2006/6/27

ふるさとU  大志のキモチ

こよなく愛するこの地にあとどれだけ住むことができるだろうか。
金が欲しくないとは言わないが、必要以上に欲しいとも思わない。

人間はいかにして生きていくのだろうか。
あたかも他人のように、人との交わりをできるだけ拒み、生きる根本をお金の魔力で失いそうにながら、今、その結果がじわりじわりか細いところから侵食しだしている。

やっぱり一人で生きる生き物ではないんだな、人間は。

作物を作る術を知っている人が減り、山を守り造る術を知っている人が減り、海の怖さや漁をする術を知っている人が減り、そうしてまちが減っていく・・・。

それでも、微力と知りながら、何の教養も経験の無い若造であっても、人一倍思いを膨らますのであった。

何をすべきか・・・。
そこにはもっともっと根深いことに気が付いた。
できることからはじめよう。
対症療法ではなく、いわゆる根本治療。

鎮痛剤はその時の痛みをやわらげてくれるが、根本的な原因は治らない。
なぜ、頭痛がするのか?日常生活からしっかり改善しなくてはいけないこともある。そうした体にならないように、しっかりと病気にならない体つくりをすることこそ、本当の姿を取り戻す一番の近道。

町のことも同じ。

まずは、住民自ら・苫前町自らというところから作り直さなければいけないと思う。将来の子供たち住民にとってという視点で、今という時間の中でしっかりと整理をしたい。

こうして考えてみても、地方にいるものは生活と町の形とは一身同体とも思う。都市部では考えもつかないだろうが、現実そうである。

その地方は今、消滅の一歩を歩み始める様相を呈してきていることに、本当に心から寂しいキモチになる。
0

2006/6/24

ふるさと  大志のキモチ

東京に在住でこの古丹別出身の友人からメッセージ頂いた。

これもあれもと、その友人が当時いたときからの変化を伝えた。
『過疎が進んでいるなー』と感じたようす。

ほんの10年ちょっとと言えども、かなり大きな変化があることと実感した。

日々の生活を追いながら、また、先を見つめていながらの毎日の中、町の風景や人や物が動き流れていることに気付かないでいることが多い。
こうして、長い月日が過ぎていくと、いつの日か現実と過去そして未来への姿を描きにくく、時間の感覚を失っていくような・・・うまく言えないが、不思議な感覚が巡る。

友人よ。そしてこの町で産み育ったみなさんよ。
ふるさとの風景や人、物が時間と共に変わり行くとも、
この地はなくなることは無い。いつまでも、いつまでも皆が来るのを優しく待ってくれている。
違う土地で、違う町で、みなさんも日々一生懸命に生きて暮らしている。
疲れたとき、寂しい時、懐かしく思ったとき、いつでも遊びに来て下さい。
歓迎する立派なリゾートは無いけれど
覚えているはず、四季の臭いを・・・。今でも古丹別の匂いがするよ!
緑が水がおいしい食べ物がみんなを待っています。

緑ヶ丘公園の山に登ってきた。
そこから写した古丹別の風景す。(携帯電話のカメラなのでちょっとわかりずらい!?)
クリックすると元のサイズで表示します
0

2006/6/21

田舎であそぼう!  町の話題

今年で5年目(5回目)を数える苫前町商工会青年部主催の事業『馬とあそうぼう!〜ホーストレッキングインウインビラ牧場』の拡大版の
『田舎であそぼう!〜体験版〜』の募集が始まりました!

この事業は、前身の『風・人・出会いの旅』という苫前町の産業三団体の青年部が合同で本州の女性と町内在住の独身男性と出会いの場を作り、苫前町の良さを知っていただく機会として2度開催したのをきっかけに、はじまった事業です。

苫前町の上平地区にある大型風力発電施設とその周辺の丘陵地帯で運営されている牧場とのマッチングは他にないすばらしい景観を演出していて、その圧巻するほどのロケーションに感動と心洗われる場として、シークレットスポットにしておくにはもったない!
とのことでこれまでも町内外の多くの方に楽しんでもらっております。

今年は、苫前町観光協会の『第3回北海道風車祭り』と同時開催(日曜日)ということでコラボを組み、これまでのホーストレッキングを土曜日の開催にして、キャンプを通じシーフロントパーク周辺などで楽しんでもらったりと部で練ってきました。苫前町の良さを知っていただくために企画を充実させていきたいと考えています。
例えば、日曜日の風車祭りとのコラボの中で『海のまち』として遊覧船を貸切り、洋上から風車を眺めて頂こうという企画もあります。

普段、体験できないことをこの機会に楽しんでみてはいかがでしょうか!!

詳細は専用HPで→田舎であそぼう!〜体験版〜
0

2006/6/20

格差ってこれもだよ・・・。  

商会青年部が中心になり動き、整備された無線LANによる高速ブロードバンド。

ADSLの整備が不可能に近い状況であるいう認識で、初期投資も少なく加入件数も少なくて済むということで整備にこぎ付けたが、整備当初からの加入件数は伸びていない。

情報網としての安定供給に多少の難があることもあるだろう。

しかしながら、まだまだアナログでの回線で情報収集されている方が多数いる。

一方では地上デジタル波がスタートし、デジタル時代の中、どこか地方の田舎は完全に取り残されている感がしてくるのは私だけだろうか・・・。

先日、NTTの方をお呼びしてADSLの整備ついて説明と協議を行った。
やはりどうしても利益に見合った形がとれないと整備は難しいとの印象。
人口減に歯止めが利くような状況でも無いということも否めないし、高齢化が進むということはあっても後退するとも思えない状況で、加入者を集めることがかなり困難な数字だった。

同様に、地デジも放送局の採算性を考えたら、本当にこういった田舎の地方まで普及が進むだろうかちょっと心配になる。ましてや北海道という特異な地理条件が絡むと・・・と考えてしまう。

結果、ネット回線でもテレビでも様々な情報入手の手段が狭まり、情報格差は益々進むのではないかと懸念してしまう。
採算性を重視していくと到底、田舎では暮らしていけない。もっと言うと都市・田舎と異国の地みたいな感覚に陥ってしまいそうだ。
自前で整備する資金も乏しいし・・・。

数年前は半ば本気、半ば冗談で言っていた、イモ・カボチャをしっかりと作れるように(自給自足という意味)ならなくていけないかなぁと言っていたのが少し本気度が増したように感じている。

個人的にはそういう生活は好きだが・・・。

作物を作る、漁(猟)をする、山を造る、川を活かす・・・。
誰がやっていくのだろう。
技術を売って物資を獲る。
長続きするわけないだろうよ・・・。

子供たちの健やかな笑顔をまともに見ることにすごく辛く心が響く。
絶対、そうならないようにしっかりしよう!!

迷惑メールがたくさんが来るが件名見て思う・・狂ってるぞ!
こんな社会・・・。

ちょっと脱線しました。(^^;)

キモチが伝わりましたら
ココをポチッっとお願いします。
0

2006/6/17

シーニック的エゾカンゾウ!!  

先日『萌える天北オロロンルート』でメインの沿線となる国道239号線に咲き誇る、自生種のエゾカンゾウをルートいっぱいにしようということで、今年度は、これまで小平町で植栽が行われてきていることから、勉強会と実際、先に植え戻すためのポットつくりに参加しました。

ちなみに今が見ごろの時期で、以前より黄色くきれいな花が沿道のあちこちに咲き誇っています!!
是非!見てください!

代表者会議(各市町村の活動団体)のみなさんがたくさん参加されました。

地味な作業ながらもとても楽しく、みなさんとポットへの移し変えを行うことが出きました。

沿道を花で飾る。
外来種のきれいな花も良いが、元々からそこに生息している自生種を増やしその土地に合うもので自信をもって景観作りをしていければ良いなと思ったりしています。

そして、本当ならこの秋にできるところからで、種の採取をとも考えていましたが、小平町でエゾカンゾウの苗が残っていたので120個ちょっと頂いてくることが出来ましたので、今年から、エゾカンゾウの植え戻し作業もできるようになりました。思わぬ収穫です。

そして、上の子供と3人でせっせとポットつくりをしました。

120個約1時間をかかて作りましたので、この秋の植え戻しが楽しみです!!

この苗からたくさんの子孫が増えて、初夏の萌え天オロロンの名物となることを願って子供と一緒にポットに移し替えました。秋まで里親として大事に育てます!
↓↓↓↓
クリックすると元のサイズで表示します
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ