できた!

早速ダゾーンを試聴(今は無料期間)。

C大阪対マリノスの試合を見た。嬉しい!!

サッカー中継がスカパー!からダゾーンになってからは、NHKBS(たまにNHK地上波)で放送する時にしか見られなくなっていたのだ。

これからは見たいときに、全部のサッカーの試合が見られるのね!やったー!!

(C大阪戦結果は惨敗だったが)

娘たち大ハマり「ゲームオブスローン」も見ることができる。(ロケ地のドブロブニクまで行ってる)。

娘曰く「お母さん向きとは思えない」だそうだけれども。

地上波(フェイクニュース、くだらないバラエティ)もBS(ショッピングと古いドラマ、韓流ドラマばかり)も、つまらない。最近は旅行番組(鉄道、山、外国街歩き)しか見ない。

なので、これからはネットテレビにしよう。スカパーもクラシカジャパン以外はなくてよいかも。

何か時代に追いついたようで、ワクワクしている。
1

2017/8/2

シャーロックS4  テレビ番組

待ちに待ったシャーロックシリーズ4が7月8日、15日、22日と3回にわたって放送された。

録画をちゃんと見て感想を書こうと思っていたのだが、なんとエピソード2(15日)が録画されてなかった。一番面白かったのに。

1回しか見てないけど、とりあえず簡単に感想を書く。

シリーズ3、ビクトリア編で、少々がっかりしていたので、シャーロックももう、あのシリーズ1、2の面白さは期待できないのかなと思っていた。

シリーズ4を見終わって、この指摘が一番グっときた。



さて、シリーズ4第1話。これはメアリの過去が明かされる話で、ちょっと007のようだった。

イギリス本国でもそのような批判だったらしい。コナン・ドイルが当時の新聞の批判に対して「詩」で反論したのを踏まえて、それらの批判にマイク・ゲイティスは「詩」で反論したそうだ。そういうのも洒落てると思う。「アクションの時間はわずか」と言ったらしい。

ベネさんの台詞が詩の朗読のようなところは素敵だった。

やっぱり、もうかつてのような「シャーロック」の面白さは期待できないのかなと思ったのも事実。

がっ、第2話!!

これ、ベルグレービア以来の傑作じゃなかろうか。

最初は難解でついていけないと思ったが、段々引き込まれ、ワォ、え〜、となり、すごーいぃ!。このtweetと同じ気持ち。


英国俳優さんはみんな実力派だ。この複雑な話をぐいぐい引っ張っていく。
トビー・ジョーンズは怖い。ウーナさん(ハドソンさん)はカッコイイし。

ベネさんは「ヘンリー5世」の台詞を拳銃をぶっ放しながら、暗誦するし。

マーティン(ワトソン)がシャーロックと和解するシーンの演技!涙がぽろぽろ流れ落ちる。

そしてユーノス。ベネさんの「ハムレット」でオフィーリアを演じた人。異なる女性(と見えた)3人を同じ俳優が演じていたとは最後まで気づかなかった。

第3話。
「羊たちの沈黙」のようなサイコサスペンス。きつかった。

モーリーが出る時は癒しタイムなのね。

シャーロックのシリーズ1からの冒険が一応終わったのかな。

そして変人、ソシオパスと言われた人が「good one」になったのね。



以上、手抜き感想でした。また、録画を見直したら、何か書くかもしれない。
0

2016/4/13

glee好きは怒っている  テレビ番組

HKT48の新曲「アインシュタインよりディアナ・アグロン」に批判が殺到だそうだ。

http://matome.naver.jp/odai/2146033391996228201

この歌、YOUTUBEで見てみた。気持ち悪いね。何これ こういう歌を歌わせるオヤジ達が何ともいやらしい。

で、驚いたのはアインシュタインと比較の対象になっている「ディアナ・アグロン」のこと。ディアナ(ダイアナ)・アグロンはアメリカの大ヒットドラマ「glee」の主要人物「クイン」を演じた女優。

歌詞の中にも「グリー」と出てくる。あのクインのように生きたい、ということみたいなんだけど、真逆なんだよ。クインは。

パプリカさんがずっとTweetしているので、紹介。

**********
秋元康とのことだからどうせろくに見たこともないんだろうけど、gleeは「自分には容姿しか取り柄がない、将来はせいぜいチアリーダーだったこととアメフトのクオーターバックだった夫とプロムのキング&クイーンだったことを過去の栄光にして田舎にして生きてくしかない」と言ってた女の子クィンが

容姿を維持するプレッシャーに耐えかねて避妊をしないセックスに走ったゆえに高校生で子供を妊娠し、周囲の偏見にもめげず子供を産んで、それでも生きがいを見出せなくて苦しんでいるのを、gleeの活動を通して自己肯定感を得て奮闘し、ついにはイェール大に進学する物語なんだよ!

演じるダイアナもアイシュタインの対局にいるような存在じゃない。彼女の演じるクィンは、目を見張るような美しいのにも関わらず男にすがって生きようとすると途端にまるで疲れた中年女のように見えた。それは彼女が聡明で自分の役によって作品がどんなメッセージを伝えたいかよく理解しているからだ。

ああもう、本当に本当に腹立たしい…すごく大事な存在が卑しいものに愚弄された気分…。gleeがどんな問題意識をもって作られていたか、どれだけアメリカのドラマ界に革命を起こしたか知らないのか。何を言ってるんだ本当に…なんて情けないんだ、どうして日本のポップカルチャーはこうなんだよ

普段アメリカのポップカルチャーに接していて、日本のこんな現実を見るともう唖然とし、腹立たしく思います。なぜこんなにまで逆向きに社会が退行していくのか。なぜ日本の大人たちは若い世代を、女性を萎縮させよう萎縮させようとするのか

*******

ダイアナ・アグロンはこんな人。



パプリカさんの怒りは良くわかる。

よりによって秋元康だもんね。私はAKBもその姉妹部?もみんな嫌い。若い女性たちが妙に媚びた表情やしぐさをするのが本当に嫌だ。

私は朝ドラ「あまちゃん」で「アイドル」を目指すというのも嫌だった。「glee」との比較でこのblogで書いたこともある。gleeのレイチェルは歌が大好きで「ライザ・ミネリバーブラ・ストレイザンド」にあこがれている。歌で自分を表現したい、だから歌手になりたい。

でも「あまちゃん」の彼女たちは?「アイドル」は自分の何を表現するものなの?

HKTのこの歌が批判されて、「大炎上」なのはまだ救いだ。もう秋元商法は芸能界からなくなってほしい。ついでにジャニーズ事務所の老害も。

日本のポップカルチャーは情けないね。
2

2015/12/5

SHERLOCK映画館上映  テレビ番組

12月3日はベネディクト・カンバーバッチ初来日記念日だったそうだ。

その時の模様はテレ東の「YOUは何しに日本へ」に記録されている。

あの時お迎えに行ったファンが「『誰を待っているんですか?』と何人かに聞かれたが『ベネディクト・カンバーバッチ』と言っても知ってい人はいなかった」と書いていたけど、本当にそう。

上記の「YOUは・・」でもレポーターも「誰?」、ナレーターも「ベネディクト?カンバーバッチ?」と不思議そうだった。

この日は私もバイト先で気が気ではなく、twitterでファンの方のtweetや、スマホ・ライブ中継を時々覗いていた。到着の瞬間はライブ中継を見てた。
2012年12月7日「ベネディクト来日」

あれから3年。業界の人でベネさんを知らない人はいないよね。アカデミー賞にノミネートされ、主演作も次々ある。

来年早々はジョニー・デップと共演「ブラックスキャンダル」が日本でも公開される。

そして!!!BBCで元旦放映の「ビクトリア編」がなんと2月19日〜TOHO系映画館で上映されるそうだ。

「SHERLOCK シャーロック 忌まわしき花嫁」劇場ロードショー特設ページ

http://sherlock-sp.jp/
クリックすると元のサイズで表示します

「世界が熱狂する探偵ドラマの傑作 ついにスクリーンに降臨!」だって。

ワクワク。

そして、今年8月〜10月ロンドンで上演していた「ハムレット」が「ナショナルシアターライブ2016」の第一弾として映画館上映される。

既に、字幕なし版「ハムレット」が今年11月に特別上映されたのだが、いよいよ字幕付きで上映館を広げて、4週間くらい上映されるらしい。1月からかな。

それを伝える記事
http://spice.eplus.jp/articles/12552

クリックすると元のサイズで表示します
絶対見に行く。ロンドンまでは行けなかったから、見逃すわけには行かない。

(熱心なベネさんファンは訪英して実際に舞台を見ているのよね。凄い行動力)

来年早々から、ミーハーは忙しい。

1月は、期待の若手ピアニスト反田恭平さんのコンサート、中島みゆきコンサート、二兎社演劇「書く女」。ベネさんの「ハムレット」「ブラック・スキャンダル」、2月はMETライブビューイング「真珠とり」、「SHERLOCK呪われた花嫁」。

Jリーグも来年は開幕が早まるらしいし、いろいろ忙しい。

もちろん、毎月19日の「安保法抗議」、反原発金曜官邸前抗議も時間が許す限り行きたい。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ