2019/11/29

「チェコへの旅」  本・文学

先日、小森陽一、金平茂紀、辛淑玉「加藤周一、米原万里と行くチェコの旅」という本を読んだ。

もう図書館に返してしまったので、その時tweetしたものを載せておく。



tweetが上手く貼れないので、言葉だけをコピー&ペーストする。
*****
「60年安保以来大きな組織は解体されたが、持続的にやろうとした人たちの小さな組織はたくさん残った」「一人ひとりの自立した個人の運動が大事」とか。68年チェコ「プラハの街頭に相対していたのは、圧倒的で無力な戦車と、無力で圧倒的な言葉であった」とか。

*****
「プラハの街」というのは1968年夏、「プラハの春」を押し潰すためにソ連軍などが戦車でプラハに侵攻した時のこと

*****

韓国の人達の言葉「軟弱だと思われていた日本の人たちが2015年に国会を取り囲み、野党共闘を実現したことに学んで、2016年にパククネ大統領を辞任に追い込むことができた」。キャンドル革命はすごいと思っていたけれど、あの時国会前にいたことも、こうして繋がっているのだな

*****
そして加藤周一さん達が立ち上げた「9条の会」は最初から高齢者運動が基本方針だったとか。だから街宣右翼が「ジジイとババアばかりじゃねえか」と集会の周りで罵っても「そうだよ、それが何か?」ってことなんだね。

******
小森陽一さんは同じ時期チェコにいた。この本を読むと、米原さんの知識量・読書量の半端なさにただただ驚く。

金平さんはモスクワの特派員に派遣される前に米原さんにロシア語を習ったという。飢え死にしない程度のロシア語を学んだそうだ。

そして、あのロシアクーデーターの時、戦車の上に立つエリツィンなどをモスクワから報道し続けたそうだ。歴史の目撃者だ。米原万里さんは東京から駆け付けて同時通訳をし続けたという。

加藤周一さんの文章や言葉、もうこういう言葉を綴れる文化人はいないのかもしれない。

そして米原万里さん、本当にもったいなかった。私と同年齢。もっともっと生きていてほしかった。プーチンにされるがままの日本ではなかったろうと思う。

でも、こうして彼らの言葉や業績を語ってくれる人々がいる。これを後の世に残していかなくてはならないと思う。

0

2019/2/21

82年生まれキム・ジヨン  本・文学

今話題のチョ・ナムジュ著「82年生まれ キム・ジヨン」(筑摩書房)を読んだ。



ヘイト本を極力置かないようにしているくまざわ書店が近所にあるので、注文した。1週間くらいかかると言われたが、2日程で届いた。

アジアの小説としては異例の8万部の売れ行きだという。新聞各紙でも書評が載っている。(韓国では100万部のベストセラー)。

表紙は女性の顔だが、特定の顔ではなく、顔の部分には風景がはめ込まれている。「キム・ジヨンは私だ」ということだと思う。

主人公は82年生まれの女性なので、ウチの娘たちと同世代と思う。

書かれている内容は主人公の親世代の私も身につまされることばかりだ。女性差別は変わらない。

本当に「こういうの、あった」「ひどかった」「許せなかった」と心が痛くなることばかりだ。

そうだ、そうだったと思うエピソードは沢山あるが、

学校の前に度々出没する露出狂を学年の「不良」少女たちがつかまえて突き出したのに、とがめられたのは少女たちだったというエピソードはほんと悲しくなった。

この小説で、私世代と一番違うのは「働く女性」が直面する差別問題だ。

何故なら私たち世代は必ずしも民間企業で働くことが一般的ではなかったからだ。

男女雇用機会均等法もなかった。民間企業には結婚退職制、30歳定年制があった。就職しても事務補助がほとんどで「職場の花」と言われた。「腰かけ」とか。

同級生で働き続けられたのは地元に残った教師、公務員、医師、看護師、薬剤師位だ。親(実家、婚家)の援助が得られる人たちだった。(それでも続けられない人ももちろんいる)

家を離れて、横浜で働こうとすると、保育園も少なかった。私立保育園は高かった。給料に見合わなかった。近所で働き続けた女性は配偶者が教員、公務員、自由業だった。民間企業の人はほとんどいなかった。配偶者が民間企業の場合は女性の実家が近い人だった。

というわけで、「キム・ジヨン」との世代差は働くことよりも専業主婦になることが、そもそも働く場所がない、子育て援助もない以上、『最適』な選択だったという点。

そして、団塊の世代の女性たちはM字型と言われる働き方でパート、自宅アルバイトをした。されに経済的余裕のある女性はボランティアで福祉、地域活動を支えた。

それはまだ日本が高度成長時代の名残りがあって、働き手が家庭で一人でもやっていける時代だったからだ。

しかし今は違う。専業主婦家庭よりも共働き家庭が多い。女性が働くのは当たり前だ。

「キム・ジヨン」を読んでいて、大学まではまぁ、同じような差別があったなぁ、それ自体、とても悔しいし、許せないことだ、しかし、企業に入ってからの差別はきつい。子どもを持ってから、特に矛盾が押し寄せる。

本当にね、働く女性たちは様々な差別に直面する。過労死された女性たち、努力して高学歴を手に入れ、やりたかった仕事を手に入れたのに、そこで女性差別(待遇差別、賃金差別、セクハラパワハラ)に見舞われて身も心もすり減らして行った。

仕事ができなくても男性は最初から総合職になり、賃金はずっと上、昇給もする。しかし、女性は総合職の募集自体少なくて、大多数一般職、どんなに仕事ができても、給料はある程度から上がらず、昇進もない。「女性が輝くなんちゃら」と言われても差別の実態は変わらない。

親戚の女性は転職をしたが、老舗企業の子会社は無能なオヤジ達のたまり場になり、旧態依然、労働条件や賃金はよくなったが、ばかばかしくなり1年もたたず転職してしまった。能力ある女性が力を発揮できないなら日本企業が衰退し続けるのは当然。

というわけで、キム・ジヨンの祖母、母親の受けた女性差別、キム・ジヨンが直面した女性差別、どれもこれも身につまされすぎる。

「キム・ジヨンは私だ」と女性たちが叫び、共感するのはよくわかる。こうやって言葉に、文章になることで、自分たちを取り戻すのだ。

よく売れているので、書店には置いてあると思います。ぜひ、お読みになってください。
0

2018/12/30

お奨めの本  本・文学

こんなtweet



宇田智子さんは横浜出身。

東大を出てジュンク堂書店に勤務、沖縄支店に配属になり、その後、那覇の市場で閉店するという小さな古本屋を受け継いで、「市場の古本屋 ウララ」を開店、今に至っている。

以前にも取り上げたことがある。
https://blue.ap.teacup.com/applet/daizufengtien/20150802/archive

娘と同い年でこんな文章を書けるなんて驚きだ。
(考えてみれば、今年40歳になるのなら、数多の女性作家の事を考えても当然なのかもしれないが、自分の娘と同年齢と考えるとやはり驚く)



ぜひ読んでください。
0

2018/12/27

テレビで  本・文学

朝テレビを見ていたら、NHKBSプレミアムで「白洲正子」を放送していた。

1日目は「かくれ里」。手元に本がないので、うろ覚えで書くけど、「街道からは外れているが秘境というほどではない小さな集落」、「そこでは村人たちが仏を守っていたりする」

そうそう、その村人たちが「お寺」や「ほとけ様」を大事に守っている、というのは「小浜⇒琵琶湖周辺・観音の里」を旅した時に、強く感じたこと。

2016年若狭・近江旅行9月30日の記事 と10月1日の記事

これを白洲さんはもう何十年も前に書いていたんだなぁ。本を読みたくなったが、このテレビ番組の影響か図書館では数名の予約が入っていた。

出てきた地名、メモ代わり。

菅浦、琵琶湖東岸・石塔寺、西岸・西教寺石仏群、栗東市金勝山独坂磨崖仏、国見岳(採石場の跡?)
近江小椋谷、永源寺、蛭谷君が畑・大皇器地租神社、百穴古墳群、今津から北国街道、竹生島、湖北大音、木之本、己高山

**********
「村人たちが守っている」というのは2016年に己高山「石道(しゃくどう)寺」へ行った時の記事でもわかる。リンクしてある2016年10月1日の記事。
-----------------
「受付に人の姿が見えないので、覗くと横になっておられた。すぐに対応してくれて、お堂の戸を開けてくれ、お厨子も開けてくれた。

重要文化財十一面観音像。檜一木造り、色彩がよく残っている。

こちらのお寺は真言宗長谷寺の末寺。しかし、お寺を守っているのは村の方で、「私たちは浄土真宗、本願寺さんの門徒なんです。年に3回くらい長谷寺系統のお寺からお勤めに来ていただいています」とのこと。純朴、朴訥な感じの方が話してくれた。このあたりも高齢化で、この先お寺を守っていけるか心配ですとおっしゃっていた」

**********

近江八幡、三上山、水口・大岡寺(芭蕉、伊賀から京都へ向かう途中立ち寄る。旧友と再会)

芭蕉「命二つの中に生きたる桜かな」

若狭湾 神子(みこ)、神子桜海上から見ると良い。

鞍馬越え、原地(はらち)の火祭り=松上げ祭り、花折峠、
安曇川、葛川妙王院 相応和尚 不動明立像

2日目、西行と明恵
西行の歌
番組紹介順
心なき身にもあはれは知られけり 鴫たつ沢の秋の夕暮れ

年月をいかでわが身におくりけん 昨日の人も今日は亡き世に(親友の死)

面影の忘らるまじき別かな 名残を人の月にとどめて(愛する人との別れ)

数ならぬ心の咎になし果てじ 知らせてこそは身をも恨みめ

青葉さへ見れば心のとまるかな 散りにし花の名残りと思へば

ふりにけり君がみゆきの鈴の奏は いかなる世にも絶えず聞こえて

なみだおば衣河にぞながしける ふるき都をおもひいでつつ

とりわきてこころも沁みてさえぞ渡る衣河身に来たる今日しも

待ちきつる八上の桜さきにけり 荒くおろすな三栖の山風

何事のおはしまするか知らねども かたじけなさの涙こぼるる(西行の歌かは疑わしい)

年たけてまた越ゆべしと思ひきや 命なりけりさやの中山(69歳の歌 40年前に越えた中山)

風になびく富士の煙に消えて ゆくへも知らぬわが思ひかな

ねがはくは花の下にて春死なむ そのきさらきの望月のころ

吉野山梢の花を見し日より 心は身にもそはずなりにき

73歳没。60代後半で平泉までの旅をするとか信じられない。あの時代の旅は苛酷だったろう。たまげてしまう。義経も鞍馬から平泉に行き、平泉から頼朝のもとへ駆けつけ、そして壇ノ浦まで行ってしまうことを考えると、昔の人は平気だったのだろうか、と幼稚なことを考えてしまう。

「ゆくへも知らぬわが思ひかな」「心は身にもそはずなりにき」という言葉、今も実感としてわかる。啄木の「空に吸われし十五のこころ」にも通じるような。

この番組では、「西行の歌は中世の歌の源流」「『さみしい』を初めて歌のテーマとした人」「孤独の人生を選んだ人」と言っていた。

吉野の西行庵、と鴫立つ庵は行った。

辻邦生の「西行花伝」は読んだけれど、今一つピンと来なかった。この番組の西行像は分かりやすかった。

白洲正子さんの本を読まなくては。
0

2017/2/19

偉大「動物のお医者さん」  本・文学

twitterを見ていたら、「動物のお医者さん」で盛り上がっていた。



本当にね。



元ネタは「アフリカの呪術師」と対決し電子マネーを導入した企業の話なのに、「アフリカの呪術師」に反応した多くの人が「漆原教授」を思い浮かべたという。

ついには「togetterまとめ」までできた。



この「まとめ」の中で皆が触れている、どれも思い出せる。



合唱団の人がtweeetしているのが笑えるけど、私も「トスカ」というと「動物のお医者さんを思い出すよ。

本当に偉大な漫画だ。
0

2017/2/18

インフルエンザ中に読んだ本  本・文学

インフルエンザにかかった。何年振りだろう。

予防注射もしていたし、手洗いうがい励行していた。人混みにもあまり出ないようにしていた。

まぁ、発症というか喉が変だと思ったのが、孫たちが帰ってぐったりしていた月曜日。発熱は翌日夕方。

疲れたのかな。

夕方、急に熱が上がって、それでも38.5度までで、翌朝には平熱になっていたから比較的楽だった。39度台が続いたり、頭痛、関節痛、筋肉痛が伴うこともあることも考えれば、この程度で助かった。

医院でイナビルを処方してもらい、ずっと安静にしていた。横になっているしかないので、フランスラジオ局のオンデマンド「ローエングリン」を聴いていた。2幕のあたりで寝てしまい、3幕になって目が覚めて聴いた。つまりローエングリン=ヨナス・カウフマンさんの出ている所ですね。

起きられるようになってからも、「安静」との指示なので、ずっと家ごもりしていた。

で、読書。「シューマン」の伝記、「ワーグナー」の本、そして、
植本一子さんの「家族最後の日」



安保法制反対や反原発で姿をお見かけしていたラッパーのECDさんの妻で写真家植本一子さんの著書だ。お母様との絶縁、義兄の自殺、そしてECDさんの癌闘病が書かれている。

ECDさんは島崎ろでぃさんの写真集「銃弾ひきがね」で文章を添えていた。

これがとても優しい視線で、なお且つ的確でとても印象に残った。
2016年2月13日の記事に書いた。
(あ、まだほんの一年前か)

特にこの部分。
*****
給水クルー、医療班、見守り弁護団、これらのひとびとは抗議の声をあげるひとびとを守るためにそこにいた。そして、そうした役割をかってでたこれらのひとたちだけでなく抗議に参加したひとびともまた、これらのひとびとと寸分違わぬ機敏さで近くで何かトラブルがあればためらうことなく行動した。

車椅子のかたがいればその通行を助けたし、道を空けるよう大声をあげることもためらわなかった。そんな場面を何度も見た。

残念ながらそうした光景は僕らが日常を暮らす街の中ではそう当たり前のように見ることができるものではない。デモの中ではデモの外よりも間違いなく「よりよい社会」が実現していた。

しかし、これは最初からこうだったわけではない。(中略)

僕はデモの中が現実社会より自由であるべきだとは思わない。しかし、こんなふうにしてデモの現場で育った「よりよき社会」は僕たちの大きな財産だと思う。

*****(原文は改行でないところも改行しました)

ECDさんは進行癌で、余命宣告もされているという。

この癌闘病の項は日記なので、日常生活の細々(こまごま)したこと、感情が赤裸々に書かれている。心の細かな動きを繊細に写し取っている。周囲への愚痴、すれ違いも隠さない。

お子さん二人、夫の闘病、どんなにきついだろう。

それでも、彼らを支える人たちの多さ、付き合いの濃密さ、これは驚くばかりだ。私はこんなに人と深いつながりはない。

仕事、保育園の送迎、子ども達の世話、家事、こんなにも女性は働き、精神的にもいろんなものを背負い込んで生きているのだ。

そして、大変な毎日なのに、読書し、時間があれば美術館にも行こうとしている。

どうか、ECDさんの癌の進行が遅くなり、もっと長く家族とともにいられますように。

神様仏様は、なんで、こういう人たちを奪っていくかなぁ。もっと人々に大きな苦しみや痛みを与えている権力者、金持ちはいるのに。

0

2017/1/5

今年最初の本  本・文学

前から気になっていた本が手に入ったので、読んだ。

入江杏「悲しみを生きる力に −被害者家族からあなたへ−」岩波ジュニア新書



amazonのレビュー」に作家の寮三千子さんが素晴らしい文章を書いている。

題名は「『犯罪被害者の本』と括るのは惜しい「命」そのものと向き合う普遍的な本」

******
犯罪被害者としての二次被害が、いかに深刻で根深いものなのかを、わたしはこの本から改めて知った。

******
入江さんは、よくサバイブなさったと思う。この悲しみと理不尽から逃げ出すのではなく、しっかりと見詰め、悲しみを味わい、心やさしいご家族とともに歩めたからこそ、なんとか生き延びることができたのかもしれない。

そして知ったのは、彼女に生きる力をくれたのは、亡くなった4人の「生の輝き」だったということ。

******
「失われた四人の物語をひたすらありのままに語り直してみると、自分の悲しみや苦しみよりも、四人の生命のすばらしさが鮮やかにわたしの胸に甦ってきました。それは悲しみの岩礁から突然にわき上がってきた清水のような新鮮な発見でした。生と死の狭間にあって、人は生命を愛することでしか救われないのだと気づかされたのです。」

******
悲しみから目を背けること。見ないことにすること。それは、悲しみを乗り越えることではない。それは、悲しみを抱える人々を孤独にし、悲しむ自分自身を孤独にさらすことになる。だれもが、悲しみを抱いている。その地下水脈を共有できたら、人はもっと楽に、互いに慈しみあって生きていけるのではないだろうか。

******
悲」というのは、仏教では愛すること。「慈悲」の「悲」だったと、改めて気づく。

******
引用終わり。

入江さんは、この苦しみの中から、嵐のような精神状態から、本当によく「サバイブ」されたと思う。

そして何より、お子さん二人の愛らしい写真、姉のにいなちゃんが描いた「スーホの白い馬」の絵だけで、もう嗚咽が漏れてしまう。孫たちがあまり違わない年頃だけに本当に悲しい。涙があふれる。

入江さんの夫君も本当に人格者で、こういう方がいらっしゃるということだけで世の中を信じたくなる。(なんと、そのご夫君も60歳で急死されている)

入江さんはサン・テグジュペリの「人間の土地」から文章を引いている。
*****
人間であるということは、とりもなおさず責任を持つということだ。人間であるということは自分には関係がないと思われるような不幸な出来事に対して忸怩たることだ。
*****

「他人の不幸な出来事にたいして、『忸怩たること』、つまり『どうしよう、どうしたらいいのだろうか?』という思いに駆り立てられてこそ人間らしい生き方なのだ」という。

浅はかな、ごまかしばかりの、冷血な言葉(特に政治の)がはびこる世の中だからこそ、人は他人の悲しみに忸怩たること、悲しみに共感することこそが必要と強く感じる。

この本を読んでいると「人間であるということ」に忸怩たる方、自覚的な方が多くいらっしゃることに希望を持つ。

私も、無自覚に怒りをぶつけているが、「悲しみ」を心に秘めた方々がいることをもっとしっかり考えた方がいいなぁと反省もする。

私はこのような苛酷な悲しみの経験はないけれど、想像することはできる。人としてどうあるべきか、深く考えさせられた。人の精神構造についてももっと知らないといけないと思った。

福島泰樹さんの「人は想い出の器」「悲しみの連帯」といった言葉も思い出した。そう言えば、福島さんは仏教の人であった。

また、入江さんは絵本や童話を幾つも紹介される。それらに生きる力が込められているという。このことも大切な指摘。

寮さんの言葉。

「人間の宿命をきちんと見詰め、受け止め、生きることの根源について思考したすばらしい本だ。この本を読むと、きっと世界の見え方が変わってくるだろう。命の輝きが、ひしひしと感じられるようになるはずだ」

ぜひ読んでください。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ