2005/8/31

田舎の良さは!!  大志のキモチ

忙しいと言いながら、昨日の晩は苫前町役場と我がチームのニューヨークナイツと野球の練習試合に参加。結果は負け。3−4でした。

私は、最終回に監督のはからいで、サードの守備へ。
練習にほとんど行けてない自分ですから、それでも、楽しかったです。

ナイターで行われた練習試合。人員不足で、最初から一塁塁審です。
その間、蛾、コガネムシ、蚊が私を襲う。振り払うことをしなかった私の両踝周辺はニ十数か所も刺された。



それも、そのはず。あたりは自然に囲まれた環境だから。
球場の明かりに誘われてきた虫は大自然の中のごく一部に過ぎない。
想像絶する数の虫や生き物がその大自然の中、今も生き抜いている。

私たちが普段、食するもの、生活するための建物、様々なものがその大自然から頂いているもの。

その中で生活する私たち、不器用で、習慣が根強く、そして、自然を知る田舎者。時には、時代の中で流され、反発し、それでもやってきた。

どうなんだろう?その精神を根っこから崩さない限り、都市の人たちと共存できないのだろうか?

どうなんだろう?もっと都市との交流をしながら、理解してもらうことはできないのだろうか?

人は皆、助け合い、凭れ合いながら生きていくものではないのか。それは、形ではなく、精神。それが生きる全ての原点のような気がしてならない。

先人や亡くなられた方々を偲び、今を築いていることをもっと重んじれば、田舎に住んでいようが都会に住んでいようが、この国で生活していることに変わりが無いはず・・・。

どんな子であっても、どこの子であっても、希望・生きる喜びを持てる社会を築いてあげることが、大人の使命と思う。

田舎の良さは、生きる原点・生命の原点、そう大自然が教えてくれること。


私は、そんな田舎を無くしたくはない。みんなにとっても、無くなってしまっては困ることだと今現在、常々感じずにはいられない。

しかし、こんな気持ちは、もはや通用しないのか。多くの人はそう思っていないのか・・・。
そんな、日々を私は送っていることに物凄く廃れ者になっていくような気がしてならない。


キモチが伝わりましたら
ココをポチっとお願いします。
0

2005/8/29

第3回座談会終了。  大志のキモチ

先日から、連絡しておりました3回目の座談会を行いました。(26日・金)
参加くださいました方、本当にありがとうございました!!

前回、第2回に引き続きまして、お題は、まちづくりでした。
具体的な方法や、これからの考え方の例として、古丹別地区の公園の課題を挙げて話をしました。その際に苫前町の財政状況(今後、近い将来の財政的な行方を含めて)の話をしたり、取組中のまちづくり基本条例の話をしたりしました。

参加者は実は、前回同様で2名で、その後、いつもの居酒屋に流れてから、前々会参加の方が2名仕事の都合などもあったりとで、合流しました。

まずは、継続することが大事だということで、参加者から
意見をいただきまして、心強く感じまして、力をもらいました。

そこで、周知の方法や伝えることの工夫もしてみよう!というはなしで

・開催前に人が集まるところや、街頭などで、周知するこはどうか?
直接、案内分をいただくと、キモチの伝わり方が違うのではないか?
江見健太郎さん(リンク頂いている宝塚市議さん)のように「だいし新聞」を作り同時に伝えたいことを簡潔にわかりやすくまとめお知らせするのは?

などなどと少数ですが、意見の交換を行いました。実際に実現が可能だと思われます。法務的な確認をし、なんとかみなさんに伝えていきたいと思います。

意見交換のなかからです↓

・公園を町民の力で作ることは?
各団体の活動としては、これまでも、なかなか機能していかなかったりなどがある。オンブズマンのようなまちを考える団体が立ち上がることが望ましい。
行政に頼るところと、自分たちが手がけることをしっかり見据え議論することでなんとか出来るのではないか?是非、公園をつくりたい!
こういった活動がこれからの地方分権社会を築く、一歩となる。沢山の方が議論に参加してほしい。

・これからのまちづくりについて
自分のまちのことは、自分の生活に大きく関与する、極めて重大なこと。気付いてからでは、遅いという現実がすぐそこにあることをわかっている以上はなんとか、この町、地域に住むことを考え、出来ることをやりたい。
それでもなお、ハード的なことが多い。来年度以降もそういったハード的なものが盛り沢山になっているのでは?どうしたら、そういったソフト面でのまちづくりの精神とリンクしていけるだろうか。財政的な視野も当然のように考えるべき。

雑談的に、話しを交わし他にも意見がありました。少しでも多くの町民のみなさんが自分たちの町、そして自分たちの生活の中で、田舎(地方)で生き抜くために、今、考えなくてはいけないことがたくさんあります。田舎がなくなると都市も困る!?とそれとなくみなさんも、思っている。その田舎は今後どうしていかなくてはいけないだろうか?地方分権、三位一体改革、各審議会などシグナルは出ています。自分たちの手で自分たちの町の構図をつくり行動!そのために、どんな権限が必要かいくらのお金が必要か、もうお金が必要でないものは何か、町や道や国にお願いするものそうではなくなっているものは何か、誇りや希望をどうもつのか、分権社会になった以上、北海道や国と対等に議論できるようにこれからの田舎はビジョンを持ち行動したい。

衆議院選挙、郵政そして年金、社会保障など様々言われています。
私は、今、この立場だから、地方分権・地方自治の方向や政策は???三位一体改革の具体的な部分は?市町村合併(新法期限まであと4年半、決断などの期間を考えると遅くてもあと3年少々)・道州制についてなど、この田舎にとって重要な部分がアピールされていない。しかし、北海道から、民主党(地方分権についてマニフェストで積極的に書かれている)の比例1位にニセコ逢坂町長が出馬。どうしても、興味がもたれます。この意味はすごく大きいのだと感じずにはいられません。


キモチが伝わりましたら
ココをポチっとお願いします。
0

2005/8/24

色々あって。  大志のキモチ

予定が詰まっていて、ネタがたくさんあるのですが、小出しで。

今日は、午後から指定管理者制度の講習会があり、晩は苫前地区でまちづくり基本条例と消防古丹別分団の訓練となっています。

晩に説明会に出て、会場の町民のみなさんの様子や意見を聞いてみたいと思っています。古丹別地区は参加が2人だったそうです。・・・。
苫前地区はどうなんでしょうかね。

土曜日のニセコの山本さんの講演会は結構、講聴者はいましたが、たしかに何らかの委員等にも属していない住民は数名だったかもしれません。
内容としても、ニセコ町における、まちづくりの姿をとても理解できるように伝えていただけたと感謝しております。
山本様に感謝申し上げたいと思います。

パワーポイントを使いながら、条例の制定までの過程や具体的な内容(施策実践等)の説明などをしていただきました。

【都合で参加できなかったがいらっしゃいましたら、私でよければ、お話ししますので、是非、連絡ください。】

講演の中で、私が感じた大事な部分
制定にあたり、きっかけがはっきりしている。
→ふるさと創生基金からだそうです。
自治=自ら考え行動する、必要なものは情報共有と住民参加と確固たる信念が存在する
→住民は情報を得て、考え議論し、また、情報として発信し流れをつくる。
基本条例は住民自治を行う上で住民の権利として裏打ちするもの。
→ここで、誰もが納得できるまちづくりということで、知らないうちになんか建物がたっていたなんてことがないように等とのことで、自分はその考えとは合致しないが、説明・議論を十分にし、納得できるようになくてはいけないとのことでした。
・ニセコ町の広報・広聴活動はしっかりと理念がある。
→住民参加、情報共有を町民の目線で考え行動しています。

他にも数多くありましたが、なにより、条例制定以前に職員が住民参加・情報共有について意識をもち行動していることが、とても重要だったと私は感じました。残されたわずかな時間ですが、どこまでこの辺の部分を職員・議会(苫前町は議会・議員の責務を条文化しています)が認識し、考えることができるのか、私の最終的な判断としての焦点になると確信しました。実際、町民に条例自体の理解をしてもらい、考えていただくことは時間がかかることです。今回は、そういう意味でも、行政が主導する形をとったのですから、少なくても今後の展開(実際の行動)のビジョンなり具体的な策はトップの町長や議会は持ち合わせていなくては、最初に懸念したとおり、掲げたものに成りかねないというこです。私も若干、考え方を変えてその後の行動を重視していきたいと思っています。しかし、くどいですが、その制定に最低限必要な、職員・議会がどれだけ認識をもち、取り組む姿勢を私だけではなく多くの方に伝えることができるかでしょう。そして、その後の施行前から、実際の行動すべきだし、制定にかかわらず苫前町の掲げた、4つの理念(町民が主役・協働のまちづくり・情報の共有・町民参加)のもとに行動しなくてはなりません。
条例制定でたくさんの政策議論ができ、議員としての権能を再度見つめなおし、活動していきたいと考えています。

昨日の西山支庁長の講演後、職員のオフサイトミーティングに飛び入りで参加させていただきました。みなさん、しっかりプロとしての意識を持ち職務についていることを実感しました。こういったことが、多くあることで、この条例の意義や行動を考えることに繋がると感じました。この辺はまたの機会としまして、なんとか頑張っていきたいです。

誤字脱字などあったらごめんなさい。駄文で読みにくくなってるかもしれません。(^^:)

キモチが伝わりましたら
ココをポチっトお願いします。
0

2005/8/20

駒大苫小牧おめでとう!!  

駒大苫小牧 
 夏の甲子園2年連続
 全国制覇おめでとう!!!


君たちはまた、北海道そして全国に感動と希望を与えました!!
胸にこみ上げる感情を抑えきれずにテレビの前で自分も雄たけびをあげながらみていました。

林キャプテン!すごいね!重い重いプレッシャーの中、厳しかった北海道大会を勝ち上がり、甲子園では、はつらつと本当に楽しみながら、そしてすごい集中力で本当に頑張った!
見ていて頼もしく、そしてうれしくなりました。厳しかった、辛かった、そんなことを乗り越えたからこそ野球を真に楽しめたんでしょうね。
香田監督含めて、その謙虚さとひたむきなプレイで付いて来るものが付いてきた証です!奇跡でもまぐれでもありません。本当によく頑張ってくれました。

明日からの、生活の力となり、私も頑張れるような気がします。

感動と勇気と元気をありがとう!みんなの人生においてすばらしい経験となることでしょう!

おめでとう!!!!

追伸:林君!ファイターズで待ってるぞ!

駒大苫小牧おめでとう!!
でココをポチっとお願いします。
0

2005/8/19

現役戦隊ヤルンジャー  町の話題

本日、8月19日は『バイクの日』ということで、苫前町役場駐車場において「現役戦隊ヤルンジャー」とボランティアサークル団体が、ツーリングをしているライダーに”シルバー喫茶”と称し、苫前町の特産品のメロン、スイートコーン、ミニトマトなどを提供し頑張っています!!

現役戦隊ヤルンジャーは今年、結成されて構成メンバーは各地区老人クラブの5名で結成されています。高齢化率が33%を超えたわが町にとって、その名のとおり現役でまちづくりに関与して、協力いただけることはすごいことだと思っています。

小さな子供との散歩会や今回のような地域の存在を訴える活動。そして、健康・福祉に関する活動など、活き々としたその姿を見せていただけると、本当にパワーを頂きます。その経験豊かなみなさんから伝承していただくこと(精神や伝統など)があります。

受け継いだ私たちは今の時代を築く一員として、更にまちづくりに参加し、この町ですっと生活していけるように頑張りたいものです。

ヤルンジャーのみなさんとともにもっと老若男女問わずに交流し、理解し合い、まちを創って行けることになるとどこかで、突破口も開けるような気がします。

ヤルンジャー頑張れ!!
でココをポチっとお願いします。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ