2007/1/27

考える(悩む)  大志のキモチ

〜医療を考えるU途中経過版〜

医師確保が困難な状況や、医療現場の過酷な労働、地方の衰退とともに財政が逼迫し、もはや以前までのような自治を行う形態ではなくなっている。

医療や教育はその中にあって、自治体はどうすべきなのだろうか。
やはり、住民全体が生活する上で、無くてはならないものの重要度が高いとするならば、進められる分権社会の中、しっかりとした計画(財政計画も含む)や住民との共通認識、情報の共有は不可欠である。

今回、苫前厚生病院のあり方、今後の苫前町また、近隣市町村との地域医療に対する課題の共通認識を持つべく協議が進められてる(!?)。
苫前厚生病院の病院運営はJA厚生連で、昨春の医療制度改革に伴い、関係町村長との協議が進められていたのであったが、この度、事実上最終局面となっていた。

しかし、協議自体は、その局面までに十分な協議がなせれてきたとは思えないし、正確な情報が伝わってきていなかった。
私自身、協議の必要性をもっと訴えるべきと今更ながら、反省している。しかし、反省だけでは通ることが出来ない世界、それが町政でもあり、しっかりとその反省を生かさなくてはけないことは言うまでもない。
自治基本条例を制定したものの、行政=議会=町民との正確な情報と、そもそも掲げている理念実現への遂行とは程遠いもので、前回が最終局面だったいうことは、私自身、集めた情報で想像はできたかもしれないが、実際、そうであったと町側から正式な会議の場では出ていない。むしろ「結論は出さない、全体的の意見をいただきたい」ということで終始会議が進められてきた。
しかし、その時期その時期に結論、そして方向性を示していかなくてはいけないところ、それも、うやむやのまま会議が終了してしまうということで、昨年末からのフラストレーションは溜まる一方である。

ただ、そうはいっても時間は待ってくれない。隣町の道立羽幌病院の情報を集めたり、他厚生病院関係町の情報なども集めた。この町にとってどんな医療があるべき姿なのか。若年層の減少と高齢層の増加からも、一般医療はその周辺地域にある地域センター病院との連携で、棲み分けをしながら、この町は、高齢の患者さんを対象とした、まさに地域医療の実態と適した、あり方の中、進むことが、何れ町全体の介護福祉を考えてもあるべき形態だと思っている。それも、雑駁ではいけなく、しっかりとした計画を構築する必要がある。一般医療も今後、医療現場の現状を考えた時、医療の集約化(センター化)を住民相互の理解の中進めることが将来的にも、医療サービスを受ける道を残すことになると私は思っている。
このままでは、医療はおろか、地域での介護福祉にも大きな支障をきたすと思う。

それは、苫前厚生病院が撤退という形になってしまっては、誰が現場を担うのだろう?その人材はどこから探してくるのだろう?諸々の諸問題がまた0からのスタートとなる。せっかく、ここまでこの地域に尽力頂いた、厚生連との繋がり、敬意とういうもはどこで示すのだろう。そこも私には全然見えてこない。

だから、こんな時間がありません状態での協議というものに怖さを感じるし、いまさら、住民のみなさんにどう情報提供するのだろう。いや、情報提供ではない、事後の説明となってしまう中でどんな理解を求めるのだろう。

だから私は、この懸念が大きくそうなってはいけないとの思いで、12月定例会一般質問で再度、自治基本条例に触れた。基本条例を制定しているわが町では、こんな状態であってはならないのである。しかも、その時(定例会)に提言、確認したが、曖昧な統一性に欠ける情報提供ではまずいことを質したはず。数日留守にしていた間、場当たり的な情報の提供がなされているように聞いている。(町長の独断なのか、内部協議を経ての話なのかこの後、情報を集めなくてはいけないと思っている)

一体、どうなっているんだ。

みなさんに情報を提供したくても、曖昧すぎて、協議不足すぎて、しっかりお伝えできないのが歯がゆい。

今の現状と私見を伝えることしかでいきないのが申し訳なく痛感している。

展開が見え次第、追って記事にしていこうと思っています。
つづく。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ