2006/3/14

再び。  大志のキモチ

休会中につき、明日の議会再開のため、私からの一般質問&新年度予算や条例などの質疑等をまとめていたところ、昨年度の資料を取りに山積みとなっている一応書斎(物置!?)で探していたところ、まちづくり基本条例の資料に出くわした。

ニセコ町の山本さんから頂いた、パワポの資料に目が行った。

改めて思う・・・。「自ら考え、行動できるためには」・「身の丈にあったまちづくり」などなど。

新年度がすぐそこで始まろうとしてる。昨年度制定されたわが町の基本条例。
どんな実践がなされ、どんな施策を、どんな形で情報が提供され、どんな形で住民と共に施策を考えたことだろう。新年度予算は、町民が主役のまちにあってはどんな説明or情報提供がされるものか、私も議員の責務の中、可能な限りたくさんの町民のみなさんに情報を提供できるか、実践してみなくてはいけない。まちの動きとしても何かしら協力できるところはやらなくてはいけないと思う。

予算だけではない、今回、介護の条例などが改正されることを受けて、地域の助け合いなどが大事になってくるなど・・・。助け合いなんてしている余裕なんか無いと言われてしまったら、おそらく、これからの田舎は消滅の一途をたどることだろうと考えずにいられない、いかに、動機付けをしながら多様化された住民のみなさんの生活に合致していくか考え、行動しなければいけない最終段階に突入していることだろう。

目先の問題も確かに重要。重要じゃないわけが無いが、20年後・30年後・未来はどんなんだろう?思い描きながら、現在の状況の中、基本条例を念頭に置いたまちづくりを展開しなければ、財政、医療、産業の危機的状況を根本からの打破は難しいのだろうとつくづく思ってしまう。

日々を何とか暮らしているが、日を追うごと、月を追うごとに次代を担う若者たちが悩み、嘆き、この町を去って行く。そんな背中を見てもかける言葉も見つからない。「都会に飲まれるなよ!」って自分が10代半ばで都会へ向かったとき、とある方がかけてくれた言葉。今は、町ごと。人だけでない町ごと飲み込み、田舎の光が薄れていく・・・。

何を書いているんだか・・・。
まずは、整理しないとね。でも、ある意味資料を探しているとき、ニセコ町の基本条例資料を再度、見ることが出来て良かった。

絶対に形骸化していけないのだ!!


やばい、時間が!!
読み直さないで投稿・・・。また、誤字脱字があるかも。

キモチが伝わりましたら
ココをポチっとお願いします。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ