2008/4/18

プラス  大志のキモチ

現在、商工会青年部の副部長として帰郷後から、参画しみんなで色んな事業を行ってきました。

昨年度末でとうとう部員は6人という極めて小所帯になってしまい、事業の推進にも暗雲がたちこめるような状態になってきています。

しかし、今年度今のところ2人の新たな新入部員を迎え入れるようになりそうです。
今夜の青年部の例会で承認されれば、来週の総会時には部員が増えそうだといううれしい出来事です!!

お見合いツアーや、苫前町の良さを町内外で体験するホーストレッキングを軸とした事業や、町内の企業が奮って子供たちにアピールして子供たちに仕事への夢を持ってもらおうとした事業など、全ては人が絡みます。

人がこの地に生活して成り立つ私たち商工業者。
支えるべきものは人との絆であり、共に尊重しあい、共に問題を解決していくこと。(そこが一番難しいのでしょうが・・・)

何度も言われますが、私は決して町理事者に敵対して発言や提言をしているわけではなく、この住民のみなさんとの絆や視点の中からの解決すべき提言や提起であるし、議員としてのあるべき、議会における権能を考えての言動だと肝に銘じています。
二元代表制の地方において、それぞれの役割を認識すべきだと思っています。

話がちょっと脱線しました。

若い私たちが、これからの町を思うとき、可能な限り結束し、時に激論、時にわきあいあい語らい、楽しむときはおーーーいに楽しむ。
仲間が増えることにはかなりうれしいことです。
マイナス、マイナスばかりの話が多いですが、商工会青年部はプラスの話。

久しぶりにプラスの話はやっぱりいいもんだ。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ