2008/5/28

チャレンジデー2008  町の話題

今日はチャレンジデーですよ!!

毎年参加のこの行事。
年を追うごとに、定着し、チャレンジデーとは何ぞや!?の説明は不要になってきましたが、反面『あー、そうだった・・・』と報告を忘れてしまいがちに。
チャレンジデーとは!?

そこで今年、数年続けているこのチャレンジデーですが、どうでしょうか、今年はみんなに呼びかけて、勝利目指して、健康に意識を持ち15分の運動をしてみましょう!!

きっと、健康に対して、運動に対して興味をもつきっかけになっていきますよー。

ちなみに、今日は色んな町内の方々のブログでも紹介されていますよ〜^^

みんな参加しましょう!
ちなみに当店でも報告書回収BOX設置しています。是非、報告に来てください。
ついでに、普段皆さんが思っている、考えている、こんなことやってみたいとかありましたら、情報もよろしくお願いします。

ちなみに過去の記事↓
チャレンジデー過去記事

ポスター貼ってます^^
クリックすると元のサイズで表示します

回収箱です!(レジ横にあります)
クリックすると元のサイズで表示します

旗も立ててます。
クリックすると元のサイズで表示します
0

2008/5/27

必要なこと。  

アップダウンが激しい。

感情の起伏をコントロールするのもほとほと疲れる感じだけど、これから、初夏に向けていろんな行事や事業が展開されるとあって、忙しく動く日々がまた来るのかと思うと、逆に元気になる。

何で元気になるのかって、前を向いてどんどん進もうとするから。
簡単なこと、途中厳しいことも、悩み考えることも、その先には成功を信じて前に進んでいるから。みんな、だれ彼に頼りすぎることもなく、自分のすべき作業を認識してみんなで同じ目標に向かって進んでいるから。

おんなじ理屈で、まちづくりも活かせられないのかな・・・。
活かせられると思ってこの立場を皆さまから頂き、町政に参画すると思ったわけで、やっぱりその思いは当初から変わらない。
町政(まちづくり)においては確かに、中身は難しいことばかり。
医療にしてもそう。
財政にしてもそう。
教育も、産業振興も・・・。
法律があって、やらなくてはならない事務作業も難解を極めるだろう。
だけど、それぞれができることを尊重し合い、前を向いて作って行こうということが本当に大事だと思う。

それは、住民のみなさんと共に創り上げることを積極的にしていかなくてはだめなわけだけど、そこの相互理解と信頼を築くことがすごく難しいことなのは重々承知している。
でも、お互いなすりあいをしていても何も始まらない。
というより、手遅れになる。

自分ができること、すべきこと今一度確認することが必要だ。
0

2008/5/22

窮地。  大志のキモチ

再興の道を探るには、かなりの時間と相応のエネルギーが必要になる。

色んなことが、これも必要、あれも必要、この必要のために下準備、勉強がと・・・いくら時間があっても足りない。でも、そこに足を突っ込んだ以上やるしかない。
だけど、気づいてみればなんだか中途半端・・・。

だから、
ダイシはなにをやりたいのかわからない。
何を言っているのかわからない。

そんなことになってしまう。

これまでも、将来、現在の状況においては確かに必要な議論や行動という信は変わらない。原点に立ち返り、やっぱり必要なものは、教育、医療(保健)、防災(災時の対応)は形は多様にあると思うが、そこをみんなが理解して、動ける体制が本当の姿。
これは、公共たる確立が無いと、最近の費用対効果での見解が注視される中においてはゴッチャゴッチャになりがちである。
しかし、利益を生みその利益で生活を支えるたり、企業経営していく民間とは違い、それでできないところを相互理解され、あるべき公共の中で行うことがどんなことなのか今一度気づかなくてはいけない。

これまでも、根っこはそこにある。
それぞれ、必要だと思ってとってきた、勉強してきた、準備してきた行動もそこにたどり着く。
掻い摘んでどうだということを話せる技量を身につけなくてはいけない。

何言ってるかわかりにくい・・・ですよね。

要は自分たちの町で、本当は自分たちで出来ることは何なのか、やってもらわなくてはいけないことは何なのか。その中で必要なものは何かということ。
実はここが、合併議論の根幹の部分であったり(財政が逼迫しているから合併ではない、地方が疲弊していくから流れで合併でもない)したはず。
そこの議論の契機を活かすことができず、現在に至るのだから、進まざるべき道は狭まってきていることは間違いない。
支庁再編も必要なものは道民としてどうなのか。支庁は何やっているかわかないと思えば、わからないところは集約されるべくして集約される。経済も考えなくてはいけないことは承知だが、その議論は本質ではないと思うし、そうであればやはり、自分たちで道政に関心を持ったり、道民たるすべきこと、担ってもらうことを明らかにしていくことが重要だったはず・・・。

いろんなことが後手に回っていることを考えても、長い視野の中で、準備できることを準備すべきで、そのための現在(今)どんな行動をすべきなのかしっかりと見極めたい。人のせいにしてしまうことほど哀れなことはない。

医療しかり、教育しかり、特例町村しかり、食糧危機しかり、そして地球環境の悪化しかり、持続していける町を作るべくノアの箱舟を準備しなくてはいけない。
そのリスクはこれから、田舎は強く覚悟し認識していかなくてはいけない。その覚悟の証は、田舎で思う存分自然を感じ、人を感じ住んでいくことなのだと思う・・・のだけど。

結局支離滅裂_ _;
0

2008/5/21

相変わらずですわ・・・。  大志のキモチ

消防の春季演習に向けて連夜の訓練になる。

そして、家業のほうの薬種商協会関連の会議や業務が目白押だ。
当然、薬に関して日々勉強していかなくてはいけないのですが、正直この数年は思うような勉強ができていないのが、自分としてはもどかしい限り。

田舎で薬屋を営むことへの柔軟な変化とこの地域にあった店作りにもっと取り組まなくてはというところ。

昨日、都会のより所へお邪魔して、愚だ巻いて、色んなことをどちらかというと一方的に話してかなりすっきりしたというか、久々に心開いてウダついたところの膿を出させてもらった感じ。ちょっと前は、ちょくちょくあったのだけど、状況変わって、今はそれがなかなかできない。自分でなんとかするしかないとか、あーでも、こーでも馬鹿頭で考えてばかり、一向にその行動が伴わないもどかしさ。
そんなのと格闘しながら、結局、昨日宿に戻ってからふと思った。

『そもそも長い目で見て、今やらなくちゃいけないことを見極め、動くことしかこの疲弊している様々な状況は打破できないんだ』と・・・。

まー最近、いつも思っていることだから、ふと思ったもくそもないのだが。

誰も動かない、誰も気が付かない、いや、気づいていてもどうしようもないという諦め感。それじゃ、そこで終わり。
今、自分は議員としての立場を頂いてもうかれこれ5年の月日が流れて、自分が思うにむしろ状況は悪くなっている。
俺は、一体何なんだと。
これが、進んでいる道は正しいのかよ!?って。

広げすぎた行動も、もち過ぎた危機感も、それはこれからの田舎の宿命とリンクするのだけど、結局は全てを失う結末。
それをわかったなら、絞り込むしかない。
諸刃の刃みないな感じだが、そうすることが田舎で生活することへの筋道かもしれない。

長野県下条村に行ってみたい。どうやっているんだろう・・・。

32歳、今この若さで、今の状況の中ですべきことは、もっと地域の人間としての充電が必要。絞り込んだ中で、ノアの箱舟じゃないが、田舎で生活することの本来の姿の中で、それぞれがやるべきことをみんなで認識し、それを尊重し、共有し生きること。

もう、これしかないような気がする・・・。

気づいて、動かなくちゃと思った方、共に頑張りましょう。
0

2008/5/19

(無題)  

ご無沙汰しておりました。

5月に入り、更新が滞ってしまっています。
あれやこれや忙しい5月です。

先週1週間はまともにいなかった感じで、今週もタイトなスケジュールです。
会社の決算が迫っていて、業務も多忙なわけですが、相変わらず中途半端に過ごしております・・・。

本当にどうなんだろう。

こんな時は、刺激を受けモチベーションを上げるに限るんです。
モチベーションを上げて取り組まなくちゃ・・・。

0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ