2005/7/16

とうとう・・。  

祭りだ!青年部イベントだ!と右往左往しているうちに土曜講座に参加してから1週間が経ってしまいました。なんとも早い時の流れだろう・・・。

土曜講座は、北海学園大で行われまして総務省大臣官房総務課長の岡本全勝さんの講演にはじまり、現場の主張として山本 邦彦(北海道副知事)さん・北 良治(奈井江町長)さん・逢坂 誠二(ニセコ町長)さんの報告を受けました。その後パネル討論が行われました。

掻い摘んで、私が印象的に受けたもので書きたいと思います。

岡本さんの講演から、日本の国民の資産総額がおよそ1400兆円ある。そのうち700兆円が国債として発行されている。一般会計歳入(82.2兆円)のうち赤字国債の占める額が28.2兆円(建設国債を合わせると公債金34.4兆円になります)この国債がなければ到底、現状の予算が組めない。

そして、この赤字国債は60年償還だという・・・。よく考えましょう。この借金はまだ見ぬ子供、孫、さらにひ孫の代までお金を借りていることになります。交付税の半分が赤字国債となっているそうです。

赤字国債の発行を止めるということは、同じ歳出の額でいくと公務員を全て無くするということになります(現状で)。

そこで、出の方でどこを削るかということになります、とのこと。それが、交付税の削減だったり、公共事業の削減だったり、産業・地域おこし、そして総務費の抑制だったりということです。
そして、入のほうで増税となる。

とおっしゃれていました。

ここで、私はこの論理はある意味判るし、そうなるべくしてなっていく道なのかもしれないとある程度覚悟も必要だとも思う・・・。全てにおいて言えることだと思うが、その意思決定にいたるまでの議論なりプロセスはどうなのか?地方の思いはどうなのか?地方はその現状をどこまで把握しているのか?都市はこのことを理解し、地方との共存はどう考えていくのか?システムとしてどのように確立していくのか?政治はどうか?挙げると様々なことが課題なりとしてでてきます。議論として、国(官僚)も都道府県(道州)も地方そして国民の意思を理解し、地方・国民もそのことを理解して、じゃあ、どうするんよってとこで話さなければ整合性のとれた議論とならない気がします。イコール、地方(地方議会)はこれからそういったことにアンテナを張り勉強し、地方が政策、計画を創りあげる位に変わらなければ、変えなければならない時代です。
それが、三位一体改革なのだと私も思うし、岡本さんもこの辺の主張をしていました。そういう意味では、岡本さんは私が思い描いていた官僚の方とはちょっとちがっていました。(いい意味で)(たぶん官僚の中では特殊なのかもしれませんが・・・)
話しの中では、それは、厳しいんじゃないとか思う論もありましたが少なくても原案を考えるのが地方だというこの変革のチャンスを逃さず利用すべきではないのかという発言も印象的でした。

全体的にこういった、三位一体改革・国の財政状況、地方財政計画のことなどの説明から地方にとっては痛烈すぎて、絶望感すら覚える内容となってきていることで、いよいよその対処というかあり方を今以上に真剣に議論しなければ、本当に田舎の消滅が起こりうる。そんな予感が前にも増して感じる講演でした・・・・。(悲)

いつもマンパワー的というか人。そして、その繋がりの大切さを伝えてきてます。その基本の根本の理念に、私は全く変わりませんしそれが、すごく必要で今後はそれが無くては社会を形成していけないと思うし、ここがキーポイントになるのだと思っています。
そんな中、こんなコラムがありました。↓
筑波大学名誉教授 村 上 和 雄さんのコラムです。


ちょっと長くなっちゃいました。
その後の3氏の報告、パネル討論は次回に。m(__)m

キモチが伝わりましたら
ココをポチッとお願いします。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ