2005/7/8

取水場竣工式  町の話題

本日、苫前町の取水場(岩見地区に建設)の竣工式が挙行されました。
現在までは同じ岩見地区にありましたが(通称:一本松)それよりも上流に建設されまして、町内に在住の方だとおわかりになるかと思いますが、ある程度、農地の上流になりますので、水質も現在とは違って、設備の向上もあり水の質は良くなります。

命の源の水ですからより安全で安心したものの提供ができることとなります。
総建設費はおおよそ3億円です。
こういったように、色々な施設の老朽化や維持補修等に今後、あちこち出てくる状況です。そのときに現状の認識からどういった形にするのがベストなのかを、私たち議員をはじめとして、町も沢山の情報と、また、町民のみなさんの意見と議論を重ねて考えていかなければなりません。

ちょうど、町の広報紙が町内にまわっていることと思いますが、前回の定例会でこういった施設の今後について一般質問しています。

今までの公共施設ラッシュから、その維持補修等の経費はこれから、大きくたちはだかります。必要なものは何か?自分たちやみんなでできることはなにか?そういった検証作業の確立も目指したいところです。


キモチが伝わりましたら
ココをポチッとお願いします!
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ