2007/8/7

頑張りたくても頑張れない現状は無視なのかな。  大志のキモチ

頑張りたくても頑張れない、頑張る余裕が全く無いという自治体や団体・個人は!?
と錯覚するくらい、流行のように頑張る○○応援や支援など。

反対しているわけではないが、頑張るだけの余力や余裕があるところは当然、頑張るということに支援されるということではやる気を出して目一杯頑張るんだろうし、こうした中で支援される対象でしょう。

しかし、一方では頑張りたくても頑張るだけの精神的余裕も財源的余裕もなく、しぶしぶ日々のこうとをこなすのに一杯一杯・・・。

まちの活動も、働き手の皆さんは日々の生活や業務をこなすことで精一杯で、住民自治の活動に手が回らない。
なんか、似ているな・・・。

こうして、格差ってできるんじゃないのかな??

できる所、人はどんどん支援されて行き、日々生活(運営)に追われる所、人は気がつけばモチベーションもさることながら体力にも差がつきそうで、取り残されそうで不安を感じるのは私だけか・・・。
というより考えすぎなのだろうか・・・・。

頑張る気力と体力を養えるような支援をすることは置き去りなのだろうか・・・。
成果指標だけで頑張るということを判断される社会は将来にとって本当に正しいのだろうか。甘いのかなぁ・・・。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ