2007/1/31

考える。(モチベーションアップ)  

決まった。
医療対策特別委員会が来月の7日に開催される運びとなったらしい。

その時は、これまでの活動から得た知識や住民の皆さんの思いをぶつけるときだ。

ましてや、曖昧になったままのこの重大な事案にしっかりとした町(町長)の方向性を示していただくなくては、医療だけではない、全ての町政執行に対して、大いに影響するからである。

病院の赤字の損失額が、昨春の医療制度改正により莫大な額の損失金が出ることは明白で、そこを最重要項目のひとつと考えるならば、英断が必要になる。

その英断を下すには、しっかりとしたプロセスが必要。
そう、自らが制定した、条例に基づくことはもちろんのこと、総体的な見地で納得のいく説明が必要となることは言うまでもない。

議会と町理事者はしっかいりとお互いの立場、権能を認識した上で、機能を果たさなくてはいけないのであると私は思う。
小さな町だからこそ、曖昧になりがちだったこの流れを、どこかで割り切って議論しなくてはとんでもないことになる。

どこのまちも、どの地方も二元代表制をとっているだから。

それでも、円滑に進めるためのテクニックがあることは私もわかるが、どちらに片寄ってもいけなく、そこはしっかり踏まえたい。

結果がどう結びつくかは会議が終了するまではわからないが、最善を尽くせるように望みたい。それが私の使命だと常々わかりつつ、いつも詰めの甘い、自分自身の甘さも否めない。そんなことでは私は何なのか、もっともっとドツボにはまりそうだった。

しっかりとしていきたい。

自分に言い聞かせながら・・・。

今日、先輩に言われた。もっとキモチに余裕を持ってみんなのことを思って望んで行け!と。

実際、詰まってアップアップしているような私。

俺もまだまだ、ガキンチョだ。
けど、また、元気をもらった。元来、砕けているにもかかわらず、何をしているんだってなもんだ。ありのままで行こうじゃないさ!

自分を信じて・・・。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ