2006/9/29

驚き!ありがたい!!  大志のキモチ

昨日の座談会。これまでも色んな方が来て下さっていたが、今回は特に古丹別地区の年配の方々の参加があり、とても感謝しています。

7名の方の参加をいただきました。
大袈裟かもしれませんが、胸が詰まるくらいうれしかったです。
また、行けないけど・行けなかったけどと、数人の方々から声をかけていただいたり、メールでメッセージを頂いたり、言葉が合っているかどうかわかりませんが、手ごたえを感じた今回の座談会でした。

折り込みチラシは古丹別市街と周辺農村部の家庭で苫前地区には入れてませんでした。このブログ上での告知しかなく、今後は苫前地区にもお知らせの方法を考えなくてはいけないと思いました。

7名というと、少ないと感じられるかもしれませんが、30万人くらいの都市で行くと500人位集まった計算になります。

おおおお!ありがい、ありがたい。

で、肝心の中身ですが、前段で約30分地方自治のことや国と地方の関係、地方が今置かれている現状やすべきことは何か、また、予算のあらましなどをパワーポイントを使いながら私の方から話をさせていただきました。
ちょっと難しい話も中にはあったと思うのですが、ご年配の住民の方々も熱心に耳を傾けてくださり、かんだり、言葉の表現の仕方がうまくいかなかったりとしたところはありましたが、予想以上に好評でした。
パワーポイントだと30枚くらいのページでも要点をスクリーンに映しながら話ができるとあって、かなり効率的だということに気が付きました。
次回も充実させてやりたい思いました。

その後、下水道事業について、私から私の持っている情報を皆さんへ!ということでお話をさせて頂き、意見交換しました。


意見としては

・アンケートの意味、発表などはどうなっているのか
・個人的な感覚として、早くやってくれということは思っていない
・下水道自体必要としている人は少ない
・下水道のほかの方法の説明や議論はどうした?
・下水道事業を行うことで他の公共事業への影響は
・今後、下水道以外の事業が出た時、財源は捻出されるのだろうか
・これまでの事業や議論のあり方
・不確実要素がある中での事業着手するのはおかしいし危険
・もっと早い情報の提供を望む
・住民が知らないなか重要なことが決められていくことに不安を感じる


などと、これ以外にもあれこれと住民同士でも意見交換がされ、貴重な意見を頂いたし、このことを活かすためにこれからの活動を展開していかなくてはと強く感じました。

また、その後何人かと飲みに流れて、そこでもまた、座談会に参加ができなかったが話を聞きたいし、聞いてほしいという方とも色んなことを話しました。

住民の方々が気兼ねなく、参加できる仕組みをもっとしっかり作れるようにしなくてはいけないと感じたし、今回の懸案事項などに対しても、やっぱりもっと情報が流れていないと町民のみなさんが、主役であるとは言いがたい現実を、目の当たりにしたような感覚を覚えました。もっとしっかり議員としての責任を果たすべく努力しなくてはいけない!!
0

2006/9/28

座談会前日に思ったこと  大志のキモチ

今日、6回目の座談会。

「行けないけど頑張って」などと励ましとまちを思う気持ちを伝えてくださった数人の町民の方々がいる。

本当にありがたい。
こうした声を少しずつ拾って行くことが大事だと感じる。
昨日の晩は、たまたま寄ったところで、プチ座談会だった。
おもに下水道の話。

・下水道事業をすることで他の公共事業に影響は無いのか
・財政的負担を感じる。やらなくてはいけない状況と聞いているが
・なぜ、切羽詰ってからでないと情報が流れないのか(今現在何も無いけど)
・計画性に欠けるのでは?
・本来、議員も報告会や情報提供のためにやらなくてはいけないんじゃないか

などと実に的確な意見や疑問を頂いた。
こういったことを私は集約しながら一議員として、町政へのチェックを怠ってはいけないと常々思っているし、自らの活動に活かさなくてはいけない。
先日の9月議会では、福祉有償運送業務(他一括上程)がきっかけで討論が行われた。自身2度目の反対討論を行った。
事業の内容や、やむを得ない事情は十分理解するものの、議会と行政、行政と町民との信頼関係を損なうもので、こうしたことを認めることは、そもそものまちづくりを進める上でもいい結果がでるとは思えなかった。
ましてや当町はまちづくり基本条例があるまちで、やはりしっかりと理事者側は認識しなくてはいけないと感じる。
同様に下水道事業の件も最たるものと感じる。

私はまちづくり基本条例を念頭においた、当町の掲げる理念の実現に向けた実践がうまくなされてこないことに歯がゆさを感じてしまう。既に1年が経過した。もう少し動きを見て行きたいと思う反面、条例制定には反対したものの、町長がいつもおしゃる「守り育てる」ということに私は一生懸命になっているつもりでいるが、どうも空回り感が否めない。通じない、そもそも基本条例自体の認識は・・・。
何故だ??解釈の違い・・・・。解釈の違いって、その違いによっては住民が不利益被る形となってはどうするのだろうか・・・。考え込んでしまう。

でも、条例にしっかり書いてるじゃん!!

って話がそれたが、本日あいにくの雨

もう少し資料をまとめよう。
0

2006/9/26

座談会懲りずにやります。  

明後日、座談会を開きます。

これまでの反省や課題が生かされているのか!??
学習能力ないですね・・・。バタバタです(涙)

またもや、折込チラシが当日に入ることになりそうです。

ゲラ段階までしかいっていなく、前日入れはあきらめなくてはあいけない状況です。
とにかく、ブログでお知らせしなくては!!ってことで書いてます。

内容は昨日行った、苫前商業高校での地方自治についての講演の資料を少し、住民向けに改良し、短めのプレゼン。
そして、今、苫前町のかかえる重要課題についての情報提供として。下水道事業と財政のことについて、併せてまちづくりを引き続き行いたいと思っています。

時間が限られているので、話の展開から全部を行えないかもしれませんが、まずは伝えたい自治のことと下水道のことは最低やりたいと思っています。

時節柄、みなさん忙しいとは思いますが、今やらなくてはいけない事情もあります。

ぜひともたくさん町民のみなさんのお越しをお待ちしております。

日時:9月28日(木)午後6時30分〜
場所:苫前町公民館 農村研修室
0

2006/9/23

近況は。  大志のキモチ

ようやく少し落ち着いた感じである。

しかし、来週から10月中旬までまた、予定がビシビシ舞い込んでいる。
あまりのタイトさにちょっとギブアップぎみだ。

どこか抜きながらでいると、やっぱりそこには迷惑をかけていると感じる。
先日、とある打ち合わせでも、ここ最近ちょっと手薄にしてきたツケだろうか、統率を図るどころか、やらなくていけないことを人任せありきでいた自分に気が付く。
『人のこと言えんだろうが!』で自問自答・・・。
そして、一つ一つの任務を振り返り検証(復習)の時間さえ失っている始末。

ほとほとまいってしまう。

昨日は久々に夜、ゆっくり自宅に居れるっちゅうのに、就寝は9時だった。
寝るつもりはなく、子供たちと一緒に布団に入り絵本を読んでいるうちにzzzz。
たぶん、長男より先に寝ちゃったんじゃないかな!?(イコール休肝日となった)

その後、妻と軽く一杯やろうと思ってチーズかまぼこを買ってきてあったのだが、あえなく朝食のテーブルに。
そのチーかまがつまみに見えてしかたない。

それでも、月曜日に地元高校の社会科の講話でお話をさせて頂く機会があり、その資料は既に昨日で準備を終えたのがちょっと自分っぽくない。用意周到だ。ぎりぎりばかりの俺が!?
世の中便利になったもんだ。パワーポイントで資料づくり。簡単だ!いいねパワポ(いまさら)
この資料を少し改良して座談会(報告会)にも使おうと思っている。

おおお!準備しなくちゃ・・・。

つづく・・・。
0

2006/9/15

思いは!?  大志のキモチ

議員って何だろう??
議会って何だろう??
自治って何だろう??

どんど深みにはまっていきそうで怖い・・・。

ビールをかっくらい、ほろ酔いで寝ようにも、どうも寝付けない。夢を見ているが昨日の議会が夢の中で続いている。何度も目が覚めるのだが、また、同じような夢を見る。

でも、昨日の議会で反省と課題と推し進めるべきことにまた、経験値を積ませていただいた。
自治とは何か。
議員は住民の皆さんのために何ができるか。
それというのは、議会が全てなのか!?
地方において議員として担わなくていけないもののうち、その町によって特性や地域性があることを知らなくてはいけないこともあるし、突っ込みすぎてもその権能を脅かす。そのバランス感覚と引っ張る手段と決断こそが議会において議員が果たすべき役割の一つだと。

幾度と無く、悔しい思いをしようが、敵を作ろうが、自分の持つ役割をしっかりと認識し遂行できることが自分にできる、すべきことで、結果として町民の方に理解していただけてこのまちで生活していただけることに繋がれば良い。

そういう意味でも、今回の一般質問も私の学習能力の欠如と推察力・読解力・組み立てる力をもっともっと磨かなくてはいけないという思い。責任を感じてしまう。
反面、こうまで質問に対して答えが表れないことはどうなのか、私の中で、ある種憤りを超えて更に力をつけなくてはいけない、レベルアップへの向上心を増すものだ。

何故だ!って思いながら、着実に私の中で芽生えるものがある。

大きな反省として孤独であること。
それは、自分がこれまでできなかった最大の欠点と怠慢と言っても過言ではない。
大きく、町の中では私の理解者がいてくれる。その理解者と共に何をすべきだったか反省しきり。
気づかなくてはいけないことを後でみなさんに言われて気が付く。
舞い上がり、ドシッと構えていくところ、上ツッパリ。
悩み、もがき、考えた末、昨日の議会が終わってから思ったこと。

「難しく考えすぎるな。難しいことを理解することは自分でも大変な仕事。引き込むための方法はそうではあってはいけない。わかっていたようでわかっていなかった相手の立場に立ってみる(相手=町民)。難しく考えるな!オーラが出てるぞ!難しい顔になっているぞ!それではお前の望むまちづくりができるのか。素でいいんじゃないの。」

屈することなく、前へ一歩一歩進んでいこう。


昨日の詳しい内容を書かないでごめんなさい。
折を見て・・・。
ニセコでのセミナーの続きも記事にしなくちゃな。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ