2007/3/16

4年間、『西 大志のキモチ』  

議会が終わった。(ちょっと長くなりますがお付き合いください)


帰りの車の中で一人、胸を熱くする思いの中、たかだか30年余りの人生において、この4年間は何とも言われない、激務と密度が非常に濃い時間を過ごしたことに改めて、色んな方々への感謝のキモチに苛まれた。当然やはり、家族・会社に多大な迷惑や心配、また理解をしてくれたことが、尚一層、恩返ししなくてはいけないと思った。

議員として、4年前の自分とは、まったく別の自分がいる。キモチや態度、これまでの信念は、決して変わっていない。何が別の自分かというと行政知識はもちろん、町政全般に対しての知識が向上したことにある。
私に色んなことを教えてくださった職員をはじめ、各方面の皆さま。そして、勉強会や研修会に参加し、時には、他市町村の職員さんとも意見交換や、ご教示いただいたことも。そして、全道各地に同志である議員の仲間のみなさん。
私は本当に恵まれた、様々な方々に支えられて、一人ではここまでこれなかったことは明白である。
そして、一番は、この苫前町、町民のみなさんの貴重なご意見、叱咤激励が大きく私の背中を押してくれました。

私は、この4年間、町政、まちづくりに寄与することができただろうか・・・。そんなことを帰路につく車中で考え直し、どうしても無念さが先にきてしまう。たくさんの町民のみなさんのご期待を頂きながら、町民のみなさんが納得する結果を残せたかどうかというところは、正直、自分ではなにも残せなかったに等しいよな・・・って。

しかし、自分は今、この苫前町に諦めてはいけない、粘り強く種を植えていこうと常に思いながら、必死になったといえば自分に甘いので言いたくはないけど、少なくても結果的にめげずに巻かれずやってきたことは自分でよくやったかなと、本当に大甘に感無量になり体験したことの無い、充実感と言うか自分を信じる力を付けたかなとも、思った。

今回の定例会、やっぱり、課題もあったし、もう少し事前に勉強しておかなければいけないところもあったことは否めない。一般質問も予算総括質疑も4年間のこれまでの思い、活動を凝縮した質問にできたかな(68点くらい)。
必ずや、町理事者との政策論議がまともに真剣議論が展開されるまでは、なんとしても粘り強くと思ったが私の任期、最後の議会が終了した。

私の目標というか、夢は、議員になることでもなく、町長になることでもありません。以前にも書いたが、ここに生活するみんなが、生きている実感と生きる希望をもち、心豊かに自然のありがたみに感謝しつつ、いがみ合いが限りなく些少で、人間らしく生きいるということです。小学生の時の僕の夢と題してやった意見発表、中学生の時の弁論大会、何れも町長になりたいと語っていた。しかし、その小学生のときは記録がないんですが、中学生のとき、漠然とになりたいと言っていたわけではなく、政策を掲げていた。その当時のテープを聴いてちょっと驚きましたし、笑えた。でも、しっかりと前置きに、苫前町が好きだから、苫前町のために働きたいと言っている。だから、結果は立場が欲しいのではない。
(相変わらず取り止めないなー・・・)

とにかく、突っ走ってきたこの4年間、多くの方々に支えられ、しっかりと自分の中にも種を播いた。初めて経験する、この奇妙な充実感と猛反省の言いようの無い感覚を抱きながら、ここからどのように芽を出していくか、水をやりすぎず、水をまくタイミング、しっかりと見極めこれからも、町のために、町民のみなさんと一緒に頑張っていきたいとつくづく思う。


これまで、様々な地域活動、普段の議員活動を通じてご教示くださった町民、職員のみなさま、各地で勉強会や研修会、講演会を準備してくれたみなさま、このブログを通じて出会えた貴重な全国のみなさま、そして何より家族、会社に。

感謝、本当に心からありがとうございました。ありがとうございました。

また、これからも引き続き頑張って行きます。
クリックすると元のサイズで表示します
【最後の議会の朝、愛する子どもたちと(朝のドタバタで生活感のある写真(笑))デコも広くなりました^^;】
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ