2008/4/28

地域医療の姿。  大志のキモチ

先々週、先週末と札幌などで地域医療に関して勉強、情報を得ようと行動していました。

苫前町は今、厚生病院における医療体系の変更などでこの2年間右往左往してきた状態です。
それよりも前に、近隣(隣町の羽幌町)の道立羽幌病院の医師引き揚げなどから地域医療を考える時間が十分あったように思います。

この度の厚生病院の関係から、私自身はより一層その考えを深くしていたわけですが、実は自分のとってきていた行動を今考えるとなんとお粗末な動きだったのかなとも考えさせられました。(あくまでも私一個人のことです)

結論から・・・。
結局は地域医療を守ろうとするならば、守るのは住民、議員(議会)、町含めた全体がこのまちに必要な医療を考えたとき、どこまで状況を知り、そのための行動ができるのかというところでした。
これまでは、単に医師の派遣や確保を働きかけるということに注力してきました。そのこと自体は住民のみなさんにとっては望ましい行動だったのかもしれませんが、医療側はどうだったのか・・・。この間、医療現場の過酷さや無謀な要望などもわかっていたようで、真にわかっていなかったのかもしれない。むしろこのこと自体が自分たちで自分の首を絞めていたのかもしれないと今更ながら思い起こしたりしています。(政治が変わっても変えられないことがある)

いつも、お互いを尊重しあいながら、相互理解の中で信頼関係を築くことなどと言ってはきたものの、この理念に基づいた行動だったのかと考えます。
だって、やっぱり結局は人任せにしていた行動だったのかもしれないのかな・・・本当に困って必要なら、何故健康のこと、保健活動や、医療側との積極的な情報、意見交換などしてこなかったのだろうと。議会で保健活動の重要さや医療を施す側のことを考えていかなければと言っても、それはやっぱり裏付けられた行動があってのことではなく、頭で知ったかのような発言。何とも悔やまれる・・・。

今、厚生病院が無床の診療所になったことで、むしろ、より私の役割がはっきりするのだと思いました。
それは、いかに住民のみなさんが自分の健康のことを考え、自分の体を守るか。診療所はそうした住民の健康を「守る」ではなく、健康になるためにお手伝いいただくというところなのかな。やたらと一方の決め付けた医療のあり方ではなく、相互が理解しあえる地域を作っていかなくてはいけないと思いました。とかく、財政(お金)のことばかり先行しがちだけど、それはやっぱり当初と変わらず間違っているんじゃないのかと思います。
住民のみなさんが健康でこの町で過ごせるために町や町民はこういう行動を心がけ、こんな町にしましょうと進むことを考えるのがやっぱり先だと思います。その上で、必要な検診活動や、保健活動は何か、介護施策は何か、どんな施設が必要なのか、そこを見出したとき初めてかかる費用はこれだけと出るんじゃないのかな・・・。このみなさんの生活のために、一般会計からもこれだけの支出をしています。(施設建設に係る償還やその他補助なども含めて)そこが、住民のみなさんも納得ができて、町が進もうとする方向に皆さんで協力し合いながら受診や行動をするということだと僕は思います。

医療を守る(?!)とするのなら、住民のみなさん(私も含めて)自らが厚生病院と共に地域の医療(健康)を作るという意識を持つことが非常に大事だと思います。(厚生病院は公的病院という位置づけです)
入院ベットはなくなってしまった形となりましたが、別に介護はどうあるべきなのかということも考えなくてはいけません。
何かしら、病院をサポートしながら、自ら考えていけるような集まり(組織)を作りたいとも思っています。そうした橋渡しになることが本当はもっと前からすべき私に課せられた責任ではなかったのかと、わかってたようでわかっていなかった、今更かもしれませんが今からでもやらなくてはこの町に生活することは、後に相当なリスクを覚悟しなくて住めなくなると先の行く末が見えたようで、本当に苦しさを覚えます。

この数週間、色んな方々(医師の先生はじめ、各界の方々)のお話、懇談を通して改めて勉強させていただきました。
(これまでの記事で医者の方と思われる方もコメントくださっていましたが、改めて自分の不甲斐なさを身に染みて感じています。何かせねばという思いでの行動でしたが、申し訳なく思います)

真に取り返しがつかなくなる前に、病院をサポートし、共に健康のことを考えこの地で生活していけるように「お任せ、頼り放題」から脱却し、この町の再興にみんなでがんばっていきませんか!!

まず、取り掛かりの座談会の開催に向けて調整していきたいと思います。
0

2008/4/25

60000件。  

およそ、3年ほど前から始めた、このブログ。
なかなか更新できずにあったときや、記事によっては物議をかもしたとき、なんてことないくだらない記事・・・様々ありましたが、カウンターが6万件に迫ってきた。

継続は力ではないが、ここ最近は1日のアクセスが100件を越えることも少なくない中、自分が思っていること、今、町や議会ではどんなことが議論され、動いているのか本来はもっともっとストレートに伝えるべきところは伝えたほうが言いにこしたことが無いと思っています。

しかし、自分の中の弱さから、今一歩踏み込めない、情けない自分がいながら、よくここまで、こんなサイトにお付き合いいただきました。

本当にありがたいと思うと同時に、自分が今、背負っているものの重さも、また、実感しています。

議員とは、どうあるべきかというところに神経を向けていたことも当然、最近は大事なことだとは思うけど、それよりか、どのように住民のみなさんと、議員(議会)、町が信頼関係を築くため何をすべきかというところを見出したいと思います。
当然、先週も今週も、自ら研修や勉強会などには率先して参加し、情報やスキルをあげるべく活動はしてきているつもりです。ここも怠らず勉強に励み、一番根っこになる、住民の皆さんと同じ目線、住民のみなさんの代表者としてふさわしい言動となるべく住民の皆さんと考えて行く土壌を築くことが、今一番必要なのかと思います。

そういう意味でも、極力難しいわかりにくいことも、いかに掻い摘んでわかるようにつたえるかということや、必要なピンポイントでの情報提供や、まだまだ不完全な自分でもあるし、町全体としてもまだまだ進んでいないという率直なキモチがあり、ある種まちがった驕りなどなく、もっとみんながみんなのことを考えられたり、謙虚に課題解決に向けて取り組めるような町にならなくては、スタートラインに立てないのかと思います。そこにたつにはこれから何年もの時間を要するとは思うのですが、こうして議員をやっていることが正解なのか、また、全然違ったやり方が、この町の再興のスタートラインに立つことができるのなら、選択肢はまだまだあるのかと思ったりもしています。決して、議員をやることだけが、町を牽引する術だとは思っていません。
しかし、今はこの重責をしっかりと全うできるように、日々勉強を怠らず、このブログもこれからどんな役に立つかわかりませんが、これからも一つのアイテムとして、みなさんと繋がっていければと思っています。


今後とも、ご愛顧よろしくお願いします。
みなさん、共にがんばりましょう!!
0

2008/4/24

雨降らんね。  

雨が降らないな〜〜。

待ち焦がれているのに・・・。
午後からでも降るのかな??

農家の人たち大変だろうな。雨乞いでもすっか。

また、今夜から忙しい日が続きそうです。
くれぐれも体をいたわり過ごします。
たいしたことしてないくせに、こうだもん。

さ、仕事仕事&勉強です。

雨、降ってきましたね。
でも、なんだかパサラ程度で終わりそうな・・・。
明日も降らんかね。

0

2008/4/23

KY使いすぎだ!  大志のキモチ

最近、テレビもそうだがいろんな人の会話の中で『KY』がかなり乱発されていることに違和感を感じる。

昨日も、光市の母子殺害事件のコメントをするジャーナリストすら『KY』を使ったり国会議員もそうだが何なんだろう・・・。

空気読めないって、発祥は詳しくわからないけど(若い高校生とかだったか)、空気読めないやつは○○だとか、何とも蔑んだ言葉に聞こえるのは僕だけだろうか・・・。
そもそも、空気読めないって言ってもその空気がまともなのかという話もあるし、ある種、排他的な使われ方がされているようで怖い。

子供たちも、テレビやお兄ちゃんお姉ちゃん、そして大人が使うから、まねして使っている。
『お前KYだな』
・・・言われた本人はどう思うだろう。
どう感じるだろうか。

自分は自分の思うことも考えたことも、30歳過ぎてちょっと前より考えて発言できるようになったとは思う。でも、その流れによってはずい分と、いわゆるKYなこと言ったりやったりしているんだよね。(KYと言われたわけではないけど自己分析として)
相手を尊重し、相手を導いたりしようと思うなら『KYだ』なんてことは言わないよな。『今こういう展開で、それは言う場面じゃないけど、あなたの言っていることも一つの意見。みんなで考えれるように、場を設けよう』とか、みんなで考えるという場面でなかたっら『ここは俺に任せてくれないか、それで納得できなかったらいつでも言ってくれ』とか、もっと相手を思う言葉を使えないものかな・・・。
意見を発しあり、行動したり、周りと合わないことが経過の中やその時にあって何が変なのかな・・・。なんでもKYだとかで罵られたんじゃ、言われて滅入る人は少なくないと思うし、感情的にもなるだろうし、強いもの強い集団に巻かれざるを得なくなるような・・・考え過ぎか!?
言葉の使い方間違ってるんじゃないの・・・。
改めなくてはいけないことは、率直に相手に伝えることが先だよな。根っこが深くなる前に考えたいなと思う。そんな感じがする。

普通の何気ない、冗談の会話では、それはそれで遊び言葉でいいのかもしれないけど、大事な場面や、公の場面とか、民に影響与える方々がメディアなどで発言するときとか、あまり芳しいとは思えない。

言われた相手のことをもっと考えて欲しいと、ちょっと昨日テレビを見ながら、一人憤ってしまっていました。賛否はあるんでしょうけどね。

スミマセン、変な記事になっちゃいました。(苦笑)
0

2008/4/22

今年も発生、林野火災  町の話題

昨日、昨年に引き続き今年も林野火災が町内で発生してしまいました。

私もその日は、出張や会議などが入っていなかったことでサイレン吹鳴と同時に出動できました。

前の週で林野火災に対する予消防の協議会が行われ、昨日、午前に火災予防のパレードが行われたばかりで、とてもタイミングが悪い今回の出火でした。

しかし、起きてしまった火災まして林野ですから、原因究明もあろうかと思いますが、いつやってくるかわからないわけですから、昨年あったから今年は無いなどという保障はないわけで、まして自然発生的におこる災害であれば、誰も止めようがないわけで、昨年の教訓をしっかりと生かしながら、最小限の火災に食い止める場面です。

昨年の火災とは、まったく違った様相で、バチバチと激しい音を立て、時折火柱のように激しく燃える場面もありました。発生場所が林道際ということもあり、消火活動においては、昨年よりも条件としては活動しやすかったと思います。
しかし、火の手は昨年より早く回ることを考えると、迅速な対応が求められます。

全体的に迅速な対応が出来ていたのではないかと思います。
今回も、北海道の防災ヘリや自衛隊が出動し、対策本部を構えながら消防職団員が消火に当たります。役場職員も後方支援や時には最前線でも活動していました。
さすがに協議会開催直後ということもあったり、連携という部分と前回の教訓がいかされているところがあったと思います。
火災に限らず、あらゆる災害時にこうした活動を糧に生かされるように、危機管理や対応について協議することで、危機管理のスキルはあがるように思いました。

ただ、細部においてはそれぞれ課題や改善点がまだまだ残ったと思います。
誰が良い悪いの話しではなく、町民の生命、財産を守るということを念頭にこの後、しっかりと協議なされ、対応を築いていければと思います。

幸い、民家などに影響がなかったかもしれませんが、地球環境、自然には悪影響を及ぼしてしまう事態になったわけですから、こうした観点から、地球環境や自然に対して私たちは、日々どういった心構えをもたなくてはいけないかということを、今一度、みんなで考えたいものです。

みなさん共に頑張りましょう!!
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ