2006/5/31

萌える天北オロロンルート!!  町の話題

昨日、ふわっとにおいてシーニックバイウェイ留萌管内ルート『萌える天北オロロンルート』の総決起大会が行われました。

シーニックバイウェイ制度の詳細についてはこちら↓
【シーニックバイウェイ北海道】 【シーニックバイウェイ検索結果】

準備会の幹事(代表)として昨年の秋から取り組み、候補ルートとしての認定を受けることができました。しかし、こうして昨日住民の皆さんと歩みだしたことの方が私は大変うれしく思いました。

くどいことを最初から言い出すとなにやら難しくなってしまうのですが、今、分権型社会の中にあっては、こうした住民自ら発案・行動することが何より、これからの私達の暮らしを築く大きな力となります。
そこに、行政は私たちと共にその使命をいかんなく発揮することでとても説得力を持ち、自信と確信のなかで一体的なまちづくりが可能となるように思います。

今まで、留萌管内は北海道という大きなブランドの中において道内外、国外からの知名度は薄いもので、外の人たちからは宣伝ベタ・商売ベタと言われ続けてきました。しかしながら、観光ビックバンが来ると言われる中、こうした今まで注目されてこなかった、発信してこなかったこの地域だからこそ、そこを逆手に取り眠っている(発信されてこなかった)宝が数多く潜在していることを大いにこのルート内、外に情報を発信することが幾つもの可能性を生むと信じております。

何より、この地域に住む住民の皆さんがこれまで様々な活動を通じて、各町々を支えてきました。その活動に自信と誇りを持っていただけるように、このシーニックバイウェイを良い意味で使わせて頂き、それぞれの町の産業団体の相互協力や近隣町村同志の連携、異業種の交流などを通じて、厳しいこの現状を打破するきっかけやヒントを1つでも見つけられることに繋がっていただけると大変、うれしく思います。

正直、この決起大会が終わってホッとしているが本心です。これまで準備と気忙しさに追われていました。
しかし、今回スタートするにあたってこれまでの準備会のメンバーが1年間スライドする形で役員として就き、更に活動やルート内の市町村同士の情報の共有や連携のために動くということになり、また私が代表を務めることとなりました。
重責がありますが、何とか頑張っていきたいと思っています。

萌える天北オロロンルート頑張れ!
でココをポチっとお願いします。
0

2006/5/23

シーニックバイウェイより  

久しぶりの記事更新です。

先週末は富良野市において、シーニックバイウェイの全道フォーラムに参加してきました。来週の留萌管内ルートの『萌える天北オロロンルート』の決起大会に向けて、勉強になり、また私たちのルートはどういったことを特徴に活かすべきかしっかりと再確認できるものでした。

最初も最後も結局は人だということを痛感しております。

それは、どんなことも。

人と人が信頼しあい、少しでもいがみ合いやわだかまりがなく、お互いを尊重しながら活き活きと暮らせることをいつもいつも夢見ております。

地域によって持っている特徴や風土などの違いによって、広い北海道ではそれぞれ住む人の顔が違ってきます。
私たちが住むこの地域のみなさんの潜在的な人の良し悪しは、なかなか外の人たちから見ると見えにくいとされているところがあったと思いますが、私はこの地域に住むみなさんの潜在的な人の力を信じております。

様々な情報を集めている中で、本当にこの先の将来がこれまでのように平穏無事に進むだろうということを想像することは困難で、だからといって、何もしないでいると町の姿は小さくなっていくだろうと思わずにいられません。
そこで、住民のみなさんの地域に対する思いや活動が今まで以上に誇りと自信を持っていけるように、その事が、地域を支える最大の力になりそこに魅力が生まれ、人を呼び色んな波及効果が生まれてくるのだと思います。
今までと違った自治の形が作られ、行政との協働も進むのかと思っています。

こういったことを実現するために、今、取り組もうとしているシーニックバイウェイはタイミングの良い、使い勝手の良い媒体のように思います。そこを地域のみなさんにどのように理解していただけるか、試行錯誤が必要です。
しかし、こういったそれぞれの町や人の思いを結集させられることは、これが最後のチャンスのような気がしてなりません。活かすも活かさないも、私も特にそうですが、結局はそれぞれの地域に住むみなさんの力が最大の鍵です。
まずは、それぞれの地域のみなさんの力が発揮されるまたは呼び起こさせることに繋がれば良いと思っています。

時間があるようで無い状況の難しさはあるのかもしれませんが、決して急がず、しっかりとその人の力が蓄積されんことを望みながら、私ができることを自分なりに頑張ってみたいとつくづく思いました。

キモチが伝わりましたら
ココをポチっとお願いします。
0

2006/5/16

娘の誕生日  家族

今日は長女の2才の誕生日です。

そんな長女の桜誇『さくらこ』に送ります。

お父ちゃんは、君たち兄妹の誕生を間近で立会い、3人の出産にどれだけお母ちゃんが頑張って、どれだけ君たちが頑張って、どんな風に産まれて来たのか、お父ちゃんは知っています。

桜誇のときは、実はお父ちゃんは一番立ち会って辛く心配な気持ちでした。
産まれる1月前に通院していた病院での出産が取り扱われなくなり、急遽、他の病院での出産。
2人目だからの結構、安産でいくのかなと思っていたお父ちゃんの浅はかさ・・・。いざ出産となってみると心配で心配でたまらなかったよ。
生まれてすぐに、ミルクを飲めなくなって入院してハラハラ。

でも、段々と元気に大きくなっていったね。もう、すっかり安心してるよ。

お姉ちゃんになって初めての誕生日ですね。

最近は、お父ちゃんにべったりの桜誇だけど、胡春が産まれてから、お母ちゃんをとられてと思っているのかな?せめて、お父ちゃんだけは独り占めにするぞ!とでも思っているのかい?
いや、すごくがまんしているんだもんね。えらいね、優しいね、胡春はお母ちゃんがいないとおっぱい飲めないもんね。
でも、お母ちゃんはみんな同じく好きだから安心してね。
そんな時は、お父ちゃんといっぱい、いっぱい遊ぼうね!(っていないときも多くてごめんね)
お父ちゃんなりには、ふっついてくれてうれしいぞ。

もう、大人とも普通に会話ができるくらいおしゃべりが上手だね。すっごくお風呂好きなおしゃまさん。
でもでも、お兄ちゃんの真似して、まるで男の子のように活発だね。
いいよ、相撲もかけっこもフキ採りもやろうやろう!!

そんな桜誇だけど、お父ちゃんにも、お母ちゃんにも、お兄ちゃんにも、妹にも、もみたんにも、犬にも、猫にも、虫にも、花にも、なんでも気遣って優しい性格がやっぱり一番光っているよ。

お誕生日本当におめでとう!!げんきいっぱい遊んで、すくすくと大きくなってね。

今、桜が咲き誇って、みんなの心を魅了してるよ。
我が家の桜も咲き誇って今日は本当に良い日です。ありがとう!!


0

2006/5/15

週末は久々にタイトだった。  

週末は何かと予定が重なった。
7つの予定が同時に重なると言う半端でない状況・・・。

当然、全てをこなすことは無理なわけで、取捨選択となったのだが、厳しい選択でした。

結局のところ、薬種商協会という私が加盟している団体の全道大会(代議委員会や研修・講演など)が旭川市で2日間に渡り開催され、こちらに出席。

支部があるのだが、私達の留萌支部は全道的に見ても、会員数がかなり少ない。その中にあって、個人店では私は一気に若い。そう、薬種商で薬店経営をなされる方の高齢化が進んでいる証拠だ。
10年後、この留萌支部はどうなってしまうのだろうか・・・危惧してしまう。
後を継ぐ方がいないで経営なさる個人店が多く、姿を消してしまうのでは・・・といったような状況。(薬屋にだけではないでしょう)

それで、私は留萌支部の副支部長で支部の代議員。
現支部長さんも会計さんも、なんとか頑張ってくださっていて、実質出てこれる方はこの2名プラスα・・・。これまでのご尽力くださった方々に敬意を表しながら、若くて動ける私が大事な会議に出席しなければと考えずにいられずに参加した。

留萌支部の会員の半数はドラックストアー勤務の方となってて、驚いたことに、それは全道的なことだった。旭川市の会員さんからもその組織体制(現在は個人店の薬種商の方が多くを主導)に方策が必要との声があった(保身的なことではなく強靭な組織にするためにもっと柔軟に対応が必要ではないかということ)
確かに、薬に限ったことではなく、金物・燃料・花・食料品・衣料品等々、どの分野においても、大きな資本を持つ大手企業の地方進出により地方の既存の商店が帰路に立たされている事は今更のことではない。

同時に、高齢化も進み、お年よりの方の生活にとって、物資を得る方法が狭まっているのも事実(車社会のなかで中心市街地の空洞化)、個人店もそこは認識するものの、大きなところに太刀打ちできず、閉店が相次いでいる。北海道の地理的なことを考えても、ますます困難を感じると同時に、地方でお金が滞留することなく、どんどんと都市あるいは、大きなところ(企業あるいは本州)に行ってしまっているという現実。どうにも、ここまでくるとどうしていけばよいか、正直わからなくなってくる。

ただ、そんな中でも、しっかりと着実にその根を太く、シンボルチックになるがごとく小さな町でも頑張っている方々だっているということ。全道各地から集まる方の中には存在し、すごく勉強になった。
結局のところ、諦めてはいけないのだ!商売だけではない、町のこともなんでもそうなんだ。タイムリーに、研修の基調講演は、旭山動物園の小菅園長だった。
園長のお話を聞きながら、面白いようにペンが走った。すごく良い講演だった。
これからのまちづくりにも、私たち商店に活かすことができる発想。

どんな場面に出ようとも、何か、自分にとって得るものがあるように五感を集中させることをモットーとしている自分。(なら、活かせよな!(苦笑))
今回も大いに収穫ありというところだ。また、町の体系をじっくりと考えることのできることもできた。
かなりの精神的疲労が残ったにせよ。タイトな週末は終わった。

帰りに、滝川西高時代の生徒会のみんなが花見してるからと誘われ、僅かな時間だったが、遠回りして懐かしい皆さんの顔を見れて、英気を頂き、帰路についた。

明日は、2番目の娘の2才の誕生日なので、しっかりとお祝いしておあげたいと思っている。

キモチが伝わりましたら
ココをポチッとお願いします。
0

2006/5/10

公園プロジェクト  町の話題

昨晩、座談会を行いました。

おおいなる自治活動!!公園プロジェクトの第1回目のミーティングに私を含め住民の方4名で、やりました。

座談会となると、どうしても足が遠のく方もいらっしゃる方もいるとは思いますが、今回で大まかな道筋が見えました。

参加してくださったみなさん大変ありがとうございました。

とはいえ、全然まだまだ動き出したばかりなので、これから人集めや課題クリアのためのやらなくていけないことが満載です・・・。

詳細は左の欄、専用ブログを見てください。

たくさんの方の参加をお願い致します。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ