2008/8/26

滝川西高校軟式野球部  

母校の滝川西の軟式野球部が全国大会で勝利しベスト8に進んでいます!!

いやーうれしいですね^^

硬式野球も北北海道では知られている高校だと思います。
・・・が、今回は
軟式野球部すごいぞー!!

がんばれ〜!!

って、番外編の記事になりやす。

1

2008/8/25

昭和の子ども??!!  

昭和の子ども。

近所では、昭和の子どもと言われているうちの子。
3人いるんですけどね、一番上の兄と思うでしょ。

実は、一番下の女の子なんです。

兄ちゃんは、相変わらず親譲りの注意力散漫、好奇心旺盛ぶりは変わらないのですが、輪を掛けて活発なのが、3番目なんです。

いつも、お兄ちゃん、お姉ちゃんのお下がりなもので、結構服はヨレヨレ気味・・・。そんな風貌が昭和にタイムスリップしちゃうんです。
しかも、兄譲りの気が付いたら、脱走&はだし、おまけに果敢な遊び。
プラス大人のツボをわかっている。

兄ちゃんもそうなんですけど、周りの方が注意したり、叱りやすいんですね。幸せ者です。最近は、他人の子どもに注意をしたり、しかったりしなくなっている(できにくくなっている)世の中ですから、偏ってしまわないかと心配するのですが、お陰さまで、この辺は恵まれていると思います。


親じゃない、大人に、気をつけなくてはいけないこと、してはいけないことをやってしまったとき、ガリっと叱りつけてくれる。やっぱりそうでなくはいけないような気がします。こうした、地域で住民同士が、子どもを育てるという意識の中でいることが、一番の家庭教育などの支援じゃないかと思います。
色んな制度をつくり、お金を助成することは後のテクニック的なことであって、その前の段階のこうした意識をもつことが共有されていることというか、子どもが愛情を感じることができる方法を自ら持つことが、とっても大事だと思います。
助成制度などに反対しているわけではないけど、土台となる部分の意識、教育は社会のせいにしがちなんですけど、実はそれを受け入れる個々人が気が付かなければ、いくら優遇される制度を創っても、いつかは疲労をおこす・・・。

でも愛情は永遠に持ち続けることは可能です。


なんて感じる今日この頃^^;

小さい田舎。みんな、この田舎で生きていこう。
そんなキモチや覚悟ができれば、楽しいものです。
経済的、物資的に便利は頂点に達し過ぎ去りました。
さー田舎の出番です!!
宝物いっぱいの苫前町です!!
0

2008/8/20

『もがき』ますっ!!  町の話題

気づけばじゃないですが、このブログの更新も散々ですわ^^;

それでも、最近、どこか吹っ切れたのかあまり肩に力入れすぎずにやっております(苦笑)

早くもって思うくらいこの7月8月は突っ走ってきました。
今日なんかは朝の冷え込みもめっきりと秋めいて、朝、外に出ると『秋のにおい』がしましたね。

そんな四季のにおいってありますよね!?
僕はすごくにおいってわかるんですよね。特に春が好きです。あの春のにおいは何ともいえない心地よいキモチになります。

さてさて、お前は何をしていたんだって。
色々ありましたよ。^^

これ、古丹別の方ならもしかしたら、目にしている方もいるでしょうが、前回も紹介しました。
『寄り道しようよ!!羆道!』っていうプロジェクトです。
こんな看板↓↓↓
クリックすると元のサイズで表示します

毎年、古丹別市街を抜け、ヒグマ事件現場に訪れる方が多いことは皆さん知っていると思います。僕は、本当にこれが来町者の限界か!?って思っていたんですぅ。

人口が減るのを食い止める、更には人口増ということは現状認識から、厳しい現実だと思います。あえてそこから目をそむけるのではなく、考えたとき、いかに交流人口を増やし苫前のファンを作るかという方策を講じていくか・・・。というのが、非常にこれからは重要なのだと思います。
そこで、幹線の国道232号線から、この苫前町に1時間でも多く、留まってくれて、この豊かな風土(生産物を含めて)や歴史、文化に触れていただくかという手法を考えました。

企業誘致でもない、一過性の経済政策ではない、将来にわたりこの町を誇りに思い、郷土愛を育み、自信を持って町外の方々と交流するかということ。結ぶつきの結果が観光という言葉になるのでしょうか。
観光では無理とか、この町は何も無いとかということは、実はそのことがマイナス要素であり、何も無いことはマイナス要素ではありません。プラス要素なんです。

今回はテクニックとして、この町でしかもらえない、ましてやその惨劇があった復元現場にいかなければもらえない、限定フラッグを作成し、北海道や苫前町がどうして集落を作り、みなさんの食べ物を精魂込めて作っているのかということを知ってもらうことは大きなプラスであります。
そのフラッグを求めて、来てくれた方が結構いるんですね。
フラッグをもらうには、アンケートに答えて、アンケートを設置している市街地の飲食店、ガソリンスタンド、各商店に立ち寄らなくてはいけません。
そこで、色んな交流が図られます。
また、来ようと思ってくれる方が少なくありません。



ほら、気づいてください。



仮にそんなファンになってくださった方が30人でもいたらその人が『北海道に行ったら苫前町ってところのこういうところに行ってみな』と言ってくれると交流人口は右肩上がりに増えますよ。その方々がファンになってくれるような素材は宝箱のようにこの町にはあるのだから。
お金を使ってくれるとか、観光産業だとかは、その後の結果の話であって、その中間のやらなくていけないことをやらずにいては、何も前に進みません。

そんなことうまくいかない、そんな遠まわしなことしたって意味が無いと言われるかもしれませんが、私は、それでも修正しながらでもこうしたことをしていきたいと思います。そんなことを考えていると議員になる前に戻れたような感じがしているのです。
だって、こういうことをするのは、議員だろうが、商工会青年部だろうが、何だろうが気づいた人がやるという、他人任せであっていけないんですね〜。

まー。実際この事業がどうなるかは、結果として検証していく作業をしながら、形は変わっていこうとも、もがきたいです。(笑)


チラっとアンケート見ましたが、ヒントや姿が見えてきてると思いますよ^^¥

それで、ブログも作っています。どーぞ。
『寄り道しようよ!!羆道!』
クリックすると元のサイズで表示します
0

2008/8/12

(無題)  

ありゃりゃ、気が付いたら、こう12日。
このブログの更新は・・・・。

無理しないでやっていきます。
開き直りだToT/

ってんで、最近店頭には居るものの、ドタバタです。
たぶん、やらなくちゃいけないこともそうですが、性格的に落ち着き無いんですね。
まず、動きが挙動不審。

ふるさと祭り近いですね。
お盆に色んな方々が帰省して、顔合わせることが出来ると楽しいですね。

お盆の醍醐味。

奮って、ふるさと祭りに参加してください!!
0

2008/8/2

心地よい忙しさ。  町の話題

いいじゃないですか。

って、毎年のことだけど、今年はいつもと違った事業展開をしています。
お盆のふるさと祭りはいつも通りですけどね。

風車まつり(よさこい北北海道支部大会)も勝手が違いましたし、そんなに大変じゃなかったんですが。

シーニックに関連して、2つの新規事業を展開しています。
幹線道路からわき道に入り、寄り道してもらおうと言う企画。苫前町は知っていても内陸に入って、古丹別という市街地があることを知らない人が多い。それに伴って、開拓の礎を知ることができる周辺集落。そしてなにより、忘れてはいけない惨劇であった『三毛別ヒグマ事件』と今だからこそ伝えなくてはいけないメッセージがあります。

最近、思うんですけどね。
原油高、原油高とマイナスって考えることが多く、確かにそうなんです。内閣改造より原油高・・・。そうなのかな??
タマゴの価格が上がって・・・マヨネーズも・・・困る。
そうなのか??
生産している人たちの姿を間近で見ていると、『いやいや、まだ安いって!』
そもそも、こんな贅沢な暮らしは本当にひと時の夢物語なんだと思うと、人が人として生活する。動物や自然と共存しながら暮らしていくことを考えたら、何だか変なキモチになっちゃいます。

毎日、そんな品数の飯食べていただろうかな!?
ほんの最近のことだよね。
ごはんに味噌汁、もやしのアレンジしたおかず。子どものころだってそれだけじゃなかったかな。

そんなことを思いながら、開墾を粘り強く行ってきた先人の方を偲ぶと、今を生きていくメッセージがひしひしと伝わります。

そんなことは思わない方もいると思いますが、実際にこれから迎える日本の暮らしは、近いものがあるかもしれませんよ。

そんなことを考えながら、地域の中で生きている私。
本質はみんなと共に生きる。このまちの暮らしの共有です。
テンデンバラバラでは、何も前に進まないし、逆に暮らしを共有することで、解決すべき課題もはっきり見え、何より、田舎の強みが今だからこそ発揮されるのだと思います。

何も無いことは大きな武器。そこから知ることも、あったことも、つくることも、計り知れない可能性が眠っています。
その行動を起こすことでこれまでの私の愚行を帳消し前に進みたいと思っています。


そんなんで、こんなことをやってみます。
みなさん、まずはこの町の交流人口増やしましょう!!
そこから、真摯に知恵と繋がりいただきましょう!
住む人が少なくても、田舎らしい暮らしの中で、ちょっとやそっとの変化にへこたれない地域を作って、色んな人にも支えていただき支えていきましょう。
その原点から再スタートです。
『周回遅れのトップランナー』ですよ。
クリックすると元のサイズで表示します
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ