2008/11/26

・・・な感じ。  大志のキモチ

自治日報社の記事より

『道州基本法』早期に法案提出
自民党道州制推進本部は十三日、同本部「道州制基本法制定委員会」を設置、早急に同基本法「要綱」をまとめ来年の通常国会に法案提出を目指す。

とありました。

その本部が7月にまとめた「第3次中間報告」では、「限りなく連邦制に近い道州制」を目指すとしていて
@都道府県を廃止し全国に10程度の道・州を設置
A道州は自治体とし、公選の首長・議会を置く
B権限・財源・人間は基礎自治体に優先配分し、国よ道州は「小さな政府」とする

これらの骨格を示しました。

実現のプロセスとして
@2015〜2017年度を目途に道州制を導入
Aそのための道州制基本法を制定
としています。

道州制基本法には
@道州制の基本的な理念
A制度設計の基本的な方針・骨格
B導入のための検討機関
Cタイムスケジュール

などを定めるようです。

麻生首相の所信表明でも「最終的には地域主権型道州制を目指す」との表明もありました。

以上、自治日報記事を引用
・・・・・・。

自治体関係などのみなさんは想像できるのかと思いますが、住民のみなさんにとってはなんのこっちゃ!?何か俺には関係ないって思いますよね。
道州制がいよいよ動き出しているって感じを受けるでしょうか。

道州制のよる移譲の中で、苫前町のような1万人どころか、5千人を切るようなごく小さな町や村はこうした権限などの移譲の受け皿としての機能を担っていけるんでしょうか!?
すっごく複雑になっているのが、こうした小さな基礎自治体じゃないのか?
基礎自治体として担う膨大な事務権限を今の人員や能力で行おうとしたとき、これは賛否がありますが、市町村合併が生きてくるとは思います。
しかし、現状は前々回議会一般質問の際も、市町村合併は新法期限内では、事実上合併することができなくなりました。(加えて、その議論が今の政府の考えの元でいくと、到底準備も時間も不足していますし、町・村の姿を町民、村民でしっかりぎろんされているとは言えません)
では、その後こうした小規模の基礎自治体はどうなっていくんでしょう?担えない事務含めて、補完してもらうしか、ないのかな・・・。
しかし、北海道は支庁再編などから、その補完は可能なのかずっと不思議に思っていました。支庁(振興局)が担うこともあるでしょうが、多くは新しく組織されるものの中で取り組まれるのかというところ・・・まだまだ勉強、研究が必要です。

逆に、強力な勧告の元、全国に先駆けて市町村合併の名を変えた再編が行われる可能もあるんじゃないのかとも思っています。


言いたいことは、いずれにしても、地域が自分たちの町の姿は自分たちで描き、その描いた物を国にもっともっと提言していかなければ、地域主権型と言っても、どこが地域、地方が主権という形で法律・制度が創り上げられたのかわからなくなります。
中央からの決め事(法律)によって、その法律を遵守しながら進めるという形は本当にそれでいいのか!?と思わざるを得ない状況になってしまいます。

その波が、烈波のごとく押し寄せてから慌てふためく前に、しっかりと議論していきたいと兼ねてよりずーっと望んでいますが、動き出しにまでいかないのは何なのでしょう・・・。また、寝られない日々が続いても困るわけですが、少なくても自治の形だけは残しておきたい。住民のみなさんの暮らしに最低限必要な自治、基礎自治体として最低限必要な自治、もう少しこのまちでも考えられる方法を見つけなくてはいけませんね。


そういう意味では、功を奏すかどうか、わずかでも進めているプロジェクトを進めていかなければならない。その時は退路を断っても、それが良い方向に向かうと信じて。

0

2008/11/25

田舎こそ国の拠点  大志のキモチ

3連休の二日間、札幌にて開催されたシーニックバイウェイ北海道の全道フォーラムにて、この留萌管内の『萌える天北オロロンルート』の認定の授与が行われました。

冒頭、認定書を受け取り、お礼のスピーチをさせていただきました。

会場には、色々な大学、教授の先生方はじめ、全国・アジア圏に誇れる、まちづくりや観光産業のトップランナーの皆さんが集まり、また、多方面の経済界の先駆的活動家の皆さんが集まる中であったので、久しぶりに膝が笑う状態での緊張ぶりでした・・・。


それは、さておき、この苫前町を愛し、自然を愛した大川桃義さんがご逝去され葬儀があったのですが、参列することができなくとても残念でありましたが、その会場にて、『大川ジンギスカン』を来てくれた方に食していただき、あっという間になくなりました。札幌にて僕ができる供養と思っていました。
本当に色々な面でお世話になり、また、教えていただきました。
心からご冥福を祈りたいと思います。


さてさて、このフォーラムでは、田舎の良さを伝える絶好の機会でもあり、またその素材を活かした活動こそがこれからの地域北海道を支える礎になるのだとキモチを新たにしました。

観光という言葉は、色んな方が言っていると思いますが、光を観に訪れることで、このルートのテーマはみなさんの『暮らし』こそが『光』と、とらえています。
その光は、風景もそうなのですが、なにより風土やこれまでの歴史文化、そしてそのものを糧に生きてきた『人』がその光なのです。
ハワイなどではバカンスもあるのでしょうが、もっともっと深い歴史や文化、人を含む風土が訪れる人を魅了する根底を築き上げているように、そうした誇りをもっていることこそが、これから伝えていかなくてはいけない北海道の着目点なのだと思います。誰に、どんな目的でという確立が必要です。

そして今、その光は確実に各界から目を向けられています。
当然、まだまだ、立派なホテルやサービス面倒の無いエイジェントを介した団体ツアーが『観光』だという概念は大きく残っているんでしょうが、そんなキャパやテクニックはこの地域とは無縁と思い、これまでも諦めていたんじゃないかと思います。

しかし、それであれば、何もそこに挑む必要は全く無くて、豊かな自然の恵み(農作物、海産物)など、どこにでも誇れるすばらしい素材と、ここに住むことに自信をもってその風土を今一度見つめなおし、一歩アクションを起こすことが大事になっています。簡単にいうと、それだけこの地域は周回遅れではあるかもしれませんが、トップランナーになることができる可能性が大いにあるということです。

『周回遅れのトップランナー』

地域の人が地道に永く、活動(ビジネスに繋がることも含めて)していくことで希望を持つことができます。
目先の困難さの解消、即益を求めるがために、大事な物を見落としがちになることは、現状から仕方が無いことかもしれませんし、まどろっこしいことしたくないかもしれませんが、それが一つのあり方なのだと思います。


先日の話ではありませんが、このからいよいよ高齢化と少子化の実感が押し寄せてきています。これまでと違ったたくさんの課題にぶち当たると思います。

そんなとき、たくさんの引き出しから色んなことを考えられる材料を蓄えましょう。
そして、この地域にはまる『暮らしぶり』をみんなで共有したいと夢見ています。


田舎の存在はこの国をつくる拠点となる日が来ることを信じています。
0

2008/11/21

田舎の誇り  大志のキモチ

最近、たくさんの町民の方々がお亡くなりになっています。
本当に心からご冥福をお祈りします。

逆に今年度生まれてきた赤ちゃんの数は本当にわずかです。

古丹別地区においてはこれまでの歴史の中でも衝撃的な出生数となることでしょう。
先日までは、わずかに1人しか古丹別地区でお生まれになっていません。

目に見えて、身に染みて、高齢化と少子化の壁にぶち当たることになります。


当然ですが、町はこの現状を踏まえて、あらゆるケースを描きながらまちづくり基本条例に則し、総合振興計画や財政健全化プランを柱に政策の立案をしていかなくてはいけません。
これまでのように、本当の目先になってから対処的なものであっては、真の持続可能な町政運営ということになっていかないと思います。


この現状は『対岸の火事』ではなく、様々な要因を引き起こす事態となります。


社会保障に関わるお金が増大し、現役世代の数が減少することに伴い税収が落ち込むことにより、一般行政経費のが圧迫されることは容易に想像できます。
また、国の状況(地方財政計画などの状況)によって、町の予算のおおよそ半分が流動的な状況を作り出してしまいます。

・・・・さてさて、私たちはどうしていけばいいのでしょうか!?

話が最初に戻りますが、葬儀に参列したり、お手伝いなどして思ったのですが、田舎はこの扶助精神が今もしっかりと根付いているのは、誇っていいことだと思います。
通夜・葬儀に参列したり、葬儀全般を手伝いで執り行ったりすることは、とてもすごいことです。
時間を作ることが出来ない方もいますがそれはお互いが尊重しあう中で、これまでもやってこられて、この精神こそが財政難を切り開く根幹になると改めて思いました。


自分がほんの些細なことでも、できることがあればやることが、この町を再び奮い立たせることに必ず繋がります。


田舎っていいですね。
0

2008/11/19

さー!ピットイン終了。  

しばらく、お休みさせていただきました。

時間の余裕が無く、はたまた体調不良が続き、開き直って休んでいました。
この間にも、たくさんの方に『ブログどうした!?』
と声をかけていただき、本当にありがたかったです。
気にかけて見てくれている方がいるだけでも幸せなことです。
このあと、どんな記事を書いていこうかなって悩むところですが、まーこれまでのブログ経験の中で、気ままに綴っていきます。


正直な話、心身ともに詰まっていた状態が否めなく、原因不明の激痛といってよいくらいの頭痛、昨年からのぜんそくの再発、帯状疱疹後神経痛と健康サポートを理念に掲げる当店(薬屋)と思えない、情けない健康状況でした。

すべて共通して、受診したお医者さんたちからは『ストレス』という言葉が・・・。

根は明るく、あまり気にしない、良いのか悪いのかいい加減なところがあるんですが、この数年は悪い方悪い方の流れに、無理無理その流れに逆らっていたような気がします。


そんで、こうしてパソコンに向かって仕事しているのもしばらくぶり。
体調不良でしばらくぶりってわけではありませんよ、単に飛び回っていただけです
(教育関係、社会福祉・保障、まちづくりと相変わらず、勉強会や研修に行かせて頂いていました。こうした毎月、独自で参加する費用は頂いている毎月の報酬で行かせていただいています。)


もう、こうして飛び回るのも、もう少し続きそうですんで、そっちも開き直ることにしました。
ただ、生活していくには仕事をしなくてはいけませんので、しっかりと気を抜かんで、動き出しをしないとあーだこーだ言っても、このマチで暮らしていけないようじゃどうしようもありませんしね・・・。

乗り越えるしかないわけですわ。

もう少しの辛抱です。


雪が降ってきましたね。
さーみなさん張り切って雪を楽しみましょう!!!
除雪も流雪溝もネ(苦笑)
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ