2005/4/29

なんとも。  大志のキモチ

なんとも・・・。すごいしずかだ・・・。仕事は進むけど、車も疎らで店ははずかしい限りの閑散とした状況。じきに隣町にドラッグストアーが進出してくることで、しっかりと店づくりを再確認しなくては。
町民のみなさんは何をしてるのかな?農家の方々は忙しいだろうし、なかなか想像がつかない。午前中、ライオンズクラブの事務所引越しをし、古い書類を少々目にした。活動ファイルには、数々の事業を行い、アクティビティ(奉仕)をしているようでした。確かに、自分も少年野球時代にライオンズクラブ杯がありました。(かろうじて今もありますが)当時の会員さんは去年から今年にかけてたくさんのかたが退会していきました。若返りを図ろうにも入会が少ないです。時代の変化で、実際、自分なんかも金銭的にはきついものもありますが、精神的な奉仕の心でこれからは活動していくのが、今の時代にあっているのかもしれないです。奉仕の心の精神の伝承はしっかりできたのだろうか??なんとも、いいがたいところです。
とにかく、この一週間、余裕を持ち、仕事の合間、考えること整理して連休明けに色んな意味で発揮できればいいなぁ・・・。

しずかなまちもなんとも複雑なキモチです。

連休は日本に残り、日本を考えてみるのはどうでしょう?(意味深)

キモチが伝わりましたら
人気ブログランキングへ!ポチッとお願いします!

0

2005/4/28

ローカルマニフェスト  大志のキモチ

明日から、大型連休のはじまりです。小さな町では、連休の話はでるものの、普段と変わらない休日なのかな?考えることが多くあります。
そんなこんなで、自分の商売の仕事も、このうちにやらなくてはいけないことが山ほどあるし・・。夜は一年で最も、何も無い日が続くので本当の気持ち、ちょっと安らぐ。前々から、興味をもち、結成大会にも参加したローカルマニフェストの勉強をしたいと思ってます。結成大会後も様々のところから資料をひっぱりだしててみても、とても必要性を感じる。私たちのまちは、分権が進んでいるということを胸を張っていえるのかというと何ともいえないし、その体制が整われているとは決していえない状況です。行政体制を整えることのチャンスであった合併もしっかりと利害関係ばかりが先立ち、支離滅裂といったような状況だったかな。本来、切り離されて、考えられなくてはいけないものも、ごっちゃになり分権を進めるには遠い議論になってしまったと思います。事実、先日の衆議院補欠選挙ではないが、住民(国民)が選挙に対する感覚などがわかりにくかったり人ごとのように思われるような選挙というのが実態で、田舎では、地縁・血縁・利権が先に立ち、本来の住民のため(が)という感覚が抜けきれません。根本的な部分が選挙であり、それが、町をつくり住民が生活することになります。
分権を進めていくことが、様々な面で問題を解決できることが多いはずですが、しっかりとした方向性がみえずらいのが現状でしょうか。そこを改めて、田舎なりの田舎の自治を確立をしなければ、この、逆風、逆流を乗り越えることができずに、将来、まちは消滅することにもなりかねない現状が今起きている。農村・漁村がほどんどの北海道の田舎がなくなっていまうことはどんなことになるのだろう?いや、その前に、やっぱり自分たちがもう一度、振り返り、考えることでしょう。そんなことで、このGWはしっかり、時間を大切に使わせてもらい、ローカルマニフェストを更に勉強したいです。

キモチが伝わりましたら
人気ブログランキングへ!ポチッ
0

2005/4/27

夕焼けに・・・。  大志のキモチ

昨日は昨日で、今日は今日でなかなか、ブログに向かう時間が取れずにコメントの返信も遅れました。(下水道はまだ、ちゃんとやってない・・)
ブログをはじめて、はや3ヶ月。はじめは町民や周辺の方々が見て、間接的、直接的に意見が欲しいし交換したいとの思いで、はじめました。実際、今も町民の方からリアクションを頂き、やった甲斐がある!と思っています。しかし、それ以上に日本全国各地でもわたしのブログを見ていただいていることで、わたしは得体の知れない、ワクワク感と同時に責任感とでもいうのか、なんというのか・・・キモチであっても、このことが、人の考えや物の捕らえ方が変わるようなことであれば、これは、本当に責任重大だなって最近、特に感じます。ジャーナリズムってなんなのかな?情報提供といいながらも情報が交錯したり、私も当事者だが、好き勝手なことをいってる。まーそれだからブログか・・・。なんか、難しく考えすぎなのかもしれないがけど、どうなのかな?事実を事実ではなく、様々な人につたわったり、両者の言い分を聞かずとも、色んな形で人は信じる。それってどうなのかな?難しいなぁ・・・。ブログにはまり、色んな方のブログを見させて頂いたし。同調できるのもかなりあるし、えーー。ってのもあるし、当然、自分の記事も人によってはえーー、ってこともあるでしょう。これってやっぱり公共性の強いものなんだろうし、インターネットの急速な普及で、今、情報は溢れるだけ転がっているの事実。そこから、必要な情報はリアルタイムで収集できることは、色んな面で貢献していることには、間違いないし、それができなければ、激流のなか、持ちこたえられない場面や立場がでてくるんだろうな。それゆえに、もっと、しっかりとした(国民、住民がわかりやすい)規制や法を整備しなおし、周知しなくてはいけないんだろうと思います。個人情報保護法がスタートして、良かれと思うことや、人のためになることでも、捕らえ方や一歩間違うと抵触してしまったりと、敏感になるが、ネット上ではとても信じがたいものがあったりしているが、即応した形では対処できないものも多いだろう。
そんな、時代の早い流れで毎日躍起になっている自分も、ゆったりとピンクに美しく染まる夕焼けにジンときて、不変の自然の美しさを思うと偉大だと感じる今日このごろでした。明日も、そんな美しい夕焼けをみたいです。

キモチが伝わりましたら
人気ブログランキングへ!ポチッ
0

2005/4/25

下水道通水式  町の話題

本日、苫前町の下水道終末処理場の通水式が行われました。
苫前町の苫前地区の整備が終了し、いよいよ、下水道が開始されます。
先の3月定例会においても条例が制定されたところです。
町民のみなさんは下水道と聞いて、し尿のことだと思っている方が大多数でしょうが、生活排水も当然、下水道を使います。河川や海の水質環境の悪化防止に務めることができます。春になり、殺虫剤を店頭に並べましたが、やはり、古丹別地区では蚊の発生があります。また、暖かくなると蝿や害虫の発生など、下水道が整備されることにより生活環境(水準)は高くなることでしょう。しかし、苫前町においては、住民のみなさんの多くが懸念するところで、受益者の負担があります。下水道が果たす役割などをしっかりと伝え、ただ、町が整備したものの住民はなかなか、理解できずに、加入率が伸びなかったりというのでは厳しいかと・・・。たしかに、ご年配の方や若い世帯の方など工事費等の出費のことを考えると二の足をふむところでしょうか?担当課も加入促進のため色々考えいるところだと思います。(整備資金貸付制度など)
風車をはじめ、自然を生かしていかなくてはと思うところ、下水道の果たす意味を今一度、町民のみなさんと勉強する機会が必要ではないか思います。
ましてや、この財政難の折、人口密集地の古丹別地区はこれからということで難題がまだまだ残されていることで、この通水式を期に考えなくてはなりません。
これまで、約36億円を投じ整備してきたものをしっかりとその役目を果たせるように町が共通認識を持てるように、していきたいと思います。それがもてないと、次の古丹別地区の整備工事には着手できないのかと私は思います。なんだろう?財政難も相まって、地区住民がどれほど理解し、望んでいるのか、現段階では、いらないと言う言葉や我慢するべとか聞きます。いろんな意味で町・議会・住民はどう理解し、結論をだすのでしょう?まだまだ話し合いが必要です。
ちなみに、札幌市の下水道東京都下水道局では、こんな風に情報の提供を行ってます。

キモチがつたわりましたら
人気ブログランキングへ!ポチッ
0

2005/4/22

自問自答。  大志のキモチ

今日は、夕刻、商工会青年部の総会があります。
私が、部長になり3度目の総会です。その準備は既に出来ていますが、色々整理してます。今年度は改選期で、おそらく改選される見通しです。管内の連合会の副会長もつとめさせていただきました。
この、3年間、私はどれくらいのことができただろう。商工業の後継者として経営を学び、時には政治・経済の講習を受け、IT戦略を学び、少ない部員ではあるけれど部長としたの役目をはたしたかどうか改めて自問自答しなくてはいけない。様々な事業に取り組んだりしたのも事実。しかし、今、苫前町において何が必要なのか・だったのか、この経験を生かして今後の活動につなげたいと思います。
やればやるほどやりがいのある、商工会青年部。しかし、そこには、しっかりとしたビジョンに中、現状を認識し今後の取り組みを今一度、精査する必要があるのも事実。そんなこんなでこんなコラムを読みました。
まさに、今、私も同じ気持ちで思うことでした。
是非、よんでいただきたいです。

今回の記事はイマイチなものですが、コラムは大いに感じるものがあります。


キモチがつたわりましたら
人気ブログランキングへ!ポチッ
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ