2008/12/2

今回は  大志のキモチ

古丹別名物、流雪溝投雪作業はどこへやら!?
って感じで、雪がなく、雪が降らない12月が始まりました。

師走の忙しさも、数年前と比べてどうもこちらは寒い日が続きます・・・。

国政ではなんとも煮えきらない展開が続いていますが、この間にもしっかりと自治は確立したいもんです。


若者の流出が後を絶たなかった一昨年、昨年からみると少し小康状態でしょうか。
しかし、逆に現役世帯の所得の目減りは激しく、高齢者の生活困窮者もいるでしょうが若い世代の所得の低迷ぶりも何か策を打たなくては、これ以上、転出を出す事態は出来る限りさけたいと願っています。

12月は定例会の月です。
今回、一般質問では、こうした現役世代に対する政策について、質したいと思っています。生活への不安を少しでも解消すると同時に、次の展開へ繋がる方向として、今、町では何を考えるのか。

私の目的としては、若い世代が一人でも多く、この町に生活の根を張り、次代の担い手として元気に健康に(心身、経済ともに)暮らすためです。

支えていくこうした現役世代の方々が活き活きして、周りの世代の方々とともに元気でいることは、言葉ではいえない、その町に来たときのオーラを放ちます。
色んなところで勉強させていただき、このことは共通して実感しています。
生活にどこかより所と、幸せを感じることで、人や町はグッと光を放ちます。

沈んだ空気を吹き飛ばすためにも、この先の目的のための手段、方法としてはどうできるのかという展開に持ち込めればと思って、準備をしたいですね。


ってことで、会議行って来ます・・・。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ