2020/8/3

アナ雪2全く理解してなかった  映画

家族が「アナと雪の女王U」のメイキングをYouTubeで見ていた。

一つの映画が出来上がるまでの過程がよく分かった。興味深かった。

多くの才能と技術と話し合いと粘り強い作業とでできたものなんだなぁと感服した。

それにしても、私はアナ雪2を見たはずなのに、本当に内容を覚えていないし、理解もしていなかった。

昨年も「エルサとアナは別の島にいたんだっけ?」と娘に聞いて「エルサが海を凍らせながら島に渡ったでしょ?氷の馬に乗って」と言われて、「あぁそうか」。

「お母さん、映画見たんでしょ」

「あのさ、何故、エルサ&アナの祖父はあの人たちにダムを作ってあげたの?そして何故、裏切るような真似をしたの?」

「だからぁ、・・・・・(説明)、お母さん、映画見たんでしょ?」

このメイキングを見ても、

私「え?オラフって、途中で死んじゃうというか、消滅しちゃうの?」
と質問して、「そうだよ。映画見たんでしょ」

母役の人がイディナ・メンゼル(エルサ役)のあらかじめ吹き込んである歌に被せるように歌う場面を見て「あれ、エルサと母親のデュエットなんてあったけ?」と言うと

「もう〜。映画見たでしょう」

「アナはなぜダムを壊そうと思ったんだっけ?」



映画の中で、アナが一人になってしまい、絶望の中、「目の前にある、今できることをやっていこう」と立ち上がる場面、

アナ役のクリステン・ベルが「私も鬱で苦しんでいた時、まずベットから起きよう、洗面所で顔を洗おう、そして子どもたちを起こそう」と一つ一つ、目の前にあるできることをやった。その積み重ねで鬱から抜け出すことができた。」

「だから、このアナの言葉はとても重要なメッセージなの。」

と言っていた。

この場面は記憶にあるが、そんなに重要なメッセージと思わず、漠然と見てた。

なんか、「水の記憶」とか、風の精霊とか火の精霊とかスピリチュアルな面が気になってばかりいた。

映像の洪水で、押し切られたという感じ。理解が不十分なまま勢いで最後まで行ってしまった。

本当に情けない。映画を見に行ったのに、何を見たのだろう。

でもね、制作の途中で、プロデューサーだか、えらい人が「で、結局エルサはどうなったの?」と聞いていたから、困惑したのはまんざら私ばかりじゃない。

(その方は完成版には納得していたようだけれど)

結局、アナ雪2はアカデミーのアニメ部門にノミネートされなかったから、1作目に比べると、わかりにくかったのじゃなかろうか。私だけじゃなかったと思うけど。

0

2020/7/3

感想が書けない「若草物語」  映画

見てから半月も経つのに、まだ感想がまとめられない。と言いつつ、書き始めたら長くなってしまった。

「ストーリー・オブ・マイライフ 若草物語」。

クリックすると元のサイズで表示します

若草物語は何度も映画化された。古くはキャサリン・ヘップバーン、私が映画館で見たのはリバイバル上映だったジューン・アリスン、エリザベス・テーラーの若草物語。ウィノナ・ライダー、クレア・デーンズ、キルスティン・ダンストのは見ていない。

その時々の人気俳優たちが出演している。

今回はジョーがシアーシャ・ローナン、メグにエマ・ワトソン、ベスはエリザ・スカンレン、そしてエイミーにフローレンス・ピュー。

ローリーはティモシー・シャラメくん❤、ローリーの家庭教師でメグの夫となるブルックはジェームス・ノートン。彼はテレビドラマ「グランチェスターの牧師探偵」さんじゃないですか。

母親はローラ・ダーン。「ジュラシック・パーク」で恐竜と闘っていたのに、そうか、4姉妹の母親なのね。そりゃ、ジュラシックのあの少年が「ボヘミアン・ラプソディ」でクィーンのメンバーの一人を演じるのだから、月日の流れるのは早い。

どんな映画にも出てくるメリル・ストリープ、名前を見ていたのにミスターローレンス役と分からなかったクリス・クーパー。プロフェッサー・バーはフランスの有名俳優とのこと。

以下、記憶だけで書いているので間違いがあるかもしれません。

*****
7.4:何か書き忘れたような気がするので、追記・訂正します。
女性たちは10代の頃「若草物語」を読んでいると思う。そして好きなのは圧倒的にジョーだ。

活発で元気。「女らしさ」なんか鼻にも引っかけない。やりたい仕事(小説家)があって、それは当時経済的手段であった結婚よりも大切なものだ。

ジョーのように自由に生きたい、ジョーのように自分の夢を叶えたい、成功したいと願った女性たちは多いはず。

でも当時の社会、いや今でも社会の壁は厚く高い。

その切実な人生の問題を4姉妹の生き方を通して、今の私たちに提示している作品だと思った。
*****

だから最初の感想は、脚本・監督のグレタ・ガーウィグの若草物語だな、ということ。完全に自分の物語として作り上げたと思う。

作家性が強い映画と思った。

時系列はバラバラだし、この4姉妹の話なのかジョーの小説の中だけの話なのか(つまりジョーの結婚)の描き方、エイミーのパリ滞在のエピソードなどがそうだ。

時系列はバラバラでも混乱することはない。脚本、衣装などが実に巧みだ。

多くの人が言っているように一番の注目はエイミーだろう。

生命力の強そうな、ガッチリとしたフローレンス・ピューをキャスティングしたことの意味。最初は末娘のみそっかすの、強がり、何て嫌な子なの、から→家庭の経済の重みを伯母の言葉から受け止める、自分の才能への冷静な評価もする、女性の理不尽な社会的地位も理解している。彼女の心情がきめ細かに描かれている。

そうねえ、うまくまとめられないからバラバラな感想をつらつら書き連ねる。

美しい場面がたくさんある。特にジョーとローリーの2人は絵になる。

クリックすると元のサイズで表示します
とか

クリックすると元のサイズで表示します

ローリー必死のプロポーズには「シャラメくんだよ!なぜ断れるの!断るの!」と観客はみんな思ったよねぇ。

(しかし、ローリーってゲス男じゃない?シャラメくんが演じていても。ま、彼の屈折は分からないでもないが)

ジョーがニューヨークの街を疾走するシーンの躍動感。編集者とのしたたかなやりとり、ジョーの本が出来上がる過程もじっくり。こんな描写、見たことがない。

ローレンス邸のピアノを弾くベスの音に、亡き娘を思って涙するローレンス氏の姿にはいつも泣く。しかもこの時流れていたのはシューマンの「子どもの情景〜見知らぬ国」だからたまらない、大好きな曲だ。

メグ役にエマ・ワトソン(フェミニストとして有名)というのもなかなかと思う。メグがしとやかで優しいだけでなくちょっと軽薄な感じを入れたことが良かったかな。妻役とか貧乏に悩む姿とか、エマ・ワトソンのイメージから遠いからこれも味わいがあった。

海岸の4姉妹。「女系家族」は、私もそうだから、男性のいない気楽さ、楽しさ、結束力の強さはよくわかる。家父長的な上下関係がないのは、生きていく上でとても楽。互いに支え合っていて、シスターフッドと言われるものかしら。
クリックすると元のサイズで表示します

姉妹が一緒にいるだけで嬉しくなる。若手実力俳優さんたちの魅力よ。
クリックすると元のサイズで表示します

シアーシャ・ローナンの演技で印象的だったのは沢山あるけど、

ベスの病気が重いと聞いて帰郷したジョーが母親に自分の気持ちを語る場面、小説家としての行き詰まりやままならぬNY生活など悩めるジョーが、ローリーの求愛を断ったことを後悔してると言う。愛していない、でも愛されたい、lonelyと叫ぶのは胸に刺さる。

ローラ・ダーンの母親は聡明で包容力があってそれでいて毅然としていて、娘たちをいつも深いところで支えている。そういう人として説得力があった。

いくつかレビューを読んだ。
ハードボイルドとは思いつきもしなかったが、いつも示唆に富む北村紗衣さんの感想。
「運命の男とハーボイルドヒロインの誕生」
https://saebou.hatenablog.com/entry/2020/06/24/005159

北原みのりさん
「女の絆はこんなに強い!最新版『若草物語』からシスターフッドに迫る」
https://www.elle.com/jp/culture/movie-tv/a32864958/littlewomen-sisterhood/
0

2020/5/16

stay homeで映画  映画

コロナ禍で家籠り。Stay Homeで映画鑑賞

録画してある映画を消化

「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」

落ち目の俳優とそのスタントマンの2人の友情と絆を軸に、1969年ハリウッド黄金時代の光と闇を描いた。

クリックすると元のサイズで表示します
主演 レオナルド・ディカプリオ 助演 ブラッド・ピット

ブラピがアカデミー助演男優賞を獲得した。

タランティーノ監督の作品は「キル・ビル」のように、何か暴力的というか、あまり好きではない。

でも、この映画は見終わった時「好きかも」と思った。

シャロン・テート事件が描かれるというので、映画館に観に行くのをためらったのだが、まぁ「こうであったらいいな」というハリウッドが描かれているので、後味は悪くなかった。

シャロン・テート役のマーゴット・ロビーは確か、ディカプリオの「ウルフ・オブ・ウォールストリート」でハリウッドデビューじゃなかったかな。みるみる大スターになったね。

この「ウルフ」のディカプリオは素晴らしくて、あの年マコノヒ―があんな怪演(ダラスバイヤーズクラブ)をしなければ、主演賞を取れたと思うし、ディカプリオは熊と闘う映画(レヴェナント)じゃなくて、この「ウルフ」で主演賞を取らせてあげたかった。

で、助演賞を取ったブラピはもちろん、ブラピでかっこいい。でも、演技という点ではやはりディカプリオではないでしょうか。いつも彼の作品を見るたびに、ディカプリオは只者ではないと思う。「ディパーテッド」だってマット・ディモンがかすんだもの。

69年を知るものとして、スティーブ・マックイーン、コニー・スティーブンス、が出てくるのはクスっという感じ。

それとブルース・リーも出てくるが、ちょっとアジア人蔑視的なものを感じた。

シャロン・テートは「サイレンサー」という映画に出て、この「ワンス」でもその映画をシャロンが映画館で見るという場面がある。新進女優という位置づけ。

私が知っているシャロン・テイトは「哀愁の花びら」という映画でパティ・デュークと共演してること。と思ったら、この映画の中の台詞で出てきた。

というわけで、私にとってもワンス・アポン・ア・タイム」だった。

「RBG 最強の85歳」
ルース・ベイダー・ギンズバーグのドキュメンタリー。

劇映画(ビリーブ 未来への大逆転)の方とちょっと違うところで、印象に残ったこと。

*夫が映画(アーミー・ハマーはハンサム過ぎ)より、ずっと面白い人だということ。冗談を言うことが好きだったみたい。大学でルースの知性に関心を持った唯一の人だったという。

*ルースの筋トレ。85歳で私のリハビリメニューよりずっときつい。びっくり。

他にも何か見たような気がするけど、今、思い出せない。

映画ではないが、ネット配信だと、A・L・ウェーバーの「ジーザス・クライスト・スーパー・スター」「オペラ座の怪人」「キャッツ」をみた。

オペラ座の怪人はラミン・カミムルーが怪人役。コンサート形式だったが、豪華なセットで、他の出演者も豪華で見ごたえあった。

ジーザスもコンサート形式で、もう一つアメリカ版も見たけど、こちらの方が好きかな。

キャッツは良くわからなかった。

もうひとつ、METの「ウェルテル」もネット配信で見た。以前WOWOWで放送したものを録画してもう飽きるほど何度も何度も見た。東劇のアンコール上映も見に行ってしまった。

クリックすると元のサイズで表示します


でも改めて、このヨナス・カウフマンさんの「ウェルテル」を見ると、これは観客が熱狂するのはわかるわ。鬼気迫る演技で、ウェルテルの一方的な愛の悲劇性(ある意味狂気でもあるのだけど)を表現しきったと思う。

あれを見てしまうと、2018年5月私の見たウィーンオペラ座「アンドレア・シェニエ」は軽く演じてたかも?と思う。もちろんシェニエは理性的人物だからというのもあるのだが。



とのことです。

この後METの配信では「ファウスト」がある。でも、これあんまり好きでないので、見なくてもよいかしら。ヒロインがね、あまり好きな歌手でないのよ。そういえば最近あまり見ないですが、私が情報に疎いだけかもしれない。

まだまだ続くStay home生活。次は何の映画を見るかな。

0

2020/2/3

映画2本  映画

最近映画を2本見た。韓国映画と台湾アニメ。

韓国映画は話題の「パラサイト」。

ヘビーな映画だった。ジェットコースタームービー、笑えて、怖くて、なるほどーと唸る。これテレビで放送していたら、ハラハラして見られなくなり、チャンネルを替えると思う。

社会派ではあるけど、それ以上にエンタメ映画だと思った。

伏線がいろいろあって、ちゃんと回収される。あの言葉はここで生きるのね、と思ったり。

半地下の家と豪邸、下層と上層市民の発想や立居振舞い、服装や言葉まで作りこまれている。上層市民が悪い人ではなくて、簡単に人を信じ、人にやさしい。それでいながら、簡単に人を首にしてしまうのは恵まれた人の無邪気さかもね、とここも脚本の巧さに感心する。

「匂い」の問題も。

それと家族のつながりの深さ、一致団結力、これはびっくりするね。子ども達は親に反抗しないで助け合う。韓国映画は「家族」を描くというのはここでも発揮される。

そして、俳優がとにかく皆素晴らしい。韓国俳優はソン・ガンホに限らず、若手まで皆、演技がうますぎるよ。びっくりだ。

アカデミー賞も取ってもらいたいが、作品賞はあの保守的なアカデミー会員があげないようなきがする。監督賞とか脚本賞かな。

この映画を好きかと言われると、私はあんまり好きではないです。

昨日観に行ったのは「幸福路のチー」。横浜ジャック&ベティで上映しているので、見ることができた。劇場の入りは7〜8割かな。子どもさんもいた。吹替えなのだ。

アニメと言うと「アナ雪」「トイストーリー」のようなCGの精密なものが多くなったけれど、これはいわゆるアニメです。

クリックすると元のサイズで表示します

台湾映画は私はあまり見たことがなくて、候孝賢の「百年之恋」だけだ。まして台湾のアニメは初めて。

映画はちょっとわかりにくくて、過去と現在が行ったり来たりするし、現実と空想が自由に入れ替わる。だから、完全に咀嚼・消化しきれてない。

幸福路に生まれたチーが成長していく物語。自分の生き方を探して迷って、挫折して、そして新たな生き方を見つけるまで。それは家族の話でもあった。

そして、「トトロ」のようだな、「ちびまるこちゃん」のようだな、と思ったり。1975年生まれの女性の、迷いながらの生き方だから「82年生まれ キム・ジヨン」のようだなと思ったり。

でもフェミニズムの映画ではない。そういう差別への怒りはない。そもそも男性はあんまり出てこない。父親(良い人だが甲斐性なし)、従兄弟(彼は政治的迫害を受ける)、夫(あまり掘り下げて描かれていない)、幼馴染の男たち。

ガールズムービーといえばそうだ。

人物はほとんど女性。祖母、母、親戚の女性、近所の女性、幼馴染、親友の家族(男はいない)、教師、高校大学の同級生、皆、女性たちだ。

アジアの家族と言うと家父長制だが、なんか、ここに出てくる家族は古来の母系女系社会のようだった。

一人娘に教育を与えたい、良い学校に入れたい、というのは戦後家族の在り方としてアジア共通なのかな。

そして、チーの成長は台湾の政治情勢とも密接に関係して描かれている。アメリカの影も色濃い。日本は「ガッチャマン」くらいかな。

そして、一番の感想。私はあの「祖母」のような存在でありたいなぁ、ということ。孫たちにとってああいう祖母になれたらいいなぁ、無理なんだけれど。

最近日本のアニメにはこういう視点のものがあるのか?と思った。知ってるのは女子高生、ファンタジー、SFっぽいもの、子ども向け(どらえもんとかポケモン、クレヨンしんちゃん等)だけだ。日本はここでもアジアの各国から置いて行かれてるのではないか。

「パラサイト」は大ヒットしているので、見る方も多いと思う。「幸福路のチー」はなかなか見るチャンスがないとは思うが、ぜひ見てもらいたい。

友人の一人が台湾旅行をして「台湾は植民地だったから日本語のわかる人がいて、親日的だった」みたいな感想を言うのだけど、そういう表面的で都合のいい見方は、そろそろやめよう。

複雑な台湾の社会、歴史についてもっと知らなくてはいけないなと思う。
1

2020/1/19

ドキュメンタリーを見た  映画

アマゾンプライムがテレビで見られるようになってから、ついつい映画やドラマで時間をつぶしてしまう。

先日は「ダンサー セルゲイ・ポルーニン 世界一優雅な野獣」を見た。

1989年ウクライナ生まれ、2007年で英ロイヤルバレエ学校を卒業、19歳で史上最年少プリンシパルになった。

バレエ学校でのレッスンを見ると、その才能は群を抜いているのが私が見てもわかる。「格が違う」とスタッフがいい、同級生もみな「彼は違う」と認めている。

回転なんか他の人より1回転くらい余分にしてしまう。ジャンプも高いし、ただ飛ぶだけでなく、変な(?)脚の格好でも連続ジャンプができる。とにかく運動能力、表現力、見た目もずば抜けている。

それなのに、彼は悩む。身体中タトゥだらけだし、覚せい剤?もやってた。プリンシパルになった3年後にはロイヤルオペラをやめてしまう。

その後、変遷を経て、今はまた踊ることに喜びを見出しているようで、今年5月には初来日もする。

もう一つ見たのはWOWOWで「私はマリア・カラス」。彼女もあんなに才能に恵まれ、成功しているのに、悩みが深いのねぇ。

マリア・カラスは私が中学生の時既に音楽の教科書に載っていたし、オナシスとのことも有名だった。随分歳のような気がしていたが、あの頃、まだ30代だったのだなぁ。亡くなったのが54歳だから若い。

ドナルド・キーンさんの「オペラにようこそ!われらが人生の歓び」にもマリア・カラスについて2つの文章が載っている。特別な存在だったと分かる。

彼女も全盛期は10年位だったそうだ。喉の衰え、キャンセルやスキャンダルで、特にオナシスのジャクリーン・ケネディとの結婚は彼女を打ちのめした。

上記ドナルド・キーンさんの著書では「カラスは声が衰えても技術の工夫、演技の工夫があった」と書いてあった(と思う。本は図書館に返してしまったので、確認できない)

才能に恵まれ成功を手にした人は神に愛されている、と思うし、羨ましいとも思うけれど、それが即、幸運とはならないのだとしみじみ感じてしまった。

歴史に名を残すような芸術家はその分も悩みも深い、だからこその芸術の深さだと思った。

「マリア・カラス」は家事をしながら流し見していたのだが、「トスカ」の「歌に生き愛に生き」には思わず、振り返ってしまった。それほど切々と心に響いてきた。

これは伝説のオペラ座公演らしい。

テレビでYoutubeを流しっぱなしにしていて、思わず手を止めてテレビを見ることがある。一つはキーシンのシューマン「ピアノ協奏曲」だった。あのぐいぐい迫ってくる演奏は何なんでしょうね。もうため息が出る。

話はずれるけど、NHK「プロファイラー」で「マリア・カラス」を取り上げた時、ゲストの黒柳徹子さんが「オナシス」のことを「タイプ」だと言っていた。

昔は、「風采の上がらない、金だけのおじさん」と見ていて、カラスもジャクリーンも、こんな人のどこがいいのだろう、やはり「富豪だから?」と思ったけど、今見ると「精力的」で男の色気たっぷりじゃないの。なるほどねと思ったりする。

話が逸れたところでお終い。
0

2019/12/18

アナ雪2  映画

急に時間ができたので、「アナと雪の女王2」を見に行ってきた。

一番近いところ、と「ムービル」でチケットを予約した。109シネマズの予約が一番慣れてて予約しやすいのだ。横浜駅の映画館なので便利でもある。

しかーし!!映画館についてみたら、なんと吹替え版であった。がっかり。

ムービルはいつも空いている。それでも今日は、小学生中学生がいた。日曜日の学校行事の代休かな。

感想としては、アニメの質は高いねぇ。画面が実によくできている。

でも前作のヒット要因である「レリゴー」、あるいは「生まれて初めて」のような分かりやすい歌がないのねぇ。素晴らしい曲ばかりなんだけど、そう簡単には歌えない。

話は前作で、残った疑問、エルサはあの国を治めるだけで満足なのだろうか、あの魔術のような力を持て余さないか。そしてそもそもあの力はどこから来たのか。

それへの答えがこの「2」になる。

話は飽きさせない。女性たちが勇敢である。自己決定力がある。

だけど、今考えると、筋がよくわからない。二つの勢力の協力と決裂、争い、太陽水風土の4要素とそれをつなぐもの、それとエルサの関係、父王と母のことも何かよくわからんかった。

でも、ま、勢いで見てしまったな。

一番気になったのは「水の記憶」。これ今教育現場に持ち込まれて問題になっている「トンデモ科学」なんだよ。こんな人気映画で、変な思想を子ども達に吹き込んでほしくない。

英文学者の北村紗衣さんがこれは「ホメオパシー」だと批判してた。

そうそう、吹替えはまずまずよかった。ただ母親の声、これ吉田羊さん?がちょっとひ弱だったな。

やはり字幕版=イディナ・メンゼルのパワフルな歌声を聴きに行くべきかしら。筋がよくわからなかったからもう一度見るべき?迷う所。
0

2019/10/23

久しぶりの映画  映画

音楽映画は好きなので、見に行ってきた。

「蜜蜂と遠雷」。
クリックすると元のサイズで表示します

原作は直木賞受賞の時に読んだ。その時の感想は「熱血スポコン音楽版」。でも詳細はすっかり忘れている。

この原作を映画化するとこういう風になるね、という感想だ。

良い場面は幾つもあって、例えば亜矢と塵が月光の連弾をする場面、それぞれのカデンツァの演奏場面、明石の田舎の家、とか、印象に残る。

今、公式HPを見たら、撮影監督はポーランド人だとのこと。画面は新鮮だった。

そう、音楽の場面はいいのよねぇ。

でも人物像が類型的。人間ドラマが弱かった。それと原作があると。どうしても説明的になる。
セリフで説明する場面も多かった。回想シーンもは効果的なことも、余分なこともあり(説明過多)、この扱いは難しいな。

(冒頭の雨のシーン、雨はわかるが、「馬」は何ですかね?原作にあったのかな?忘れてしまった)

人物で言うと、審査委員長、テレビディレクター、作曲家、指揮者はどうにかならなかったかな。

ブルゾンちえみはキャスティングの失敗だと思う。ちゃんと俳優を使うべし。

斉藤由貴の審査委員長も、これ原作通りなんだろうか。描き方が本当に陳腐だった。光石研も鹿賀丈志もありきたりだった。指揮も下手だったし。

主役4人の配役は良かったと思う。特に塵役の新人はイメージに合っていた。

松岡茉優は演技力に定評があるし、繊細な表情はさすがだと思った。でも、何か言う前に、フフと笑うでしょう、あれ多用しすぎだと思う。またかよ、という感じになった。

臼田あさみさんも福島リラさんも素敵でとても役に合っていたけれども、描き方が浅くて、それこそ「類型的」だった。

この映画、松阪桃李くんがいなかったら、主役4人、収まらなかったと思う。松阪桃李が重しになっていた。

俳優の評ばかりになるけれど、平田満、片桐はいりはアクセントになっていた。

結論としては、音楽は良かったし、映像もよかった。けれど人間ドラマはつまらなかった。

音楽映画としては「のだめカンタービレ」の方がずっと面白かった。題材が違うと言えば、その通りですけど。

ただ、ピアノコンチェルトは今まで、古典、ロマン派、国民楽派までしか聴かなかったけれど、プロコフィエフ、バルトークも、食わず嫌いでなく、聴こうかなぁという気になりました。

1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ