2019/9/18

試聴ラウンジ・ショパン  音楽

みなとみらいホール・レセプションルームで開かれる「試聴ラウンジ」に行ってきた。

クリックすると元のサイズで表示します
レセプションルームからの眺望はこんな感じ。

今回で3回目かな。

最高級のオーディオで専門家の解説を聞きながらCDの名盤を聴くという催しだ。みなとみらいホール友の会員対象なので、私も参加資格がある。

今回は「ショパン」

案内人はピアニストの江崎昌子さん。

何と今日はピアノが置いてある。
ショパン:マズルカ 第1番 嬰へ短調 Op.6,No.1
ショパン:マズルカ 第2番 嬰ハ短調 Op.6,N0.2(遺作)映画「戦場のピアニスト」で使われた。

この2曲が生演奏だった。もう〜素敵だった

江崎さんが「戦場のピアニスト」の試写会に行った時隣が外国の方だったので、「どちらから?」と聞いたら、「私は彼の息子です」

なんと戦場のピアニスト・シュピルマンの息子さんで、福岡在住だったそうだ。

そんなエピソードを散りばめながら、ショパンの音楽をひも解いていく。

「マズルカ」はポーランドの農民の踊り。国歌もマズルカなのだそうだ。

農民の踊りの汗が地に落ちて、ショパンがそれをダイヤモンドにした(うろ覚え)という有名な言葉があるそうだ。

CDで江崎昌子さん演奏
ショパン:夜想曲 第20番 嬰ハ短調(遺作)
ショパン:ピアノ協奏曲 第2番 ヘ短調 Op.21 第3楽章
  この3楽章がマズルカなのだそうだ。

ショパン:エチュード Op.10 第12番 ハ短調「革命」
ショパン:24の前奏曲 Op.28 第24番ニ短調

タチアナ・シェバノワ演奏
ショパン:スケルツォ 第1番ロ短調 Op.20

最初は激しい悲鳴のような音楽、中間部がゆっくりした曲になる。このゆっくりした部分がクリスマスキャロルなので、クリスマスキャロルを聴いた

クリスマスキャロル 「眠れ、幼きイエスよ」
 ボーイソプラノの歌声がまさに「天使の歌声だった」

この曲が中間部に入る。そして最後また激しい曲調になる。現実→クリスマスキャロル(子守唄)→現実、という構成だそうだ。

この曲を作っていた時、ショパンはワルシャワを離れ、ウィーンに滞在していた。ちょうどクリスマス。ワルシャワでは「クリスマスに一人でいてはいけない」と言われ、必ず誰かと一緒にクリスマスイブを過ごすそうだ。

この時ポーランドは強国に3分割されていて、ウィーンでも冷たい目で見られていた。そしてクリスマスを一人で過ごすショパン、現実の厳しさ、そして懐かしい祖国のクリスマス、そしてまた現実というのがこの曲に込められたショパンの感情だという。

「エチュード 革命」もワルシャワで起きた11月蜂起に対し、国外にいたショパンの気持ちを曲に込めたものだそうだ。

ショパンを評してシューマンは「花々に隠された大砲」と言った。繊細、優美、華やか、と見えて、鋭いナイフのような音楽、あるいは大砲が隠されている、というのがショパン、これは初めて知った。

そして、江崎さんがショパンの手のレプリカを全員に回してくれた。亡くなった時に型を取ったそうで、指は痩せている。大きさは私とほぼ同じ。

こんな小さな手で、あの音楽を書いたのか、と驚く。

ショパンを「ピアノの詩人」として偶像化、どこか遠くの、歴史上の人物、と私は考えていた。ピアノ曲も楽譜上の音符の連なり、ただ必死に鍵盤を押さえるだけ、のような気がしていた。

でも、江崎さんのお話を聞くと、生身の人間の、生な感情が一つ一つの曲に、あふれるように詰め込まれているのだなぁと感じた。血が流れている音楽なのだ。

故国の民族民俗舞踊をピアノ曲にしたのも、故国に対する深い深い想いだものね。

楽譜上の音符の連なりではない、練習曲ではない。ショパンの激しい感情、故国への愛情が音楽に昇華したものなのだ、と本当によくわかった。

江崎さんはほっそりとして、優雅でとても素敵な方だった。こんな先生にピアノを習えたら、いいなぁ。でもボーっとして練習がおろそかになりそうだ。

音楽を聴きながら、みなとみらいの曇り空を見ていた。どこか哀愁のある、悲しさもあるショパンの音楽は曇り空によく合っていた。

ピアノの音に全身を包まれて、幸せだった。至福の時間であった。
0

2019/9/2

28年ぶりオーチャードホールへ  音楽

28年ぶりにオーチャードホールへ行った。

28年前、小学校の音楽クラブに入った長女が「新世界」を演奏すると言うので、勉強のため?聴きにいったのだ。

花房晴美・チャイコフスキーピアノ協奏曲1番&ドヴォルザーク「新世界より」現田茂夫指揮・新星日響(だったと思う)。アンコールがスラブ舞曲からで、この曲がとても好きになった。その後、CDで何度も聴いた。

オーチャードホールは駅から遠いのとそれほど行きたいと思うコンサートがなかったので足が遠のいてしまった。
クリックすると元のサイズで表示します

今回はパーヴォ・ヤルヴィ指揮&N響でベートーベン「フィデリオ」。

もうすばらしかった!!一流の歌手の力は聴衆を圧倒してしまう。感性をゆすぶられる。1日経ってもまだボォーっとしている。

チケットを取ったのは今年1月だ

出演歌手が、ピエチョンカ、コッホと聞いて、チケットを取った。とはいえ、すぐにではなかったので、S席は残席が1〜2しかなく選択の余地がなかった。(足の具合があるので、どうしても1階になる)。

行ってみたら、前5席が舞台で潰されていたので、随分前の方でびっくり。しかも正面。舞台を見上げる格好になった。

「フィデリオ」はベートーベン唯一のオペラだ。政治犯として地下牢に閉じ込められた夫フロレスタンを妻レオノーレが男装しフィデリオとなって救出する話。

レオノーレ:アドアンヌ・ピエチョンカ
フロレスタン:ミヒャエル・シャーデ
ドン・ピツァロ:ヴォルフガング・コッホ
ロッコ:フランツ=ヨーゼフ・ゼーリッヒ
マルツェリーネ:モイツァ・エルトマン
ドン・フェルナンド:大西宇宙(たかおきと読むんですね)
ジャキーノ:鈴木准

新国立劇場合唱団

ピエチョンカさんはザルツブルグ音楽祭2015「フィデリオ」、ヨナス・カウフマンさんがフロレスタンの時のレオノーレ、
コッホさんは同じくカウフマンさんの「ローエングリン」や「ニュルンベルグのマイスタージンガー」「パルシファル」他、沢山共演している。

みんなカウフマンさんがらみで歌手の名前を覚えた。

クリックすると元のサイズで表示します

以下、素人の感想です。

譜面台は置いてない。皆、舞台を動きながら小さな演技をする。ブラウン管テレビのようなものが左右に2台置いてあった。あれ、セリフや歌詞が書いてあったのだろうか?

序曲→第一幕
マルツェリーネ役エルトマンさんが可憐で細い。なのに、声は美しくパワフル。ジャキーノの鈴木さんはやはり声が軽く感じた。

エルトマンさんをはじめとして他の歌手たちの声は、身体全体を通し舞台の板も振るわせて、こちらに届く感じしなのに、鈴木さんは空間だけを飛んでいく感じがした。

マルツェリーネの父ロッコ役ゼーリッヒさんの声は重厚だが、役柄もあって温かみを感じた。

ピエチョンカさんは、もうこの役を得意としているから、完全にフィデリオ=レオノーレ、芯の通った豊かな声だ。

コッホさんはザンバラ髪、しかもタキシードの背中なんかしわくちゃだった。いかにも精神がどこかに行ってしまっている悪役そのものだった。でも顔つきは整っていて、これ「ローエングリン」の印象と違った。ザンバラ髪、しわくちゃ服、デブなのに、かっこよかった。

(2幕はシワがのびてた。アイロンしたかな)

音楽は聴いていると、田園のようだな、英雄のようだな、と思える箇所があって、あぁベートーベン!と思った。

1幕の4重唱、メロディとバックのオーケストラの音楽が美しくて、ウルウルしてしまった。

レオノーレのアリア、夫婦の愛を歌う歌、これも良かったですねぇ。ピエチョンカさんさすがです。

囚人たちの男声合唱、私、男声合唱が好きなのだ。満足。

2幕レオノーレ序曲3番。いくつか感想を読むと普通は2幕の最初では演奏されないみたい。

この3番はザルツブルグ音楽祭2015のメスト、ウィーンフィル(クラシカジャパンで放送したのを録画)を何度も聴いているので、それに比べると、ちょっともっさりかな。あの切れ味に比べると、ちょっと不満だった。

で、あのザルツブルグの演出は台詞がなかったんだな。私は「フィデリオ」はそれしか見ていないので、1幕目に「あ、セリフがあるんだ」と思ったのだ。(無知ですみません)。

いよいよフロレスタン登場。

フロレスタン役のシャーデさんはディカプリオを超デブにした感じ(地下牢に閉じ込められて食事も与えられていないのにね)。

「ゴーット」のあの一番の聞かせどころ、「バシャーン」という音がした。誰かがチラシの束を落としたらしい。全く〜、なんだよー。

シャーデさん、声質はフォークトさんに似てるかな。この難しい歌、カウフマンさんばかり聴いているので、なんか、息継ぎとか気になった。もっと畳み掛けるように歌ってほしいとか。

歌い手が違えば歌い方もそれぞれなのに、こういうところは本当に素人でごめん

ファンファーレが鳴って、ドン・フェルナンド役大西宇宙さん登場。姿かたちのすっきりした人だ。今とても期待されているのがわかる。声はもう少し響くといいな。

フロレスタンとレオノーレの二重唱。二人で名前を呼びあう所や「言い表せない歓び」は「愛」だね。

フィナーレは大合唱は、第九のようで、胸に迫って自然と涙がこぼれた。何度も頬を手で拭った。圧倒的な音の世界だ。

そして、香港の若者とか、ロシアでプーチンに対峙している若者とか、いろいろ思い浮かんでしまった。

圧政と闘う人々が「バンザイ」と叫び、愛や徳の勝利を歌える日が来ることを願った。

終演。ブラボー・ブラビーの嵐だった。カーテンコールの写真撮影を日本でも許してほしい。

クリックすると元のサイズで表示します

客席を出ると、皆口々に感想を言っていた。「良かったぁ」「素晴らしかったねぇ」。皆に熱があった。

私もボォーっとしていた。

オペラ好きで知られる江川詔子さんの感想。


泣いたのは私だけではなかった。


オペラをまた見に行きたいなぁ。こういう世界一流の人の歌を聴きたいなぁ。

アンケートがあって、「今後どんな公演を希望しますか?」に無理と思いつつ「アンドレア・シェニエ、ヨナスカウフマンさんで」と書いてきた。

来年はカルメンだそうだ。カルメン、椿姫、トスカ、ばらの騎士、同じのばかり。

ドウ・マゴも久しぶり。中には入らない。
クリックすると元のサイズで表示します

このところ土日は全部出かけていて、さすがにくたびれた。
0

2019/8/17

豪公演の評判ほか  音楽

オーストラリアでのアンドレア・シェニエ・コンサート形式の評判について、iltrovatoreさんが紹介していてくれる。

https://iltrovatore1853.jimdo.com/評論-記事/評論-アンドレア-シェニエ-オーストラリア2019-8/

詳細はぜひ上の↑の紹介記事を読んでください。

どの批評も絶賛ですね。

嬉しいので、その中の一節(引用紙、雑誌は割愛)を書いてしまう。

「Andrea Chénierはテノールが引っ張るオペラだ。そしてこの役を歌わせてヨナス・カウフマンに勝る歌手は現在の世に存在しない。 」

「彼のフレージングはマンネリに陥ることが無くエレガントで良く考え抜かれている。ピアニッシモとフォルテの間をシームレスに移行できる彼の才能はとても有名である。 」

「ヨナス・カウフマンはガアガアとうるさいスピントテノールの歌い方では無く、メリハリの付いた抑えた歌いぶりで、言葉と音色に完璧なバランス感と理知的な音楽性を付けながらいかにも大仰な詩人のシェニエを歌った。」「カウフマンはその台詞に人間性と高遠なヒロイズムを吹き込んだ。」

そうなんですよね。

「よく考え抜かれている」「理知的」。初めて「冬の旅」を聴いた時から、そう思っている。

弱音から強音までシームレスに歌える、というのはアンドレア・シニエの2幕目の二重唱でもよくわかる。

それと登場人物の解釈や理解に優れ、人物をしっかり造形すること、演技力の凄さが彼の魅力だと思う。

そして、また聴きたくなる。

あ、思い出した。

FireTVstickを家のテレビに装着して以来、アマゾンプライムやDAZNを見ているが、なんとYoutubeも見られることがわかった。

お盆で帰省した娘が教えてくれた。娘はミュージカルを見てる。贔屓のミュージカルスターがいるのだ。

娘が帰ってからは私がJonas Kufmannの動画ばかりみている。ミラノスカラ座の「ローエングリン」など全幕を見ることができる。

昔の、ホヴォロストフスキーさんとの「真珠採り」のデュエットもテレビ画面で見ることができる。これ、なかなか感動的だった。

今までは、テレビ放送を録画したものと購入したブルーレイしかテレビ画面で見られなかったのに、Youtubeにある動画なら、なんでも見られる。

ずっと流し続けることもできる。嬉しい。

もうテレビ番組なんか見る必要はないね。

(そういえば、多チャンネル時代を見越してデジタル放送強化のためにスカイツリーを建設したが、世の中はネットテレビに移行して、すっかり時代遅れ、無用の長物になりつつあるという話を読んだ)
0

2019/8/12

オーストラリア公演  音楽

オーストラリアでの「アンドレア・シェニエ」コンサート。

日本からもファンの方々がオーストラリアに行っている。ちょうど夏休みだから休みもとりやすい。

いつも情報を教えていただいている侘助さんのtwittrで、シドニー公演の様子を教えてもらった。

これは2回目の公演。



そうだろうねぇ。

そして、



だそうです。

この気持ちもわかる。


私は録画したロイヤルオペラハウス「アンドレア・シェニエ」で、飛ばし飛ばし見たりするのだが、このアリアはいつも聴く。本当に美しい。

同じく2回目をご覧になったAKEさん



また、1回目の公演をご覧になったwaiwaiさん


AKEさんとwaiwaiさんはミュンヘン遠征されたようですが、キャンセルだったんですね。それなら一層感動したでしょう。

Opera Australiaのfacebookから



侘助さんも「もう満たされたので日本に帰ってもいい」「AKEさんもすばらしい一日だった」とtweetしてらっしゃる。

「満たされた」とか「素晴らしい一日」とか、わかるよ〜。

日本でもテレビでやってくれないかな。いっそ日本で同じコンサートをしてくれないかなぁ。

言っても詮ないので、私は映画館のライブビューイングで満足することとしよう。
0

2019/8/11

METライブビューイングアンコール  音楽

毎日暑くて外出はとても億劫だ。特に暑い盛りは家を出ないようにしている。

それなのに、東銀座の東劇「METライブビューイングアンコール上映」には出かける。

何故って「ワルキューレ」上映があるから。ミーハーは猛暑をも乗り越える。

家を1時半頃出た。駅まで徒歩では暑すぎるので自転車でGO!。この電動アシスト自転車は本当にかわいい。

最近は一人で遠出の時はリュックに杖といういでたちだ。飲み物とおにぎりも持っていく。

東銀座駅では歌舞伎座方面に出て、エスカレーターで地上に出る。

今回はおにぎり持参だったが、映画館でお隣になった女性が歌舞伎座地下で買った「ローストビーフサンドイッチ」がとてもおいしいですよ、と教えてくれたので、次に行くときはそのサンドイッチを買おう。

連休真ん中の日曜日。ワーグナーなので、観客は多い。客席はほぼ埋まっていたのではないだろうか。ワーグナーと言うと、男性が多いと思っていたが、女性客が多かったですね。

休憩時間は女性トイレに列ができていた。

METリングの「ワルキューレ」はWOWOWで放送したのを録画して、もう何十回と見ている。それもジークムントの出演場面だけ。

アンコール上映も2016年に見ている。

感想はその時とほとんど変わらない。

2016年8月16日「久しぶり東劇に」


******
ジークリンデがニワトコの刺さる剣の謂れを話すところから、「冬の嵐は去り・・・」のアリアまで、ここ大好き。
******
剣を抜く場面から二人が愛を確かめ合って、フンディングの家を出るところまで一気呵成。ヨナスさん素敵過ぎる。
******

ドン・カルロやウェルテルのひ弱さは微塵もない。「英雄的」とは少し違う、「ヒロイック」とカタカナで言いたい。強くて凛々しい。精悍で、恐れを知らない。バリトンっぽいと言われる声質も役に合っている。かっこいい。

で、今回改めて気づいたことは第一幕のジークムントをジークリンデの演技だ。ねっとり濃密な表現の数々。

最初の出会いで、はっと見詰め合う場面から、からみあう視線、常にお互いを意識している眼差し、そして水を手渡す時触れ合う手や指先、見つめながら同じカップから交互に飲む蜜酒、交差する時に触れあう手、

ジークリンデが夫を眠らせてから自身の話をするあたりから「冬の嵐は過ぎ去り」を経て「ノートゥング」を引き抜き、愛を確認し合うまで、ドミンゴさん曰く「ビッゲスト ラブシーン」。

いやぁこんなに繊細に、濃厚に、愛の場面を演じあっていたんですねぇ。



2011年のこの上演の時にEMウェストブルックさんとカウフマンさんは「親しいので」とインタビューで答えていたけれど、今も沢山共演している。息が合っているのだろうね。

そして第二幕の後半。前回見た時の感想。
*******
ブリュンヒンデがジークムントの死を告げに行く場面、こういう時のヨナスさんは最強。英雄の強さ、気高さを見事に体現。そしてジークリンデへの深い愛情をこの上のない優しさで繊細に演じる。ブリュンヒンデならずとも心動かされるだろう。
*******

ブリュンヒルデが父の命令に背く決断への説得力、ありまくり。

カウフマンさんは声量がない、とか、声がテノールっぽくないとか言われるけど、このジークムントは最高でしょう。

で、やはり、フリッカとヴォ―タンのやり取りの時には居眠り、ヴォ―タンとブリュンヒルデのやり取りも退屈した。

前の感想と同じで、カウフマンさん、ウェストブルックさん、ケーニヒさん、プライズさんはとてもいいと思っている。

ターフェルさんとデボラ・ボイトさんには不満アリ。

第一幕盛り上がって終わった途端、映画館の客席の数か所から拍手が起きた。なので、私も拍手した。カーテンコールでカウフマンさんが出てきたら、映画館の中からも「ブラボー!」の声がかかった。

こんなの初めて。ライブビューイングでスクリーンに向かってブラボーと叫ぶのは勇気がいると思う。でも気持ちはわかる。

お隣の女性は「リング」が好きなのだそう。私は「カウフマンさんのファンで」と自己紹介したら、「彼は運動神経よさそうですよね」

「そこかい」と言いたくなったが、確かに他の太めの方々に比べると動きも軽やかで颯爽としている。ウィーンやミュンヘンの「西部の娘」「運命の力」でも軽やかにカウンターを超えたり机に飛び乗ったりしてたな。

映画館から出てきて、とても幸福感に包まれていた。

また、見に来ようかなぁ。でも第2幕まででいいかな。でもワルキューレの騎行は聴きたいしなぁ。

音楽の力、芸術の力は人を幸せにする。
0

2019/8/8

オーストラリアでコンサート  音楽

昨年は一度もキャンセルがなかったが、今年は、ちょくちょくキャンセルをしているカウフマンさん。

オテロの2回目7/15をキャンセル。

7/18コンサートは出演。これは iltrovatoreさんに教えていただいて、一部分をネットで見た(聴いた)が、ちょっと声がかすれているかなと思った。⇒風邪だったそうです。

このコンサートのリハーサルで、赤ちゃんを抱っこして歌っている動画があった。あんな大きな声で歌われて、赤ちゃんの耳は大丈夫なのだろうか。

次の「ニュルンベルグのマイスタージンガー」2公演(7/27、7/31)はキャンセル。ドイツまで遠征に行った方もいるのにね。本当にオペラは賭けのようだ。

今はオーストラリア・シドニーでの「アンドレア・シェニエ」コンサート形式に出演のため、シドニー行っている。これ、共演が、テジエさんにウェストブロックさんだもの、豪華だ。

オーストラリア放送局のインタビュー



オーストラリアに一っ跳びで聴きに行ける行動力があるといいなぁ。今は冬だから、猛暑からも逃れられる。言っても仕方ないことだけれども。

日本でもオペラのコンサート形式をしてくれないかしら。

0

2019/7/25

チャイコフスキーを聴きに  音楽

7月20日昼、ロシア国立交響楽団@みなとみらいホールへ行ってきた。

チケットを取った時は選挙前日なんてことは念頭になく、まして娘が遊びに来るなんて考えもしなかった。

でもチケットを購入したからには行く。

なぜチケットを取ったかというと、チャイコフスキーの4番、5番、6番がいっぺんにに聴けるなんてお得じゃない?しかも本場ロシアだから。

実を言うと、たぶん6番はわかると思うけれど、4番と5番はどっちがどっちかわからない。

みなとみらいホールに着いた。男性の方が多い。1階席は7割くらいの入りかな。私の周囲は前4席、横3席、後ろ5席空いていて、私は陸の孤島のようだった。

指揮者のポリャンスキーさんは大柄な方だった。指揮台も柵もなかった。

4番。うーん、音が揃ってない。私の席が良くないのかな。音がきれいじゃない。濁って聞こえる。またペトレンコ指揮のワルキューレはよかったな、メータ指揮の春の祭典は良かったな、と余分なことを考えてた。

でもブラボーが出た。

4番は3楽章で全編ピツィカート奏法になる。これ確かみなとみらいホールで聴いた、と思い、帰宅してからこのblogで調べてみた。2012年に同じロシア国立交響楽団で聴いていた。すっかり忘れてた。

休憩20分。

5番。これは4番に比べると格段に良かった。クラリネット、ホルンの響きがきれいだった。最後はすごく盛り上がる曲なので、大拍手とブラボーーだった。

また休憩20分

6番悲愴。初めて聞いた時は、つかみどころのない盛り上がらない曲だと思った。でもなんども聞くうちに、心に沁みる曲だと思うようになった。

打楽器が交代。女性奏者だ。確かに重労働だから、交代するよね。女性の打楽器ってカッコいい。

ファゴットの音から管楽器が重なっていく。重苦しいけど聞き惚れる。

6番は3楽章が盛り上がるので、ここでブラボーと言ってしまう人達がいるとのこと。ウィーンのコンサートホールは基本観光客、お上りさんに占められるので、3楽章の終わりにやんやの喝采ブラボーが出て、オーケストラが困ってしまった、というか話をウィーン在住の方のblogで読んだことがある。

今回は3楽章から4楽章は間髪をいれずに始まった。

まあ日本の聴衆はクラシック好きが多いので、そんなヘマはしないと思うけどね。

そして静かに終わった。6番も満足。

交響曲3つは流石にヘビーだった。
クリックすると元のサイズで表示します

聴衆は、割にあっさりと席を立ち、帰りもあまり感想を言い合ってなかった。

聞こえたのは「普通、短い曲をやって、ピアノかバイオリンのコンチェルト、そして交響曲、だと思うけど、こういう交響曲3つ珍しいね」という声だった。

とにかくお腹いっぱい。でも音楽の世界に浸りきったというわけではなく、すぐに日常に戻った感じ。余韻は少なかった。

娘が待ってるから早く帰ろう。夕食を一緒に食べなくちゃ。

さて次は何を聴こうかなぁ。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ