2006/6/27

ふるさとU  大志のキモチ

こよなく愛するこの地にあとどれだけ住むことができるだろうか。
金が欲しくないとは言わないが、必要以上に欲しいとも思わない。

人間はいかにして生きていくのだろうか。
あたかも他人のように、人との交わりをできるだけ拒み、生きる根本をお金の魔力で失いそうにながら、今、その結果がじわりじわりか細いところから侵食しだしている。

やっぱり一人で生きる生き物ではないんだな、人間は。

作物を作る術を知っている人が減り、山を守り造る術を知っている人が減り、海の怖さや漁をする術を知っている人が減り、そうしてまちが減っていく・・・。

それでも、微力と知りながら、何の教養も経験の無い若造であっても、人一倍思いを膨らますのであった。

何をすべきか・・・。
そこにはもっともっと根深いことに気が付いた。
できることからはじめよう。
対症療法ではなく、いわゆる根本治療。

鎮痛剤はその時の痛みをやわらげてくれるが、根本的な原因は治らない。
なぜ、頭痛がするのか?日常生活からしっかり改善しなくてはいけないこともある。そうした体にならないように、しっかりと病気にならない体つくりをすることこそ、本当の姿を取り戻す一番の近道。

町のことも同じ。

まずは、住民自ら・苫前町自らというところから作り直さなければいけないと思う。将来の子供たち住民にとってという視点で、今という時間の中でしっかりと整理をしたい。

こうして考えてみても、地方にいるものは生活と町の形とは一身同体とも思う。都市部では考えもつかないだろうが、現実そうである。

その地方は今、消滅の一歩を歩み始める様相を呈してきていることに、本当に心から寂しいキモチになる。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ