2005/4/21

少子高齢化って・・・  大志のキモチ

昨日、町民の方との話で、少子高齢化って話になりました。
苫前町は現在高齢化率(全体の65歳以上の方の割合)は実に33%になりました。文字通り3人に1人が高齢者というくくりをされています。高齢化ですね。
しつこく、小児科の問題を記事にもしていますが、子供の出生率が低下し子供がすくなってきています。
そこで、どうなのかな?この少子化と高齢化をごっちゃに考え、一般的にこう言われている方が多くないでしょうか?「これから、お年寄りが増えるんだから、年金やら、税金やら、若い人が子供をどんどんつくってもらわないと困る」などこんな感じであたかも、生まれてくる子供たちに老後の世話してもらわなくちゃみたいな発言を、私は聞くことが多いです。ちょっと待ってよ!生まれてくる子供たちはお年寄りの面倒を見るために産まれてくるのか?そうではないでしょう、子供たちは将来自分たちが自分たちの大いなる夢や希望の中、その時代を築くんですよ。子供をたくさん産んで、その子供たちが、たくさんの仲間とともに将来の夢や希望を語り、その時代の社会を共に築いて欲しい。だから、たくさん仲間を増やしてあげようというのが大人の筋ではないのかな??(高齢者に方々を支えないとは言ってませんので誤解なく)
高齢者には、私は心から敬意を表します。高齢化に対しては、私は、この前の老人クラブの総会でも、すでに光り輝いている宝石をくもらせないためにも、活動的に健康的に、若い私たちに助言や、知恵・知識を伝承してほしいとの願いを伝えました。そして、いつまでも、光輝き、いきいきと過ごして欲しい。そのために、高齢化という状況は変わらないのだから、是非、私たちをサポートしていただきたいし、その中で生きがいを感じ、このまちでの共存をはかる必要があると思います。私たちはそのためにどういった手立てなり、仕掛けを見つけるか、行政と共に取り組むかなどを考えなくてはいけないと思います。
どうでしょうか?少子化で困った、困ったって高齢になり、支えてくれる子供・若い人たちが減るっていうのは、いささか間違っているって思いますが・・・。
そんなことを、昨日、町民の方と話してました。

キモチが伝わりましたら
人気ブログランキングへ!ポチッ


0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ