2005/4/11

北海道!自然・・・。  大志のキモチ

3月議会の報告もさることながら、いつも手順の悪さに反省の毎日です。
そんなこととは裏腹に昨日は実にゆっくりとした休みを過ごさせていただきました。
先日の金曜日、私は6時半に旭川で行われる勉強会(商売の)に参加するため霧立峠を通り向かいました。眠気がさすので車を止めながら景色を楽しみました。自然豊かなわが町。山や川そして海がある最高の場所と自負してしまうが、雪解けの春、いつもより雪解けが遅くまだまだ山肌には雪がたんまり残っています。毎度のことだけど、春はゴミがやたらと目に付く。それもそのはず、冬の間、ゴミの上に雪、またゴミ、雪と数ヶ月分蓄積される。残念の一言・・・。このゴミは、ほとんどが大人がすてたものに違いないと思うとまたまた残念。日本人の心に宿った捨てるというキモチはいつになったらそのキモチを捨て、物に対して尊うキモチを取り戻すことができるようになるのだろう。くしくも、そのあとの勉強会では東アジア人の体には倹約遺伝子が多く存在し、それに合った生活(食生活)を送っていないことに、現代の生活習慣病が生まれるのだと。そんなこんなで複雑な気持ちになりました。
そして、その山肌を見ると白さが目立つ。これは、なんだ??単純な話、木が無いんだ。ずるずる落ちている、ほんの小さな雪崩のあと・・・。緑いっぱいに見えるのはあれは笹だ。山は、緑は北海道の魅力のひとつでしょうが、今、この地方で山を助けることがどれだけされているだろうか?おかげで、川はにごり海は汚れる。先週も思う。サーフィンをしながら、河口の水に気をもみながら、これから本格的な春が訪れますが、山菜とりなどには(私も大好きですが)マナーを守り少なくても自然から、恵みを頂戴するのだから恩をあだで返すようなことがないように北海道大自然を楽しみましょう!
そんな、わたしたち田舎人も本当はもっと気をつけ、共存しなければいけないでしょうが・・・。

人気ブログランキングへ!ポチッ
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ