2007/5/24

合同勉強会  町の話題

色々ありました。

シーニックバイウェイの活動、消防、などなど目白押しの日々でした。
本日は木霊謝恩塔例祭と植樹祭に出席。
夜は、隣町の羽幌町の商工会青年部との合同勉強会。

合同勉強会。いいですねー。町を超え、まちづくりに一緒に取り組む!!
昨年辺りから、ちょくちょくとご一緒で展開されることが多くなっています。
合併議論破談からは、本当に想像できないくらいお互いが尊重しあいながら、まちづくりを考えている。

地域が無ければ、商工業は成り立たない。
IT化は進んだにせよ、まだまだこの理念は生きているように思います。
当然、そんな地域を活かし続けるために、私たち商工業の若手がリーダーとなるべく自覚を持ち、まい進していきたいと思います。

部員が減ったこの苫前町商工会青年部ですが、ならば連携。

この度、我が青年部の部長が留萌管内の青年部連合会の会長に、そして、全道の副会長に大抜擢されました。
苫前町には元気のいい若者がまだまだ、いるんだってところを頑張って活動していきたいですね。
0

2007/5/16

・・・。  大志のキモチ

更新がまた、滞っています・・・><;
少々お待ち下さい!!
0

2007/5/11

もったないよ〜!  町の話題

新しい取り組みです。

トップページで紹介していますが
〜とままえ町 もったいない『おさがり』倶楽部〜という掲示板を開設しました。

これは、何かと巷でたまに耳していたことを試しにやってみようということで、考えました。
なんてこと無い、おさがりをもらったり、あげたりっていうことの情報板です。
服だけでなく、スキー板や、ユニホーム、自転車などなど子どもの成長は早いもので、お下がりでも十分どころか、まだまだ何年も使えるものを、家庭も町もお金をかけて廃棄してしまうことは『もったいない!』ってなことです。
当然、大人の物も、もうゴルフをやめて、アイアンセット誰かもらってくれないかなとかでもOKだと思います。

今のところ、インターネット環境にある方しか、情報交換できませんが、試験的に運用し反応見て改良しながら、また、何の反響も無かったりして^^;

これは、ちょっと遠回りかもしれませんが、現在はプラ以外のものを廃棄するのにはごみ袋や処理券を購入し廃棄しています。当然、出たゴミ(お宝)を処理するにも行政等でお金をかけて廃棄するわけです。
焼却技術は進んだものの、地球環境的にもゴミを減らしたり、CO2の排出量を抑えなくてはいけません。
ほんの小さな活動ですが、0ではないわけです。

おさがりを気にしない方がいましたら、活用しながら本当にわずかかもしれませんが、町の財政にも地球環境にも悪化を停める一翼を担うことに繋がるんじゃないでしょうか。(意識も)

ひとまず、ご案内でした。
とままえ町もったいない『おさがり』倶楽部
0

2007/5/9

議会構成が決まりました。  町の話題

9日の初議会におきまして議会の構成が決定しました。

私は、議会運営委員会の委員長を仰せつかりました。
分権型社会の中にあって求められる地方議会のあり方を考えていくためにも、とても大きな重責を負ったと同時に、若い私にもこうして、これまで以上の議会での立場を与えて頂きました。しっかりと努めていきたいと思っております。

議会運営をもっと勉強し研究していきたいと思います。
議会の会期や請願、陳情の取り扱いを協議することはもちろんのこと、議案審査のやり方や、議会の運営に対しても、まとめていきたいと思っています。
全国都道府県議会議長会の報告書(ちょっと報告時期が古いですが(5)議会改革へのたゆまざる取組みのところに議会運営委員会として注目すべきことが記されています。)

まずは、しっかりと他の委員さんと協議できるように準備していきたいと思っています。
また、産業厚生常任委員会の副委員長、議会報発行特別委員会の副委員長も仰せつかりました。

前回とは全く違った、議会での立場の中にとても緊張と重責を背負ったこととても重く受け止めております。かといって、一議員としての役割もしっかりと認識した中で行動をしていかなくてはいけない、バランス感覚に磨きをかけなくてはいけない事も痛感しております。突っ走り空回りしないように気をつけながらも頑張っていきたいと思います。

他に議会の構成は次のとおりになりました。

議 長 : 星野恭司さん
副議長 : 林 秀行さん

総務文教常任委員会 委員長 : 阿部俊一さん
    〃       副委員長 : 青木幸隆さん

産業厚生常任委員会 委員長 : 間宮英明さん
    〃       副委員長 : 西 大志

議会運営委員会 委員長 : 西 大志
    〃    副委員長  : 青木幸隆さん

議会報発行特別委員会 委員長 : 猫島 優さん
     〃        副委員長 : 西 大志

一部事務組合 組合議員
北留萌消防組合議員 間宮英明さん
留萌広域行政組合議員 猫島 優さん
羽幌町外2町村衛生施設組合議員 阿部俊一さん

監査委員 青木幸隆さん

前回は、この他に特別委員会が設置されていました。
6月定例会において、必要な特別委員会が設置されると思います。
0

2007/5/5

GWも終盤!思うこと。  大志のキモチ

静かなGWがスタートしたと思いきや、色んな状況展開があり、早くも壁にぶち当たったり、色んな考えをめぐらせているGW終盤です。

まずは、何年もおろそかになっていた、店舗の商品管理(都度行ってきてはいるんですが今回は倉庫含め)を敢行しました。すみません・・・議会ネタでなくて_ _ ;

早く言えば、商品の整理ですね。

医薬品につき、期限が切迫していたり、切れていたりしてはいけないし、ましてや商品の回転率や適正在庫の見極めなどを、日々行わなくてはいけないところです。
それにより、季節品や陳列台エンドの展開なども多様に店作りをしなくてはいけません。そして、広報宣伝やお客様へのアプローチなども日々勉強しなくてはいけない、まだまだ若い自分です。

自分が決めた道ですし、いっぺんに幾つもの業務を背負ったことも自ら責任を持って対応しなくてはいけません。
時間の配分もそうですが、上手にこなせるように試練は続きます。

そう思いながら、作業していました。つくづく町、まちづくりと同じだなと考えながら作業をする手が真っ黒になり、その汚くなった手を見て、この手のように真っ黒になるまで、町のために仕事しなくちゃと思う自分があります。

喫緊の重要課題が山積し、病院をはじめ医療、介護を慎重にかつしっかりと議論を深めなくてはいけない。また、財政危機もこれから進む分権型社会の到来からも、国や北海道などの動向や、各種委員会の動きなどしっかりと把握し、この苫前町においても自らが作り上げるようにしなくてはいけません。
地方自治体向けに人件費抑制の新基準を策定する方針をまとめ、さらに行政改革を推進するということにおいては、合併した市町村はその幅はあるのかもしれないが、合併しなかった市町村はいよいよ正念場です。
それに対応し、行政改革しようにも、その幅は狭まるにいいだけ狭まり、それでこれまで同様の行政サービスは可能なのか・・・。人口4000人を切った苫前町。しっかりとした情報提供が求められます。
こうした、行政的な課題(結局は住民の皆さまに繋がる課題です)だけでなく、住民のみなさんからは、身近な課題の声がこの数日でも私に届けられます。家の裏のどぶを何とかして欲しい、道路の隆起や痛みがひどい、役場職員の接遇のことなど、色々あります。まずは、これら総じて、共通していることは、しっかりお互いが認識・理解できる情報提供と尊重しあいながら進められる議論が根本です。


来週から怒涛の日々が続きますが、気合入れて前進あるのみです。

マニフェストもっと具体化シリーズ(実際の行動含めて)はまた、後日、上手な時間配分(笑)をしながら楽じゃないけど楽しくやっていきます。(ある人の言葉借りました)
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ