2005/10/31

思い出・・・新聞配達&東京  大志のキモチ

雪が舞いはじめる時期いつも思い出す。

私が高校3年の時・・・。

既に薬科大学進学を断念していて、自分は薬屋を継ぐために必要な薬種商でもいいんだ。要は苫前町に帰郷したいんだ。幸せなことに自分家は自営で店があるからな・・・。

何校かの専門学校の学校案内を取り寄せた。大阪、東京、札幌と・・・。
はなから札幌に行くつもりはなかった。
滝川からちょくちょく行っていただけの理由。

どうせ、行くなら東京に行ってみたい!大阪でもいいな!

よくよく考えたら、今までは下宿代を親から出してもらっていたけど、東京・大阪じゃそんなわけに行かないよなで再度、断念しかかっていた。
もうこれ以上、親には絶対負担をかけたくなかったのである。

そんな時、そんな私の心境を知っている進路指導の先生からある一冊の資料をもらった。
「読売新聞 新聞配達奨学生 募集!!」「学費は全額店が負担!」(みたいな・・記憶がちょっと・・。)
要は、新聞販売所に住み込みで配達業務等をすれば学費は店がもってやるよということ。しかも、住み込みだから家賃がかからない。

「これだ〜〜!!よし!東京行きだ!」
ということで、決意を固め日本医歯薬専門学校の入校を目差したところ。

新聞奨学生!なんともありがたいもんだった!
実際、私は中野区のとある販売所に勤務が決定。
即日、あしたから3時まで(夜中の)に販売所に来てねと従業員の方から言われ「はい!」・・・(あれ??パンフレットには4時半の起床ってかいてなかったけ?まー最初だから当然だ。仕事覚えなきゃないしな)
3時出勤、唖然とした。
なんだこの部数!!(300部を余裕で超える数)とそのはず、自転車の前カゴから天井までとどくタケノコが2本・・・、実は新聞。田舎もんまるだしで販売所の笑いを取る・・・。笑い事ではないって!配れるかなぁ・・・。

細かいことはいいとして、結局は3日で配れるようになったんだけど、大きいタケノコ作るには1カ月くらいかかった。順路を覚えるのも一苦労。

時は過ぎても、午前3時出勤は変わらず、7時まで朝刊を配達。9時までに学校へ行き、3時半に大急ぎで戻り夕刊を配達。それぞれみんなが戻った順に次の日のチラシの折込作業。7時頃終了し、ある時は飯食わずに集金業務。9時半にあがり、風呂に入り新宿・渋谷方面へ。終電か友達の車で2時とかに帰宅。1時間ほどの仮眠でまた、配達へみたいな馬鹿なことやってました。

タフさを身に付けたのもこの時か・・・。

学費を差っ引いてもらえるお金が集金を頑張ると実に10万円を越す。当然、家賃は無い。なんとも仕事のしがいがあるという感じでだった。
お金のありがたみを身に染みて感じた。

そして、なにより新聞配達をすることで東京の人情に触れられたことが何よりの経験。田舎ではない地域の近所のつきあいや活動。すばらしい経験をさせてもらった。

なんだか、全然、関係の無い話しとなってしまいましたが今の私がある、社会人としての礎を築いてくれた経験、新聞配達そして東京。(学校の勉強も・・・)

この時期また思い出してしまいます。

おい!いつ寝てたんだ!?で
ココをポチっとお願いします。
0

2005/10/29

新聞作りと白鳥の南下。  大志のキモチ

今日は終日、店舗勤務で通常溜まった仕事を片付けながら、参考資料・議会資料の整理を少々と、新聞作りをしていました。

グワーグワーグワ〜〜〜!

なんだ!?
そうか、もう11月になるんだもんな。

白鳥の南下がはじまってきた時期です。

今日は幾つもの集団が苫前町上空を通過していきました。
Vの字になる姿は圧巻するものがありますな!

「がんばって飛んでねーー!」
息子が叫ぶ中に
自分もがんばらないとなぁなんて思う出来事でした。

さてさて、新聞作りは、実は初めてではなく、後援会向けのものを2度作ったことがあります。しかし、次に繋がらずあえなく休止していたところ、しばらくしてブログに挑戦ということになっていったわけです。

私のブログにちょくちょく出る、宝塚市議の江見健太郎さんが新聞を作り駅前などで配りかつどうしていることを知り、超多忙な中データを送ってもらい、いわゆる「パクリ」で自分も再度、町民向けの資料として再スタートをきろうということで取り掛かった次第です。【江見さんありがとうございます!駅前議会など斬新な取り組みも勉強になります!ブログはこちら→現役最年少議員のホンネ日記 宝塚市議会議員 江見健太郎

座談会&新聞等で直接町民のみなさんと接し、日頃の思いや情報をブログで発信。ついでに、このブログを書籍化しインターネット環境にない方へのケアとして貸し出しを行う。

色んな形で、町民のみなさんが情報を掴めるように、そして町政に対して色んなアイディアや考えがでてきたり、議論できたりすることが私の目差す形です。当然その中で、私の考えを主張することでダイシは何を考え、どうしたいのかということも知っていただきたいということもあります。

色んなことを試みてみようと思っています。中にはボツになるものや理解されないこともあるかも知れませんが、まずは行動!!ということで、動かなければ人のことを言えず、それも机上の論理に成りかねないなと思う次第です。

出来の良し悪しはわかりませんが、近々完成の見通しですので町で私を見かけたら、話しの種に、資料(新聞)を見てみてください!(*受け取ることは強制ではないのであしからず)


行動せんことにゃ話しにならんぞ!
ということでココをポチっとお願いします。
0

2005/10/28


秋が深まりを増す
一年がとてつもなく早く過ぎる
そんな感覚を覚えるのは
一年一年経験を重ねた証だろうか
充実しているのか
慌てているだけだろうか
もがいているだけだろうか

それでもやっぱり
時は過ぎ待ってはくれない
酷といえば酷に感じる時もある
人の心はそんなに早いものなのか
時間とキモチは得てして
比例するものではなく
一頻り酔った自分をみつめる

私が地球の一部なら
変化と不変のなか
居られることの感謝を持ちたいもの
わたしは自然になるべき
順応しきれなかったとしたら
枯れていくのか
枯れたことの原因に気が付いた時
後悔しない世界であって欲しいと
願いつつ

わたしは今日も生きる


しんみり系だね
でココをポチっとお願いします。
0

2005/10/27

今一度しっかり認識したい!?  大志のキモチ

まちづくり基本条例が今月から施行(スタート)しています。

町・町長・町職員・議会・議員、そして町民がそれぞれの責務を全うし、まちづくりを進めるものとして、最高規範性をもったいわゆる憲法たる、この町にとって重要な条例が定められました!

その理念として、情報は町や議会だけが独占してはいけなく、情報は町民全体の共有財産であるということから「情報の共有化」「町民参加」そして住民自治(地域の課題を地域のみんなが協力し合い解決するなど)に向け「町民が主役」そしてまちが一体となった「協働のまちづくり」です。

この理念の実現に向けた取り組みを展開すると同時に細かなことでも、最高の条例である以上全てにおいてこの条例の趣旨にのっとり考察しなくてはいけません。

当然、町にとって良くも悪くも大きな課題や意思決定する際、または重大な施策にあっては当たり前のように町民のみなさんにその情報は提供されるのが本筋と私は理解ししてそのための情報の共有化の推進(条文化されています)の遂行がなくてはとの認識でおりました。

先刻の決算委員会後、平成18年度に取り掛かる予定があるものの大きな案件が報告(2度目)されました。(この案件は予算が付いてからの説明では大きな問題に発展するおそれがあります。容易なことではありません)これから本格的な平成18年度予算査定はじまります。その際こういった重要案件は既に町、議会はその情報の元議論され、関係団体や町民のみなさんのなかにも、そういった案件があることを知っている方もたくさんおり、条例の趣旨や条文化されているもの(情報の共有化の推進・意思決定における説明責任&意見募集・財政状況の説明など)から考えても、必ず町民の皆さんに情報が提供されることは当たり前に行われ、ついてはパブリックコメント(意見募集)が行われるものと私は認識しておりました。こうすることで町民の多数の方が納得し、透明性が確保され、納得できないまでも「そうするしかないか」とか「しゃーないべ」など理解してもらうことがとても重要だと私は思っておりました。

そういったものが平成18年度に向け幾つか、なん時かやるべきときが制定後すぐあることは容易に予測できるわけです。

わたしは「まちづくり基本条例」はこれからの分権社会(国から地方へなど)を乗り越える、または時代の流れの中あるべき姿(システム)を作るために必須なものと考え、大いに賛成するところです。しかし、その前提にあるべきものがあまりに不足(議論・理解・以前の取り組みなど)している故に、議会採決では反対しました。〔この詳細につきましては以前にも記事にしました→反対したワケは に書いてありますのでクリックしてみてください〕

そんなこんなで、わたしの認識している「まちづくり基本条例」と、現実スタートした中で取られた(る)取り組みにすっごいギャップを感じています。

自分なりに短い期間での制定を議決後は覚悟し、一新まちづくりのため力を注いでいこうというところ・・・・。今一度、町全体がこの条例の認識をしっかり持つべきと強く強く感じました。

策定委員さんや町民のみなさんも昼夜頑張ってくださったんですから!!

第4回西大志座談会の開催時期を調整しております。
近々お知らせいたします。



それでも前に進みましょう!!
ってことでココをポチっとお願いします。


0

2005/10/26

家族に例えると・・・。決算審査を終えて  大志のキモチ

決算審査は認定され(OKですよ)ました。

私からはいくつかの注目する事業や16年度苫前町はこんな風にやっていきますよという(町政執行方針)のと照らし合わせながら、政策的な評価・課題、次年度の予算に繋がる、若しくは繋げるためにどうだったかということに終始しました。

それを受け、全体的なバランス(収支)はどうか、というところを質疑しました。

事業はそれぞれ、町民のために展開されているものでした。社会教育関連(子育て支援事業など)はお金をかけずとも町民に身近で町民が参加してきて、そこをサポートする形、または一緒に考えるなど、町の財政が逼迫している中にあってはまちづくりの根幹となる事業展開がなされておりました。感謝です。

バランスはというと、私は財政学を学んだわけでもなんでもないですが、やっぱり心配となる結果だと思いました。

簡単に、町は約43億円ある歳入のうち約61%が国からの交付と町債(借金)が約13%この二つを合わせて74%にものぼります。
自前の財源として町税は8.6%です。

歳出、公債費(借金返済)はかなりウエイトです!全体の30%その他は教育費や農林水産業費、総務費、民生費と使われていきます。

身近なことで例えるてみます。日本を家族と例えて

同じ兄弟(市町村)がたくさんいて上の兄ちゃん(都市部や交付税不交付団体)はお金(自前の税)を稼ぐことができます(愛知・豊田市など)兄ちゃんのとこは、そのお金などで兄ちゃんの家族(市民)のために教育に当てたりお年よりの施設をつくったりしています。
僕たち(苫前町など)そんな兄ちゃんたちに旨いもん作ってたべてもらうことや(農林水産業)息抜きする場所(観光)などを糧に日々頑張っています。当然そんな僕が好きだからいるんですけど。でも、そんな都会の兄ちゃん家みたく僕の家族(苫前町民)に色んなこと(教育とか福祉とか)してあげるだけお金をかせげないんだ・・・。
そこでお父さん(国)は兄弟がどこでどんなことをしようと子ども達は平等なんだ。兄ちゃんたちみたくできないのは条件も違うからその分はお金出すから同じくなるようにやりなさい(地方交付税)。ってなっています。
近頃は、それでもたくさん借金(公債費)して色んなもの建てました。そしたら今、お父さんはお金が無いらしいです。お父さんの周りの人たちも田舎の子どもたち(地方の自治体)に送るお金のやり方考えない(三位一体改革)とお父さんもドンドン厳しくなっちゃうよっていってるんです。
兄弟同士一緒にやってみる(市町村合併)とか、色んなことで変わるよう(地方分権など)に、自立できるようにって言うんです。送られてくるお金(地方交付税)に差もつくようで、お父さんが考えているのは最近お兄ちゃん(都市)たちのことだったりと僕(苫前町)もしっかりしなくちゃいけないんだって思っています。だって、今、送られるお金(地方交付税など)が減らされるってことなのに実は、たくさん借金しちゃって全体の30%も借金になっちゃてるんだもん。
僕(苫前町)の小さな家族(子どもたち)に相当のことをしてあげられるだろうか、家族みんなでできることを協力して問題解決できるだろうか(住民自治)というところが今のことです。
僕たちはそのために憲法たる、家訓をつくりました(まちづくり基本条例)お父さんから(国)、兄弟みんな同じく暮らせるように送ってくれるお金(地方交付税)が無いとやっていけないし、現状絶対必要なものになっています。でも、お父さんの懐事情を考え改革を進めているなら、僕らもやっぱりその事情はわからなくてはいけないのが現実です。その上でお父さんに色んな意見を言っていかないとね。
近い将来この借金で僕の家族(町民)のために使うお金がすごく少なくなってしまうことになることを予想されます。それを踏まえて来年度からの町政を考える決算としたかったところ。

長くなりました、逆にわかりにくくなったかな??  

ということで、平成16年度決算結果からはっきりとした次年度への対策・対応または課題は見出しきれてなかったって印象の回答!?
質疑の意を伝えることの難しさがあります。自分は頭があまり良くないんで(特に文章力というか国語力というか)なかなか思うようにいきません。

ただ、来年度も枠配分(各課へこれだけのお金で)での削減でいくようなニュアンスの言葉がありました。5%!?今まで枠配分でやりはじめてからかれこれ、25〜30%位削減されてるんじゃないかな。委託などはもういっぱいいっぱいにきているような感があるし、経常的なものでも限界に近いのかなと思っています。やっぱりそれぞれの事務・事業や政策の評価や課題を洗い出し精査する必要があると思っています。

小西先生の言葉を借りると、備えは出来ていますか?ってとこです。                                         厳しいのか・・・。で
ココをポチっとお願いします。
                   
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ