2005/10/11

激動の一日  大志のキモチ

びっちりのスケジュールが続いて、しかも、自分の業務がまだ少し残っている中昨日も出払ってしまって中々片付きません。

昨日は北海道薬種商協会という(私の店も属する)理事会が札幌市定山渓で開催され(代理)出席しました。留萌支部はこの協会員は十数名で、他支部は50名前後〜200名位で、いかに個人の薬店が少ないかと思わされます。(というより他支部よりマーケットが狭く後継者不足)

理事会には全道の薬店の重鎮の皆様方。

私など、知識も経験も若造この上なくみなさんの熱意に圧倒されることもしばしばです。恥ずかしいこと、一言も発言できなかった・・・・。(代理出席は難しいですね)

車を運転して気が付きました。そうか!三連休か!
そのはず、めっちゃ渋滞!!
やばいぞ!時間厳守でかなり余裕をもって出てきたのに間に合わない!
(10分前で滑り込めました)

かれこれ、到着まで6時間もかかってしまった。

というのも、身内のお世話になったおじさんが亡くなり、お参りにも行くのに親戚のおばさんを乗せたりと通常より時間がかかるコースで行ったのですが・・。

そのおじさん(母親の叔父)は自分が小さな頃から良くしてくれていました。自分らは「留萌のおいちゃん」と呼び、留萌に出かけるたび寄ったり泊まったりしていました。おいちゃんは建設業を営み、引退してからは娘たちのいる札幌へと引っ越しました。

私が町議選で当選したときもお祝いに来てくれ、「町民のために頑張れよ」と癌に蝕まれ、やつれた体で激励に来てくれました。今更ながら、すごく重い言葉だったと思っています。

先日、会社のものを整理するとのことで、私に社長机をくれました。
形見になってしまいました。
しかし、おじさんの物言わぬ風格と優しい笑顔は自分の中で生きていて、昨日再開を果たし、おいちゃんの顔は自分の顔に似ていました。(私は母方に似ている)

勝手においちゃんの信念を受け継いだような気がしました。
涙が込み上げてきました。

安らかに眠ってください。

今日の仕事とやらなくてはいけないことがあったのと父の仕事も詰まっていて、通夜の夜をしばしの間過ごし、夜中帰路につきました。

車の運転など実に激動の一日でした。

本日、朝から記事をつくりはじめ一行作っては用事を足しながら、接客。電話がなり、お客さんと落ち着きなくできあがりました。

何を書いたのだろう??と読み返さなくてはいけないなぁ・・・。

栄養ドリンク飲んでしっかりやれよ!
でココをポチっとお願いします。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ