2005/4/13

小児科Part4  町の話題

本日の北海道新聞朝刊で札医大の小児科医を道外へ7名も派遣している。地方は小児科医不足に喘いでいるのにという記事がでました。記事の中で昨年取り組んだ小児科医師の常駐を求めるために留萌管内の8町村、札幌や都市部の方でこちらに実家がある方など1万4千人にのぼる署名を集めました。都市の方からするとそんな数かい!って思われるかもしれませんが、これは道立羽幌病院が地域センター病院として、その中核に位置する苫前町・羽幌町・初山別村の三町村で署名活動が発起しまして、三町村では実に70%超える署名が集まりました。いかに住民にとって深刻な状況かをうかがいさることができるかと思います。
子供を産むために、近くて40数キロ離れた留萌市での出産を余儀なくされ、周辺の町村が留萌市立病院に集中してしまうため、100キロ、200キロ離れた都市の病院で出産する方もすくなくありません。そのときのリスクを考えたとき若い夫婦にとって子作りに踏み出せないという現実が地方で起こっています。少子化に歯止めを!なんて、これでいいのでしょうか?詳しくわたしのキモチは過去に何度か記事にしていますのであまり多くは書きませんが、今回、道新に掲載されたことも、本当の根っこの部分で北海道と札幌医大が過去、どんな状況で何があって、どうだったのかは真意はつかめていません。ただ、聞き及んでいる中や、今日の記事でも道の幹部は「そんなこと知らなかった・・・」というように、明らかにコンセンサスのなさや認識がうすかったり、すれ違いだったりしていたのだろう。過ぎてしまっていることをいつまでも、とやかく言うことはしたくないです。だから、北海道はしっかり、各町村の状況の把握(北海道としてすべきこと)や町村との連携をしっかりたもって欲しいと願います。当然、今までもしっかりやっていることに理解はしているところですが、なかなか、根本からの打開策が見出せない状況なのでしょう。住民運動が起きたこの地方では、やはりその動きをきっかけとして対話や情報収集などをするなどのリアクションも見せて欲しいし、言葉は悪いですがその力をうまく生かして欲しいと思います。
そのために町やわたしたち議員・町民が協力する姿勢や行動を取らなくてはいけないし、意識の統一を図る必要があると思っています。
今、5月からお起こし頂く先生の期間についても情報収集している最中ですが、どうも、はっきりとはしてませんが、短いのかもしれません。そんなこともありまた、発起人の方々で話合いも必要になってくるでしょう。

日本全国、どこにいようが、多少の利不便があったにせよ、皆同じ医療を受けられる環境を心から望みます。

キモチが伝わりましたら
人気ブログランキングへ!ポチッ


過去の小児科関連記事
2005/02/12 小児科医療
2005/02/17 小児科常勤!!
2005/03/28 道が産婦人科医 再配置
2005/04/13 小児科Part4
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ