2008/12/30

2008年の締めくくり。  大志のキモチ

早いですね・・・。
もう30日です。
といっても、仕事、業務がまだまだ山積み状態ToT

今日の記事は長くなりますが、時間のある方、お付き合い下さい!

12月はいつも以上にタイトなスケジュールでした。
体の疲れが抜けないところで、しっかりと体調管理しなくてはいけませんね。

盆・正月の休みとは無縁な生業なので、ゆっくり休んでということにはならないまでも、新年をすがすがしい気分で迎えたいものです。
クリスマスと同じで、年末年始の感覚が年々薄らいでいくように感じています。

今日辺りから、正月中が一番業務がはかどる時期ですね。

さてさて、一年を通じてまさに激動の一年でしたね。
振り返ってみて、自分はどうこの一年を過ごしてきたのか・・・。


年始の厚生病院の形態の変更から紛糾した2008年、情報公開、共有の課題を改めて実感させられたものです。それは自分だけではなく、町も議会も同様に、少なくても自治基本条例(まちづくり基本条例)が制定されているまちにおいてはあってはならない結果なのでしたから、しっかりと検証しなくてはいけません。
また、現在のふわっとに絡む諸課題なども本当は同様のことです。
一部で大きな誤解を生んでいるようですが、こうしたことも情報が前に出てこないことが原因の一つであると思っています。
私のブログや同僚議員のブログにおいて住民の方からコメントに投稿受けましたが、その内容を私が書いたと誤解されている方が多くいることは私も知っています。しかし、そのことが問題なのでは無く、住民の方が訴えてきた内容や問題を解決しようとする姿勢が住民のみなさんに伝わらないことの方がよっぽど大きな問題なわけです。
しかし、ブログなどの仕組みを知らない方々全てに説明することは至難ではあります。が、公の場において、しっかりと町の姿勢や解決方法を質すことの方が、今自分に求められていることと理解しています。
一時、ブログを閉鎖したり、コメントの取り扱い方法を変えるなど、いつも見てくださっている方には申し訳ないこともありましたが、真実や本質はどこにあり、どうなのか伝わる活動をより進めなくてはいけないと思いました。



春からは、環境に対する活動や、シーニックバイウェイの活動を上手く活用しながら、住民活動に今年はチャレンジした年でもありました。
ブログのタイトルも変えて、地域の良さをもう一度見つめなおし、そのきっかけとなるようかなり小さなことでも、失敗恐れず取り組んだと思います。
まだまだみなさんには、認知も低いと思いますが、来年に向けて足がかりとなる活動展開ができました。大きな前進です。
今は、まだ公言できないでいるのですが、行政でも中々できない、住民側からも動き出しにまで至らないそんな町の停滞感を払拭するためのアクションを起こすことが出来そうです。この1年は頼りにしていた方々がことごとくみなさん、この町を去ったりとどうして良いのかわからなく自暴自棄になったり、あらぬ風評に悩まされたりしたわけですが、逆行こそ自分を高める大きなチャンスであったことは間違いありません。

それを乗り越えるための勉強、人脈、実践を積んできたわけですから、形にしなければ何の意味も無い。本当の勝負は来年です。
私の能力なんかたかが知れているわけですが、たくさんの方々の見えざる力によってムーブメントを起こすことに繋がっていきます。

相変わらず、色んなことをやりすぎているわけですが、色んなことをやってきたきたからこそ、得たものも多くあります。
来年はその配分を自分なりどうやっていくかという大きな課題があるわけですが、負けずに前進したいと思います。


クサイ話になっちゃいますが、自分はこの町が大好きで、自然も、豊かな恵みも、風土、人、文化、歴史、人が生きるステージとしてはこれ以上のないもの。
その郷土愛は子どもたちにも受け継がれ、人が生きることの本質を教えてくれます。
そのための手段や手法はどうあって、どんなことが現状としてあってそこを認識し、クリアしていくのか。その実践は町や町長だけではなく、ましてや議員だけでもなく、町民の多くの方々が参画することが本来の姿であることは間違いなく言えることです。
その現状の認識を持つためにも、このブログを活用したりと目的がはっきりとしてくるのですが、具体的なことは、文字で伝えることよりも、実践において認識していくことが大事であります。
このブログにて書いていることが、突っ込んだこと、結果どうしたいかを書かない理由としては、こういうところがあるのです。自分たちで動いて掴み取らなくてはいけない自治の根本があるわけです。煮え切らない記事も多かったと思うわけですが、今、苫前町の町の状態はどん底に向かう手前まで来てしまっているわけです。
数年後にくる大きな大きな波に飲まれるか、乗りこなすのか、乗り越えるのかは、今この数年が最後の勝負のときです。



私が、今現在考えられる動きを来年どう生かせるか、やれることをやりきりたい。
2008年、自分にとって大きく悩み、地に足が着かない中で、もがきなながら種巻いたことが、芽を出すことが出来るだろうか、自分の立場を捨ててでも創り上げなくてはいけない苫前町の姿のために今年一年を締めくくりたいです。

人は何のために生きているのだろう。
少なくとも自分のためということが始まりでもいい。
最近子どもたちにいつもいう言葉で『自分がやられてやなことは人にするんじゃない』『自分が良かったと思うことは人も同じ』『どんな人でも自分と同じ人間なんだから差別してはいけない』などなど・・・、結局自分のためということは人を尊ぶことなんだということだと思います。


今年一年、様々ご迷惑をお掛けしたみなさんすみませんでした。
お付き合い下さいまして本当にありがとうございました。
0

2008/12/19

(無題)  

何とか、体調を管理をしながら、今年もそろそろ終わりに近づいてきました。

昨日で議会定例会が終了しました。
これまでのこと、色々と書きたいことがあるわけですが、本日もこの後、議会広報作りに出かけます。

さてさて、この文章は何だかわかる方がいるでしょうか?

わたしたちのまち苫前町は、先人の労苦のなかで歴史を刻み、町を愛する多くの人々の英知に支えられ発展してきました。
わたしたち町民は、たえることなく、豊かな自然風土、素晴らしい文化や伝統、相互扶助の精神を守り、苫前町のさらなる発展をめざしていきます。
よりよいまちづくりのため、町は町民に開かれた町政運営を行い、わたしたち町民は、自らが町政に参加し、共に力を合わせることに努めます。
わたしたち町民は、まちづくりの基本的な理念や原則を明らかにし、活力に満ち、ゆとりある豊かさを実感できる苫前町を築くため、すべての町民が共有する最高条例として、この条例を制定します。


念頭に置き、何から何まで縛られることもないんですが、その実践は伴うようにすすめたいですね。
0

2008/12/2

今回は  大志のキモチ

古丹別名物、流雪溝投雪作業はどこへやら!?
って感じで、雪がなく、雪が降らない12月が始まりました。

師走の忙しさも、数年前と比べてどうもこちらは寒い日が続きます・・・。

国政ではなんとも煮えきらない展開が続いていますが、この間にもしっかりと自治は確立したいもんです。


若者の流出が後を絶たなかった一昨年、昨年からみると少し小康状態でしょうか。
しかし、逆に現役世帯の所得の目減りは激しく、高齢者の生活困窮者もいるでしょうが若い世代の所得の低迷ぶりも何か策を打たなくては、これ以上、転出を出す事態は出来る限りさけたいと願っています。

12月は定例会の月です。
今回、一般質問では、こうした現役世代に対する政策について、質したいと思っています。生活への不安を少しでも解消すると同時に、次の展開へ繋がる方向として、今、町では何を考えるのか。

私の目的としては、若い世代が一人でも多く、この町に生活の根を張り、次代の担い手として元気に健康に(心身、経済ともに)暮らすためです。

支えていくこうした現役世代の方々が活き活きして、周りの世代の方々とともに元気でいることは、言葉ではいえない、その町に来たときのオーラを放ちます。
色んなところで勉強させていただき、このことは共通して実感しています。
生活にどこかより所と、幸せを感じることで、人や町はグッと光を放ちます。

沈んだ空気を吹き飛ばすためにも、この先の目的のための手段、方法としてはどうできるのかという展開に持ち込めればと思って、準備をしたいですね。


ってことで、会議行って来ます・・・。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ