2005/9/20

いよいよ決戦。  大志のキモチ

明日、9月定例会です。

提案される議題の多くは条例案で

指定管理者制度(←以前の記事にリンクします)に伴う各施設の条例が4件
・ななかまどの館(古丹別地区)
・若者交流センター(高校横、学生の寮・古丹別地区)
・生きがいデイサービスセンター(幸寿園隣接・苫前旭地区)
・ふわっと(苫前地区)

ここで、前段の全員協議会において、私の発言は、選考委員会の要項はどんなものになるのか。選考委員の人選、公募参集範囲などです。
この、制度を上手に活用とすると、確かに、施設自体の専門性や経験などが必要になる施設が多く、それ故に、仮に町内の業者と限定すると公募に応募する業者等がどうしても、今までの委託業者の他になかなか出てこない状況と予想してしまいます。そこで、道内に範囲を広げた場合どうか?そうなると、専門性や経験豊富な業者が沢山あり、先進的な運営が期待できたりします。しかし、地元の事情をどこまで把握できているかや、地域感情から、地元業者優先たる見方が多いではないかなどがあげられると思います。
したがって、この辺の具体的な要項に対しては、もっと議論する必要があると感じています。協議会では、その要項に対する、再度、協議を願いました。

ダム、用・排水路設備の借金の返し方について(直轄かんがい排水事業)
・町の財政状況が逼迫している中、毎年、償還を行ってきましたが、このほど、過疎地域自立促進市町村計画(人口の著しい減少に伴って地域社会における活力が低下した地域の自立促進を図り、もって住民福祉の向上、雇用の拡大、地域格差の是正及び美しく風格ある国土の形成に寄与することを目的としています。)にこの事業追加し、いわゆる過疎債を借りることで、繰上償還をするものです。これにより、今までの利率から差し引いて1億数千万円浮くことになります。
苫前町には、産業振興基金があり、この基金の一部から一般会計に計上できるようにします。一般財源が必要で、現状、この一般財源も基金を取り崩さなくてはいけません。

そして、

まちづくり基本条例の制定です。

これについては、前回記事を見てください。

一般質問も行います。(←前回記事にリンクします)
三位一体改革についてです。

これは、町民のみなさんにとってみれば、なんのこっちゃ??って感じかも知れませんが、すごく重要な改革です。
ともすれば、本当に、生活が変化していくかもしれません。(財源不足などの理由で)その中で、町民のみなさんをはじめ、私たち議員、職員などもどのようにまちのことを考えていくか、町民の皆さんが本来、していくことは何か?議員がしていくことは何か?職員がしていくことは何か?町長がしていくことは何か?それぞれが、今・今後の状況の中でお互いが協力しながら、町を運営していくことに結びつきます。

後は、平成16年度決算、17年度補正予算があり、教育委員の任命などです。


決戦というのはちょっと大袈裟ですが、改革に対する町(町長)の考え方やまちづくり基本条例の制定について、討論など、まちの行く末・目差す考え方が出るであろう議会になると思います。(といっても、そこを引き出すことが出来るか私の引き出し方もあるでしょうが・・・)
傍聴可能な方は是非とも傍聴しにきてください!!
(条例が制定されれば、積極的にこちらから情報の提供をしていくことになるはずですけど・・・!?)


長くなってごめんなさい!

またまた読みにくくなりますね。(苦笑)

キモチが伝わりましたら
ココをポチっとお願いします!
0

2005/9/19

町民と!  大志のキモチ

先日、先輩、同輩、後輩と酒飲み交わし、語りました。
ひょんなことから、このブログのはなしが出ました。

文章能力の無さを感じたり、または、話が難しいなどという、生の声をいただくことができました。そのとおり!確かに注釈がなかったり、行政的な専門用語を当たり前のように使っている。これじゃ、せっかく読んでいても、長くなる話になったりすると、ついつい、とばしてしまうということ。

自分も、もっと親切にわかりやすいものに、心掛けようと改めて思います。それをすることが、これから、町民みなさんたちがこの場所で生活(日常生活・仕事・遊びなど)するために、必要な、やらなければいけないこと・町民の皆さんが感じるために私の仕事があると考えています。

まして、この町民の行為(知ることや、意見をすることなど)の権利をルール化したものが「まちづくり基本条例」です。

沢山の町民の方と意見交換し、すべきことの認識を持ちたい願っております。

それでも、このブログの存在や意義に評価くださってくれていて、ご覧になってくださっていることに感謝します。

なかなか、コメントを書きにくいところで、こうして、顔を突き合わし、酒を呑み話することが私という立場からも、重要なことです。私は、下町(飲み屋)に行くことが多いので、沢山の町民の方と顔を合わせますし、もう一つ、薬屋の店頭にたっていますので、もっと色んな場面で、みなさんと沢山意見交換がしたいです。

よろしくお願いします!
0

2005/9/16

弟の帰省。  大志のキモチ

私の弟が今日、帰省してきました。
2年間道外へ勤務していて、2年ぶりの北海道

そして、今月、結婚(入籍)。
めでたく、自分もうれしい限りです。

2コ下の弟で、小さなころから
ずっと遊んでましたから、色んな思い出があります。
(ケンカしていたことの方が多いかな)

自分は、中学で親元を離れ、弟と生活したのはほんの10年少々でした。
弟も、同じく中学で親元を離れ札幌の高校へ行きました。

これで、私の姉が一番に嫁に行きましたが、兄弟3人ともに
結婚をし、盆正月なんかは、にぎやかになるでしょう。

お互い、大人になってから
話ができること、酒を呑み交わし
楽しい時を過ごせるでしょう。

楽しみです。
0

2005/9/15

一般質問通告しました。  町の話題

9月21日から議会定例会が開会されます。

一般質問は、色々考えたあげくに
市町村合併については、次回、12月に予定を変更し
今回は『三位一体改革』について質問することにしました。

町民のみなさんにとっては、三位一体改革の言葉は聞いたことある。
でも、中身の詳しいことまでは、わからない、なんなんだろう?と思うところもあるかと思います。

この改革は、小泉総理が掲げた改革の一つです。

郵政改革を焦点にした選挙戦で自民党が大勝したわけですが、その中で地方(田舎)が不便になるとかならないとか・・・。郵政だけではない、改革が進む流れが整ったとするだろう。
田舎においては、この三位一体改革をしっかりと認識し、対応していくには、自治の精神、住民自治の確立といった、住民の支えがなければ(まちづくりの精神)中身の財政改革に対応しきれなく、旧態依然の形で財政運営をしていくと、それこそ郵便局とかいうことより、しんどい状況を迎える可能性が高いと私は思っております。

それ故に、しっかりとしたビジョンをもち、こういった改革に対しても、いつでも対応できるだけの考えをもっていなくてはいけないし、なおさら、国や北海道に対しても、意見なり提言なり行い、その権限と、同じテーブルについた議論をしていけるようにすべきと考えます。

なにより、町民のみなさんのためになるよう、議論を後手後手にしてはいけません。メスの入れ時を見失わないように。

見失ったとき、町民にとって喜ばしくない結果に成り得まいか?その辺の考え方を確認したいというのと、来年度予算編成がそろそろはじまるなか、そういった国・北海道の状況を分析しながら、近々・中長期的な財政計画に折り込み、すべきことを見極めなくてはいけないと考えるため、質問したいと思っております。

主張として、もう少しありますが、また、議会が終了したときでも、また、ブログで記事にしたいと思います。


一般質問、うまくいくかな??
でココをポチっとお願いします。
0

2005/9/14


僕は、よく涙を流す。

僕は、涙の意味を知っているようで、知らない。

僕は、それでも、涙を流す。

僕は、涙を流すことに抵抗は無い。

僕は、ずっと涙を流す。

僕は、実は涙が好きだ。

僕は、素直に涙を流す。

僕は、涙に救われるときがある。

僕は、だから、涙を流す。


弱いとは思わない。

人間って涙を流す。

涙は、素直になれる。

色んな涙があること。

涙は、成長する。

感情は、すべて涙で解明する。


涙を流せる人になりたい。

心底、素直に涙を流したい。

うれしさ、かなしさ、くやしさ、孤独、感動、そして愛・・・。

だから、


僕は、涙を流す。
涙の意味を悟ることが、人生なのかと
思う今日この頃。



キモチが伝わりましたら
ココをポチっとお願いします。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ