2009/3/9

修正動議!!!  

1週間ぶりの投稿になります・・・。
本日から議会定例会が開会されています。
会期は18日までと長丁場でありますが、気合いを入れて望まなくてはいけません。

本日、平成20年度の補正予算などが提案され、本日はその審議に一日を費やしました。


(ここからは、専門的な用語など続くと思いますが、読んでいただける方がいましたら、お読みいただけると幸いです)


そこで、私は僕自身も初めて、予算に対しての修正動議を提出いたしました。
小さな田舎町のような小さな議会で修正動議を発動することは極めて珍しいことではあるのですが、しっかりと私自身、議員としての職責を全うしなくてはいけないという思いでおります。

修正動議と聞きなれない言葉ですが、私が行動したことは、今回提案された補正予算において、その中で予算の項目に修正を加えて、議決するということを提案いたしました。

内容は、この平成20年度内において、燃油高騰に対し、指定管理者へ高騰分(ちょっと難しい算出根拠がありますが)への支援として委託料を増額補正する予算が提案されたわけですが、そこに私が修正を加えました。


一見、なんで修正加えるの?!と思う方もいるでしょうが、私の主張としてはこうです。
『燃油高騰の影響により増額補正されるのは、指定管理者制度にある4施設の委託業者に対してのみであり、公的な委託業務を受けている単年度契約での委託業務などは、その対象ではありません。また、単年度業務委託以外の部分でも燃油高騰のあおりを受けている分野はまだまだあるわけです。そうした分野においては、よほど厳しい中でも自助努力等によって町のため、公的なものを担うという使命の中で努力しているところも少なくありません。指定管理業者だけに燃油高騰の支援をするというのは、事前に調査やご意見をいろんな方々から頂いて、不公平感を抱くことが多く、より慎重に政策立案すべきと考えました。』
その中で、私は、燃油高騰の影響により委託料を増額するところをやめ、減額に修正をし、そこで生じる影響額を、基金に積み、もっと公平なやり方で政策立案し、予算を使うべきと修正提案したところです。

ただ、確かに、町側の説明も理解するところもあります。指定管理者制度導入時に公募入札した業者の燃油の積算単価と高騰を続けたときの価格の開きはあり、リスク分担の観点からも、協定書に定めにより委託費を増額するということは、間違っていないかもしれません。

ただしかし、例えば、単年度委託においても、委託期間の当初積算より、実際業務を遂行する時点では、高騰のあおりをうけていることは、どの分野も間違いなくあったわけです。指定管理者だけが、当初の積算単価より高く推移しているわけではありません。数年前から、どの分野、どの委託であっても金額の差異はあったにせよ、状況にはさほど変わりありません。
数年前からの住民のみなさんに、懸案事項の課題解決において、不満や不信感を抱いてしまうような形に結果的になっていたりと、今はその教訓から不公平感や理解しにくい執行はかなり慎重になるべきだと、私自身も肌身に感じているところです。

こうした理由が一番にくるのですが、それ以外においても、指定管理者制度を活用したことで、民間の経営ノウハウや手法を取り入れることにより、公費の縮減に繋がったりと利点があると言われているわけですが、逆に経済状況の変化といえ、委託金を増額していくというあり方が、主旨に沿っているかという判断も併せて必要となると思っています。単に委託業務を担っているところは、自助努力の中で行っているところと指定管理を比べたとき、指定管理になった方が、協定上、リスクを負担してくれるんでれば、指定管理にて、公費を支出して欲しいということは極端かもしれませんが、なりかねないことであり、そうなっては、指定管理者制度を導入した意味を問われてしまいます。


確かに、影響額が多額になる施設もあるかと思いますが、委託料や売上額、資本金などの資金等を考えたとき、他の業務、業者とは、金額ベースでは大きな開きはあるのかもしれませんが、比率で考えたときどうか?!この辺も冷静に判断しなくてはいけません。

まだまだ、色々と何故、修正動議を行ったかということを綴りたいのですが、時間が来ました。わんこそば状態から抜けきれず、次々と予定が待っていますToT


そんなことで、議会初日、私が行動に移せる最大限のことをしたつもりです。
結果は、否決でしたけど^^;
決まったことですから、今後しっかり住民のみなさんに説明が出来るよう、町側には準備と行動を取っていただきたいと思いますし、少なくても私自身もしっかりと説明ができるよう、これまで以上に勉強し、調査、検証していきたいと思います。


初めての、修正動議・・・・精神的に疲れました、、、が良い経験です。
議員として更にスキルアップしていくために前進いたします。
0

2009/3/2

もみじ  

私のうちのペットのミニウサギの『もみじ』が昨日突然、死んでしまった。
ミニウサギの寿命は5〜10年と聞いているが、まわりのウサギを見ても長生きの方だったほうだと思う。
もみじは8才半でとても健康で活発なウサギだった。

昨日、結婚の宴席から、用事を済ませ帰宅した直後に突然、『キーキー』と鳴きはじめ、びっくりして駆け寄ってみるととても苦しそうに息をしていた。
精一杯、鼻と口で呼吸して鳴いたり、鳴きやんだりを繰り返し、少しずつ心臓の動き、息使いも弱まっていき、息を引き取った。

最期は、苦しかっただろうなと・・・。
家族全員でいっぱい撫でてあげて、その死を見届けてあげることができた。
涙が止まらなかった。

きっと、僕が帰ってくるのを待っていて、それでほとんど鳴かないウサギですが、最期を過ごすために力を振り絞って鳴いて呼んだんだろうなと思う。
もみじが小さい頃、いつもテーブルの下に隠れて、帰ってくると寄って来たことを思いだす。
僕は今までペットを飼ったことがなかったので、もみじがはじめてのペットで、人間より多く生きることがないペットというパートナーの死はあまりに衝撃的なものだが、これまで、一緒にいて癒してくれたことに感謝したい。

長男坊は、産まれてからこれまで、もみじとは色んなことして遊んだり、時には面倒を見てあげたり、家族の一員として一緒にいたこともあったり、小学生になり、死というものを何となくわかる頃だと思う。
長男坊も、もみじの最期の鳴き声を発している姿を見ながら、撫でてあげながら、送ってあげた。
時間が経過し、動くことなく、タオルの中で横たわったもみじを見ていて、その意味をわかったのだろう。しばらくして、悲しみがこみ上げてきたのか、もみじの横で大きく泣きはじめた。命とはどういうものか、大人でも難しいその意義をこれから、たくさん学んでいくのだろう。
命を尊ぶ人間に育つことには、こうしたことを経験することと、生きていたとき、自分とどう関わったか、自分が生きるためにどんな命を頂いているのか、長男坊は特に、大きなことをもみじから教わったんだろうと思う。

そして、自分もこうしてキーボードを打ちながらいるともみじとの思い出が蘇ってきて涙が溢れる。手のひらくらいの大きさだったもみじ。
今頃、天国で野原を縦横無尽に走り回っているのかなとか、大好物のニンジンいっぱい食べているのかなと思うと、元気で生きて、家族へ癒しをたくさん与えてくれたことに本当に感謝したい。

春にはもみじのまわりに、いつもきれいに咲く花を植えてあげようと思う。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ