2005/9/10

妥協するわけにはいかないんです!  大志のキモチ

昨日は、私にとっても、苫前町の町民にとっても重要な日でありました。

それは、予てより何度も記事にしてきた「まちづくり基本条例」の議会における協議でした。

本来だと、会議自体、1回で済むはなしではありません。

当然、私は何度となく議論を重ね、検討し、苫前町が目指す町の姿に対して、議会はどう対応し、行動し、この憲法たる、まちの最高位に位置する条例を制定すべきか。そして、その4つの基本理念をもとにどんな行動を裏付けとしてやりとげるかと沢山の時間と議論を重ねることを願ってきました。

しかし、みなさんに私個人として謝らなくてはいけません。
あくまでも、私個人の謝罪です。
大事な大事な条例なのに、こんなに議論不足なまま条例提案されることが、みなさんにとって無意味なものになる可能性が高いまま、この難局を乗り越える大事なツールを、こんな状態で制定することは、町民のみなさんに申し訳ない。
期待するところは、この後、職員のみなさんのがんばりです!
昨日の議論で、この基本条例に制定に向け、議会としては、今までと変わらないという方向になりそうです。
私は、たいした頭が無い中でも、いくらでも、町民のみなさんと情報を共有するため、そして、町民が参加しやすく、みな一体となって、町民が主役になるために議会として出来る行動(施策)を考えいきましたが、それを提案するまでにも至らなかったわけです。

残念でたまりません。
私は、まだまだ甘い。詰めも甘い。訴え方、プレゼンの仕方も下手。相手に思いが伝わらない。本当にだめな議員です。
申し訳ない。
あやまって済む問題ではありません。

こんな無能な若造に401票もの未だかつて無い、票数でトップで当選させてくださった町民のみなさんのために、私は何ができたのだろうと自問自答を繰り返し、結果がこれだと、本当に自己嫌悪に陥ります。

しかし、本議会が終了したわけではなく、これから行われるわけで、みなさんのために今、しなくてはいけないことが(基本条例の制定において)自治であるならば、自治本来の、住民運動や住民意識を高揚させるために一致団結しなければいけないところ、その声が私にはまったく聞こえない!

本議会で、私は、その決着をつける。それがだめなら、民主主義のルールにのっとり、この条例が生きていくように協力を惜しまずがんばりましょう。しかし、クリアされておかなければいけない諸事項の早期確立をドンドン訴えていきます。覚悟してほしい。

さしあたり、そのクリアされていなければいけないことの最たるものは、職員の対応です。常に4つの基本理念を頭からはなさずに、町民に対し、まちづくりのために必要な行動を取って頂かなくては困るし、そうされていなければ、私は、時には、形振り構わず、指摘を行います。これは、条例が制定されるからです。それだけ重みのあるものです。しかし、対応していけるとのことでした。(私は現状で対応できるとはおもいませんが・・・)

9月議会での、わたしの気持ちは固まりました。
議会において、どれだけ、わたしの意見が通じるか。
この、キーとなるこの時期・そして、この条例に妥協するわけにいきません。
本質はどこなのか?
町民の皆さんに対して、愚弄した意見などを聞く耳はわたしにはありません!
もう遠慮はしない、恨まれることも出てくるかもしれないが、遠慮はしません。

なんのための条例だ!!!!!!
悔しい!!!!

0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ