2005/7/19

道立羽幌病院お産対応について  町の話題

先日、道立羽幌病院のお産の対応について
求める会で佐藤院長、事務長と懇談してきました。

地域の医療について、今後は!??
道立羽幌病院改築診療開始・医師確保の動きから。

私自身、新病院になってから外観は目にしていましたが中に入るのがはじめてで予定の時間より早く行き、ぐるぐると見ていました。やっぱり、新しい建物は清潔感がありいいですね。

設備も良くなりったとこで気になるのがやっぱり中身の診療です。一年間の活動を振り返って、これまでも、留萌管内中部近郊の住民はこの道立病院は地域センター病院として利用してきてました。
そして、住民にとっても、頼りになり無くてはならない病院としての位置付けが定着しております。色々な方と話しをしてきて、もしかしたら自分の考えがまだまだ子供なのかもしれませんが、よく「羽幌が動かなくてはいけないんだ」とおっしゃる方がとても多いです。
しかし、私はそうは思いません。確かに所在する場所は羽幌町かもしれませんが、この病院は北海道立です。しかも、利用する患者さんは当然のように中部の三町村、はたまた近郊の市町村と幅広く地域の方々の支えになっているという現実があります。医師不足の昨今、田舎においてその医師を確保することがなかなか困難な中にあって、他力本願的ではだめで、というか重要な関与を積極的にしていかなくてはいけない部分にあってはどうもその動きが見えてこないし、見えづらいというのが住民の観点でしょうか・・・。キモチがなかなか伝わってこないという印象を私も受けます。確かに、政治的な部分ではどうかわかりませんが少なくてもそんな動きについても地域住民には伝わらなかったと思います。

苫前町(近隣町村)において、必要な医療・医療体制はどうあるべきなのでしょうか?どんな考えがあるのでしょうか?今までのような漠然的なものではいけなく、生き死にに関わる問題と捉えるならば、もっと住民が理解できる仕組みを作らなくてはいけないと思います。金銭的な問題の以前に、この辺をもっともっと議論し、そして必要と感じるなら、所在する場所とは別に協力し合う姿勢や動きがなくてはいけないと感じます。(先般、懇談前に主要の三町村長との懇談も行い思いました)それぞれのまちがそれぞれの医療体制を整えるためには今や相互の協力なくしてこれからの状況で確立していくのは困難です。(当然のように住民を巻き込んだ意見収集なども)

大分、それましたがそこで、お産・小児科医療などは今回三町村の住民の方たちの熱心な動きがなければどうなっていたのだろう?と不安に思いますし、みなさんの力が結集されたものと思います。当然、各町村長や議長などの陳情行動や選出道議の働き、各自治体職員のみなさんの力がなくては成し得なかったものです。

そこで、新たに改築されスタートを切った道立病院ですが、小児科医師・産婦人科医師ともにスタッフが整ったわけです。しかし、一方でお産はかなり厳しい状況だと巷ではささやかれて、求める会としてもしっかりと回答をもらったわけでもなかったということもあり、羽幌の金木議員などと連絡を取りながら、町村長との懇談・病院側との懇談と、ある程度方向が見えました。

まず、どこの病院にかかるかは自由ですが。道立病院はご懐妊か否かを含めても外来で診察を受け、経過等相談・受診が可能です。産婦人科の医師が若手ということもあり現在は隔週でベテランの医師が診療・指導にあたるそうです。分娩に関してはリスクが少なく自然分娩へのこだわりがない方において対応が可能ということです。とにかく、検診の際に遠方の病院へいくために旦那さんに休みを取ってもらえないし困っている方にとっては良い方向といえるでしょう。経産婦の方で遠方の病院まで、陣痛が来てから車を走らすことに不安を抱えている方など、まずは道立にたよって受診することも手段の一つになると思います。今後、1年くらいで今まで不憫を強いられていた産科については万全の体制としたいと院長は語ってくれました。

安心して子供を産み育てられる環境が整うように、更には、医療において激しい格差が生じないように、地域・近隣町村みんなが協力しあって生活できることが何よりの望む形だと思っています。

キモチが伝わりましたら
ココをポチっとお願いします。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ