2007/2/23

続・厚生病院。  

昨日のアクセス数が過去最高に跳ね上がった。
厚生病院への関心度なのか、はたまた別の要因かはわからない。

本日の北海道新聞地方版でも記事になったとおり、私の耳は聞き間違っていないようだ。コメントには記載したが、説明の中で「厚生連が撤退するなど聞いていない」と・・・。これを見て厚生連側はどう思うだろう・・・。その後、特別委員会などで出された資料などを再度、目を通す。

しっかりと「撤退・移管」の文字が記されているし、説明を受けている。しかも、1回や2回ではない何度もだ。残る前提は赤字額の全額補填だ。
特別委員会の中、私がメモを取った中にも、撤退・移管の文字が躍る。

何故なのか??
厚生連も、全体的な赤字額の増大。都市圏の大規模病院においても同様となり、このままにしておけないことをまずは、理解しなくてはいけない。
その上で、どうすることが適切に、将来にむけ、どんな医療や介護を築いていくのかをしっかりと議論しなくてはいけない。

そういうことで、厚生連との協議においても信頼関係を保ち、構築しながらでないと、共同路線で地域医療を展開していくという本来の中身の部分に入らなくては「厚生病院はなくならない」とリンクしてこない。まずます状況が悪くなってきていると感じる。

夜間・救急対応においても、私は、時間外で患者さんを受け入れる体制ではなくなるし、特例を認めると、住民に混乱と不満が噴出する。そのために近隣の地域医療センターなどとの連携強化や搬送体制などの充実を会議では発言した。その周知を徹底すべきと。酷のように聞こえますが、そうしなくては、地域住民のみなさんとの信頼関係すら損なうことになると感じ、発言した。そこも、説明会では「診療時間外でも来たら受け入れてくださいと言っています」。との発言もあった。聞いていた住民からは、それじゃ、「今までと何にもかわないじゃない」とのざわめき声。確かに、そうとられてもおかしくない。
しかし、当然、時間外診療・救急受け入れをしないということは、前述通り、厚生連と確認されていなくてはいけないことだ。

昨日、あちこち歩き、ひとまず確認したことは、時間外診療は受け入れらないということをしっかりとした線引きしていくことを厚生病院とも確認していたように聞いた。この辺もしっかりと整理をつけていただかなくてはと思う。

「医者は絶対にいなくならない」とかも、今、激震が走る、医師確保や地域医療実態の中で断言できる(ことが一番望ましいが)ことの根拠はどこにあるのだろうか。

同じく、北海道新聞の一面に小児科医師の過労死の記事があった。こうした、行政側の思惑と、住民ニーズ、医療現場との乖離が顕著に現れるようになり、この状況を打開すべく、集中的な現状把握や目的・理念なども根本から組み立てをしなくてはいけないと、ビリビリと肌を刺す、思いがする。

明日は、札幌にて「地域医療を考える道民の集い」に参加をしてくる。
札幌しらかば台病院加藤院長がよびかけの代表で江別や根室の住民活動団体の方々なども呼びかけ人に名前を連ねている。しっかりと学んでこようと思う。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ