2007/8/3

トラブル解消には!?  町の話題

トラブル対応は、責任転嫁の中からは生まれにくいですよね。

せっかくのとままえ温泉ふわっと新設駐車帯設置からちょっとしたトラブルが発生してるようです。

ふわっとに訪れたことがない方はその構造がわからないかもしれませんが、正面玄関(施設の出入り口)と専用の駐車場とは若干距離があり、オープン後から徐々にその駐車場を利用せず、正面玄関前や付近に違法駐車する車が目立つようになり、バスの旋回の妨げになったり、訪れる方が異様に思うような光景を醸し出したりして、なかなかその対応に苦慮していました。

そこで、今年地元の企業の地域貢献で正面に新たに駐車スペースを作り、日帰り入浴の方々が気軽に停められ、違法駐車の軽減を図るべく、工事が行われ、利用していただいているようですが、ここにきて新たなトラブルが生じてきているようです。

駐車帯を作られるということで、日帰のお客様もそうしたことでの理解がありましたが、その駐車スペースに宿泊客や車中泊の方々も駐車していて、日帰り客の方々が停めるスペースがないということをお客様から言われるようです。
確かに、誰専用という表記も無いので、どなたが駐車しても問題はないと思います。マナー違反にはならないかもしれません。
しかし問題が、先に聞いていた情報と今の現状とのギャップに新たな不満が出ているということで、何らかの対策、対応の認識の一致と行動を行うべきと思います。
その前に、こうした事態はあらかじめ予測できたかもしれませんが、その対応、対策まで詰めてはいなかったのかもしれません。(ここが一番の問題でしょうか)
駐車帯の設置について議会でも報告を受けましたが、正直な話、私もここの部分には頭が回っていなかったというところがあります。
利用に関するある一定のきまりを設けることがトラブル解消となるのか、または、そのまま時が解決することを待つのか、これまでの玄関前の駐車に関して、対応でききれなかったことを考えると、早期に協議の必要性を感じます。

また、その駐車帯には街灯が無く、夜間の駐車に不便している方もいるようですし、身障者などの体の不自由な方のスペースの利用も移動などに苦慮する方とそうでない方の駐車も様々で、どこまでがマナーでどんなモラルなのか、改めて考えなくてはいけないことがあるようです。

指定管理者へ委託をかけているということもありますが、町としても何らかの施設の利用にあたり管理方法の指導なども考えなくてはいけないと思うところです。

社会にマナーやモラルというものはやはり必要だと思うと同時に、その共通認識や、管理のあり方についても、多様化しているニーズに応えるためには大変なエネルギーがいることだと思います。しかし、それをないがしろにしたときは、お客様相手のことですから良いとは思えません。今一度協議し対応が必要だと思います。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ