2006/6/7

ちょっと苦しいな。  大志のキモチ

産まれたばかりの3番目の子供が肺炎にかかり、入院・・・。

父親としての責任もあるのに、家族に負担を強いてしまっているツケがまわったのかな。

昼夜問わず、家に居てあげることもできなかったり余計な精神的負担も家族にかけているのも事実。
そもそも、商売&地域の活動&議会議員と2足も3足も、もっと色んなことをいっぺんにやっていること自体が無理な話だろうか・・・。

ありがたいことに、まちの方々から激励の声もいただくことも事実。本当に励みになる反面、ものすごいプレッシャーを感じているというところも正直なところあります。

議会議員として町民のみなさんのためにその役割をフルに活かし、活動できているかというところは、私自身まだまだできていなく、甘さがあるという点は否めません。日頃の地域活動などを通じて私なりに議会で活かそうと思っていても、はたして現実問題として、3年前とどこか何かできただろうか、とても不安で自信が無くなるときが最近多い。

任期最後の年度となり、住民のみなさんに伝えなくてはいけないこと、町の施策や財政のこともしかり、まちがどう動いているかの仕組みやこれからの問題や課題、どんな懸念があり取り組まなくてはいけないと考えるのか、またはまちがどう考えているか伝える使命(情報の共有化)があり、これは率先してやっていきたい。
私の公約でしたから。

この3年間は総じて、やはり今一歩努力が足りないところ、結果は生まれてはいないと感じています。この1年そこをどれだけ補えるのか、それがこれからのまちづくりに必要なことだとの認識を再度、自己確認をし、来年からはどうすべきかを判断しなくてはいけません。

家族に会社に多大な負担をかけていること、町民のみなさんの大きな期待に応えられているかどうか、すべきこと・できることは何なのか見極めたいです。

正直なキモチは精神的にちょっと苦しいのかもしれない・・・。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ